えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
蘇った紋章の物語
どこからエイルカリバー出てるのとかは禁句

ファイアーエムブレム封印の剣13周年おめでとうございます!
今回のアナログ絵はルゥ。スマブラDXのロイをきっかけに興味を持った封印の剣でしたが、発売前情報等を見ていく内にルゥの事が気になってました。
ルゥは作中の支援会話から13歳くらいだと予想できる事から、作品の13周年に合わせられるのではと不意に思いついて描きました。
それにしても、ゲーム自体がルゥと同い年(双子の弟のレイも勿論同い年)になってくるとは・・・ツイッターでも呟きましたが、時間が経ったものです。
自分が初めて遊んだFEでもあるので、自分のFE歴も13年という事になります。予約したものの発売日に受け取れなかったので、厳密には明日で13年ですが。

ファイアーエムブレム封印の剣はGBAで発売されたシリーズ第6作。
シリーズの基盤を作ったお偉いさんのゴタゴタがあった後の最初の作品で、そういう背景やFE覚醒のDLCでの割り振り方から、それまでの5作品と対比して新世代の始まりとも考えられる作品です。
そんな封印の剣が13周年、シリーズ全体は来月25周年。遂にシリーズ全体としては折り返し地点を超えた作品になりました。
タイトル数で考えても今年の夏には14作目(リメイクを除けば12作目)が登場するので、折り返し地点は既に超えてるか、そろそろ迎えるかという所ですね。

ポーズはGBA版の魔道士の攻撃モーション
を、基にしたスマブラforのルフレの横B
を、見つつ多少アレンジを加えて描きました(((
動きとしては違う部分もありますが、あのポーズを採用してくれて3Dで見られるようになったのはとても嬉しいですし、今回参考にできたのはありがたかったです。
そもそもスマブラで採用されてなかったら、今回描く発想に至らなかったかも。
初FEが封印の剣で、ルゥに限らずリリーナやヒュウも含めて魔道士が好きになった自分にとって、スマブラforは皮肉など抜きに嬉しかったです。

しばしば、また遊ぼうかなぁと思いつつも中々実行に至らないタイトルの一つ。
バーチャルコンソールが出たら買って遊びたいとは思うのですが、相変わらず出ていないのが現状です。
GBA作品では唯一海外進出してない関係なのか、GBA作品では最も難しいので出しにくいのか・・・蒼炎の軌跡と並んで、特に手を出しにくいFEかもしれません。
ちなみにGBAのFEはセーブ用の電池切れが心配される作品(ポケモン好きの方にならGBの金銀が有名かも?)みたいで、それもまたVC化が望まれる理由の一つなのですが、割と最近に起動してみた所、まだデータは残ってました。

最近起動した理由はサウンドテストだったのですが、楽曲では21章~23章の自軍フェイズ曲「新たなる光の下へ ~ロイの勇気」が好きです。
曲名の通りとても勇ましく明るい曲で、初めて聞いた時からずっと聞いていられましたし、またラストに向けて盛り上がる曲でもありました。
初めて流れる21章が終盤屈指のゲキムズ面で印象に残るのも大きい。
9種類あるロイの○○の中でも特に、ロイのテーマとも言える曲なんじゃないかなとも思ってます。暁の女神の「絆永久に」がアイクのテーマとされる事も考慮すると。
エピローグがこの曲のアレンジというのも良いです。戦いが終わり明るい未来に向かう雰囲気が感じられます。
西方三島編の自軍フェイズも通常マップで初めての曲変更という事もあり印象に残ってるのですが、サントラ等で収録された事がないのが残念。13章、苦労したなぁ。

前回アナログ絵まとめから数えて三回目になったFE絵の記事。
今年は先述した通りシリーズ25周年や最新作もあるので、また何かしら話題にする機会があるかもしれません。
スマブラに関連する所でも話題になるかもしれませんし。どうなる事やらです。
図鑑を眩しく
全体的に色が薄め

最近オメガルビーで色違いのポケモンを捕まえました。
ナゾノクサは配信ダンバルを除けば本作初めての色違い。時間があった時にずかんナビの連鎖に挑戦して、狙って捕まえました。
本作119番道路のむれバトルが100%ナゾノクサなので、同じポケモンと連続で出会ってる状態を維持しやすいのかなと思いまして。果たして効果があったのかは不明。
ちなみに色違いのナゾノクサを捕獲したのは8年前に偶然出会って以来。
ナゲキはナゾノクサの翌日に偶然出会いました。「たつじんのおび」が欲しくてナゲキと戦っていたのですが、こちらはずかんナビが中々反応しなくて。
完全に連鎖が切れた後に時間を置いて再挑戦した時にいきなり出現。ナゾノクサと比べて変化が小さいので違和感の後に驚きました。尚、目的の「たつじんのおび」は結局手に入ってません。そもそも本作のナゲキは持ってるのだろうか。

かつて捕まえたナゾノクサは分岐進化な上に偶然出会った事もあり、進化させるか悩んだ末に結局進化させなかったのですが、今回は余程の事がない限りラフレシアにする事に決めてます。
ちなみに♂。ラフレシアの姿は♂の方が好きなのでこれはありがたい。
ナゲキはずっとナゲキです。進化しない色違いのポケモンは進化させるか否かや、図鑑の姿登録について悩まなくて良いのがありがたいですね。
ナゲキに関して悩むのはダゲキを捕まえるべきか否か、かなぁ。ポケモンXならポケトレも使えるので、狙えなくはないのですが。

ナゾノクサとナゲキに共通してる事に、初登場時にバージョンの優先関係があり、自分はその優先される方のバージョンを持っていた事があります。
ナゾノクサはマダツボミと対で赤バージョンのみの登場。ナゲキはダゲキの対でホワイトの方が出会いやすい、と。
金でのギャラドスを除き自分が初めて捕まえた色違いは、パールでソルロックでした。ソルロックも初登場時はルビー限定。そもそもルビーを持ってないとパールでソルロックは捕まえられません。
そういったポケモンの色違いと出会う事に、何かしらの縁があるんでしょうかね自分?
ナゾノクサ系が全ポケモンでも特に好きな方である事を筆頭に、バージョン限定・優先ポケモンは最終的に好きになってる事が多いので、大抵ありがたい事ですが。

こういう事があったので、今回は自分の本作における色違い事情について書いてみる事にしました。
第六世代全般の話、みつけた姿の話等を触れていきます。
長くなるかもしれないので、続きページに置く事に。興味のある方はどうぞ。
一応、出現ポケモンに関するオメガルビーのネタバレが含まれますので、読む際はご注意下さい。オメガルビーにナゲキが登場するというこの記事の根本からしてネタバレのような気はしますが;;
[図鑑を眩しく]の続きを読む
パラダイスホウエン支部[ 続き擬人化注意 ]
マグナゲートエンブオー・オノノクス(擬人化・アナログ絵)

お久しぶりです。およそ三週間ぶりの更新となってしまいました;;
更新できてなかった理由はと考えて、忙しかった時期もありますが、一番大きいのは絵を描くモチベーションが上がりきらなかった事かもしれません。
時期的に描いてみたくなりそうな題材はあったんだけどなぁ。スマブラコンクエストの自称の大王vs未来の大王とか。

今回のアナログ絵は最終形態版のオブとクス。
デザイン自体は第三回アナログ絵まとめに載せている、マグナオーとマグナクスとほぼ同一です。設定の扱いが多少異なるだけで。
・・・第三回アナログ絵まとめ以来描いてなかったんですね、そういえば(((
マグナなんとか仮設定画と違いを出そうとしてチームバッジは描いたのですが、スカーフを描き忘れてました。
元々首元のデザインの都合もあって付けるか否か決めかねている所ではあるんですが、今回はその事を考えてなくて単純に忘れてました;;

新しく更新する時に触れようと思ってすっかり告知しそびれていたのですが、今月に入った時にコンテンツ記事「ゲームプレイ日記まとめ」に、オメガルビーを加えました。
思えばホワイトはアナログ絵を加えた代わりにほぼ自軍紹介の日記になっていて、ホワイト2に至ってはほぼ絵を描いただけ状態でしたが、マグナゲートと∞迷宮から絵を描いて、自軍も語って、ストーリーや要素も語るという、今までの形式全部乗せの形になったんでしたねぇ。
それだけ、ポケダン新作に対するモチベーションが高かったという事なのでしょうか。Xやオメガルビーでもその形式を続けて今に至りますけども。
絵を描く事から本文まで、かなり時間が掛かって正直疲れますが、でもそうしているのが楽しいのも本当なんですよね。
趣味について語るのが好きって所もあると思う。でなければ、毎回記事が長くなるようなブログを8年以上も続けてないと思います。


そんなオメガルビー。二回目の殿堂入りから一ヶ月経った最近になって、ホウエン図鑑のみつけた数をコンプリートしました。
最後に埋めたのはレジ系の三体ですが、今回捕まえていません。
出会ってパーティを全滅させる事で、すぐにでも再戦可能な状態で、みつけた数に加える事ができます。みつけた数を増やしたいけど捕まえたり厳選したり再殿堂入りするのも面倒な場合にオススメ。
万が一色違いが登場して捕まえられずに全滅しても困るので、いわゆる道場用としてXで準備していたハピナスの技構成を いやしのねがい・いやしのはどう・でんじは・うたう にして、自滅も捕獲もできるようにしました。今後の伝説捕獲にも役だってくれそう。

みつけた数をコンプリートした事で「まるいおまもり」を入手。ポケモンを集めるのも楽しいですが、これで育成にも踏み込めそうです。
「まるいおまもり」を手に入れて最初のタマゴ孵化はポカブとキバゴ・・・オブとクスをイメージしたポケモンを改めて育てる事にしました。
主パを意識したポケモンは丁度去年にポケモンXに送っているのですが、今回改めてオメガルビー向けに育ててみる事に。
理由は色々ですが、まず一つ挙げられるのが本作には育て屋さんが二つあり、ポケモンXからの仕様の「固定孵化」が二つの育て屋さんで別々に固定できるという事。
詳しい説明は省きますが、これによって二匹セットのポケモンを孵化厳選したいとなった時に、その二匹を同じ日付で孵化できるのが個人的に嬉しいです。
第四世代では一つの育て屋さんでそれをしていたのですが、第五世代以降にはリアル一日でそこまでやる気力も無く、孵化した日付が関係無くなる過去作産でのみ主パ育成をしていたので・・・

オブとクスの孵化は「名もなき平原」で行いました。
マボロシの場所の一つ。今は名もなき平原ですが、きっとこれから開拓して、立派なパラダイスにしていくんじゃないでしょうか(※ゲーム的にできません)
・・・という話は孵化した時になんとなく思った事で、実際にここを孵化する場所に選んだのは、ここでビリジオンと出会えるからなのですが。
そう、本作で改めて主パを育てようとして、最初にオブとクスを選んだ理由は、本作でビリジオンを捕まえるチャンスが巡ってきたからです。
Xにいるオブとクスはホワイト2の出身でそこからでもビリジオンは連れてこれますが、ホワイト2はそれ以前にキュレムを捕まえてしまってますし。
逆にホワイトはキュレムは捕まえてませんがビリジオンは捕獲済みです。ポケダンで仲間にできないキュレムを意識するのはオマケの域ではありますが、両方を同じ親で新規育成できる所で、改めて主要キャラを育てたいと思ったのです。
ひとまず、これでケルディオは仕方ないとしてそれ以外の主要メンバーを全員「名もなき平原」出身で統一する事もできます。

と、いう事をしたので今回オブとクスを描いたのですが、その癖に進化させるかどうかは未定です。
と言いますか、元々は現在Xにいる個体同様に進化させる前提で考えてたんですが、孵化した後になって進化させないのも良いかもと思い始めました。ちぐはぐだな!
本家シリーズだと進化させるか否かでステータスは大きく変わりますが、どうしても彼らで対戦したいとまでは現在考えていませんし。
どうしてもというにしても、それこそ自分がマグナゲートと∞迷宮でやったように、初期形態のオブとクス、最終形態のマグナオーとマグナクスとで別々に育てても良いかなぁという気がしてきました。
複数セット孵化すると考えた時に一番大変なのはコロナで次点はカウレッズ。コレクトは比較的育てやすい方かなと思ってます。
おそらく一番困らないのはコーヒー。性別も特性も心配しないで良いのが大きい。実際パール時代に各形態3セットと現在Xにいる1セットで合計4セット育てた辺り、相当育てやすいんだと思います。
まぁ、マグナオーやマグナクスを育てるとしてもそれよりまずは主要メンバーを揃えたいですし、そこまでできるのかは不明なのですが。


今回の本文はここまでなのですが、続きにもいくつか擬人化絵を載せる事にしました。
今回まで更新が長く開いてしまった事と、以前に描いていたのですが公開する機会が無かった事と、今回の記事の話題に少しは関係あるのでという事で。
続きページに載せるという事で伏せずに扱います。擬人化が苦手な方は続きページに進まない、直接この記事を開いてる場合はこれ以上先に進まない事を推奨します。
それでは、ひとまずここで、読んで下さりありがとうございました!
[パラダイスホウエン支部[ 続き擬人化注意 ]]の続きを読む