FC2ブログ
えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
はじめに
この度は「えんかれじゃす!日記帳」を開いて下さり、ありがとうございます
ここはあうれいが管理人として個人的に運営しているブログです
この記事では、当ブログについて少し案内させていただいてます


○基本事項
・主に任天堂作品について取り扱っています
・好きな物に関して話す事、アナログ絵を書く事がメインになります
・クリック可能な画像の場合はクリック等で拡大表示されます
・基本的に文章が長いです。長文苦手な方はお気をつけて
・年齢制限や性別の向き不向きは設けておりません
・二次創作や同人といった物への認識の無い方の閲覧はおすすめできません
・当ブログに載せられている絵や画像の無断転載は禁止です。念の為
・任天堂を始めとする各権利者様との関係はありません


○擬人化の取り扱い
・当ブログではポケモンの擬人化要素を含んでいます
・擬人化が苦手な方でも閲覧できるよう努めていますが、注意点があります
文字リンクに 擬人化 の文字が含まれる場合、クリック等で擬人化絵が表示されます。苦手な方はこの表記について触れないようご注意下さい
記事タイトルに 擬人化 の文字が含まれる場合、記事の続きに直接擬人化絵を載せています。苦手な方は続きを読む・記事を直接開く事をお控えください
・裏を返せば、特殊な例を除いて擬人化は直接表示されないようになっています。苦手な方への配慮として、擬人化が好きな方にもご理解をお願いします。

以上を踏まえて、無理だと感じた方は今すぐ画面を閉じる事を推奨します


続きページはサイトコンテンツのような物及びその解説と、リンクについて。
大体のコンテンツはパソコンでは右側のコンテンツ記事メニューから、ケータイやスマートフォンでは画面上部のメニューから直接行く事もできます。
[はじめに]の続きを読む
光のような影
マグナゲートムンナ(擬人化・アナログ絵)

約30分ムンナさま。描き始めがマグナゲート擬人化だったのに、いきなりマグナゲート擬人化で繋げていく。
特に具体的なシチュエーションを想定しているわけでもないですが、こういう表情、そういう雰囲気で描きたかったのです。

ポケモンセンターの商品「もちふわクッション ムンナ」を買ったのです。情報公開された時も気になってたんですが、買ってしまいました。
しかもこの時の店内BGMが「ベストウィッシュ!」と「心のファンファーレ」の2曲ループだったんです。まさかの突然のBWオーラ全開。乗せられました(?)
クッションなのでサイズ感は大きめです。以前買った「もっちりまんまるクッション ナゾノクサ」の胴体部分と同じくらいでしょうか。
よく考えたら自分にとってナゾノクサと同じポジションに収まるってなんなんだムンナさま。種族としてBW当初にここまでの好感度は無かったぞ。

クッションとしての何かしらのネタを描きたかった欲もあったんですが、最終的にムンナ買ったからムンナさま描いたよ程度に無関係な絵です。
・・・後で知ったのですが、発売自体は2ヶ月前でした。最近ポケセンに行く機会が減っていたのは自覚してたんですが、発売後に行った事自体はあったハズ。その時は気付かなかったのか、他の買い物金額の兼ね合いで止めたのか・・・

------

何の脈絡もなくスマブラSPの話。今回はポケモンのオレ曲セレクト。
スマブラXから実装された、各ステージで流れる多数の中から、曲が選ばれる確率を調整できるシステム。
今回は事前発表のなかった情報はあるかもしれませんが、購入後のネタバレはなし、購入直後から分かる情報だけに絞ってる・・・ハズです;;

今作では使える曲がステージ毎ではなくシリーズ毎に分けられており、ポケモンシリーズの曲は全てのポケモンステージで使えます。
この情報公開があった時に危惧していた、ヤマブキシティでNの城も、イッシュリーグで赤緑メインテーマも流せます。正直覚悟していた以上に違和感があった。
BWは知ってるけどスマブラはしてない方向けに補足しておくと、スマブラの「イッシュポケモンリーグ」はポケモンリーグという名の実質Nの城ステージです。「テンガンざん やりのはしら」にディアルガやパルキアが登場するのと同じノリで、レシラムやゼクロムが現れたりします。
デフォルト設定では各ステージ、メインの曲が1つ、次点の曲が1つ設定されており、それ以外は多くの曲が低確率で出るようになっています。デフォルトでは全く出ない設定の曲もいくつかあります。

ヤマブキシティのデフォルトだと、初代スマブラで使われた「ポケットモンスター 赤・緑:メインテーマ[64]」がトップ、次点はスマブラXでアレンジされた「トキワへの道-マサラより/ニビシティ(ポケットモンスター 赤・緑)」。それ以外の曲が低確率設定ですが、XY原曲使用の「ミアレシティ」だけは全く出ない設定になっていました。
つまり、大抵は素直に考えてヤマブキシティっぽい曲が流れるんですけれど、それ以外の曲も、地方を越えてたまに流れます。突然ヒガナだったりグラジオだったり。

ただ、使いたいキャラがいて、そのキャラのテーマ曲みたいなのを定めたい!という場合はシリーズ内の好きな曲を舞台を越えて流すのもアリだと思います。ゲッコウガを使うなら舞台がカントーでもカロス曲を流したくなったっておかしくはない。
・・・この理屈を踏まえても、イッシュのファイターはいないのでNの城はイッシュリーグで流すべきってなっちゃうんですけれどね;;
ちなみに、ヤマブキシティにNの城を流してみた(&その逆の)時はポケモン系ファイターではなくFEifのカムイを使ってました。黒と白だし竜ですし。

ステージに曲が合う合わないというのはありますけれど、これまでXやforWiiUでの自分、絶対に選ばれない曲がある設定にするのは避けてきました。せっかく膨大な曲があるのに、絶対に流れない曲を存在させてしまうのは何か悪い気がしまして。
そこで今作の自分。ステージに合わない曲が流れるのも一種の風物詩かもしれないと思いつつも、全ステージを合わせて全ての曲に流れる余地を残す事ができればそれでいいやと思う事にしました。
手始めにポケモン系ステージの確率を弄る事にしまして、「ヤマブキシティ」「テンガンざん やりのはしら」「イッシュポケモンリーグ」「プリズムタワー」は原則としてその地方の曲に絞る事に。後は例外除いて絶対に出ない設定。
例外として、テンガンざんに金銀メドレー、プリズムタワーにRS各楽曲と、ステージの世代にリメイクが出たものは可にしました。
まずこれだけでも、各ステージの曲は絞りつつも、サンムーンの楽曲以外は全て流れる余地を用意できているハズ。
その中でも特に流したい曲が2曲あるなら、デフォルトのメインと次点並の確率設定をしてます。テンガンざんのメインは209ばんどうろです。
XYモチーフのステージには「カロスポケモンリーグ」もありますが、こっちはカロスとホウエンの曲は入れつつ、他地方でもポケモンリーグ関連の曲は残しました。結果的にトップが「決戦!ダイゴ」で次点が「戦闘!四天王/戦闘!ソルガレオ・ルナアーラ」と、カロスとはな事にはなりましたが。

残すは明確な原作設定のない「ポケモンスタジアム」と「ポケモンスタジアム2」。この辺りは戦闘曲メインでチョイスしていこうかなぁ。
「ポケモンスタジアム2」はデフォルトでトップと次点がアローラ曲になってるので、アローラ要素はこっち重視で行こうか。

とまぁ、設定してみたものの、自分まだまだ勝ち上がり乱闘とスピリッツをメインにしている上、本作はステージ選択時点で楽曲の指定も可能になったので、まだ確率調整の恩恵を受ける機会が殆どないんですけどね!
ステージをランダムにする場合か、誰かと遊ぶ機会があって一々音楽まで考えない場合か、確率調整の恩恵を受けるとしたらその辺りかなぁ。

------

相変わらずの長々、失礼しました。
今回記事はここまでになります。通して読んでくださった方も、途中飛ばした方も、ここまで見て下さりありがとうございました。
また最後になりますが、前回記事に拍手ありがとうございました!
新年走り始め
マグナゲートポカブ・キバゴ(擬人化・アナログ絵)

あけました。
今年も喪中につき、お祝いとしての挨拶は控えさせていただきます。
今年もよろしくお願いします。

亥年の描き始めはオブとクスです。去年白状した通りです。予定通りです。
ポカブは豚ですが、豚って家畜化した猪ですし、エンブオーの英語名(Emboar)はむしろ猪(Boar)に近かったりするようです。
主パで干支で描き始めするシリーズ(?)は予定できるのは来年まで。来年の今頃もこの調子で絵を描き続けていたら、その通り描くつもりです。
来年描きたい子、現在進行形で先月からの年末に去年の戌担当共々ヒートアップというか大乱闘していたんですけれど、来年の今頃どうなっている事やら。
大乱闘といえば、ファイターには直接の猪や豚はいないんですけれど、最後の切り札やボスとして登場するガノンドロフが変身した姿、ガノンは猪型の魔王でした。新年早々に起動してオープニングを見て思い出しました。
エンブオーも若干悪人面な所も含めて、技構成次第ではガノンドロフっぽい印象になったりするかもしれませんね。今更ですけれどエンブオーはかくとうタイプでガオガエンはあくタイプなのか・・・

猪といえば猪突猛進みたいな感じで文字は入れてますが、
実際の所、オブとクスはうちの主パの中ではイケイケ気質な方だと思ってます。
オブが主人公勢の中では強気な方で、クスはパートナー内では中間的な気質ですけれどオブより下の主人公達よりは突撃型。
物語を通じて研究家や伝説のポケモン等、知的な層が加入する事もあるかもしれません。思考担当が主パ内には必要ないチーム。
クスの場合は良い子ではあるんですけれど、遠距離技を持たないので必然的に敵に接近するしかない、ただ『ダブルチョップ』のおかげで近づけば強いというプレイ中の印象もあるかもしれません。

自分自身の話なんですけれど、
あまり物事を考えすぎて悩みすぎて何もできなかったり時間がなかったり、
逆にえいやっ!と深く考えずに行動するとそれはそれで失敗しがちなので、
悩みすぎず、でも成功できるように行動できるように、
手短に思考した上で突撃ができるようになりたいです・・・或いは、どっちかを上手くできるように助け合える関係を構築できるようになりたいです・・・
うちの主パって多くは後者のイメージなんだろうなぁ。そして主人公達を単体で見ると自分の現状のどちらかを投影してしまってるのかもしれない。
・・・今年の抱負みたいなのをちゃんと考えてなかったんですけれど、いっそこれで良いのかもしれないです。

文章の方ももっと書くことがあるかもしれないと悩んで時間が経ちそうなので、無理にひねり出す事もないだろうタイミングで終わります!
最後になりましたが、前回記事に2拍手ありがとうございました!
駆け足年末
主人公の精神とパートナーの人形(擬人化・アナログ絵)

いつの間にやらすっかり年末ですね。
ここ数年は描き始めは擬人化主パから干支ネタで選んで、描き納めも同じ組み合わせ。という事で超主パのリーマとユウリです。
ただし今回はスマブラSPが題材。スピリットのハリマロンとフィギュアのルカリオとして。以前ユウリの尻尾の先を描き忘れた早々のリベンジも兼ねて(((

ユウリだけ進化しているという事になるのですが、
ユウリはうちの設定持ち主パ、メイン主パの中では唯一進化が1回である事や、ルカリオが本家より先に映画で主役を務めてリオルはその進化前としての印象が強い事もあって、主パを進化させるなら足並みを揃えたいと思っている中では片方だけ進化でも違和感を抱いてない部類です。
スマブラSP以前・・・ポケ超ダンが発売してからのスマブラforから同じ組み合わせを楽しんでいた事もあります。
むしろ両方ED後に進化させる方向にした場合にリーマのハリボーグ期をどう扱うべきなんだろうと思うくらい。一応、ストーリー終了直後ならハリボーグには進化できてもブリガロンにはなれないくらいの実レベルではあったんですけれど。

違和感を抱かない次点ははっけん!マグナゲートで進化レベル差を実感させられるオブとクス(ポカブとキバゴ)かなぁ。チャオブーとオノンドという揃い方をする難易度帯が僅かなんです。
チャオブーはレベル設定が低めで中間揃いができる所があるだけ良い方で、オノンドと中間揃いする事がない御三家もいた気がします・・・
これがセイとテンになると、ポケモン的にも光の冒険団的にもピチューはピチューでピカチュウはピカチュウという印象が強い事もあるんですけれど、ピカチュウとトゲピーで組み合わせられるとセイとテンにはならないよなぁってなってしまうのです;;
実は「進化のタイミングはほぼ同時だけど最初の進化完了が早かったのはセイ」という設定があるので、その僅かな時間ならありえなくはないんですけども。
進化可能になったタイミング的にも同時進化以外ありえないだろうなぁと思うのがコータとヒーザで、ミズゴとチコリは実は初プレイの進化可能タイミングではミズゴが最終進化できないレベルだったんですけどキャラ設定的にいきなり進化する事に無理があるので結局進化するなら同時になりそうな所です。

今更ですが、ポケダン設定まとめから今年のアナログ絵まとめへのリンクを貼るタイミングを失っていました。まだ貼れていませんでした。
諸事情で記事公開直後に編集の時間は取れないのですが、夜にでも・・・今年中には編集しようと思います・・・;;


6月のE3以降、ひたすらスマブラが熱く楽しみな1年でした。
年初めにX時代のルカリオやウルフを話題にしたり、ルカリオamiibo欲しいという話をした所でしたが、そのウルフが復活したりルカリオamiiboが正式に再販されて購入できたり、するとは思わなかったですホントに・・・
前半期はスターアライズが楽しみだったり楽しかったりする1年でした。
購入一年目ではまだ自分の中で勢いづいてなかった、ニンテンドースイッチを本格的に使い始めた年とも言えたかもしれません。
一方で3DSは特に新しいソフトを買う事がなく、世代交代期なのかなぁと思う所です。まだ3DSソフトは発売されているし発売予定もある、発売済タイトルで気になる物もあるんですけどね。
据え置きゲーム機のカテゴリだとは思うんですが携帯ゲーム機として扱う事もできるスイッチ、今後どういうポジションになっていくやら。

・・・スターアライズの最終アップデート以降、結局ここ一ヶ月、レッツゴーピカチュウを触れられていません;;
いや予想はできていたんですけれど。ウルトラサンもビックリの進行状況。
スマブラに疲れた頃に進めたいと思います・・・この一ヶ月でホントにアクションゲームで疲れる事がRPGより少ないと実感してる状況ではありますが・・・
去年の記事を見返したら、去年末も別のゲームを指して同じ事を書いてました。やっぱりアクションゲームに熱中しやすいタイプなんじゃないか自分。


今回記事、今年最後の更新はここまでです。
ここまで読んで下さりありがとうございました!よいお年を!
テンションはクレイジー
冒険団サマヨール♀(擬人化・アナログ絵)

うちの子擬人化を主パ以外から何か描きたいのと、スマブラ関連で何か描きたいという、相反する願望が混ざった結果、レッシャさんを描くというチョイスをした後にこんな構図になりました絵。
なんか雰囲気黒いですが、本人はノリノリでやっているだけで至って平和です。せっかくだからセイ辺り相手にリアルスマブラとかやりかねませんが平和です。
ちなみに描いてる時のBGMは星のマホロアのラスボス戦でした。

描いていて初めて気づいたような、以前も考えた事があったけど今回思い出したような、自分でもかなり曖昧なスマブラの話なんですが、
スマブラシリーズの恒例ボスのマスターハンドとクレイジーハンド、右手のマスターが画面右側、左手のクレイジーが画面左側が基本ポジションという事は、
仮に「手の主」がいるとしたら画面奥ではなく、画面より手前、プレイヤーが見ている視点にいる事になるんですよね。
今回は描いていて「そういえばそうだ」となったので、絵の左側に右手、右側に左手を描いてますけれども。

フィギュア世界と現実世界の境界にあたるらしい、スマブラシリーズの終点。
そもそもの大乱闘が「初代スマブラのオープニングに出てきた手の人形遊び」という考え方もできる造りな辺り、マスターハンド達の主のイメージってプレイヤーその人だったりするんだろうか。
・・・だったらもっと手加減してくれ自分と思う事もありますが(((


前回更新から1週間くらい経ちましたが、忙しい合間にスマブラをやってるくらいの事しかなかったので、スマブラの事くらいしか書ける事はないです。
最近は専らスピリッツ蒐集をメインに遊んでます。主にスピリットボードを中心にしつつ、たまに灯火の星を進めてます。
特に思った事はツイッターで(たまに画像付きで)呟いてますし、スピリッツに関しては今回こっちで、それも表ページのみで長々とは描かないです。
で、今回は何を書きたいかと言いますとピチューの話。絵の題材によっては避けたかもしれませんが、冒険団擬人化からですしピチューの話。

前回記事までで、勝ち上がり乱闘の最高難易度・最高評価クリアをロイ、デデデ、クッパjr.、カムイの4ファイターでクリアしたという話をしたんですが、
前回から今回までの間で、ピチューでもクリアできました。
初クリアの時は難易度は上げすぎずにいきまして、二度目以降のクリアでした。復活ファイターで久々ですし、元々は公式最弱ファイターでしたし。
ただ、初クリアの時点で「これ、最高難易度も行けそうじゃないか?」と思ったので、たまにチャレンジしていたという具合です。

ピチューはスピリットボードでも結構な頻度で使ったり、amiibo相手にamiiboを鍛えつつ自分も練習という具合にやってみたりしてるんですが、
個人的な体感、普通に強いですねピチュー・・・?
公式最弱だったDXでの仕様は「長所はピカチュウより機敏、短所はプリン以上の軽さとでんき技で自分にダメージが入る事から非常に脆い」という所だったんですけど、
今回はピカチュウより機敏なのはそのままに、公式に火力もピカチュウより高いと明言されていて、自分に入るダメージはDXより少なくなってます。
・・・ピチューというか、ピカチュウ(アタックフォルム)みたいな印象になりそうです。
オンライン対戦はまだ遊んでないので、そちらでも通用するかはまだ分かりませんけれども、趣味で使っていくには十分強い。

よく考えてみれば、公式最弱と言われたDXですらファンにはピチューより弱いと言われていたファイターもいたというし、シークやソニックが相手にすると厄介扱いされるスマブラにおいてスピードキャラってそれだけでアイデンティティでした・・・
ピカチュウとてスピードキャラの部類なのに、それより更に速い。
ゼロスーツサムスは少なくともX時点ではサムスより弱めの調整をしていたらしいのに、当初から脱いだ方が強い認識されていたとかありましたし。
ただスピード以外の数値がどの程度かという問題はあって、少し上げればスピードのおかげで大幅に上がり、下げすぎるとスピードがあっても補いきれないという事なのか、先に触れたキャラ達も含めてスピードキャラって調整大変そうだなぁって思います。
調整次第で上位から下位まで色々変動したマルスやメタナイトという例もありましたし。それでも最弱まで落ちる事はなかった印象ですが。
今回はゲーム内の上位専用部屋での試合内容から調整をしていくらしいスマブラ。ピチューの明日は果たして。

まぁ、そもそもピチューが使いたくてピチューを使ってるだけなので、今後多少弱体化しても使っていきたい所ではあるのですが・・・!
単にキャラ的な事もありますし、X以降ずっと「ピカチュウを使おうとしてもピチューのスピードが恋しい」となって使いこなせなかったわけですし。
DXの時点でもピチューを使いたくてピチューを使っていたのが、ピチューを使いたい理由がいなくなっていた間に増えていたわけですし。
自分が明確なスピードキャラを使いたいとなってるのはスマブラ内でも珍しい気がします。空中移動力がダッシュより高いプリンとか、forから走る最高速度はマルス以上になった封印ロイとかは少し怪しい所がありますが。


長かった。書きたい放題していたら、短く終わるつもりが長くなってた。
というわけで今回記事はここで終わります。失礼いたしました;;
・・・絵にする題材とかはその時次第色々ですが、12月に入ってから大体スマブラの事しか書いてない辺り、スマブラのパワー凄いですね。
ツイッターを見ていても、発売から3週間経って未だスマブラがトレンドから消えてるのを見た事がない勢いなんですよね・・・ホント凄い・・・