FC2ブログ
えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
はじめに
この度は「えんかれじゃす!日記帳」を開いて下さり、ありがとうございます
ここはあうれいが管理人として個人的に運営しているブログです
この記事では、当ブログについて少し案内させていただいてます


○基本事項
・主に任天堂作品について取り扱っています
・好きな物に関して話す事、アナログ絵を書く事がメインになります
・クリック可能な画像の場合はクリック等で拡大表示されます
・基本的に文章が長いです。長文苦手な方はお気をつけて
・年齢制限や性別の向き不向きは設けておりません
・二次創作や同人といった物への認識の無い方の閲覧はおすすめできません
・当ブログに載せられている絵や画像の無断転載は禁止です。念の為
・任天堂を始めとする各権利者様との関係はありません


○擬人化の取り扱い
・当ブログではポケモンの擬人化要素を含んでいます
・擬人化が苦手な方でも閲覧できるよう努めていますが、注意点があります
文字リンクに 擬人化 の文字が含まれる場合、クリック等で擬人化絵が表示されます。苦手な方はこの表記について触れないようご注意下さい
記事タイトルに 擬人化 の文字が含まれる場合、記事の続きに直接擬人化絵を載せています。苦手な方は続きを読む・記事を直接開く事をお控えください
・裏を返せば、特殊な例を除いて擬人化は直接表示されないようになっています。苦手な方への配慮として、擬人化が好きな方にもご理解をお願いします。

以上を踏まえて、無理だと感じた方は今すぐ画面を閉じる事を推奨します


続きページはサイトコンテンツのような物及びその解説と、リンクについて。
大体のコンテンツはパソコンでは右側のコンテンツ記事メニューから、ケータイやスマートフォンでは画面上部のメニューから直接行く事もできます。
[はじめに]の続きを読む
最近は逃げない
断じて戌年の絵ではない

ポケモン超不思議のダンジョン3周年おめでとうございます!
3周年。ポケ超ダンで3といえば。伝説のポケモン、エンテイ、ライコウ、スイクンに「伝説の三聖獣」という肩書きが公式に登場した作品でした!
というわけで三聖獣で三周年です!!三・周・年!!!

・・・とまぁ、三聖獣を描きたかったのですが、どうも頭でっかちになってしまいました;;
人型キャラを描く時でも、頭身が高い絵が描けないなと思っているのですが、ポケモン、それも四足歩行の獣型でも同じでした。
伝説のポケモンを描くのは毎度苦手意識もあるんですが、基本的に頭身が高いのが多いからかもしれません。そうでもない存在もいますけれども。

エンテイとライコウとスイクン。併せてリーマとユウリとクチート。
組み合わせるならこういうイメージです。スイクンとクチートが消去法気味ですが。
プレイ日記に書いた事、書いてない事色々ありそうですが、ED後を想定したときに、高圧的だけど主人公達の事は素直に評価してるのがエンテイ、正直認めたくないけど認めざるをえないと思ってそうなのがライコウ、本来は穏やかで高圧的になりきれず虚無の世界では殆ど喋らなかったのがスイクン、みたいなイメージがあります。
エンテイは映画のイメージもあって、パパみがありますね。主人公達の保護者が多い印象の超ですが、エンテイもその一部を担ってそう。


第六世代はそもそもエンテイに、一つだけだけど大きな強化が施された世代でした。
主であるホウオウの専用技であり、エンテイの種族値に対して相性が良い『せいなるほのお』の習得。設定面でも性能面でも、とても大きい追加。
そんな世代中に登場した本作。マグナゲートでは巨大ボス専用技だった『せいなるほのお』が、攻撃範囲はそのままにプレイアブル前提で調整される事に。
結果、滅茶苦茶強くなりました・・・威力にも命中にも優れる部屋全体攻撃・・・仲間として連れ歩いても良し、フーパが呼び出す中でもトップクラスの頼り甲斐・・・
その強さを讃えつつ恐れつつ。技育成もしたくてただエンテイを使うだけでなく、ドーブルの『スケッチ』まで試みた覚えがあります。

流石にボスとして『せいなるほのお』を使われたら中盤なのに探検隊パルキアってレベルじゃねーぞ状態になるので、ストーリー中で見る機会はありませんでしたが。
・・・うちは主人公はハリマロンでパートナーがリオルなので、元々主人公が危ないし、イベント進化後はパートナーまで危ないので、エンテイとその直前のボス戦はひたすら枝を振ってた覚えがあります。いやホント無対策に『せいなるほのお』が飛んでくるとかなくて良かった。
虚無の世界でも使わないですが、そこでもしも覚えてたら、歴代最強のストーリーNPCになりえたんじゃないかな・・・とも思います。
ただ、ダンジョン内では使わなくても良いからシナリオ描写で『せいなるほのお』を見たかったような気もします。アニメ探検隊では『ハイパーボイス』や『シャドーボール』扱いなアレやソレみたいな感じで。プレイヤーが目視できなかっただけで、虚無の影を焼くシーンが実はそうだったって可能性もありますが。

ストーリーでの存在感、仲間としての頼り甲斐もあり、稀にお茶目な印象も受けるポケ超ダンのエンテイ。本作で印象が(一時的に下がりながらも)上がった方も多そうですし、まだ触ってないエンテイファンの方には是非プレイして欲しいとも思いますポケ超ダン。
基本的にポケダン推しのこのブログで言うには、ちょっと今更ですが!


そんな本作で登場したワード「伝説の三聖獣」。
それまで通称としては三犬と呼ばれる事も多かった中で、目から鱗なワードでした。公式でこの呼び方がされたのは本作が初めてっぽいです。
そもそもモチーフはネコ科っぽいし三犬ではないでしょう!?と思ってたんですが、犬でもなく猫でもなく聖獣!三・聖・獣!!
・・・本作より更に後に、アニメ「ポケモンジェネレーションズ」では転生する前、やけたとうで亡くなる前の3匹が犬っぽかったようで、また混乱の種になりましたけども。

ただ、三犬に対して三聖獣の認知度が低いのか、三聖獣って呼び方が公式じゃないと思っていそうな意見もポケモンGOでの実装時に見たりもしました。悲しいです!
・・・というか少なくとも三犬という表記を公式で見た事はもっとないです・・・
ポケダンは外伝作品の中では人気も知名度もある方だとは信じてますが、それでもあくまでも外伝作品という事なのか。本家作品で使われないと定着は難しいでしょうか。
そもそも「伝説の三聖獣」という表記はスパイク・チュンソフト側が提案したか、(株)ポケモン側が提案したか、それにもよるのかもしれません。いずれにせよ公式作品内でそういう呼称が出たという事は公式か準公式くらいかとは思いますが。

ポケモンGOでは今月、リサーチを1週間行った報酬としてエンテイが登場中です!
先月はライコウでした。この組み合わせ・・・自分得かな?来月はスイクンです。
レイドバトルの伝説と違って捕まるまで挑戦できるので可能な限りパイルのみを使ってアメを増やしてる&毎日続けてると月4回は挑戦できるのでボール3種類は全て使いたいと思ってるのですが、先日戦ったエンテイはあまりにも吠えるしあまりにも捕まらないしで、パイルのみとスーパーボールを使い果たしてしまいました。残念。
再チャレンジに備えて、スーパーボールを蓄えないと・・・


前回記事で予告してた通り、今回記事はなんとしてでもと更新しました。
前回更新その日の内に、別の即席描きをしたりもしましたが・・・;;

今月中に、アナログ絵まとめをする予定です。
前回も書きました通り、まとめ用の新規絵は描けないと思いますが・・・描きたいと思っていて描けてない物はあるので、もしかしたらその辺りは何かするかも・・・?
かもしれない程度で、書いておく事にします。
ショッカクイレブン
バッジがないと何のお祝いか分からない疑惑

ポケダン探検隊11周年おめでとうございます!
コータとヒーザとツユとカフィナ。11周年絵の構図を考えた時に、コータの触角を11に見立てる事を思いつきました。
そこから追加であれこれ考えてたらカフィナも増えてました。本当に無理矢理というか、まだカフィナの方が11に見える事態。

ポケモンDPが発売してメガニウムの姿に性別違いが実装されてからはもうすぐ12年ですが、自分としては当初は違和感の方が強く、受け入れられるようになったのは探検隊で主人公になってから。
チコリータ系自体は元々好きなポケモンですが、この点では現行のチコリータ系好きとしても切って切れない物はあります探検隊。
といっても愛着レベルのものなので、例えばハートゴールドで最初に貰ったチコリータが♂だったとかだと、そのタイミングで受け入れた可能性はありますが。拗らせ期間が後2年続いた可能性があるのは・・・長いのか短いのか・・・
自慢になりそうですが、ハートゴールドのチコリータは偶然初見で♀でした。

そしてメガニウムの性別違いにうるさくなったのもこの頃から、と。
金銀やコロシアム当時が題材ならまだしも、第四世代以降が題材なのにメガニウム♂の触角が短いのを見ると「ん?」と思わずにいられない性格になりましたとさ。
分かりやすそうな例を挙げると、金銀ライバルならまだしもHGSSライバルが連れてるメガニウムの触角が短いわけないでしょう!!という・・・
他人事にまで首を突っ込むのは避けていますが、たまに自分自身に影響出る事も合ったので・・・!善意でうちの子を描いて下さったのに対して申し上げるのは心苦しいのですが・・・みたいな出来事もあったので、最終的に隙あらば触角アピールする性格になった・・・のかもしれないです・・・?

メガニウム以外の性別違いにも多少はうるさいのですが、第四世代までの性別違いを完全記憶してるわけじゃないので、そこは程々にです。
メガニウムよりも分かりづらい、描写上の誤差程度の違いな事もありますしね。
誤差程度のものだと、探検隊でも反映されてない場合もありますし。ウソッキーとかはまじまじと見比べても差を感じられなかった記憶があります。
ドードー系の公式イラストでドードーは♂、ドードリオは♀になった所、その割り振り方をするのを面白いなぁと思ったり、初期のポケモンGOがドードリオは公式イラストに反してでも実質の♂オンリーになってた所は拘ってるなぁと思ったりしました。

そんなこんなすっかり長い直角が特徴になってたメガニウム♂のコータに、
同じく、結構自由に動く触角を2本もつマナフィのカフィナに、
11の形にはできませんがアメモース♀のツユの目玉模様も触角ですし、
ドジョッチ♂のどっちょもアレは触角なのかな・・・?という具合なので、
全体的になんだか触角軍団な感じがします探検隊コーヒー。
ヒーザがゴウカザル♂なので触角は無いのが惜しく感じるくらいです。


今月入って初更新、2週間以上ぶりの更新です。お久しぶりです;;
9月なので今年もそろそろ、1年間のアナログ絵をまとめようと思ってますが、
現状、今年はアナログ絵まとめの際の新規絵は描けなさそうです。
まとめの新規絵として以外で描く物はあるかもしれませんが、まとめ毎に1枚ずつ確実に・・・とは言えないですし、全て通して描けないならまとめ新規絵としては載せないつもりです。
ただでさえ久しぶりの更新な所、次回以降の更新のボリュームダウンを宣言するのは自分で残念ではありますが、ご了承ください・・・;;
でも4日後に向けての一枚は描きたいです。これは最初っからアナログ絵まとめとは別枠として。
出番が勇者武器
剣先から出てるのは多分波導

前回記事を更新してしばらくしてから気付いた・・・といいますか、事実化して2~3週間気付いてなかったとも言うんですけど、
スマブラSP、ルカリオにキルソードというFE由来の剣を持たせて、武器として振るう事ができるようになるんですよね。公式に。
・・・持たせるだけなら、壊れたサンダーソードなんてものもforにありましたが。

うちのポケ超ダン主パはハリマロンのリーマとリオル♀のユウリですが、
プレイ日記初回に触れた名前の由来は、リーマが「ハリマロン+アーマー」でユウリは「勇者+リオル」でした。
自分でも当時、「一ヶ月前くらいまでFEやってた人並のネーミング」と言ってました。
まぁ、ハリマロン系のアーマーはともかくリオル系の勇者っていうと、流石にFEのではなく、波導の勇者の方ではあったんですが・・・

という状態だったので、ルカリオにFEの剣武器を持たせられる事になって驚いてます。今更ですが。
そもそも映像中に最初にキルソードを持ったのはゲッコウガ(=ポケモン)だったのにな!ゲッコウガにキルソードというのも上忍というかアサシンっぽくて良い。最近FEifのコミカライズで「忍」と書いて「アサシン」とルビが振られていた事があったから、やはり白夜の忍はアサシン・・・
ユウリがFE的な意味でも勇者になってしまう日も近い・・・?まぁキルソードなので、傭兵系より剣士系が持ってそうな感じありますけども。

そんなわけで今回の絵はブリガロンのリーマとルカリオのユウリです。FE度割増で。
リーマに持たせてる槍は以前擬人化に持たせたのを、持ち手部分を長くした物。
片腕だけの盾展開とかは実際できるのだろうかと思いつつも描いてます。
ユウリはキルソードを持たせつつ、ポーズはほぼ完全にヒーローズでのルーナを参考にしてます。暗夜の女性マーシナリー。ツインテール部分まで参考になるデザイン。
前回記事の原型絵→擬人化絵のシフトに続いてですが、この2匹、人間のポージングを原型にっていうのもやりやすい方なんだなぁ。
女性キャラのポーズを参考にルカリオを描くのが新鮮な感じはしましたが、実際♀なので・・・リーマがどっちであれユウリは♀なので・・・

FEに公式で、アーマー系と傭兵系のコンビetcになると何があるんだろう。
初期の作品から思い出してみて思い浮かぶのはシーマとサムソンでしょうか。
封印の剣の初プレイ時はウェンディとオージェで支援組んで育てたりしたっけなぁ。


FEの勇者的な意味でユウリに剣を持たせてみたい願望はあったものの、リーマの槍以上に、使わせる理由がないなぁと思ってます。
個人的に、うちの子の戦い方を考える時も、擬人化のデザインや武器を考える時も、「実際にその戦い方ができるポケモンか」という事は多少なり意識します。
NPC勢でもない限りは実際にポケダン中で使ってる技構成、または本家シリーズにも入れる形で育てた子はそっちの技構成、どちらかを想定して。

擬人化では何度か描いてるリーマの槍でさえ多少無理矢理です。一部のかくとう技を素手ではなく槍で放つイメージなら行けるかな?『いわくだき』や『ばかぢから』なら手や足とは言ってないのですし。という具合。
ツツケラが『いわくだき』や『かわらわり』を覚えるのだし、ツツケラなら間違いなくクチバシによる突きだろうしなぁ。
ユウリの剣技は尚のこと思いつかないです。ルカリオが武器を使うなら『ボーンラッシュ』のイメージになるんでしょうか。剣術というより棒術でしょうけど。
レベルアップで『つるぎのまい』は覚えるんですけど、攻撃技じゃないですしね。

ブリガロンとルカリオの場合、そもそも腕のトゲが、槍や剣の意匠を含んでる所があるのかな、とも思います。
エルレイドと同期のルカリオ、聖剣士達より後に出たブリガロン。かくとうタイプに「徒手格闘で戦う者達」だけでなく「騎士的な正義を重んじる者達」というイメージを感じ始めた中での登場ですし、この2種の場合は公式の意図がそうでもおかしくない気はしてます。


槍とアーマーナイトに思いを馳せつつFEヒーローズの話題。
今年の総選挙英雄・・・大いなる英雄が登場しました。今年はセリカ、ヘクトル、エフラム、ヴェロニカの四人。
そして今年もプレゼント召喚も実施。今年は先に通常召喚で1セットだけ召喚して、誰も出なかった(何故か好きとはいえ既に持ってる☆5烈火キャラが2人出た)のでプレゼント召喚で一人もらう事に。
今年は人物だけ見たらヘクトルかエフラムで悩む事になるかなぁって思ってたのですが、ヘクトルが槍重装、エフラムが斧重装という所で、
槍重装の☆5が全然いなかったので、ヘクトルを貰う事にしました。
愛の祭エリウッドしかいなかったんです☆5槍重装。槍以外の青属性を含めても愛の祭リンしか増えません。烈火の主人公ばかりじゃねえか!!
そもそも☆5で持ってないor数が少ない性質のユニットはいるだけでも大きく変わる。先月の伝承英雄召喚でエビフライ伝承リョウマを召喚した時も思いました。

亡き兄を継いでオスティア候となったヘクトル。兄に対する想いを口にする事が多かったり、鎧だけの事なのか重責の話なのか「重さ」の話も出てきたり。
あぁ、凄いなぁ・・・しんどいなぁ・・・
エフラムも似たようなキャラ性なのでやっぱり気になりますし、揃えられる機会があれば揃えてみたい。外伝マップでの2人の会話も良かったです。
ところでこれは仲間にして少ししてから気付いたんですが、総選挙ヘクトルのデザイン、これがまたかなりGBAジェネラルなんですよね・・・!
肩鎧が大きすぎなかったり鎖はなかったりなのでアメリア程のモロな感じはないですし、北千里先生の絵なのでテリウスっぽさもあるのですが、まじまじと見てると間違いなくGBAジェネラルのデザインしてます・・・
アメリアの場合は本人の小柄さも目立って戦闘グラフィックのSD感が出ていて、ヘクトルの場合は相応の体格の男が着ると、というべきでしょうか。
エフラムのモチーフである父のファードもジェネラルですが公式イラストがあるのでそれに準じてるのに対して、ヘクトルの兄ウーゼルは公式イラストがなかったので、鎧は汎用ジェネラルに準じたという事なんでしょうか・・・
烈火の剣のオスティア候弟ヘクトルは上級職だと斧と剣を使うグレートロードですが、封印の剣のオスティア候ヘクトルは斧と槍が使えるジェネラル。容姿は烈火の若さですが、立場としては後者に近いという事なんでしょうね。
・・・封印ヘクトルの公式イラストはかなり質素な鎧をしていたので、そういう意味でもかなりビックリしました。

アクセサリーが手に入る、今回二回目となるイベント「想いを集めて」では、今年の総選挙キャラがアクセサリーをくれるという事で、ヘクトルとエフラムが重騎士的な兜をくれます。
これもとても嬉しい。流石に顔が隠れるような物ではないのですが、頭までがっちり重装備なキャラを演出できるのはとても良い。
汎用性重視なのか、馬に乗った騎士鎧のキャラでもよく似合います。
今の所、ヘクトルから貰ったのはそのまま総選挙ヘクトルに装備させ、エフラムから貰ったのは配色もあってアメリアに。
イベントを進めると2つ目が貰えるので、そっちも楽しみです。兜軍団だって組める・・・!
あとヴェロニカのアクセサリーが、元々フルフェイスだからどのアクセサリーもシュールになってしまう漆黒の騎士に、比較的普通に使えるアクセサリーで良かったなと想います。いやまぁ全くシュールさがないとも言えないんですけども。
セリカはシンプルかつ背景を感じられて良い。兜4種のデザインはオリジナルだしヴェロニカはそもそもキャラがヒーローズオリジナルな所、原作シリーズに由来するアクセサリーを持ってくるのは良い。
FC版をモチーフにした衣装なので、総選挙セリカ本人は頭に何も付けてないんですよね。アクセサリー入手も踏まえて楽しんでねって事でしょうか。
服装は外伝ですけど、本人の髪型はエコーズ準拠ですし、想いを集めての中でエフィの名前やエコーズのみらしいイベントの話題が出たって事は、あくまでも「外伝衣装のエコーズセリカ」みたいですね。
とりあえず重装チームで想いを集めようって事で、セリカのサークレットはハロウィン版ヘンリーに付けてます。


ヒーローズの話題は少しだけにするつもりだったんですが、普通に長くなってしまいました!今回も脱線が長い!!脱線っぷりも勇者武器。
いや、今回はある意味では最初からFE記事だったのかもですが・・・
そんな具合で今回記事はここまでにします・・・;;

最後に、前回記事に拍手ありがとうございました!
鈍足実行
リーユウリーユウリーユウリーユウリーユウリーユウ(擬人化・アナログ絵)

前々回記事と同じような文字リンク名にしたら、ひたすらパートナーが呼ばれてるみたいだ!ヒドいなコレ!!
諸々の事情で遅くなりましたが、先月末に取ったアンケートを受けて、ミズチコでやったような絵をリーユウで。
同率一位がいるので、少なくともそれはやらないと釣り合わないのですが・・・!というか実は最初の一票を獲得してたのはあっちなんです(((

小さく書いてる通り、一番上の絵は作品一周年の時に描いた原型絵が元です。主パ共に二足歩行だと全身でもこういうのがやりやすいですね。
・・・もう一ヶ月もしない内に超三周年なんですよね・・・えっもうそんなになる・・・?最後のポケダンが出てから3年・・・??冒険団配信からマグナゲート発表までも3年ちょっとだったのでまだ諦める時ではないですが・・・ないですが…!!
ポーズを意識して描いて力が入ったのか、全体的に大きめ傾向です。
実行が遅かったのも変な力が入ってたからなのではないだろうか・・・もっと力抜け自分。救助隊の時は「練習がてら」だったんだぞ一応。
ミズゴとチコリとの比較で言うと、リーマもユウリも色合いが濃いめなのを感じます。ミズゴ達だとかなり白かった軽装版ですら濃いです。塗ってないエリアとの差を感じる。


今更気味なスマブラSPの話。
8日のダイレクトでまた色々発表がありました。
コナミの悪魔城シリーズからシモンとリヒターが参戦。
シリーズもキャラも自分はあまり詳しくないのですが、キャラとしてはシモンが先だけど、シリーズの進化に伴い後発主人公リヒターに追加されたアクションをシモンに逆輸入してる所があって、互いに互いあってこそのダッシュファイター・・・みたいな説を見ました。ダッシュありきで作るとこういう事もできるんですね。面白いなぁ。

ダッシュファイターとして更にクロムとダークサムスが発表。
クロム、まさになくはなかった。良くも悪くも思う所は色々なんですが、実際に参戦した以上は祝福する他ないですし、楽しみです。
悪い方の懸念をここで精算するなら。ファイアーエムブレムのキャラが増加傾向にあるの自体は、シリーズの主人公交代に伴う物で仕方ないと思ってるのですが、クロム追加で7キャラになったFEキャラの内、3キャラが覚醒からの出展になる事なんですよね・・・
とはいえ、クロムもルキナもダッシュファイター。もしかしたら3キャラと言いつつも、実際に掛かってる労力はルフレ分+αで2キャラ分もないのかもしれません。
ロイのダッシュファイターなんだとか。アイクのダッシュ説をよく見ましたが、あくまでもファルシオン持ちでルキナと同じ剣技(正確にはルキナがクロム仕込み)という事を考えるとアイクだと不自然になると思ってましたし、ロイが元々マルスのモデル替えキャラで似たような技も多いから無難な落とし所だと思います。
「新規ファイターとしてはマルスとアイクの中間になり個性不足だから参戦見送り、復活要望が高かったロイはまさにマルスとアイクの中間のような性質ながら復活」という所からの、そのロイのダッシュファイターになるというのも面白い所。
ただ、ロイは「イケイケ型主人公を模索する過渡期(完成版はかなりマルス寄り)」、クロムは「シリーズ集大成として特に有名な主人公のマルスとアイクの要素をミキシング」と、同じような性質だけど経緯は異なりそうな所が、また面白いと思ってます。
キャラ数が多い代わりにアイテムはアシストフィギュアに1人いるだけ、と思っていたFEですが、アイテムにもキルソードが登場。ホントに充実していくなぁFE!!

ダークサムスは技自体は確かにサムスと同じっぽいんですが、モーション面が全然違うので、ダッシュファイターとは・・・!?となる驚きのキャラでした。
残念ながらメトロイドプライムは1しか遊んでないので、ダークサムスの事はよく知りません。プライム4も決定してるし移植されないかなぁ。
メトロイドプライムを遊んでるので、ダークサムスの生い立ちを知った時はすんなり理解できましたけどね。なるほどメトロイドプライム。
アシストフィギュアも込みのメトロイド強敵ラッシュは絵面が酷いと思いました!ステージによっては更にクレイドも増えるんでしょ!酷い!!
当たり前のようにテンガンざんに馴染んでいてズルイ。

あと、オレ曲セレクトが凄い事になってんなと思いました。
楽曲セレクトがシリーズ単位になり、収録楽曲数も凄く多い・・・なんならスイッチとスマブラを揃えるだけでゲームアレンジサントラ的な価値を持ちうるやつ・・・
Xの頃からやりたかった「ノルフェアでリドリー戦BGM」なんて事も出来るんですよね。しかも今回リドリー参戦してますしね。楽しみです。
あとは実際の収録楽曲がどんな事になるのか、という具合ですね!
しかし、「テンガンざん復活するなら探検隊のディアルガ戦やパルキア戦収録されないかな」と以前書きましたが、楽曲がシリーズ共用ならそっちの可能性は減ったかなぁという風にも思ってます。ステージの為の楽曲収録は可能性が減りそう。
ポケモン系ならどこでもそこでもけっせん!ディアルガ・・・シュールだけどこれはこれで聞いてみたいと思った矢先、
「ヤマブキシティでNの城メドレー」という実現ほぼ確実の組み合わせの方が、空気に合わなすぎそうでどうなる事やらと思ってます・・・ホントどうなるの。
逆もまた然り。「イッシュポケモンリーグで赤緑オープニング(64アレンジ)」・・・明るい、想像するだけで必要以上に明るい・・・
イッシュリーグに前向きな話をするなら、forWiiUで初出のBW10ばんどうろアレンジは収録されるかなぁ。

ダイレクト終了に発表された、スーパードンキーコングのキングクルール参戦。これがじわじわと楽しみになってます。
参戦要望は多かったキャラ。自分は特に熱望まではしてなかったんですが、シリーズはリアルタイムに遊んでいたのでいざ参戦が決まってみると凄く楽しみ。
BGMアレンジはフル通して聞いてみたいし、王冠投げれるしむらびとが奪う事もできるみたいで色々何が出来るか試してみたいし、2のキャプテンクルールと3のバロンクルールの要素も入っているしで。
キングとキャプテンとバロン、別人説があれば、どうやらレア社としては同一人物らしかったりですが、今回フィギュア等で公式に明言されたりするんでしょうか。
キャプテンはキングの兄、という設定もスマブラで語られた事はありましたが・・・
キングがキャプテンやバロンの技を使う、というだけではまだ同一人物確定とまではいかないと思ってます。ルフレがGBA魔道士のポーズをしたりリザイアを使ったりするようなもので、要素を持ってきただけかもしれませんし、そもそも体術じゃなくて装備だから借りただけかなとも。
スマブラのキャラは「イメージを打ち込まれたフィギュア」であって本人ではないですしね。全てのクルールをキングクルールのフィギュアに打ち込んだだけかもしれない。

リドリーやダークサムスにキングクルール。初代からいながら悪役未参戦だった作品にも遂に悪の姿が。よきかなよきかな。
でも、初代の初期キャラ達に対する悪役、ライバルキャラが参戦してるかどうかの話を見る時に、
ポケモンだと、ミュウツーは100%逆襲個体だったりサカキのミュウツーだったりならまだしも「ミュウツー」を「悪役」と呼ぶのはどうにも嫌だったり、
ヨッシーを1シリーズとして見た時に、たとえ現行瓜二つでもクッパjr.はクッパの息子、ベビィクッパはクッパ本人の幼少期で別人だからな!?と思ったり、その辺がもどかしかったりします。
他の6キャラのライバルや宿敵が参戦した今、それぞれに対応するキャラが欲しいって気持ちはわかりますけれど。いや、それにしてもピカチュウにミュウツーは対応しないような気がしますけど・・・
・・・突き詰めると、ポケモンの場合はトレーナーとしての悪役は存在しても、ポケモン種族としての悪役は決めがたいというか、悪の大魔王の名台詞に集約されてしまいそうだなぁと思います。悪の大魔王の名台詞ですが。
ダークライ辺りは種族的悪役感はありますけど、そのダークライががっちり悪役やった作品での名台詞だからなぁこれが。

強引にカテゴリ通りの話題に戻した所で本記事を終わります!
スマブラの話ばかりが長くてすみませんでした!