えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ギリギリで何か始めかける
メガシンカするとポケパルレの経験値補正無くなるの厄介だよね

あうれいさんの貴重なアニポケ絵(自分で言う)
前回のアニポケでショータのジュカインが遂にメガシンカしましたけれど、ジュカインナイトをスカーフに付けてるのかっこよすぎません?
純粋にジュカインが好きポケで、スカーフ似合っていて、というのもありますけど、
それ以上に、御三家であり、ポケダンシリーズ屈指の人気を誇る探検隊キャラの進化形でもあるジュカインがスカーフとか、ポケダン味溢れすぎてません?最高かよ・・・最高でした・・・ありがとうアニポケスタッフ・・・
思い返せばショータのキモリがジュプトルに進化したのってポケ超ダンが発表された翌週で、ポケダンで盛り上がり始めたタイミングなわけですし、実はショータくんってポケダン宣伝要員を兼ねているとかないです?(考えすぎ)
ちなみにアナログ絵とこの後の記事内容は、基本的に殆ど関係無いんですが、全くの無関係でもないような、そんな感じだったりします。


ポケモン好きとしての自分の現状といえば、鈍足進行でVCポケダン赤の救助隊を進めている所です。マグマの地底クリアまでは行きました。
その為に、ポケモン超不思議のダンジョンの進行を止めている具合ですが、
実質そのポケ超ダンのために、進行が止まっている作品があるのを知っている方はいらっしゃるでしょうか。
第六世代の「ポケットモンスター」シリーズです。具体的にはXとオメガルビー。
そもそもこっちの事を指して「ポケモン」と呼ぶ人も多いだろうに、自分がポケモンという使い方をする時はモンスターを指すかポケモンブランド全般かで、こっちの事は正式なフルネームか、「本家」と呼んでいる辺りが、人によっては変な感じかもしれません。
遂に世代末となった第六世代。その頃になると正直モチベーションが下がっているのは割といつもの事。
ポケダン新作に喰われている事が多くて、そうなりそうな気はして、実際今回もその通りになってましたが、ルビー原作世代の末期に現れた赤の救助隊が再登場するのは予想してませんでした。

・・・まぁ、それはさておき。
今更対戦の為に何かしようというつもりはありません。オシャボと呼ばれる事が多いであろう、ボール遺伝の交換はできる時にはやりたいとは思ってますが・・・
ただ、一つ惜しい状態で止まっている事があるので、それは終わらせようと、色違いのサーナイトのシリアルコードを集めながら思い立ちました。
というのも、オメガルビーの全国図鑑。
姉の助けもあり、幻のポケモンを含めた全721種類中、捕まえた数は703で、ハッキリ言って完成目前という所までは来ていたのです。
全国図鑑を完成させれば色違いのポケモンを見つけやすくなるというボーナスもありますし、色違いを捕まえてみたいと思っているポケモンもしばしば・・・
そんな状態で、止めていました。

理由はハッキリしています。残りわずかになった所で、残ったポケモンは育成を考慮して厳選しようと思った所、途中で面倒になってしまったのです。
或いは、進化アイテムが勿体無いという事もあります。
ただしさっきも書きました通り、育成した所で対戦する予定は今の所はなく、完全に趣味の領域。
進化アイテムも、バトルポイントが掛かるようになっただけで今は無限入手できますし、ポイントはかなり溜まっているので、むしろ使わないと勿体無いであろう状態。
この辺りの考えを反省した上で、今回全国図鑑のコンプリートを今一度、目指そうと思います。
ポケ超ダンのCONNECTEDとどっちが先に終わるか、とか冗談交じりに思ってましたが・・・まずはこっちにしましょう。
とはいえ、幻のポケモンは無理もあるんですが・・・ね;;

というわけで、今回はそんな収集日記。ちょっとした廃人記もあります。
救助隊のプレイ日記は・・・次回更新を目指します・・・!
ある日付に一回更新したいのですが、その前に!時期によっては連続更新のような感じになりかねませんが、それでも次回更新頃を目指したいです。
[ギリギリで何か始めかける]の続きを読む
いんせきのウラボス
オメガルビーのプレイ日記最終回の後の廃人記。
ストーリーに登場するポケモンという事で、最後の最後にもう一度更新します。
前の廃人記の最後に書いた事ですが、オメガルビーの廃人記、特に伝説のポケモンについては必ず書きたかったのはここまでです。
一通りのストーリーが終わった所で、今後廃人記を書くか書かないかは、気分や内容次第になると思います。重要な気がしたら書くかも程度で。

オメガルビー・アルファサファイアで捕まえられる、前回までの三記事に渡って"あのポケモン"と書いてきた、「デオキシス」の廃人記になります。
グラードンやレックウザの廃人記と同様、主に戦闘面について記述していますが、あのポケモンに関るストーリーについては多少のネタバレを含んでいます。
続きページからは文字の反転をしていないので、その点をプレイ日記との違いとしてご了承下さい。
無駄に名前をぼかし続けようとした関係もあって、アナログ絵も続きページの最初に置く事にしました。絵は伏せませんしそれ以降は名前も伏せないのでご注意下さい。
捕獲したタイミングとしては、前回記事の攻略範囲である二回目の殿堂入りの後になっています。
元々好きなポケモンだった事や、捕獲に試行錯誤した事もあり、今回も滅茶苦茶文章が長くなってしまいました。

ところで。今回を持ってカテゴリ名を「ポケモンDS廃人記」から「ポケモン廃人記」に変更する事にしました。
DP廃人記から始まり、HGSS発売を機にDS廃人記に改名して、第五世代ではカテゴリ名を変える必要はありませんでしたが、第六世代でハードが変わり、記事数もそれなりに増えた所でいつまでもDS廃人記では良くないだろうと思いまして。
第五世代、第四世代の頃の廃人記が無くなるわけでもないので、ハード名を取り除いて、ポケモン廃人記という表記にする事にしました。
更新の機会は少なくなっていますが、改めてよろしくお願いします。

内容は続きページになります。以上の事を踏まえた上で、読んで頂ける方は続きページに進んで下さい。
[いんせきのウラボス]の続きを読む
てんくうのラスボス
前回のメガより大きくなってしまったい

プレイ日記はメガレックウザだったのでこっちはレックウザを描こう!という事でレックウザなのですが、レックウザを描く構図にかなり悩みました。
東洋龍らしい細長いデザインなので、ポージングがかなり自由なんですよね。

そこで思い立ったのが、プレイ日記03でもやったようなGBAドット絵風。今回は戦闘画面の相手ポケモン風にしています。
正直、原作の時点でレックウザがいる場所って足元緑色で草が生えてるような場所には見えなかったんですが、どういう事だったんだろアレ。
レックウザ自身について言えば、GBAでドット絵で使えるドット数や色数が増えた事で複雑なデザインが可能になりましたが、
それでも超古代ポケモンにもなると荒削りな部分が残るのか。レックウザはドット絵と公式イラスト等で結構印象が違うように思います。
公式イラストと比べると頭でっかち気味だったり、一部省略されている部分があったり。
・・・まぁ、思い返して見れば、超古代ポケモンでなくてもドット絵と公式イラストにギャップがあったポケモンはいましたが。キモクナーイと呼ばれたみず御三家とか。
ちなみに今回の絵、公式イラストとGBAドットの両方が見れる状態でドット絵の方を参考にしている為、公式イラストから意図的に省略した部分があります。
逆に、ドット絵にはないけれど公式イラスト準拠にした部分もあります。つまりどっちとも微妙に違います(オイ)
さぁ、当時の攻略本を持ってる等で公式イラストとドット絵の両方が見られる人は、見比べてみて下さい!!(止めなさい)

レックウザは当時見た時、少し機械的な風に見えていました。
設定を見るとメカじゃないのは明らかなんですが、本体や腕の関節にしばしば見られるライン、本体はラインを境に膨らんだ装飾付きの部分があるのが、他の超古代ポケモンと比べても生物的に見えなかったといいますか。またこの絵じゃ分からないとは思いますがレックウザのドット絵は口の中が黒だった事も。
後に公式イラストを見たり、映画等で動いているのを見ていると、あぁやっぱり生身の生き物なんだなーと思いましたが。
そんなレックウザが今度は今回のメガシンカで、体がテカテカしている事や、形状が変化している部分とかで、再び機械的な感じに見えたりもしましたが。
結局、レックウザの体って何でできてるんでしょう・・・ドラゴンとはいえ、ウロコには見えないんですよね・・・;;

改めまして。今回記事は「ポケットモンスター オメガルビー」における伝説のポケモン、レックウザの廃人記です。
主に戦闘・ステータス面について記述していますが、直前直後のストーリー展開に関しては多少のネタバレを含んでいます。レックウザと会う前にこの記事を読もうとして頂いている方はその事をご理解下さい。
既にレックウザを捕まえているという方は、前回記事と合わせてプレイ日記の補完材として読んでいただければと思います。
廃人記という事もあり、プレイ日記とは記述の形式が変わっています。具体的には文字の反転を一切利用していません。
内容は続きページになります。以上の事を踏まえた上で、読んで頂ける方は続きページに進んで下さい。
[てんくうのラスボス]の続きを読む
おわりのつるぎ
ゲンシカイキって英語名どうなってるんだろ

ゲンシグラードン。
グラードンと比べて、赤い所はルビーのように輝き、黒い部分はマグマが流れるように発光、顎から尾の裏側にかけては元より黒に近いという具合らしいのですが、
自分で描いてみると、描いてる最中はこれで馴染んでいたものの、描き終わってみれば本当にこれで大丈夫かと不安にも感じたりします。

専用特性と専用技の名前を合わせたら、これはこれで無駄にかっこいい響きになりますね(無駄に言わない)
ポケットモンスター オメガルビーのパッケージポケモン、ゲンシグラードンの廃人記を更新します!
捕まえたのは前回更新した廃人記の翌日になりました。あの時点で割と近くまで進んでたんです(((
それまではゆっくりと探索をしていた所、更新を機にストーリーを進めた所、そうなった。という具合でしょうか。

前回は野生戦闘のないイベントポケモン達だった事もあり、そのイベント周りのネタバレ記述もありましたが、今回は戦闘して捕獲するポケモンになるので、記述は戦闘面とステータス面に関する事のみにつもりです。
戦闘面・ステータス面に関しては、ネタバレっぽい記述もあると思います。
ストーリーに関しては、プレイ日記本編で書くかもしれません。
去年の更新でいえば、ポケモンXのナンバリングのプレイ日記に対して、プレイ日記そのXとしたゼルネアスの廃人記のような記述になる、といえば良いでしょうか。
内容は続きページになります。以上の事を踏まえた上で、読んで頂ける方は続きページに進んで下さい。

(12/21追記)
この厳選において自分がオススメしたある技について、追記しました。
不確定情報ではありますが、参考までにどうぞ。
追記部分の最後に付け加えていますが、その部分はアイテムの入手場所という関係上、ネタバレになる可能性がある記述をしていますので、ご注意下さい。
[おわりのつるぎ]の続きを読む
フライング
オメガルビーのプレイ日記も終盤に差し掛かった所で、今回は廃人記を更新します。
ストーリーやイベントの過程で出会う事になるポケモン達。廃人の性か、多少なり厳選していまして。今回はそういったポケモン達を、三匹まとめて紹介します。
攻略範囲的にはプレイ日記その3までに出会ったポケモン達で、原作とは異なるイベントで出会うポケモンもいますので、その範囲でのネタバレに注意して下さい。
廃人記という事もあって、文字の反転はしていません。ネタバレになりそうな事でも普通に載せてますので、その点もご注意ください。

別件として、スマブラforWiiUが発売されましたね。
今回は隠しキャラクターを出す楽しみを妹達に譲ろうと考えており、挑戦者が現れても倒さずにいるのですが、妹達も自分と比べてそこまでゲームをする人でもないので現状は中々進んでいません。
なので、自分で決めておきながら自分でもあまり沢山は遊び辛くなっていたり・・・
触りは楽しむ事は出来たのですし、まずはポケモンを進める事を考える事にします。
ちなみに初プレイは妹と一緒に遊ぶ事になったのですが、初めてのアシストフィギュアからは星のカービィからナイトメア、初めてのモンスターボールはダークライと、初試合から悪夢祭りとなりました。なんだこれは何か示唆でもしているのか。
あと、WiiU版で初めて操作したキャラはロイにしました。せっかく初期キャラになったんだしね。

今回のアナログ絵は今回記事で扱うポケモン達という事で、ネタバレ防止に続きページの最初に載せています。
最初の方の注意書きを読んで下さった上で、問題無いから読んでやるという方は続きページへお願いします。
[フライング]の続きを読む