えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
てんくうのラスボス
前回のメガより大きくなってしまったい

プレイ日記はメガレックウザだったのでこっちはレックウザを描こう!という事でレックウザなのですが、レックウザを描く構図にかなり悩みました。
東洋龍らしい細長いデザインなので、ポージングがかなり自由なんですよね。

そこで思い立ったのが、プレイ日記03でもやったようなGBAドット絵風。今回は戦闘画面の相手ポケモン風にしています。
正直、原作の時点でレックウザがいる場所って足元緑色で草が生えてるような場所には見えなかったんですが、どういう事だったんだろアレ。
レックウザ自身について言えば、GBAでドット絵で使えるドット数や色数が増えた事で複雑なデザインが可能になりましたが、
それでも超古代ポケモンにもなると荒削りな部分が残るのか。レックウザはドット絵と公式イラスト等で結構印象が違うように思います。
公式イラストと比べると頭でっかち気味だったり、一部省略されている部分があったり。
・・・まぁ、思い返して見れば、超古代ポケモンでなくてもドット絵と公式イラストにギャップがあったポケモンはいましたが。キモクナーイと呼ばれたみず御三家とか。
ちなみに今回の絵、公式イラストとGBAドットの両方が見れる状態でドット絵の方を参考にしている為、公式イラストから意図的に省略した部分があります。
逆に、ドット絵にはないけれど公式イラスト準拠にした部分もあります。つまりどっちとも微妙に違います(オイ)
さぁ、当時の攻略本を持ってる等で公式イラストとドット絵の両方が見られる人は、見比べてみて下さい!!(止めなさい)

レックウザは当時見た時、少し機械的な風に見えていました。
設定を見るとメカじゃないのは明らかなんですが、本体や腕の関節にしばしば見られるライン、本体はラインを境に膨らんだ装飾付きの部分があるのが、他の超古代ポケモンと比べても生物的に見えなかったといいますか。またこの絵じゃ分からないとは思いますがレックウザのドット絵は口の中が黒だった事も。
後に公式イラストを見たり、映画等で動いているのを見ていると、あぁやっぱり生身の生き物なんだなーと思いましたが。
そんなレックウザが今度は今回のメガシンカで、体がテカテカしている事や、形状が変化している部分とかで、再び機械的な感じに見えたりもしましたが。
結局、レックウザの体って何でできてるんでしょう・・・ドラゴンとはいえ、ウロコには見えないんですよね・・・;;

改めまして。今回記事は「ポケットモンスター オメガルビー」における伝説のポケモン、レックウザの廃人記です。
主に戦闘・ステータス面について記述していますが、直前直後のストーリー展開に関しては多少のネタバレを含んでいます。レックウザと会う前にこの記事を読もうとして頂いている方はその事をご理解下さい。
既にレックウザを捕まえているという方は、前回記事と合わせてプレイ日記の補完材として読んでいただければと思います。
廃人記という事もあり、プレイ日記とは記述の形式が変わっています。具体的には文字の反転を一切利用していません。
内容は続きページになります。以上の事を踏まえた上で、読んで頂ける方は続きページに進んで下さい。
[てんくうのラスボス]の続きを読む
想像力∞
最近自分で見た時にこのオンマウス表示が出ないのですがどうなんでしょ

前回更新の最後で少し触れさせていただきましたが、ΩRαSのED後に追加された新ストーリー「エピソードデルタ」のプレイ日記を更新します。
エピソードデルタやメガレックウザの存在自体は公式サイト等で大きく取り上げられているので、伏せずに扱ってます。これはメガエルレイドの扱いと同様。
丁度二週間前にクリアしていたのですが、少々忙しかった為にプレイ日記が遅くなりました。また、プレイ日記07からだと丁度一ヶ月ぶりの更新になりました。もし待って下さっていた方がいらっしゃったなら、申し訳ありません。

というわけで今回のアナログ絵はメガレックウザ。本プレイ日記で四体目、廃人記も合わせると五体目のメガシンカポケモン。
メガシンカが初出のXプレイ日記ではメガルカリオをちょこっと描いた程度だったのに、今回はメガシンカを描く事多いなぁ。
そして、前回最後でちょっと辛いとも書きましたが、レックウザは難しかったです;;
良い練習になったけどね!ちなみにレックウザの廃人記は別途更新するのでまた別にレックウザを描きます。というか既に描いてます(((

プレイ日記の通し番号が丁度その8だったので、メガレックウザのデザインと合わせて少し遊んでみました。
Δを前に出すべきかとも思ったのですが、オメガルビーのプレイ日記なのでΩを外すわけにはいかない気がして・・・そして何故かこうなりました。
遠近法的におかしい気もしますが、都合良く数字の8にしている部分を気持ち手前に出してくれてるんじゃないかと思います(((

記事タイトルは、エピソードデルタ中に出てきた言葉二つを合わせたらアニポケアドバンスの主題歌の歌詞になっちゃったとかそういう。
当時から好きな曲でしたが、今でも好きだなぁウーイエ!

~『ポケットモンスター オメガルビー』 プレイ日記その8~
現在地点:エピソードデルタ終了後
[想像力∞]の続きを読む
探すべきはまるいもの
どっちがわるいやつなんだか

スマブラforのインターネット対戦で行われている「コンクエスト」に絡めたネタ。
一定期間毎に、ファイターを組み合わせてチームとして、2~3つのチーム対抗で期間内における使用頻度や戦績を競い合う・・・という事が行われているのです。
1月23日までは「まるいやつらvsわるいやつら」という題材で行われてます。
これで初めて気付いたんですが、「まるい」と「わるい」って一文字目しか違わない、というかマリオとワリオの関係になってるんですね。凄い。
この「まるいやつら」のメンバーが、カービィ・プリン・メタナイト・パックマン。
「わるいやつら」は、クッパ・ガノンドロフに、隠しキャラクターの"ワリオ"、そしてゲッコウガとなってます。
・・・え、ゲッコウガ悪い奴なの?ゲーム的にはむしろ主人公モンスターの一角なんですが。あくタイプだからか?あくタイプだからなのか!?

という事があったので、あくタイプのポケモンという事で今回一つ。
マグナゲートと∞迷宮のムンナとサザンドラ。コンクエストの分け方からしてこの二匹はこうなるんだろうなーという。
最初に思いついたのはブラッキーと一緒に「じゃあ俺はわるいやつらか!」「それなら私もわるいやつらですね!」というネタだったんですが、サザンドラの反応の仕方はこっちかなーと思いムンナと絡める事に。
あくタイプといえば、あくタイプで隠れ特性が「せいぎのこころ」のアブソルなんて例もありますが、仮にアブソルが参戦してたらどうされていたんだろ。
大丈夫だサザンドラ。WiiUのステージ、カロスリーグでファイターの応援に出演している時点で、キミはムンナやアブソルより恵まれてる(?)
ちなみにカロス地方のポケモンリーグって事でドラゴンとしての出演です。
逆にイッシュリーグがWiiUのカロスリーグ式のステージなら、ムンナやアブソルにも可能性はあったのかなぁ。
3DSに出たイッシュリーグはむしろNの城としての色が強くて、レシラムやゼクロムが降臨する、Xでいうテンガンざん系のステージなんですよね。

ビジュアルは明らかに凶悪そうなのに、改めて描いていると全然そんな感じがしなくなったのがサザンドラの不思議。
ゲーチスのエースとして出た第一印象は悪役そのものだったんですけどねぇ。
映画で味方寄りのサザンドラが出た事もありますし、アイリスの一番手にもなりましたし、そしてマグナゲートである。
今回のサザンドラ、可愛い可愛い思いながら描いてたんですがどうなんでしょ(((


スマブラの話をしますと、自分自身は今回「まるいやつら」に加勢してます。
主に、最近よく使っていたカービィを使ってます。
次点候補は普段はカービィより使ってるプリン。メタナイトは練習中ですがまだまだ中々勝てず。パックマンはあまり使ってません。
自分は今回のわるいやつらを誰もあまり使ってないんですよね・・・デデデかクッパJr.がいれば「わるいやつら」も考えたんですが・・・;;
ゲッコウガが入っていて、デデデは入ってないのは不思議です。
桜井さんorコンクエスト管理スタッフ的に、大王は悪者じゃないって事なんですかね。
そしてデデデ大王ですら悪者扱いされてないのに、悪役らしい悪役をしたのがスーパーデラックスのみのメタナイトがまるいやつら扱いなのは、これも宿命だという事で。
クッパJr.は・・・まぁ父さんいるしなぁ。ジュニアやコクッパ単体をわるいやつらに数えるにはまだまだ若いって事なんでしょうか。
個人的にクッパ七人衆は七人揃ってこその悪役で、単体ではそこまで悪役っぽいイメージがないです。マリオカート8の印象の影響かもしれませんが。

カービィキャラが二人いる今回の短期開催コンクエスト。(ポケモンも二匹ですが)
調べてみたら、ポケモンΩRαSが発売した直後はそれを記念して、赤いリザードンと青いゲッコウガを中心としたポケモンオンリーのコンクエストをやっていたそうです。
その例を考えると、もしかして今回のまるいやつらは、「タッチ!カービィ スーパーレインボー」の発売記念企画なんでしょうか。
・・・いや、もしそうだとしたら、それこそデデデは必要だろうってなりますが。


というわけで今日はタチカビSRの発売日!
早速買いました!といっても、あまり進めていないのですが!
DSのタッチ!カービィは買ってないので、初めてのタッチ!カービィ。操作に慣れないので、1-1から思うように動かせず苦労しました。
外伝カービィは買ったり買わなかったりなのですが、今回は割と積極的に購入。
気になる事、或いは気がかりな事もありますが、少しずつ進めていきます。

同時に発売されたデデデのamiiboも購入しました。
あうれい、これでamiiboデビューです。第一弾もカービィやマルス、キャプテン・ファルコンと、気になるキャラは結構いたのですが。
amiiboを沢山買えるならそれらのキャラも当然候補になるんですが、どうしても一つ買いたい!となると大王さま一択かなと思いました。
デザイナー泣かせのデザインと公式に言われたデデデ大王はamiiboのパーツ構成でも個体差が出るようで、傷や汚れ以外にも、帽子や目とのバランスが変わってくるなーと、店頭で眺めていて思いました。
64やトリデラのようなデザインに憧れて、目元まで帽子を深めに被っているような印象のデデデを選びました。
当然ながら実際には微々たる差ですが、見ていてなんとなくかっこいいです。
個人的にはスマブラ準拠のデデデ大王の公式フィギュアってだけでも買いなのに、ゲームで読み込むと自ら戦い、学んでいくのだからこれから楽しみです。
店頭に並んだブリスターに入ったフィギュア達一つ一つに命が宿っていて、プレイヤーの元で成長していく・・・ロマンがありますなぁ。

それ以外のamiiboはキャラとしての欲しさと、対応するゲームの要素とそれぞれ合わせて買うか考えようと思ってます。
タチカビの連動要素は、せっかく大王を買ったのですから使ってみるとして、カービィやメタナイトは必要だと感じたら購入でしょうか。
連動を抜きに単純にカービィキャラを全員揃えるのも当然アリです。
FEキャラのアミーボは、インテリジェント・システムズさんが開発してる別のゲームにもまさかの対応なんですよね。そのゲームを買うかどうかも悩んでいましたが、買う事にするなら、FEキャラをどうするかもそれはそれで悩み所。
更に、先日最新作「ファイアーエムブレムIf」が発表されたんですよね。まずはおめでとうございます!三年ぶりの新作ですね。
なんとなく、そっちにもamiibo連動がありそうな予想。ルフレを読みこんだらルフレがゲスト出演する外伝章、ルキナを読みこんだらルキナがゲスト出演する外伝章、両方読みこんだら(クリアしたら)クロムが出現とかありそうな気がするなぁなんとなく。


オメガルビーは先週、エピソードデルタを終わらせました。
エピソードデルタのプレイ日記、およびレックウザの廃人記を書こうと思っていて、本文はある程度進めています。
・・・レックウザ描くのがちょっと辛いです(((
今回は、コンクエストの事もあって突発的に描きたくなりました。
ちなみに今回の更新で、アナログ絵が救助隊(擬人化)→探検隊(擬人化)→冒険団(原型)→マグナゲート(原型)と続いた事になります。
そういう順番になっていた事は自覚してましたが、それでもこういう事がなければ、今回記事はプレイ日記か廃人記になる予定でした。ありがとうコンクエスト(?)
尚、絵そのものはポケダンとはいえきっかけはスマブラな上に、記事内容は殆どスマブラとamiiboなので、カテゴリは任天堂系にしてあります。
ポケモチタワー
お餅はその後コロナで美味しく頂きました

あけましておめでとうございます(二回目)

光の冒険団のメリープ♀のセデ。自宅ポケダンでは二番目のメリープです。
光の冒険団ではメリープが9匹の主人公の中にいるのですが、セデは最初に選ばず、かつその後もあまり使っていない部類。
ただ、それでも「光の冒険団のみの主人公」という理由で記念絵での出番があるという、変わった待遇の子です。
設定ページには仮の設定文として、無気力、影が薄いというように書いてますが・・・正直な所、キャラの方向が中々決まらなかったので苦肉の策として地味キャラにしてしまった、という部分があります(´ v `;)

最近では設定の方針が定まってきたので、補足するように書いておきますと、
情報の整理とか管理とか、そういった方面での才能が眠っているのですが、初期メンバーの9匹内や冒険団にいる間はそれが活かされる機会がなかったそうで。
その為、冒険団にいる間は影が薄かったのは確かなのですが、ある転機を経て、ポケモンガーデンからは離れるもその先で活き活きするように・・・
という具合の事を考えています。
ブログでは触れたような触れてないようなですが、冒険団とマグナゲートのわくわく冒険協会との関係の設定を考えていて、それに関する事だったりします。

前回記事で触れました「別のチームのメリープ」。描けました。描けて良かった。
メインで使っているセイ(ピチュー)とテン(トゲピー)も入れようかと思ったのですが、どうもしっくりこなかったので、セイとテン風の鏡餅を描く事に。
餅に色々デコレーションしてますが、本体は普通の白い餅です。
・・・鏡餅って、こうアレンジして良い物なんだろうか・・・;;
鏡餅をコンセプトにした物は前回記事の擬人化絵でも描いてるのですが、そういえば年明けの絵として鏡餅を描いたのは初めてなような気もします。
更新日の今日が丁度鏡開きの日だそうで、丁度良いというべきなのか、ギリギリセーフというべきなのか。


前々回・前回記事と触れてきた「ふしぎなおくりもの」は、前回更新の翌日に大きく進展してくれました。
前回まで同様に少しばかり書こうかと思ったのですが、思ったよりも進んだ都合で文章が長くなったので、続きページに置く事にしました。
なんとなく前回までのあらすじ付きです。興味がある方は続きページへどうぞ。
[ポケモチタワー]の続きを読む
眩しい新年へ
探検隊メリープ♂・チェリム♀・プリン♀(擬人化・アナログ絵)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

一週間ぶりです。ギリギリで最初の一週間の内に更新ですよっと・・・;;
新年最初の更新という事で今年も干支を意識した絵を。
辰、巳、午と、自宅ポケダンメンバーで描くには苦しい年が続きましたが、今年は未です!メリープならいます!という事で今回はメリープと他二名です。
擬人化でメリープ♂のリム、チェリム♀のソメ、プリン♀のカラメルの三体。親によって探検隊に参加させられた我儘お坊ちゃまと、内向的で地味子なお姉さんと、プクリン親方に憧れる帽子好きお嬢様。
カラメルが他の二匹と探検隊に入る前からの知り合いで、ちょっとした三人組(三匹組?)の関係にあるとか。

リムは久々に描きました。原型の尻尾の先端にあるような球がやけに多くてうざく感じました。多分これ成金パワー的な装飾なんだと思います。自分でデザインしておきながら、うざいと感じたら成功なんだろうと思ってます(((
カラメルの頭に乗ってるのは鏡餅をモチーフにした帽子です。きっと年末年始シーズンにのみ限定販売とかされてるんでしょう。
ソメが回してる傘は多分日傘だと思います。設定画にも描いてないもので、ある時に絵チャで描いて以来久々に描いた物。常備はしてません。

僕の年らしいからここは一つよろしくと言ってますが、これまで描く機会が無かった子だからなぁ。これが今年最初で最後になったりしないか心配だなぁ(白目)
うちの子の中でも特にウザ方向に伸びた子なので、上手く扱えば面白そうなのですが。設定だけ作って上手く扱えてないから出番少ないのですがごめんなさいorz
でんき技を使って欲しいのにやたら『シグナルビーム』を使いたがるという、ゲームで遊んでいる分にも中々面倒な子として印象強いです。
『シグナルビーム』を使用をオフにしない限り使う位に使っていたような。『ほうでん』して欲しいのに使ってくれない事もある。
・・・そんな印象がキャラ設定にも行っていて、ゲーム中の口調はツユやどっちょと同じなのにキャラの方向性は独自の物になったという、本当に面白い子ではあります。
尚、設定上の口調はツユやどっちょとは別物です。どっちょは進化後風で年齢の割に年より臭い方向になったけど、これは何者風なんだろうか。

別の作品、別のチームにもメリープがいるので、原型でそちらも描こうと思っていたのですが、今日までの時点で描けなかったので、擬人化のみで更新する事に。
構図が思いついて、かつ時間があった時、今月中に他に更新できる事がなかった時にでも、また描いてみたいです。


年末から悪戦苦闘しているオメガルビーのふしぎなおくりものですが、メガトウキョーの二匹はピカチュウを先に受信したので、しばらくピカチュウを厳選してました。
しかし中々進展しないので気分転換にリザードンを先にしてみた所、「わんぱく」な性格で攻撃個体値31、特攻は2、それ以外が20前後の子が出ました。
物理耐久型のメガリザードンXとして使えそうです。耐久型リザードンは前々から興味があったのですが、第四世代では『はねやすめ』のわざマシンが勿体無くて、第五世代は最初の一年以降殆ど遊んでなかった事から、今まで育てずにいました。
配信コンセプトには反する事になりますが、ポケモンXでも受け取っているのですから、そちらでの子をメガリザードンYとして使う為に厳選すれば良いでしょう。
ピカチュウにも同じ事が言えます。片方はライチュウに進化させられたら良いな。
・・・それにしても、気分転換にしたリザードンが比較的早く終わって、すぐに再びピカチュウかぁ。気が重いなぁ(((
いや、確かに気分転換にはなりましたし、それでおくりもの受け取りが進展したのですから、間違いなく万々歳なのですが。
そればかりに時間を取られていてはいけないと書いておきながら、既に1週間は取られている現実。どうしよう。・・・どうしようorz

ではでは、今回の更新はここまで。
改めまして、今年も当ブログをよろしくお願いします。