えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
めざせ!光の頂
本人が戦うのかレイドバトルでもするのか

ポケダン冒険団は今日で8周年!おめでとうございます!
光の冒険団の初期メンバーから第二世代までのポケモンを抜き出し、そこにサンダーを加えたら丁度8匹。
サンダーの登場が近いポケモンGO題材っぽいようで光の冒険団の絵です(((
センの表情とかもあって今年だから描けた絵などと供述しており。
前回、使う色数を絞った絵を描きましたが、これこそ黄色オンリーで描いてみてもよかったのでは、と思う程に全体的に黄色い。

3バージョン登場した冒険団シリーズですが、ほのおタイプの炎、みずタイプの嵐と来て、でんきタイプの光が来たので、光の主人公事情は若干特殊。
まず、御三家がいない関係で、冒険団シリーズで唯一主人公候補に第三世代ポケモンがいないという現象が成立しました。
だから序盤の限定ポケモンにキモリが選ばれたのかなぁ。
第三世代で数少ないでんきタイプのラクライは、敵として登場した方がギミック的には面白い(厄介)ですし。実際、光で野生出現します。
・・・助かったよこの時代、メガジュカインとかまだいなくて!!
第四世代ポケモンも2匹と少なめ・・・なんですが、今回の絵に描いた7匹の内、2匹は新進化持ちなので、最終形態で考慮するとむしろ全冒険団で最も第四世代が多くもなるという、特殊な数。
第四世代ながら第四世代が少ない、とはいうものの、そこはHGSS直前だった事もあるのでしょう。第二世代は初期形態では最も多いです。「全員初期形態の光の冒険団」と「全員最終形態の嵐の冒険団」で同じ数になります。
あと、無進化ポケモンが主人公にいるのも光の冒険団だけでしたね。

そんなポケダン冒険団はWiiショッピングチャンネルで、1バージョン1234円で配信中です!多分毎年同じような事言ってる。
WiiでもWiiUでもまだ購入できるのですが、WiiUも現行機ではなくなった以上、本体の新品入手はできませんし、ショッピングチャンネルもいつ終了するか分かりません。
WiiWareのソフト毎の配信停止もたまにありますが・・・まぁ冒険団に関しては個別に止められる理由まではなさそうかなぁ・・・
とりあえず、冒険団もいつ手に入らなくなるか分からなくはなってると思います。
他のポケダンはパッケージソフトなので、いざとなったら中古のゲーム屋さんでも置いてる所はあると思いますが、冒険団はそういうわけにはいきません。
本体もレアですし、WiiやWiiUを今から手に入れて欲しいとは言えませんが、ポケダンファンで既にWiiやWiiUを持っているなら遊んで欲しいです。

ポケダン冒険団のここがスゴイ!
・他作ではあまり見ない子も主人公にできる
・微笑ましさがあるストーリー
・探検隊ベースながら独自のシステム
・敵タワーをいかに凌ぐかな高難易度
・村の音楽だけでも聴いて

ポケダン冒険団のここがダメ
・世界は滅びない
・WiiもWiiUも生産終了済

最近ツイッターで流行ったテンプレ風に言うとこんな感じ。丁度140字です(((
多少の短所は気にならず、良い所で気になる所があるならば、是非、です。

[追記]余談として。光の冒険団のサンダーは記事タイトルにもした「ひかりのいただき」のボスで、倒すと仲間にできるのですが、
この辺りになるとブログではあまり触れてなかったハズ。仲間にはしていて、ニックネームは「プレッダー」になりました。
うちの冒険団のネーミングはせいでんき→セイ、てんのめぐみ→テンといった具合に特性名を捩ってるのが多いのですが、
伝説のポケモンに多い「プレッシャー」は、捩るバリエーションが厳しかったです・・・それ以前からの主力でもレッシャとかプレスとかいたのに・・・
後々専用技を捩る発想もできたので、そこが早期に出来ていればレッシャは、進化用とはいえ専用アイテムの「れいかいのぬの」を捩る方向になったりしたのかも。今更名前を変えるのはゲーム的にはできませんし、設定面でも変えるつもりはないですが。
コロナとして他の伝説のとりポケモンを仲間にする事は想定してませんが、仲間にしたらプレッザーにプレッヤーになるんだと思います。
ED直後に仲間にできるライコウも同じく「プレッシャー」ですが、ニックネームが決まらなかったという理由で仲間にしてないです。
今からなら、超のライコウと同一個体という脳内設定にした上で、その肩書きであるイナズマをニックネームにするかもしれないなぁ。


前回記事で、自分はポケモンGOではサンダーがシンボルの黄色チーム、インスティンクトに所属している事を書きました。
インスティンクトを選んだのは、冒険団では光を選んだから、赤・青・黄なら黄を選んだ、それだけだったりします。
これが赤・緑・青・黄とかなら、赤と緑で悩んだのでしょう。黄が無い場合も同じ。
光の冒険団はタイプで言うと炎・水・電の3択なので、くさ御三家選ぶ事すらできないじゃないか!ならいっそ御三家ナシを選んでやろう!と思って選んだのですが(開始から少し経った頃にキモリが出たので結局御三家使ったのですが)、
ポケモンGOの所属はタイプで言うと炎・氷・電の三択。御三家タイプの選択ではありませんし、そもそも御三家は最初に別に選びます。
伝説のとりポケモンで特別これが好き!というのもなかったので、光の冒険団を動機に黄色チームに。という具合です。
これが三聖獣の選択だったらエンテイとしての赤か、光の冒険団としての黄か、で悩んだかもしれません。

インスティンクトはぶっちゃけ少数派、ジムやレイドバトルのボーナス面では不便被ってはいますが、それでも楽しくやってます。
少ない分、いざ黄色いジムを見た時に嬉しくなりますし、
ジムの仕様がリニューアルされてからは、前より頻繁に見るようになった気もします。そういう意味ではジムのリニューアルは、これまでジムを使ってなかった人にも使いやすくなったのでは、という風に思います。
些細な、でも自分なりの拘りを持ってインスティンクトに所属してるので、多少不利でもチーム自体を恨むつもりはありません。
これからも自分なりに、楽しんでいきます。

前回更新から今回までに、ファイヤーと一度戦う機会がありました。
倒す事はできましたが捕獲できず。今回も最後の一球はそもそも当たらず。
今回は読み込みの遅さの新パターンとして、きんのズリのみを使いたかったのにパイルのみを使う展開までありました・・・
こんな状態なので、最も捕獲が成功しやすくなる「きんのズリのみ使用、カーブのエクセレントボール」なんて一度も出来てません。結局出来ても捕まらない場合もあるのに、当たるかも分からない物を狙うのはそもそも辛い。
この条件以外でも捕まる時は捕まったりするのかなぁ。それでも捕まるのならば、ボールが非常に当てづらいとはいえ一切当たってないわけでもないので、ボールが当たる限り可能性はあると言えるのですが・・・
果たして、伝説のポケモンを捕まえられる日は来るのやら・・・


なんとも言い難いタイミングで更新した前回でポケモンGOの事を書いて、むしろ前回の内容からして今回書くべきだったのでは・・・
・・・と書き始める前は思いましたが、書き終わってみたらまぁまぁな長さになってたので、結局はこれで良かったんだろうなと思います(((
今回記事はここまでになります。読んで下さりありがとうございました!
なんとも言い難いタイミング[ 続き擬人化 ]
普通の目付きのオブを殆ど描いてない気がする・・・

オブは橙+黒、クスは黄緑+黒、スカーフと名前は緑と赤だけな色鉛筆絵。
うちのマグナゲート主パは、マグナゲートのパッケージ等に準じたスカーフをそのまま使っているのですが、
ポカブとキバゴという組み合わせにした時に、スカーフの色が丁度お互いに相棒の色に近くなる事に、何か意味がある設定とか考えてみたいなーってしばしば思います。
・・・しばしば思うものの、そもそもスカーフを付けるに至る経緯が固まってません。遅くてチームとしての結成時かなーとは考えていますが・・・

マグナゲートではパッケージとホーム画面で見る事ができた、アクセサリーを付けた主パ候補のポケモン達。
パッケージはともかく、ホーム画面の方は3DSで描写するための物で、作中と遜色ないグラフィックで、シリーズで初めてのゲーム機中でのアクセサリーを付けたポケモンのモデリングになるんですよね。
開発中は作中でアクセサリーを付ける事になる描写でもあったのでしょうか?
作中でスカーフを実際に身につけ、それが物語の大筋にも関わってきた超は、10周年を前に踏み込んできたなぁって思いました。

それと、こういう塗り方をしていると、キバゴの目の色が目立つように思います。この描き方だと、一番元の色と異なる部分になるので・・・
逆に、目と口の中をスカーフと同じ赤で塗ったら、正直元々の配色と遜色ない感じになるのでは、という風にも思います。実際にどうなるかはともかく。


8月になりましたね。今年も暑い。
本当は7月最後に1回更新したかった、この絵もツイッターに載せたのは30日だったんですが、31日は訳あって疲れてそれどころじゃありませんでした;;
そして、なんとなくこの絵を描きたくなった事ありきだったので、記事にするような事もあんまり無かったりします。とりあえずスマホ関係で少々。

ポケモンGOはレイドバトルで遂に伝説のポケモンが登場しました。
先日まではフリーザーが、今日からはファイヤーが出現中。また両期間で共通してルギアも出現してます。予想ですが、ルギアはサンダーまで含めた伝説の鳥ポケモンの登場期間での登場になるんでしょうか?
フリーザーは・・・3回挑戦の機会がありましたが、捕獲はできませんでした。
1~2回目は人が集まっている所で挑戦できたので倒す事は問題ありませんでしたが、捕獲できず。
3回目はあまり人がいない状態だったので倒せず。
そして共通して、読み込みが悪くてとても操作が厳しい状態でした・・・;;
3回目はむしろ倒せなくて清々しい方か。1~2回目はせっかく倒して、ボールを狙って投げようとしても、明後日の方向に飛んでました・・・
むしろボールを当てて捕まらないっていうなら仕方ないです!伝説のポケモンだもの当たっても簡単には捕まらないさ!2回目のラストはボール当たらず終わりましたからね!!orz
図鑑完成にも、伝説のポケモンにも今の所は執着してないので、まぁ気長に、いずれ捕まえる時が来るかもしれないと思っておきます。
それでも、インスティンクトに所属してる身としてサンダーは欲しいなーって思ったりもしますが、どうなる事やら。

今の伝説レイドは全てひこうタイプなので、共通して活躍してもらってるのが、いわタイプのイベントで進化まで育てられたゴローニャ♂さん。
いわおとし・ストーンエッジの完全いわ技編成なので、とにかく飛んでるポケモンを落としにかかれます。サイドンがどろかけ・じしん構成なので上手く棲み分けしてくれました。
ジムで人気の強敵ポケモンもひこうタイプが多いので、進化して手に入れてからはずっと活躍してくれてますね~。
ゴローニャ・・・♂・・・いわおとし・・・最近は脳内で「オレのいわおとしで眠ってもらうぜ」ってセリフがよく流れます・・・
ゴローニャの『いわおとし』に頼もしさを感じる時が来ようとは・・・いや、よりによってグラードンに挑む名乗りにああ言っちゃったのが良くなかったんだ・・・
性別実装前に育てていたゲンガーが♀だった事から、それ以降では初めての、うちのポケモンGOの救助隊要員な感じでもあります。


FEヒーローズは新召喚として暗夜の夏がスタート。
カムイ以外は、ifのDLCに沿った水着をそのまま着てる具合でしょうかね?
1度だけ5連召喚をしましたが、出ませんでした。締めにエリーゼの臣下とマークスの臣下が出てきたので、臣下に水着召喚を阻止された感じがあります。
レオンの臣下は出ませんでしたが、レオンの臣下と同じ声の剣士なら出ました。
あまり深追いしてオーブを費やすと、直後に本命キャラがピックアップされた時にまた困るから、超英雄の召喚は記念に1回だけで終わらせておく事にします。そんなわけで覚醒の夏ともどもうちの軍に水着はいません。
余談ですが、たまに水着と打とうとしてミズゴと間違えます。そりゃFEヒーローズにはいねーですよ。ポケモンGOにすらいねーですよ。

大英雄戦で先日までロイドが復刻されてました。
ハードとルナティックがあったロイド戦ですが、今回は最近の大英雄達同様にインファナルが追加されてました。
尚、最近の大英雄達同様、インファナルは自分はクリアしてません。
・・・これ、ナーシェンやルフレを再復刻した時は難易度どうなるんでしょう?ルナティックとして増えるのか、ルナを飛ばしてインファナルが出るのか・・・
シャロンでロイドLv.40を倒して☆3ロイドを入手するのには挑戦する事に。ロイドは現時点で大英雄戦以外に登場してないから、基本的には大英雄戦でのみのチャレンジに。
☆4Lv.31と育成状態が中途半端だったので、そのままではロイドとタイマンにならなんとか持ち込めても、勝つ事はできませんでした。
なので、スキル継承でレベル差があっても万全の状態での剣とのタイマンなら勝てるようにして、なんとかクリアしました。
せめて☆4Lv.40まで育てていたら、戦略次第でスキル継承無しでも勝てたのでは・・・という気もしましたが・・・
シャロン含めた初期メンバー達、いずれは育てきりたいとは思っているのですが、そのいずれ・・・いつやるの?みたいな状態が続いてます。
これからも大英雄戦の復刻はあるだろうし、アルフォンスとシャロンでもこれなのに、アンナが本当に育ってないから、なんとかしないと・・・とは思うんですけど・・・ね・・・;;


前回記事への拍手ありがとうございました!

今回のメイン部分はここまで。
続きページに、今回アナログ絵に関した擬人化絵を載せてます。
擬人化絵を直接載せてますので、苦手な方はご注意下さい。パソコン以外の環境で見ている場合はここでブラウザバック推奨です。
今回はただただオマケな具合なので、続きページの内容はあまりないです。
[なんとも言い難いタイミング[ 続き擬人化 ]]の続きを読む
時間は過ぎていく
冒険団ニャース♂・ピカチュウ♀・コダック♀(擬人化・アナログ絵)

うちの光の冒険団の初期メンバーの内、初代ポケモンな3匹。
ピチューとトゲピーをメインにしつつ、この3匹にはその保護者的な設定がついてます。
・・・後の4匹は現状かなりサブっぽい感じになっちゃってますが;;

擬人化絵として載せたのはこの絵が初めてです。
キャラとして描いたのは4周年絵の時とか。あの時点でキャラ設定は出来てたのでそこは反映させてました。
実は擬人化イメージとしては5年くらい前には出来ていたのですが、中々仕上げる機会がないまま時間が経っていました・・・;;
今回描いたのも明確な理由があるわけでなく、割となんとなくです。
で、表に出ないまま、ニシャのヘアバンド、センのレギンス、ノーテの髪型とメガネ要素と、色々と併せ持ったオブができてしまってました。オブがその3匹の詰め合わせっぽくなってた事に気付いたのは擬人化デザインを決めてしばらくした頃の話。
・・・そのオブもポケダンシリーズ的には「前作主人公」なので、うん、なんかもう本当に長い間、寝かせてしまってたんだなと・・・;;

絵の中で触れてる所で、テンがノーテの家に居候してる設定は今回初めて表に出したような気がします。幼い頃にノーテの家に拾われてます。
冒険団の主パは公式のキャラ付けが殆どない(そもそも主パという概念があるかも曖昧)ですけど、こんな所がどこかパートナーっぽくなったテンさん。
パートナーの身内事情が公式に語られるようになったのはマグナゲートからの話ではありますが。うちの救パと探パは身内はそれぞれ1匹いる設定です。
ピチューのセイに対してピカチュウが姉なのはストレートな設定だと思ってますが、それに対してテンにもそういうポジションを付けようとした時にコダックにした、明確な動機は忘れました。
ニャース、ピカチュウ、コダックという初代の人気キャラトリオを使う事ありきで、ニャースとコダックの二択でコダックになった感じなのかなぁ。
トゲピーとコダックって組み合わせを言うと、アニメ版カスミ的な感じはします。先にそう思ったか、組み合わせてから思ったかは分かりません。


7月21日にSwitchにて、WiiUの名作スプラトゥーンの2が発売されましたが、
今の所、買っていません・・・WiiUの頃も公開当初気になったタイトルではありますし、今でも決して興味がないわけじゃないんですが、
クリアしてないままのゲームが溜まってきている状態なので、どうにも新規開拓をし辛いのです・・・
スマートフォンのゲームとかは定期的にイベントがある為に、そっちの為に時間を割く事がいくらか増えてる、そういった都合も最近はあるんだろうなぁ・・・
ツイッターを見ていると、「スイッチを持っていてスプラトゥーン2を楽しむ人」と「スイッチが手に入らずスプラトゥーン2も遊べない人」という2極化みたいな雰囲気を感じる事があるので、
スイッチを持っているけどスプラトゥーンを買ってない、自分はどういう立ち位置でいたら良いのだろうみたいな感じがあります・・・;;
元々、発売日にどうしても欲しいタイトルがあるわけじゃないけど、将来的に欲しくなるのは分かりきっていたから購入したような感じでしたし、
実際今はFE無双やカービィが楽しみなので、ある意味そこからが本番ではあるのですが・・・FE無双はNEW3DS版も出るとはいえ。

スプラトゥーン2の発売と同時に、ひっそりと?スマブラのamiiboも最後のファイター達の物が発売されました。
クラウド、カムイ、ベヨネッタの3ファイターは、全て1Pカラーと2Pカラーでデザインが大きく変わるという事でか、2バージョンずつ発売。
自分は今回、FEifの主人公カムイのamiibo2種類を買いました。元々DLファイターとして購入していたのも、この中ではカムイだけですし。
・・・ネットワーク対戦が出来る昨今、スマブラのファイターは対戦相手としては購入してなくても堪能できるので、どうしても操作したいでもない限りは購入はしなくて良いかな、と思っていたのです。そう思って今に至ります(´ v `;)
カムイの違いは性別。サイファやヒーローズにもなると別のキャラ扱いさえされている男女のカムイ。
スマブラで使う分にはぶっちゃけ差は無いと言いますか、男カムイのamiiboを購入しながらスマブラ内では女カムイとして育てる事すらできますが、
ファイアーエムブレムのamiiboとして、今後異なる用途が出る可能性はありますし、これまでのFE系amiiboも全て揃えていたので、両方購入しました。
実際、エコーズでは読み込んだ時に呼べる幻影兵士が異なりました。性能面では大差ありませんが、別種のamiiboとしては扱われているという事です。
フィギュアとしても見ていて楽しいです。顔つきがマルス達の頃と比べたら遥かに安定してますし、夜刀神のオーラやマントのたなびく感じもまた良い。
そしてFEキャラのamiiboが9種類になったので並べていて壮観。FE系を飾るためのジオラマキットとか欲しくなりそうです。
9月にはクロムとチキが控えているので、それらが出たら11種類に・・・公式にFEシリーズのフィギュアが続いてそれが2桁に乗る日が来るなんてなぁ。

でも、カムイが男女で出た事で、寂しく感じるのがルフレ。
最後の3人だけ色違いファイター版が出た事で、それ以前の色違いファイターの扱いがワリを食っちゃってるんですよねぇ・・・マリオシリーズとしてオーバーオール版が出たワリオは食ってないんですけどねぇ(((
amiiboの展開初期の頃は、スマブラに参戦できなかったからクロムもamiibo化されなかった!amiiboによる展開の恩恵も受けられなかった!不遇だ!!なんて言われていたものでしたが、そのクロムもamiibo化される以上、スマブラに参戦もしたのに恩恵を受けられないルフレ女の方が、今後は辛く感じそうです・・・;;
自分も、ルフレ女がどうと言いますか、ifで神軍師が男性専用クラスだった事に納得いかなかったりしましたし。
でも、今からルフレ女が出てFEのamiiboが12種類になると仮定した時に、その1/3が覚醒というのはなんとも偏りを感じてしまいそうで、そこも複雑。
初出作品で考えると暗黒竜と外伝とifが2人ずつ、封印と蒼炎は1人ずつ、amiibo化されたキャラが全く出ないタイトルは3タイトルある、と他と比べてしまいますと。


ヒーローズの話を少し。
戦渦は聖印が貰える40000ポイントまで到達して終わりました。
また、大英雄戦でエコーズよりベルクトが登場。リメイクの新キャラで、敵国リゲルの皇帝であるルドルフの甥との事。
自分にとってはプレイ中で未クリアの作品のキャラなので、知っているけれど、その結末はまだ知らないキャラになります。
今回もルナティックまでクリア。インファナルは諦めてます。ルナティックは☆5Lv.40のヘクトル、アクア、マークス、カミュでクリアしましたが、ヘクトルの所はミネルバでも同様にクリアできました。
現在は以前の大英雄戦で加入したローローとクライネ、戦渦で加入したロビンと一緒に、闘技場で戦わせたりレベリングしたり。

で、まだ終わってないエコーズは、ようやく4章に入った所です。
ヒーローズの戦渦とベルクトを経た頃にやっと進んだものですから、4章のBGMに対して、そうか、そこで流れる曲だったのか・・・みたいに感じてます。
遊んでいて楽しいのですが、どうも毎日がっつり進めるというわけにはいかず、ゆっくり進行してます。元々ゲームを急いでクリアする方ではないですが、それにしても遅くて申し訳なくなってくる・・・どっちとも言い難い感じです・・・;;
で、そこに背徳感があって他のゲームに手が伸びないわけです・・・うーんどうしたものやら・・・;;


更新日が当ブログ11周年だったりしますが、だからどうという事はありません。
一応、これを言うがために予約投稿にはしてますが、何もないのです。
なんだかんだ、全く更新しない月は無かった状態で続けています。よく見て下さる方も、たまに見て下さる方も、初めて見て下さる方も、ありがとうございます。

・・・さっきの話から元々気がかりな上にブログ11周年でより意識するのですが、去年に配信開始したVC空の探検隊も、まだ終わらせてないです・・・;;
WiiUも色々買ったものの、終わらせてない作品が多いです。
EDまでとはいえ完走した赤の救助隊がかなりレア。プレイ日記を書く事にしたからこそだったのでしょうか・・・
今回記事では光の冒険団の、最初に選んだ2匹以外の初期メンバーを掘り下げたわけですが、VC空の探検隊の主パについても、ゲームを進めて掘り下げられる事があれば良いなと思います。
気付けばそんなに経ってるもので
もしかしてエッチな

ポケ超ダンの主人公とパートナーと現代ミュウなネタ。
サンムーンへのポケモンのシリアルコードが手に入る、セブンイレブンのポケモンラリーが11日から始まってる事、そして今年の第一弾がミュウである事を12日に知りました。
その事を知った時に脳裏に浮かんだ物。ミュウを受け取ってどういう子として育てたいかという話でした。
・・・初代VCの購入特典としてミュウが手に入った時にも同じ事は考えたんですが、あの時はそもそも本家向けリーマとユウリを育てていなかったので、実行に移してませんでした。Xで受信したミュウはまだゲーム中での受け取りに至ってません。
Xのミュウ、またはVC初代のミュウを第七世代に転送するか、という所なんかも悩んでましたが、これで転送について悩む必要もなくなりそうです。


そんなわけで改めまして、セブンイレブンのキャンペーンが始まりました!
知りうる限りでは2年前から恒例になっているキャンペーン。ディアンシー映画の頃や第五世代以前にあったかどうかは分かりません。
アニポケ20周年記念で、今年の映画の題材の事もあってか、初代映画からミュウという所でしょうか。IDがミュウツーの逆襲の公開年月日になってたりするらしいです。まだ確かめてませんが・・・;;
7月中はミュウで、8月には映画内容にちなんでリザードン、ポッチャマ、ルカリオらしいです。そもそも映画にサトシのリザードン出るのね。
別にユウリが自己主張せずともルカリオはやってくるのです。アニメ映画に出てくるルカリオって考えたら多分♂でしょうけど。
御三家+ルカリオなので探検隊か冒険団、ポケ超ダンで主パ候補になってますし、人によってはプレシャス主パが組めるようになったりするのかなぁ、みたいな事を思ったりも、します。

絵の中でもネタにしている通り、性格は「むじゃき」狙いで考えてます。
現代ミュウのキャラで考えても、ユウリのキャラで考えても、その他様々な用途で使えそうって考えても。
ユウリの本家で育成した性格自体は異なりますし、もっと言えば古代ミュウの性格がどうなってるのかは一切分かりませんけども。
今の時点では今のユウリと大差ないイメージで考えてますが・・・
サンムーンで受け取り、対戦で使うかも分からない以上、個体値を厳選するつもりはないです。性格さえ合えば良いかなって。
・・・個性が絡むとどうなるかは分かりませんが・・・伝説のポケモンの仕様が適用されているなら個性は6択になりますが、いざ目にした時にどう思うか、その時任せにしてみようと思います。

ポケモンバンクがサンムーンに対応した記念でもらえた「ミュウZ」も日の目を見そうで良かった良かった。この時もXやVC赤のミュウをどうしようか悩みましたので・・・;;
VC赤の方は、再入手の方法が無さそうだしVC金銀出たら困るからと思ってましたが、本当にVC金銀が出る予定なので、送らないで良かった良かった。

去年や2年前にあったセブンイレブンのキャンペーンポケモンは、Xとオメガルビーで2匹ずつ受け取ってるので1匹は新作に送ろうと当時から考えていたのですが、
結局はその辺り準備するのを面倒くさがり、進行していません・・・;;
サトシのピカチュウは新作に送れば『ボルテッカー』を覚えさせられるメリットはありますが、そもそもサトシキャップのピカチュウが存在するとなるとどうなのかなぁ。
後、メガシンカする事がウリとして配布されたのにメガシンカが未解禁のサーナイトもどうしようかと・・・大会の先行配布としてはそろそろ来る予定みたいですので、一般解禁もそう遠くはないだろうにせよ・・・


以前、サン向けに初期形態版のリーマとユウリを育てた事を話題にしましたが、
最近今度は、最終形態版でも育てました。
性格含めて完全に趣味編成の初期形態版に対して、最終形態版はある程度の趣味を乗せつつも基本は戦えるようにした、つもり、という物です。
・・・実際に実戦に耐えうるものなのかは、わかりません。いざって時に戦わせられそう程度。そのいざって時が来る事も殆ど経験ありません。
ボールは初期形態版と同じ。特性は今回は共に隠れ特性。
個性は初期形態版と変わらず「考え事が多い」と「すこしお調子者」。すごいとっくん前提で個体値放り投げてるのは、初期形態版やコーヒーと同じです。
先にミュウの個性の話を少ししましたが、おそらく配布ミュウだとこの2種類の個性は出せないんですよね・・・元々ユウリと完全一致は不可能だった・・・
性格は今回リーマは「しんちょう」、ユウリは「おくびょう」にしてます。
ユウリの性格はChapter-8辺りの描写から引っ張ってきていて結構強引な部分ですが、必要に感じる技、使わせてみたい技を考えたら自然と特殊アタッカーになった側面もありました。兼ね合いで理にかなった感じ。
基本は真面目で慎重な所もあるリーマ、基本はヤンチャで臆病な所もあるユウリ、みたいなイメージで考えてます。
でも「やんちゃ」は攻撃↑特防↓、「おくびょう」は素早↑攻撃↓なので、この2面を兼ね備えたら素早↑特防↓で実質「むじゃき」なのでは、とか思ったりもします。

正直な話、ポケダンのパートナーの性格付けをするにあたって、「むじゃき」が多くなりそうな現象をどうすればと思う事があります・・・;;
公式のキャラ付けから、作品によって細かい部分は変わってきますが、根幹はおおよそ同じでデザインされていると思いますし、
実際にうちの子として「むじゃき」に設定してる探パと∞パは勿論、今回色々話題にしてる超パも、考えようによっては救パも、「むじゃき」なキャラ付けになってもおかしくない所があります。
冒険団は主パに公式のキャラ付けがなく汎用テキストのみなので大体自分なりですが、結果的に従来の主パが逆転したような形になってました。実際主人公が「むじゃき」でも行けそうだな・・・って思う事も。
ヒーザの「むじゃき」は元々は主人公の性格診断から引用して考えた物で、むしろ探検隊パートナーは超パートナー以上に「おくびょう」が似合う気もしますけれども、まぁ結局どこかで重複しそうな感じ。


他のゲームの話。
7月4日に3DS用DLソフト「カービィのすいこみ大作戦」が発売しました。
ロボボプラネットのサブゲーム、3Dチャレンジを独立させた作品。
ステージは配信開始日に一通りクリア。プラチナへの挑戦などはまだまだ残した状態。
ボスやBGMのチョイス等は全体的に初代カービィになぞらえた物でした。
ゲームとしても、3Dチャレンジよりは大幅にボリュームアップしているも、メインシリーズと比べるとなると流石に控えめ。
普通にラスボスを倒すまでなら短い時間で易しく楽しめるし、EX以降のステージや、スコアアタックへの挑戦は奥深く楽しめる。
まさに、「3D化した、今の新作として遊ぶ初代カービィ」というべき作品って印象です。
たまに遊びたいと感じる事が多かった初代同様に、今後もやりたいと思った時に気ままに楽しみたいです。

発売に合わせてローソンのキャンペーン・・・そう、こっちはローソンです。ローソンで特典付きDLカードやプリペイドカードが発売されたり、ゲーム以外での商品や特典が展開されたりもしました。
ローソンのすいこみ大作戦のDLカードを使うと、限定の3DSテーマがもらえます。このテーマはすいこみ大作戦のタイトルBGMが使われているのですが、
3Dチャレンジで初代OPをアレンジしたからか、すいこみ大作戦のタイトルは夢の泉の物語タイトルのアレンジ。割とシンプルめ。
夢の泉タイトルをホーム画面で流せるのが嬉しくて、その点でも楽しませていただいてます。有力なテーマが増えてきたなぁ・・・
配信間もないので具体的な話はしませんが、タイトル画面に限らず、全体として懐かしい曲のアレンジが光る作品でもありました。


FEヒーローズは例によって色々ありますが、現在は二回目の戦禍の真っ只中。今回の題材はエコーズ。
40%ボーナスキャラではアルムを持ってますし、アテナのおかげでレベリングもしやすくなった事から、今はアルムを中心にしたチームを初手に挑んでます。
現在の構成は、全員☆5Lv.40のアルム、カミュ、ファ、ジャファル・・・なんというかアルムをリーダーにしながらもカミュ周りの縁を感じる何かになってます(((
最終マップの固定ボスがヴェロニカではなくセリカになった事もあり、控えも含めてメンバーの組み合わせ方が前回と大きく変わる事になりました。
また、前回から戦禍のシステムが調整されていて、大きいのはノーマルやハードでの入手ポイントの増加。
前回はルナティック5連戦をメインにしてましたが、今回はルナティック5連戦を苦労してクリアするのと、ハード5連戦を早めにクリアするのとでポイントに大差なかったので、ハードをメインに周回してます。
ヴェロニカなら確実に倒せそうなキャラを持ってるけど、セリカを確実に倒せるキャラを持ってない、という都合もあります。

今回の戦禍の報酬としてもらえるキャラは村人の1人ロビン。
前回の仮面マルスのように誰かの互換キャラが来るのかと思いましたが、大分性質の異なるキャラがきました。
ロビンは他に同一人物のキャラはいませんし、ヒーローズとしても仮面マルスと異なり武器以外のスキルも自力習得する。独立したキャラ。
これは今後が読めなくなりました・・・今後は誰が来るんだろう・・・
ロビンは☆4のは入手できました。専用武器を持ってるわけでもないし、仮面マルスと比べたら☆5入手の優先度は低いかなーと思ってますが、それでも期間中に☆5を手に入れられるなら手に入れたい所です。

また、もうすぐエコーズから更にキャラが増えるみたいです。
流石は発売したばかりの新作という事か、どんどん増えていきますね!
とはいえ、自分自身まだ、そもそものエコーズを終わらせてないので、ヒーローズのエコーズ勢に必死にオーブを使うよりは、まずはエコーズを進めつつ気ままにオーブを蓄えた方が良いだろうなと思ってます。
追加予定のデューテとか、エコーズではまだ仲間にしたばかりで何もさせられてないです・・・進めよう!進めて使おう!!


ポケモンGOはサトシのオリジナルキャップのピカチュウが期間限定で出現するようです。GOとしては3種類目になる限定帽子のピカチュウ。
自分は現状、♀を1匹捕まえました。サトシキャップで♀っていうのも中々のギャップ。
サトシキャップという事を考えると、ライチュウにするとか凄いギャップがありそうですし、あと何匹か捕まえて1匹進化させてみたいです。
タマゴ限定とはいえ今回はピチューもいるらしいです。
うちの冒険団主人公に、ポケモンGOでこういう事がある度に帽子を被らせてきて、今回正式にピチューで被せられるのか!なんて思ったりもしたのですが、
実際に描くかどうか悩んでる内に、今回絵にした題材がやってきた事で、今回更新はこういうタイミングになりました・・・(´ v `;)


またもや10日以上更新が空いてしまい、その上長くなってしまいました・・・;;
そんな具合で今回はここまでになります。読んで下さりありがとうございました。
反動による波
練習用カウレッズ主パ(擬人化・アナログ絵)

前の更新を、それ用の絵を描いた所で、普段からあれくらいのバランスで目を描けたら良いなぁという事を書いたのですが、
じゃあ感覚が抜けきる前にうちの子を練習しよう!という事で描いた物。
で、練習の題材に選ばれたのは元祖な2匹です。デザイン自体は慣れたキャラを選んだ方が良いかなぁと思ったので。

でも、例の前回で描いたカタリナは「好きだけど描いた回数は多くない、全くなかったわけでもない」くらいの感じだったので、実際の所は慣れてる方が良いのか慣れてない方が良いのか、どうなんだろう・・・と後から思ったりもしました。
そもそもFEキャラに、堂々と言える程描き慣れてるキャラいないと思いますけども。回数は多いロイやリリーナでさえ安定してない気が・・・;;

もっと練習してみたり、他のキャラも描いてみた方が良いのでは、とも少し思いますが、2匹描いた時点でとりあえず載せます。
描いた時点で載せておかないと以前のカンダクトみたいに中々載せなかったり、練習なのでそもそも載せる気を無くしてしまったり、しそうな気がしたので・・・;;
ミズゴを描いていて、幅のバランスに結構悩みました。
ガタイの良いキャラが描けないので、少しずつ練習って気持ち太めにしてみようと思ったものの、自分で描いてて違和感出てきそうで・・・
自分の中でミズゴは作中テキストにあった「小さいけれど力持ち」な所を押したいとは思うものの、この「小さい」が、「背は低いけど体格はそこそこ」なのか、「全体的にどこにそんな力がってくらい華奢」なのか・・・今更ながら気になる事もあります。
ラグラージが「たかさ」は御三家最終形態としては低めだけど腕は結構太かったり、後発のメガラグラージが完全に筋肉増強なデザインだったり、そういう所にも、影響を受け悩まされます(´ v `;)
チコリが背はミズゴよりは高いけど幅方向だと華奢な方針で定まってるので、その対にする、的な意味でもアリかもしれないのだけれど、どうしようかなぁ。


7月ですね!もう今年半分終わってしまったぞ!
5月、6月共に3回更新でしたが、5月の1回は2月の絵を載せた物でしたし、6月の1回は完全に場繋ぎ更新だったしで、名実共にかなり少なかったです。
事情は色々でしたが、もう少しこっちも更新できるようにしたいです;;
昔はもう少し練習絵を描く事もあったけどそれを載せる事はなかった、逆に最近は練習絵がかなり減ったように思うので、
思うに自分は、もっと絵柄としてでもキャラとしてでも練習して、練習しては載せるべきなのでは・・・
・・・そう思ったので、そう書いてはみます。実行できるかは分かりません・・・が、実行できたら絵を載せる機会は増やせるかな・・・


最近の自分とアプリゲーム事情。

ポケモンGOは1周年が近いからかイベントに更新に大忙しですね。
ジムの仕様が大幅に変わりました。なんというか前よりもサイクル重視になったような気がします。色々な人に出入りして欲しそうというか。
レイドバトル、ポケスポット化、きのみの新しい使い道と、これまでジムを使わなかった人達にもジムを使って欲しいって事なんだろうなぁと。

新システムのレイドバトルは同時に遊んでいるユーザーが多い程有利になる、強力なポケモンとのバトル&ゲットのシステム。
とはいえ自分はちゃんとした協力戦ができた事ありません。一度だけ2人のレイドバトルがあったのですが、あの時はアプリが重く操作を受け付けない内にもう1人の方が倒しきるという、なんとも申し訳ない状況でした;;
1人の限界がある事と、アイテム報酬が欲しい事もあって、今の狙いは強さ1のレイドポケモン達。大抵はジョウト御三家の中間形態。
捕まえる相手がジョウト御三家の中間形態だとダークポケモンを思い出します。タイプをあまり選ばない主力がエーフィだから尚の事。
そもそもレイドポケモンの力ってあれなんなんだろ。どこかダークポケモンに関するモンだったり・・・しないか。まさか。
強さ2のポケモンにも挑戦できたらとは思うのですが、未入手だったので挑戦したベトベトンを倒しきる事ができなかったので、自分にはまだ厳しそうです;;

見た事がないので多分レイドポケモンとしていないんだろうなと思うポケモンですが、
一般プレイヤーには謎に可愛いだけだけど、一部のポケモンユーザーというかぶっちゃけダンジョンユーザーが戦慄しそうな所で、レイドプクリンとかレイドヌオーとか見てみたいです。採用して下さい(((


FEヒーローズは敵ユニットとしては6月中旬に登場したクライネが早くも大英雄戦に登場。新・紋章の謎に登場した暗殺組織の一員。
先に大英雄として仲間にしたローローには「クライネはつんつんしていてアイネが嫌いだけどアイネが好き」とか言われてました。ローローに理解されている系ツンデレ。
マップは新・紋章の謎20章外伝がベース。原作では暗殺組織の首謀者であるエレミヤが敵将の、暗殺組織との決戦マップです。ちなみにこの時既にクライネはいません。
クライネ自身が敵将を務めた13章外伝は、外伝7-2でモチーフになっています。マップの起用も豊富な新紋章の暗殺組織。

ローロー同様、インファナルが導入されましたが、ひとまずルナティックまでをクリア。
メンバーはハードもルナティックも、☆5ヘクトルLv.40、☆4リリーナLv.40、☆5プリシラLv.34、☆5アクアLv.40でのクリアになりました。
戦渦の最終メンバーのオリヴィエをアクアに変えたような編成。最近は大英雄戦のマップ形状は公式に事前公開されるので、今回もヘクトル無双になるかなと思って組んだ物でしたが、思った以上に活躍は分散した印象です。
シーフが「風薙ぎ」を持っていたのでヘクトルの反撃では倒せないのが難点でしたが、同時にスキルの効果でリリーナでも追撃はしてこないし、リリーナは魔法ユニットだから反撃できる。という所がルナティックの突破口になってました。
相手にソードナイトがいたからアクアは必要。防御地形があるのと元々の守備力のおかげでヘクトルでもある程度は耐えますが、倒すのは流石にアクア依存。しかし剣を倒す最有力候補になってる再行動ユニットって改めてなんなんだ。

今回も対抗ピックアップは無し。ちなみに開催期間は新紋章ピックアップの終了間際。
ローローはまだしもクライネまで早く来てしまったぞ・・・という事で、手元に残っていたオーブを使ってカタリナ狙い赤縛りの新紋章ピックアップに挑戦してみましたが・・・まぁ、ダメでした。
ピックアップの中ではアテナが来てくれたので、今回はこれで良しとしましょう。剣キャラの経験値を多くするスキルを覚えるらしいので、活用させていただきます。
やっぱり、4人中3人が同じ色だと仕方ないよね!という印象。6月投票大戦のピックアップとか必然的に無色オンリーだったんですが、狙いのキャラの☆5だけを手に入れられた方どれくらいいらっしゃるんだろうか・・・
アテナより前にはアルムが来ました3人目です。同キャラ☆5の3人目は初めてです。
多いよ!!アルム関連的な意味でも、○○○アウル使い関係者的な意味でも、せめてセリカが欲しいよ!!!
これはあれか!イベントとかあってヒーローズしたいのは分かるけどエコーズもやれという暗示か!ごめんなさい!!でもやっぱりせめてセリカが欲しいよ!!!
・・・アルムといえば、風薙ぎ。今回の大英雄戦でも印象に残った風薙ぎ・・・もしや誰かに継承して使えって事でしょうか・・・(?)
というわけで、少し夢も見たくなりましたがカタリナは今回はお預け。今度こそ少しずつオーブを溜めて、次の再ピックアップを待つ事にしましょう・・・
ジャファルが終わった矢先、別の暗殺者難民と化したあうれい。ジャファルがロイドも来た頃に手に入ったのだから、カタリナが手に入る頃にはエレミヤ様かガーネフ辺りでも大英雄化してたりするんじゃないでしょーか(適当)
カタリナもピックアップ終了後も☆5限定みたいなので、先は長い。
そうそう、赤狙いとしては副産物として、未だ持ってなかったエリウッドも欲しいと思ってたのですが、今回☆3が手に入りました。
丁度カミュやマークスを育てていて騎馬ユニットを強化していた頃合いでもあったので、育て始めても良いのかもしれない・・・もう少し早く来てくれれば尚良しでしたが、そこは仕方ない。

昨日からは新季節イベント「覚醒の夏」が始まりました。
今回は覚醒キャラオンリーの水着イベント。覚醒に水着DLCがあったのだし、覚醒が題材として扱いやすいんだろうなぁと思ったけれど、
よく考えなくても前の限定イベントの花嫁も覚醒に登場したクラスが元だったけど、あっちは幅広かったよな・・・とも思ったりなんたりも。
今回クスリと来たのはフレデリク。拾った貝殻を暗器扱いで投げる!!
ifの無料DLCではフレデリクが拾った小石をネタ暗器として貰える事があったので、その流れで決まったんだろうなぁ・・・なんかもう物凄くフレデリクに「らしさ」を感じる。
でも水着で馬にも乗ってないグレートナイトってユニットとしては全然「らしさ」は無いよね。完全に別モンだよね。どっちなんだフレデリク・・・
弓持ちガイアもいて無色2人なので狙うのは難しそう。そもそも今はオーブ不足ですし、限定ではありますががっつり狙いはしません。
20個溜まったら一度くらいは記念挑戦するべきか、それとも地道にオーブを溜める事に専念すべきか・・・


余談として。前回カタリナを「そういうキャラ」として絵に描いたのって、もしかして結構なネタバレなのでは?とかちょっと思ったりもしたのですが、
カタリナが「そういうキャラ」だと分かるのって新紋章で追加されたプロローグのラストで物語全体としてはかなり序盤ですし、ヒーローズの外伝7もカタリナのそういう所を拾ってきたシナリオだったので、
ヒーローズでカタリナに興味を持った人にすら、そこまで気にしなくても良い部類なのでは・・・と後から思ったりしました。

むしろ、あの絵に描いた残りの2名、あの2名は終盤のネタバレなのに「そういうキャラ」だと割と一般的に認知されてる気がするので、そっちはそっちでそれで良いのか・・・と思ってしまいました(´ v `;)
ヨノワールさんは空の探検隊のPRにあたって、目玉であるSE5の為にもそういうキャラだと認識されている事が前提条件になってただろうしなぁ。アニメの事も含めて。扱いが難しい御方だ。
探検隊をアニメだけ見てると、時闇編では暗躍する悪役って感じでちょっと登場しただけのジュプトルが、空編で最初からフツーに仲間になっててシュールですよね。
これ以上は完全に脱線する・・・と思ったけれど、よく考えたら絵の都合で記事カテゴリはポケダンにしてました今回。まぁどちらにせよここまで。


そんなこんな、1週間しか経ってなくてもそこそこ長い本記事はここまでです。
・・・更新頻度は上げたいけれど、絵を描く事と語りたい事を書き出すのと、どちらがメインであるべきなんだろう・・・(´ v `;)