FC2ブログ
えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
はじめに
この度は「えんかれじゃす!日記帳」を開いて下さり、ありがとうございます
ここはあうれいが管理人として個人的に運営しているブログです
この記事では、当ブログについて少し案内させていただいてます


○基本事項
・主に任天堂作品について取り扱っています
・好きな物に関して話す事、アナログ絵を書く事がメインになります
・クリック可能な画像の場合はクリック等で拡大表示されます
・基本的に文章が長いです。長文苦手な方はお気をつけて
・年齢制限や性別の向き不向きは設けておりません
・二次創作や同人といった物への認識の無い方の閲覧はおすすめできません
・当ブログに載せられている絵や画像の無断転載は禁止です。念の為
・任天堂を始めとする各権利者様との関係はありません


○擬人化の取り扱い
・当ブログではポケモンの擬人化要素を含んでいます
・擬人化が苦手な方でも閲覧できるよう努めていますが、注意点があります
文字リンクに 擬人化 の文字が含まれる場合、クリック等で擬人化絵が表示されます。苦手な方はこの表記について触れないようご注意下さい
記事タイトルに 擬人化 の文字が含まれる場合、記事の続きに直接擬人化絵を載せています。苦手な方は続きを読む・記事を直接開く事をお控えください
・裏を返せば、特殊な例を除いて擬人化は直接表示されないようになっています。苦手な方への配慮として、擬人化が好きな方にもご理解をお願いします。

以上を踏まえて、無理だと感じた方は今すぐ画面を閉じる事を推奨します


続きページはサイトコンテンツのような物及びその解説と、リンクについて。
大体のコンテンツはパソコンでは右側のコンテンツ記事メニューから、ケータイやスマートフォンでは画面上部のメニューから直接行く事もできます。
[はじめに]の続きを読む
更新タイムアタック
歪みボード

ポケモンGOのキュレム、体勢の都合で狙うべき場所が立っている場所より近いんですよね。・・・という話。絵だけで伝わるのかよくわからない。伝わらない気がする。
台詞ではなく何か図にしている前提で文字を使う場合に、足跡文字みたいに架空の言語もありますけれど、アンノーンのおかげでとりあえずアルファベットは概念的に使えるの、ありがたいですねポケモン世界。
・・・勢いで眠ってる描写のZzzもアンノーンにしましたけど、そっちは普通にアルファベットで良かったんじゃないかと後で思いました。

そんな感じでキュレムについて学んでるムンナとドクロッグとブニャット。
ポケモンGOにキュレムが実装されたので、記念にマグナゲート絡みで何か描きたいとは思ってたんですが、中々しっくりくるものが浮かばなかった所、実際にGOでキュレムに挑んで感じた事を絵にするに至りました。
キュレム、近い、でファイル名やURLを考えてる時に、ビリジオンも近いって話したな?という事を思い出しました。妙に近いマグナゲート勢伝説。

キュレムが実装されたのは先週の水曜日から。
そこから今日までに、7回チャレンジして5匹捕まえられました。
5匹も捕まえられたら一安心という所。本家に2匹送っても大丈夫なくらいの。
GOで使う方の個体値的にも攻撃と防御が最高値でHPも高めという良い所を今日捕まえられました。

それまでエンブオーを持ってなかったのですが、対キュレムに使いたいと思ってその時手元にいた中で一番CPが高かったポカブをエンブオーまで進化させました。
対キュレムなのでかくとう技統一で。
コミュニティデイが来るまで待とうかなとも思ってましたが・・・こういう機会はこういう機会の内にやっておきたかった。
キュレムのスペシャル技が『ふぶき』の場合は一発は耐えるので確実に活躍するのですが、スペシャル技が『りゅうせいぐん』っぽい場合でも選出はしてます。とりあえずキュレムにエンブオーをぶつける。
自分がマグナゲート主人公をポカブにしたが故の選出ですけれど、普通に同世代の御三家と禁止伝説なので、ポケダンと言わないとポケダンにもならない組み合わせかもしれません。
オノノクスもいれば使いたかったのですが、オノノクスどころかキバゴも持ってません。モノズがいないのでサザンドラも使えません。
今回の絵のエンブオーは実は人間役のつもりでした。実は。

しかし、キュレムといえばポケモンGOではブラックキュレムとホワイトキュレムはどう扱うんでしょ。図鑑を見るにデータ自体は用意されているようですが・・・
現状、ポケモンGOでは後天的なフォルムチェンジはありませんが、
既存のキュレムを何らかの方法で変化させるようになるのか、ブラックキュレムやホワイトキュレムがそのままレイド等に出現するようになるのか。
ギラティナ等と異なり、キュレムの場合は合体版はゼクロムやレシラムを内部に含む事になるので、GOだけで見たら合体後がそのまま出現しても良いのですけれど、HOMEや本家との連動を踏まえるとそれだと扱いがややこしくなりそう。
メガシンカの実装が発表されている事もありますし、合わせて気になる所。メガシンカポケモンをそのまま捕まえてそのまま手元に置くのも、違和感があるような斬新なような・・・

そして色々とポケモンホームや本家との連動を前提とした話をしてますが、それもいつ実装される事になるやら。ホーム発表とともに連動予定とは発表されてますし、ホームも配信されてから5ヶ月くらいになりますが・・・
ポケモンホームを経由してシールドに伝説のポケモンを送りたい事と、ポケモンGOのボックスがギリギリの状態なので要るけど要らない(?)ポケモンをホームに送って容量を空けたい事とが相まって、気になる所。
・・・実はレッツゴーピカチュウも買ったもののポケモンGOと連動する所まで進められてないので、そこまで進めたら第一世代ポケモンについては整理できるので、進めるべきなのですけども。でもそうすると今度はその分メルタンが増えるのかもしれない。
コバルオン、テラキオン、ビリジオンは剣盾のランクマッチでも使えるようになったみたいなので、GOから送れるようになったらありがたいって人も多いハズ。
自分はランクマッチどころか通信対戦自体ほぼほぼしてませんが、鎧の孤島にエモンガとノコッチが登場したのでビリジオンを送りたいです(いつも通り)。

それと、結局ムンナはGOでは未解禁ですね。いつになるだろう。
マグナゲートを抜きにしても第五世代の中では有名・主要所のように思っていたので、未だ実装されてないのは意外です。
おらっ!ムンナだせっ!げしげしする相手がいない。


・・・さて、久しぶりの更新です。2週間以上ぶりですね・・・;;
中々、絵が描けなかったり更新できなかったりでした。ツイッターには相変わらず出没しまくっていました・・・;;
他の話題もいくらか書こうと思ってましたが、ここまでで既にかなり長くなりました。他の話題は・・・程々にしておきましょう。
キュレム好きですッ!!(唐突)


シールド、先日鎧の孤島のシナリオをクリアしました。
・・・前回更新の少し前くらいから、2週間近くシナリオの進行は止まってました。そりゃセイボリーパイセンがフィールドに仕込みをしていても文句は言えません(?)
ウーラオスはれんげきのかたに進化させました。ニンテンドースイッチはユーザーを増やす事でサブデータも作る事が出来るので、そっちを進める機会があればいちげきのかたも育ててみようと思ってます。機会があれば。
ヨロイ島図鑑は残り20種類くらい。ヨロイ島の完全新種はダクマとウーラオスだけで後は過去作から登場してるポケモンなので、ポケモンHOMEも活用しつつ、揃えていきたいと思います。

また、前回記事以降から、ポケモンHOMEまたはシールドに送る前提で、3DS作品でポケダン意識のポケモンを育てる機会が増えてます。
たとえシールドまで上陸できなくても、モチベーションが沸いたが故に育ててたりします。ホーム解禁の時点でサン向けに育てていたX出身の超主パを送ってましたが、最近になって救助隊主パも住む事になりました。DXでのデフォルトタマゴ技を遺伝させている新規育成版。


文章部分だけでここまでで50分くらい。
絵を描いた時間がどれくらいかは忘れましたが、そちらも1時間弱のハズ。
掘り下げていくと、もっと色々書きたくなりそうですが・・・今回はここまで。
絵を描きたいしブログも更新したいけれど、時間をかけすぎないように気を付けたいです。妥協するのとは少し違いますが、限られた時間の中で色々な事をやっていけるようにしたいです。
・・・ぶっちゃけスランプ気味なのかもしれませんね?自分で言うのもナンですが・・・それならそれで、足掻くようにやってみましょ。
思わぬ脱線(いつも通り)
色違いカジッチュはリンゴ部分が緑らしい

色違いのプクリンとプリンとププリンと、カジッチュととくせんリンゴ。
記事カテゴリとアナログ絵まとめをする場合の予定は本家ポケモン区分です。かなりポケダンになりそうでならない。ギルドの紋様はギリギリとして探険隊バッジのシルエットを描こうか悩んだので、そこを決行したら避けようがなかったかもしれない。

ポケモンソード・シールドのDLC第一弾、鎧の孤島の配信開始から1週間。
上陸間もなく確認でき、かつDLC自体を購入してなくても通信交換やHOMEでの入手は可能になったのでネタバレとしては気にしすぎる事無いかなとは思い普通に描いて載せて話題にするのですが、ププリン系統がソード・シールドで使用可能になりました。
・・・実際自分自身、上陸する前にツイッターで2件ほどツイートを見かけて知りました。
そのツイートを見かけて呟いたのは「えっ何? お お き く な る 解 禁 さ れ た ?」でした。スマブラ。

20200625_F.jpg

先に脱線かつ余談になるのですが、自分自身が上陸して最初にツイートしたのは「ガラルでFLB結成できるじゃないですかパイセンーーーッ!!」でした。
開幕からいつも通り。

ところで、ポケモンの厳選・育成環境は、第六世代以降毎回、後からでもなんとかなる方向で変化が入ってきました。
第六世代では、通常特性で通常特性が2種類あるポケモンなら特性をもう一方に変えられる「とくせいカプセル」。
第七世代では、Lv.100にしたポケモンの個体値を31にする事ができる「ぎんのおうかん」「きんのおうかん」と「すごいとっくん」。
そして第八世代では、ポケモンの性格補正を変えるミント各種が登場しました。

そんなわけで、シールドでのプクリン解禁に伴ってやりたいと思った事があって、実行する事に。
その昔、第四世代パールで、色違いのプクリン♂を育てたいと思ってポケトレ連鎖によるププリン捕獲にチャレンジしたのですが、
初挑戦では、♂:♀=1:3のププリンですがその確率以上に♂が出ず、その上で僅かに捕まえる事ができたププリン♂も性格がシンクロ」しておらず、
それでも、性格補正は置いといて性格としての響きがそれっぽいのを理由に育てた色違いのプクリンがいました。
その1年後に再チャレンジした時に今度は性格がシンクロした♂を入手する事ができて、それ以来その1匹目のプクリンは長らくポケモン牧場で色々なポケモン達と戯れていたのですが・・・

20200625_Wiiware.jpg

この1匹目のプクリンを、シールドまで連れていく事にしました。
特性は「メロメロボディ」で性格・個性は「むじゃき」「ものをよくちらかす」、個体値もそこまで高くはない。
正直、当時と違い今の自分がそもそもポケモン対戦をする事自体がほぼ無いし、バトルタワーですら使うとは限らないですが、
いざ戦わせたくなった時はその辺り一通りなんとかする前提で、送り出しました。

あわせて、ププリンとプリンも送る事にしました。
ププリンは先述の「再チャレンジ」の際に捕まえた個体で、プリンはプラチナでまた違った動機でプリンとして連鎖した個体。
つまり3匹とも入手機会は別々です。
ププリンは「のんき」で「まけずぎらい」の♀、プリンは「いじっぱり」で「たべるのがだいすき」の♀。プクリンはゴージャスボール、プリンとププリンはネストボール。
また、プクリンはこれまで、今回送る1匹目は「おやかた」、パールに残留する再チャレンジ時の2匹目は「だいまおう」というニックネームだったのですが、今回それを入れ替えて送る事にしました。

20200625_Camp.jpg

そんな具合にガラル上陸。
これまで自分、過去作で育てて使った思い出のポケモンをそのまま新世代に送る事はあまりありませんでした。
プレイヤーは自分とはいえ舞台もトレーナーも別の扱いになる新世代に連れていくより、育った世代に居続けさせたいというのが一番の理由だったのですが、
今回のプクリンの場合は「既に2匹目を育てている」「2匹目を育てた理由として、性格補正がなんとかなるならそのまま使いたかった」というのが大きいです。
それにしても、実に12年前に捕まえたポケモンが今こうして新作の地へ上陸する事と、それが出来るポケモンという作品が凄いなと改めて思います。
まあガラル地方にはまだまだ上陸できないポケモンも多いのですが、それでもアローラまでとか、HOMEまでにしても、やっぱり凄いと思います。

プクリンはLv.50で止めていて、プリンとププリンは捕獲レベルだったのですが、現在はキャンプしたり、鎧の孤島を探索したりして、いくらかレベルが上がってます。
先述の通り、プクリンには実行するかは別として、すごいとっくんが出来るようにLv.100は目指したい所。あまりガツガツしたレベリングではなく自然な冒険の中で育てたい気持ちはありますが。
・・・鎧の孤島で解禁された野生ポケモンの中に、経験値が多い事で有名なあのポケモンがいるので、それを見つけ次第倒しにいくのは果たして自然なレベリングなのかみたいに思わなくもないですけども。

ガラルはリンゴが食材として、ポケモンとして登場しているのも、親方様の話を越えてポケダン好きとして嬉しいです。親しみが沸く。
プクリンの持ち物をリンゴにすると、全く意味はないけれど画になる。
元々作る機会が多かったアップルカレーをより作るのですが、プクリンは小食のポケモン扱いでビックリしてます。プリンやププリンは普通に食べるのですが。


12年前に色違いプクリンの♂を狙い、「おやかた」とか「だいまおう」とか命名した理由は、ポケダン探険隊のドット絵ではプリンやプクリンの目の色が緑色だった(明らかに救助隊とは色が変わっている)からでしたが、
アニメや公式イラストなどは当時から普通に青色でしたし、
超不思議のダンジョンに登場した親方さまも青色だったので、
親方さまを意識したプクリンを育てたい時に色違いに拘る事もないよなぁっていうのが最近の見解ではあります。
また、フレンドボールに入れたプクリン♂というのも育ててみたいと思う一方で、フレンドボールに入ったプクリン♂を色違いでってなるとかなりハードルが高いので、その際は通常色で育てようかなと思ってます。
その時は6文字が使えるのだし「おやかたさま」って名前にしてみようかな。
ちなみにハートゴールドとソウルシルバーではプクリンのギルドのメンバーの内、ヘイガニとグレッグルがフレンドボールで捕まえる子とが出来なかったのですが、
ヘイガニはウルトラサンとウルトラムーンで、グレッグルはシールドで解禁されたので、ガラル現地に全員集合は出来ないもののHOMEでフレンドボールに入れたギルドメンバーを並べるくらいは出来るようになりました。
実行する時間があるかはともかく、やってみたい気持ちはある。
・・・ガラル地方にもヘイガニは登場するので、自分で一通り用意するならヘイガニもガラルで調達します。アローラのフレンドボールは完全に個数が限られてますし、自前で使うならチコリータやヒコザルに使うべきかなと思ってます。

ちなみに本作、もらったポケモンでもニックネームが付いてなければ一度だけ命名可能なので、シンオウ出身のプクリンに「おやかたさま」という名前を付ける事も可能ではありました。
今回の場合、既に一度ニックネームを付けたのをプクリンというニックネームにしてから送る事になるので、それでも大丈夫なのかまでは把握してませんが。
プリンとププリンはニックネーム無しで送ってるのですが、この2匹は一度だけ命名可能と分かってる状態です。
どうしようかなぁと思うのがプリンで、ニックネームを探険隊うちのこのカラメルにするのもアリなんだけど、一応キャラ設定自体は「がんばりや」だからなぁ、でも色違いに贅沢は言えないし今から「がんばりや」の色違いプリン♀を狙うのも♂ほどではなくてもしんどいしなぁで。
プラチナでプリン連鎖をした動機がそもそもカラメルというかからめるなので、元々「いじっぱり」もアリの解釈ではあるものの。
全くニックネームの目処が立ってないのがププリンです。♀だから親方様の幼少期ってワケにはいかないし、カラメルはその辺自分でもあまり考えてないし。
超に登場したププリンはどっちだったんだろうね。

プクリン親方を通常色にするか色違いにするかの見解は超の発売以降くらいから先述の通りですけれど、
VCクリスタルで色違いのセレビィを手に入れた事で、「ポケダン探険隊に関連するピンクと緑色の色違いのポケモン同士」で揃えるのもそれはそれでアリに感じてます。
まぁ、プクリンとセレビィ直接の絡みは一切無いんですけどね!


ところで自分、11~12年前の昔話を今回書いてきてますが、
・・・このブログ、パールが発売される少し前の時期から始めて、当時の記事も残していて、特に第四世代の出来事は廃人要素もがっつり記事にしてきたので、
残ってるんですよね!これが!当時の日記!!
というわけで自分でも見直すの凄く痛々しくなりそうなんですが、当時の記事を掘り出してリンクを貼る事にしました。
誰得かもですけれども、逆に自分が読む側だった場合に、当時の出来事とかブログ残ってないかな?って思うかもしれない、思わないかもしれない、なので。

今回のプクリンを狙った時のブログ(2記事分) 1 2

プラチナでプリンを狙った時のブログ

1年越しにププリンに再チャレンジした時のブログ

うん、やっぱり痛々しいな。と思う一方で、フォント調整と一部の顔文字をやたら使っている以外は案外今と大差無いのではっていう気もあります。どうなんだろ。
興味があって、かつ今よりハイなノリでブログを書いてた自分を見ても平気であれば。
或いは今よりハイなノリでブログを書いてた自分に興味があれば(いるのか?)
なお、画像はほとんどありません。アナログ絵も今のように描くようになるより前。

そんなこんな鎧の孤島を楽しんでます。広大な自然を自由なアングルで楽しみ、ぼんぐりを集めて、海に出てはサメハダーに追われる。楽しい。
ちなみにストーリーの方はまだあまり進んでません。鎧の孤島の目玉であろうダクマもまだ入手してません。セイボリーパイセンを数日待たせてます。やっぱり脱線していた。
前回記事で話題にしていた歴代御三家ですが、今回は増えてなさそうですね。まぁ増えてないなら仕方ないと思っていたので、仕方ないですが。
フーディンやプクリンのみならず、冒険団やマグナゲートにも諸々で、主パを抜きにしたポケダン方面での追加はありがたいのが多かったです。
追い付いた追い付かない
続きページに最近描いた擬人化絵を何枚か載せて書く感じの記事です。
こっち側には日記要素をいくらか書く事にします。


ポケモン剣盾のDLCが明後日から開始ですね。
個人的にはすっかり最初の救助隊DXに持っていかれたポケモンダイレクトで初公開となったDLCですが、果たしてどんなストーリー、どんなポケモンが待っているやら。
・・・実はDLCの攻略で使うつもりもあって本編の攻略メンバーを発表以来あまり育ててなかったりもしたのですが、果たして使う機会はあるのか。DLC第一弾はダクマがメインっぽいしなぁ。

個人的にポケモンが追加されるかどうかで気になるのが過去作御三家の扱い。
剣盾でメインに登場するポケモンも、DLCで追加されるポケモンも、基本的には「地方図鑑として」のチョイスだろうと思っているので、御三家全員は出なくても仕方ないと思う所はあったのですが、
ポケモンHOMEと同時に実は解禁されているものの、公式からのアナウンスやイベントはほぼほぼ無いアローラ御三家の存在が気になりまして。
フシギダネとゼニガメも解禁されてますが、そっちはヒトカゲと一緒にポケモンデイの時期にマックスレイドイベントをやってました。DLCでキョダイフシギバナとキョダイカメックスが追加されるという事で鎧の孤島でも出番があるようです。
このアローラ御三家がアリなら、DLC内で直接的な扱いが殆どなくても、他の御三家も追加されていると、嬉しいなぁとは思うのです。
先述の理由で、もしも追加されていなくても、まぁ仕方ないかなぁとも思ってます。
ジョウト御三家とホウエン御三家が揃って解禁されるか否かで、ミズゴとチコリはガラルに上陸するかあくまでも救助隊という本職に徹するかが決まります(?)

そんなDLC直前ではありますが、救助隊DXもまだ全ストーリー制覇をしていません・・・
といいますか、前回のプレイ日記までの攻略をした後、長らくプレイしてない状態でした。シールドのレイドイベントとの兼ね合いもあったのですが、
それで先週の金曜日頃から久々にプレイしまして、地底遺跡を2回クリアしました。
そこまでの範囲でプレイ日記を書くのもアリだなとは思ってますが、それこそ鎧の孤島との兼ね合いでどうなる事やらです。
・・・鎧の孤島のプレイ日記を書く事までは、考えてませんでしたが、単純に進めていくだけにしても時間は不安。
とりあえず地底遺跡を2回行って、自分のプレイスタイルでああいうダンジョンを一日でクリアするのは無謀なので、どうせオートセーブなのですし、少しずつ進めていこうねと思いました・・・まだまだ長いダンジョンは出てくるぞ救助隊だもの・・・


改めて続きページに擬人化絵を少々。
続きページに擬人化絵を直接掲載してます。
内容的には前々回記事と、救助隊DXプレイ日記の前回分辺りに関連してます。短時間チャレンジではないです。
短時間チャレンジではなくても、絵もより早く満足いくようなものが描けると良いのですけどね。
[追い付いた追い付かない]の続きを読む
なんというか真実
白き英雄ってなんだっけ(擬人化・アナログ絵)

2週間以上ぶりの更新です。お久しぶりです。

あまりリアル事情詳しい事は書かないつもりですが・・・緊急事態宣言の影響をそれなりに受ける生活をしていて、解除からしばらく気持ち忙しくしてました。
ツイッターには浮上していたので、ネットできない忙しいってワケではなく、絵を描いてブログ更新するまでのモチベーションには欠けていました・・・;;

アナログ絵はレシラムについて喋るオブとクスとムンナ。右から順に喋ってます。
マグナゲートと∞迷宮では殆ど出番無かったなぁって。超でもストーリー中に台詞は用意されたものの本筋にほぼ関わらなかったですし。ゼクロムも同様。
本来であれば白黒の英雄であるレシラムとゼクロムに、知られざる抜け殻のキュレムって感じですけれど、間違いなくこの面々はキュレムの方がよく知ってる。
多分白いでかいやつでルギアに脱線して、ほのおタイプと補足を入れたら今度はホウオウに脱線したりもする。


ポケモンGOにレシラムが登場しましたが、
開始してから1週間ちょっとくらいまでの間は、使っていたスマートフォンのタッチパネルの限界で殆ど捕まえられませんでした。
下の方のあるポイントでスワイプが出来なくなってまして、回転を付けようとすると途切れるか、突然あらぬ方向に投げ込むか。遠投が必要な相手には致命的な状態。
辛うじて伝説レイドに関係ないデイリーは達成できたり、リアルタイム操作が求められないFEヒーローズは普通に継続できたりでしたが・・・
先日ようやく機種変更になりまして。快適です。とても快適です。
タッチパネル云々を抜きにしても、バッテリーの持ちは良いし、ポケモンGOの動作は快適ですし。一般的なプレイヤーさんはこのスピードでプレイできていたんですね・・・などと思ったり。
変更前には6戦して一度だけレシラムを捕まえられたんですが、変更後は現在4戦3勝。命中率と成功率が段違い。
3~4匹捕まえられれば、初捕獲個体、戦力としての個体、ポケモンHOMEに対応するようになったら送る個体と用意できるので、最低限は達成で一安心という所です。

第五世代以降の本家はホワイト、ホワイト2、X、オメガルビー、サン、ウルトラサン、シールドと買ってきているので、実は白黒ドラゴンの入手可能量はレシラムに偏り気味。
ホワイトを買った以上先に手にしたのはゼクロムなんですが、ゼクロムはそれっきり。対してレシラムは11年映画の配布、ホワイト2、オメガルビー、ウルトラサンと4匹。
ちなみにオメガルビーはひっそり色違いを出してました。
そんなわけでゼクロムが開始したらゼクロムも頑張って集めたいです。
キュレムはもうキュレム様なので勿論集めます。
レシラム、ゼクロム、キュレムは剣盾だとDLCを待たずに実装はされているので、この期間の内にでもGOとHOMEとの連動が解禁されたら嬉しいなぁ。
・・・ムンナがまだGO未実装なんですが、これでもしもキュレムと同時期に実装されたら私が狂って喜ぶ。


先述の通り、スマートフォンを機種変更して、
特にバッテリーの保ちとポケモンGOの動作の良さに感動している所ですが、
これに触発されて、自分自身の動き反応速度も良くしたいなぁって思ったりします。
・・・その割に、この記事も結構ゆっくり進行で更新してますけど・・・

ここ1週間以内で、歯医者に行ったり、自転車を修理に出したり、
むしろなんで緊急事態中にそこまでしなかった?というくらいにあれこれして、気持ち的にはスッキリしています。
歯はともかく、スマートフォンと自転車は自分自身の身体に対する影響はないのですが、気持ちを快適にしていきたいのです。
強いて言えばストレスは大分軽減されました。特にポケモンGOの挙動に対しての。強いて言えばとは言ったものの滅茶苦茶大きい気がします。
・・・実は半年以上前からそろそろ変えないとな・・・と思っていて中々変えてなかったので、今更というかズボラというか、限界まで来ないとしないのかというか・・・;;
前の端末を変更したのは、ポケ超ダンが発売して少しした頃の5年弱前です。本体の劣化の問題か、現代水準に対するスペックの問題か。
今後も、3~4年した頃に扱いの難しさを感じたら、なるべく早くあれこれ考えるべきですね・・・3~4年後のポケモンGOやFEヒーローズがどうなっているかはわかりませんが・・・

スマートフォンのゲームも、自分なりに手を出していくのを増やしたいと思っていたものの、当初から今に至るまで続いてるのはポケモンGOとFEヒーローズの2つという状態です。ブログで話題にしてるものしてないものも含めて。
ゲームとは少し違う所で、先程から話題にしているポケモンHOMEも使ってます。
スッキリしたこの機に、動作の重さが無くなって浮いた分を遊んでみるべきか、スマホゲームは増やさず他にできる事を増やしていくべきか。
My Nintendoのアプリとか、興味はあったもののスマホの限界を感じて増やすのは止めてたなぁ。これこそこれを機にって所かもしれません。


ブログに書きたいと思ってたものの書きそびれていた話とか、他にも色々あったような気がするんですが、
今回はここで区切って終わっておきます。
余裕があるとき、かつ書きたい事があるときに、また更新していきたいです。