えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
気ままに読んで下さい
9番目の主要メンバー(アナログ・擬人化絵)

マグナゲートと∞迷宮のケルディオ擬人化。初公開。
おそらく自分的にはドストレートであろう、頭部の形ほぼそのままの帽子を被る方向性になりました。
予告しておきますと、ケルディオを帽子キャラにしたかった&サザンドラが一応フードキャラな都合上、次点で帽子orフード候補だったエモンガが特に頭に何も付けて無いタイプになりました。
今年になって公開するようになったマグナゲートの主要メンバー擬人化、全員一通り形にはなってるのですが、エモンガ・ノコッチ・ビリジオンの三体が未公開。
全身でなくとも、いずれちゃんと描きたいです・・・;;

全身でないのでちゃんとした擬人化紹介はできないのですが、
ケルディオは剣士のようで完全に剣士ではないし、学者のようで完全に学者ではないような、そういう雰囲気で考えてます。
特定の道に精通するよりも、色々な事に興味があって天才肌にこなしていくイメージがあります、マグナゲートのケルディオは。
この辺りの事は擬人化としての要素だけでなく、キャラ性もおよそそういうイメージ、という風に考えてます。これは主要メンバー全員それで考えてます。
帽子に角が付いてますけど、帽子の角とはまた別に剣を腰に付けてまして技はその剣から出します。
ケルディオは本家だと特攻に優れたポケモンで、第六世代で見てると『ハイドロポンプ』や『きあいだま』も角から出してたし、特攻を用いた物理攻撃を角で行ったりもするし、角に特殊系のエネルギーが集中してたりするのかなと考えてます。ポケパルレだと角触るの嫌がりますし。


実は当ブログが9周年を迎えました。
ポケダンをきっかけにその1年以内に始めたブログなので、基本的にポケダン(救助隊)より1つ下のブログです。DPと同い年です。
9年経った今日もマグナゲート関連で擬人化絵を描きながらポケ超ダンを楽しみにしているわけですから本当中々ブレないものです。
そんな中でケルディオを描いた理由は文字リンク名の通り。
ゲーム中の加入タイミングはサザンドラと同時ですけれど、そこはキャラ自体の初登場順という事でケルディオを後ろにしてます。
この辺は初期の三匹や研究家コンビも同様。
9という事で主要メンバー全員描く事も考えてたんですが、明らかに構成力と何より時間が足りてなかった(((

そしてこのタイミングで、ようやく正規のマグナゲート部屋が公開できました。
マグナゲートが最新作である内に・・・と言ってた時点で、遅くなってもこのタイミングにしようと考えていたのですが、本当に遅くなってこのタイミングになってしまいました。お待たせしていた方もいらっしゃるかもしれません;;
番号的にはトップページ、主パの設定、他の主要メンバーの設定、はっけん!マグナゲートの設定の順番で四記事使っています。
更にこの記事を公開しており、はじめにの記事があるので、記事の表示が1ページに収まってません。
せっかく公開したトップページがいきなり2ページ目以降になるのもどうかと思ったので、記事番号に反して、表示される順番はこの記事→トップ→主パ→主要→はっけん!になってます。
マグナゲート部屋の設立に伴い、仮トップを兼ねていたマグナゲート名簿を少し編集しました、また、いずれ世界観設定も編集するつもりです。
でも世界観設定は、新作の設定によってはすぐにまた変わる可能性もありそう。ガラガラ道場の話題が出た事で、救助隊に続いて探検隊とも関係ありそうな雰囲気が漂ってきましたが、冒険団やマグナゲートはどうなる事やら。
ちなみに、マグナゲート名簿からマグナゲート部屋まで丁度100記事でした・・・数字で改めて感じる、お待たせしました感・・・

設定ページにおける擬人化は今の所、オブ・クス・サザンドラの三匹と、マグナ○○五匹の計八匹を載せてます。
オブとクスは簡易紹介の切り抜きから黒線や相棒が映り込まないよう微編集。サザンドラとマグナ○○は過去に載せた事がある絵をそのまま使用。
サザンドラを載せた時にブラッキーとエーフィも扱いましたが、その二匹はその記事でも書いた通り若干デザインが変わってるので今回は載せてません。

・・・ところで、冒険団はエイプリルフール、マグナゲートはブログの記念日と、何らかの日のきっかけで設定部屋を作る事が増えてきてますが、
ポケ超ダンの設定部屋はそういうのに囚われず、まとまり次第突然にでも出せたら良いなという風に思います・・・まとまればですが;;


ポケ超ダンの話題を出した所で、少し前に出た情報について少し。
最新作には掲示板の代わりになるシステムとして「つながりオーブ」が登場するそうで、仲間もそれで増やしていけるそうです。
ニンテンドーダイレクトの情報でも出た、相関図みたいなアレですね。
これで気になったのが、要するにイベント加入に近い形のポケモンが多くなりそうで、逆に通常ダンジョンの仲間システムはどうなるのかという事。
ゲームシステム上の性別がまだ確認できてない事と合わせて気になる所。全てのポケモンがイベント加入になるなら、システム上の性別は無くても良さそうですし・・・
でも例えばアンノーンが全て別々のイベント加入は面倒だろうし、そういう意味でも中々、まだまだどうなるか分からない要素ですね。
性別による姿違い、それ以外による姿違い、進化、様々な要素との兼ね合いでどうなるのやらな要素だと思います。
マグナゲートの主要メンバーみたいにストーリーに積極的に関わるキャラが直接仲間入りするのは盛り上がりに貢献しますし、一方で通常の仲間システムも自由度があって良いので、どちらもあると嬉しいのですが、果たして。

主人公達が通う学校のキャラクター達も公開。
以前話題にした事があったヤンチャムがクラスメイトである事が判明したり、
初PVでパートナーが言っていた「子どもは調査団に入れない」というのが、おだやか村の大人たちの言い付けによる事っぽい事が感じられたり、
一方で校長先生のヒヤッキーは子供達の自主性を重んじているようで。
予想ですけれども、まずは主人公達が村の大人たちに認められる事が、序盤のストーリー展開になるのでしょうか?
今回の世界はとても広そうですし、大陸一つ一つに物語があって、全体的にはかなり長い、みたいな感じになりそうだなぁ。
本編に関る大陸は全体の一部で、ED後の展開用の大陸もある、みたいな感じでも良さそうです。

ポケ超ダンの発売まで、いよいよ後二ヵ月を切りました。
初報からも二ヵ月が経ちました。これからの二ヵ月は長いのか、それともあっという間に過ぎるのか。
今日から10年目を迎えるこのブログは、相も変わらず、ポケダンを応援していきます。
前回記事でこれからも任天堂を応援しますとか書いたばかりですが、そもそもポケモンやポケダンも任天堂の枠組みに入ってるから問題ナシです(((


前回更新から今回までFEifは殆ど進んでないのですが、
新要素のマイキャッスルが楽しくて、そこは毎日覗いてます。
なんでこんなに楽しめているのかと考えた時に、自分の拠点を発展させるシリーズの新要素として、ポケモンパラダイスに似てるからではないか、と思い始めました。
そんな発想から、マイルームがポケパルレっぽくifパルレと呼ばれる事があるのに習って、キャッスル名をデフォルトのカムイ城から「ifモンパラダイ」に変えました。
本当はパラダイスまで入れたいけど文字数制限があるし、ifパラダイスだと元ネタがポケダンって感じが薄れそうだったので、ifモン。
自分のNEW3DS、オメガルビーでは以前紹介した手持ちがマグナゲートなスーパーひみつきちを、FEifではこのifモンパラダイスを配ってるので、両方やってる方には何でこの人そんなにポケダン推し(マグナゲート推し)なんだとか思われてるかもしれません^q^
すれちがいMii広場の挨拶もポケ超ダンが発表されて以降はポケダンの事を喋ってたりします。


ところで、このブログの最初に載せている「はじめに」の記事は、ブログ10周年の日付に設定しています。
10周年を迎える頃どうなってるんだろうなーと思いながら決めた気がしますが、もう後1年になるんですねー。1年後には日付延長しなきゃ・・・
延長を後回しにして、10周年を迎えた最初の更新を少しの間だけ最初に表示されるようにするのも面白そうですけども。
この1年、そして1年後にどうなっているかは分かりませんが、細々になってでも更新を続ける意志はあります、今の所・・・(´ v ` )

それでは、今回記事はここまでになります。
読んで下さり、ありがとうございました。
この記事の次がマグナゲート設定部屋になっていますので、お時間と興味があればどうぞです。
カテゴリからこの記事を見てる場合だと、個別の設定記事が次だと思います。
マグナゲート部屋トップ
*例によって擬人化要素を含んでます。苦手な方は注意してください。

すっかり公開が遅くなってしまった、マグナゲートと∞迷宮の設定部屋です。
地道にでもパラダイスのように発展させたい所です。


冒険家チーム コレクト

我儘だがお人好しのリーダーを、無邪気で良い子なサブリーダーが無意識に抑制するという妙なバランスが成り立っているチーム。
ポケモンパラダイスもそんなリーダーが言動上支配的になっているようで、実際にはあらゆる種のポケモンを取り揃えながらもそのポケモン達が自由気ままに暮らす楽園と化している。
主要メンバー以外の仲間達は、戦力としてよりもパラダイスの住民として集められたような面が強く、リーダーや本人達の気まぐれで冒険に参加する事が多い。
その実、暮らし戦う仲間達は相当多いのだが、オブやクスと親密に関わるメンバーとなるとある程度限られている、そんなチーム。


リーダー達

ポカブ:オブ
キバゴ♂:クス

主要メンバー

エモンガ♂
ノコッチ♂
ビリジオン
ブラッキー♂
エーフィ♀
サザンドラ
ケルディオ

はっけん!マグナゲート関連設定

エンブオー:マグナオー
オノノクス:マグナクス
ダイケンキ:マグナダイ
ジャローダ:マグナーダ
ライチュウ:マグナライ

全メンバー名簿

第六世代用ポケダン系ポケモン性格メモ

ウチの子レンタルチュウ!様ラフ許可チュウ様ウチの子と共演チュウ!様ポケモン擬人化ファンへのお願い様


過去絵

○アナログ

原型
2012年11月-2013年9月 (12)
2013年10月-2014年10月 (2+1)
2014年10月-2015年9月 (2+1)
2015年9月-2016年9月 (1+2)

擬人化
2012年11月-2013年9月 (3+5)
2013年10月-2014年10月 (3)
2014年10月-2015年9月 (5+1)
2015年9月-2016年9月 (2+2)

コレクト主人公・パートナー性格設定
マグナゲート部屋と同時公開の主人公・パートナーの設定です。
リーダーとしてポケモンパラダイスを引っ張って行くポケモンと、夢を掲げてポケモンパラダイスになる土地を実際に購入したポケモンと。
救助隊と探検隊は主パで別記事、冒険団は全主人公ポケモンを一記事にまとめる形になりましたが、今回は見やすさと長さの兼ね合いでこのような形で。

2016年
*4/3 擬人化設定画を差し替え
[コレクト主人公・パートナー性格設定]の続きを読む
コレクト主要メンバー性格設定
マグナゲート部屋と同時公開の主要キャラ設定です。
ストーリー上で自動的に加入するポケモン達。ED後に加入した二匹も含めています。
自分自身はすっかりこれらメンバーの事を「主要メンバー」と呼んでますが、公式には「主要」だったか「中心」だったか、実は正直曖昧になってます・・・;;

ストーリー中のキャラに少し設定を付け加えたような形になる事もあって、主パと比べると記述は少ないです。
また、ストーリー中のキャラという関係からゲーム自体のネタバレになりそうな記述も含んでいます。ご注意ください。
・・・トップページのキャラ表記からして今更な部分もありますが・・・
[コレクト主要メンバー性格設定]の続きを読む
はっけん!マグナゲート設定
マグナゲート部屋と同時公開の、はっけん!マグナゲートに関する設定です。
トップに記載したキャラ達の設定は勿論のこと、世界観設定についても少し。
オリジナル要素が強い上に設定構築が主要メンバー達より先に進んだので、少々込み入った内容になってるかもしれません。
オリジナル要素が強い設定が苦手な方はご注意ください。
[はっけん!マグナゲート設定]の続きを読む
いずれ訪れる新しい風
7月11日に、2002年からの任天堂の社長であり、その前にはHAL研究所の社長を務めていらっしゃった岩田聡さんが胆管腫瘍で亡くなられました。
任天堂からの正式発表は13日になされましたが、母が言うには12日には速報されていたらしいとの事です。

星のカービィを始め、岩田さんが自ら開発に関わられた作品から、社長として見守られた作品まで、多くの作品を楽しませていただきました。
去年の頃から体調を崩されていた事はしばしば伝えられていたので、心配はしていましたが、この事を知った時はまさかと思いました。
情報を追っていた時はそれなりに冷静でいられましたが、その後改めて自分が思う事を発信しようと思ったら、じわじわと悲しみが込み上がるような、そんな気持ちです。
WiiUに多くのヒットタイトルが生まれ、様々な新展開を宣言され、これからだという時に・・・という、残念な気持ちもあります。
しかし、これはあくまで自分の考えですが、手術を経て社長として復帰し、最後まで社長として務め続けたのは、その「これから」を最後まで用意していく為の事だったのかもしれない、というような気もしております。
今まで本当にありがとうございました。おつかれさまでした。

(以上、一部ツイッターの投稿内容を再編集して記述)

先述の母の話は新聞を読んでいた母の方から話題になって、
「カービィの生みの親なんやね。」「うん。」
という話になりました。

次の任天堂の社長は決まっていないようですが、代表取締役としては、マリオやゼルダを始め様々なゲームの生みの親として有名な宮本さん、表立って名前が出る事は少ないけれどハード開発を始め任天堂において重要な役割を果たしてきた竹田さんの二人が務められるそうです。
山内さんが社長だった頃から任天堂を知っていて、岩田さんが社長になってからもずっと任天堂好きとして今に至り、今回の一件で、これからどうなっていくかは分かりませんが、自分はこれからもゲームを楽しみ、任天堂を応援していくと思います。
ゲームばかりしてられないし、クリアしてないゲームも増えてきてますが、何よりも楽しんで行きたい。です。

――――――――――――

さて、そんなタイミングで更新いたします今回のブログ。
これだけで終わらせても良かったのですが、別の話題も書いていきます。
実は元々、7月の始めくらいには別の更新をしようと思ってたんですが、
前回記事の内容を書きたくなったので、後回しにしていた内容があるのです。
ちなみにアナログ絵も今回は続きページに持って行ってます。

今回は主にamiiboの話。
亡くなられた社長とも関りの深い作品のキャラについても触れていたので、このタイミングで更新してしまおうと思いました。
おそらく長くなってるので続きページへ持って行ってます。
また、内容自体はこの件以前に書いていたので、一部内容の見直しはしていますが、ここまでとテンションが結構違うと思います。
要するにいつものテンションです。
まぁ、いつまでも暗い雰囲気でいても仕方がないですし!敢えていつも通りのままにしようと思います!
そんな感じで、読んで下さる方は続きページへどうぞです。
[いずれ訪れる新しい風]の続きを読む
主パならぬパパ(片方は♀)
特別アニメで出番あった組(アナログ・擬人化絵)

チコリータ♀のチコリとヒコザル♂のヒーザ。
前のポケダンカテゴリで新しめのパートナー達を描いたのに対して今回は初期の作品のパートナー達。
組み合わせた理由は例によって文字リンク名通りなんですが、前の組み合わせが「ない」事を理由にした組み合わせに対して今回は「ある」事を理由にしてるので、描いてて酷い気がしてきます(((
特別アニメに沿った装備をさせてます。チコリの装備がピンクい。チコリに「モモンスカーフ」、ヒーザに「ぼうぎょスカーフ」は実際の攻略でも使った気がする。
でも救助隊のメインは赤でしたし、青をプレイする頃には流石に青・トローゼのすれちがい開いてる人いないだろうと思い3DSのすれちがいを優先させたので、「サニーゴのトゲ」は手に入れた事がないです。

救助隊のパートナーと探検隊の主人公が同じ種族なので、初期作主人公同士、初期作パートナー同士で組ませても種族の組み合わせが変わらないという。
パートナー同士の組み合わせの場合、性格やリーダー経験の関係からチコリがヒーザを引っ張って行く感じになりそう。
その方がリーダーと仲間の配置も変わらなくて違和感無いっていうのもありますが。
ミズゴとコータの場合はどちらがリーダー務めてもおかしくないのだけれど、上記の理由でミズゴで落ち着くのかなぁ。


ポケモン超不思議のダンジョンの公式ページが更新されてたので、その事について。
まず過去作の特別アニメの公開が始まりました。
救助隊のアニメは日本の正規公開よりも海外版の方が先で、それがyoutubeに掲載されたり権利者削除されたりしてた覚えがあるんですが、日本版がyoutubeで公式に見れるとは、時間が経ったものですなぁ。
何気に新鮮に感じたのが空の探検隊アニメについて、空の探検隊の発売を記念して、「時の探検隊・闇の探検隊のクライマックスシーン」をアニメ化したものという説明がされていた事。
確かにシーン自体は探検隊シリーズで全共通ですし、内容も正真正銘アニメ時闇の続編ですけども、あくまでも空の探検隊のアニメって書かれていた事が多かった印象でしたもので。
内容の方は、マグナゲートのキュレムの追加シーンがTSUTAYAのレンタル特典だった為にそこだけ初めて見る事に。凄い加工音声だなぁキュレム様。
マグナゲートの映像は見る度に最初の「助けて!」の声が気になります。幼い子供のような声ですけど、あれ、あのサザンドラか、あのムンナですよね?
今作はこういうスペシャルアニメあるのかな。最近ではΩRαSでもやってくれましたし、こうして公式が過去作のアニメを推してきているからには、あって欲しいですが。

CMも公開。実写ポケダンはポケサンがやっていた印象が強いのですが、まさかCMでやってくるとは。
シュールなのにゲームの特徴を捉えてきているのがツボです。アイテム見つけてからの罠はあるあるすぎて辛い。そして繰り返すからじわじわくる。
あとミズゴロウとポカブの二足歩行がこれまたじわじわ来るんですが。なんでミズゴロウとポカブをチョイスしたんだ!みず御三家もイッシュ御三家も他にいる所にだから、何らかの意図があるんじゃないのかこれ!!
正直、今回のアナログ絵はミズゴとオブにしようかとも悩みました。もしかしたらまた何か描いてるかもしれません。

予約が開始されましたが、開始後にポケモンセンターに行く機会が無かったのでまだ予約してないです。
今週ポケモンセンターに行く予定なので、その時に先着特典がまだ入手できそうであれば、パッケージ版を予約しようかなぁと。
先着特典が入手できなさそうなら、もっと手近で買えそうな所で予約するつもりです。
で、結局どうしようかというのがDL版。どちらにせよ予約はしないかもですが・・・
DL版の限定テーマ欲しいし、DLカードが出るなら欲しいしなぁ。限定版テーマの木製な雰囲気とか好みですし。チコリータとミズゴロウが斜めに配置されてますし(((


FEif暗夜王国は1日1章くらいのペースでゆっくり進めてます。
現在15章なので、そこまででちょっとした感想を。
・・・というつもりでしたが、中々長くなったので続きページに持って行きます。
続きページに持って行ってるとはいえ、一応文字は反転させてます。
amiiboアイクとも何度か接触したので、その辺も触れます。
[主パならぬパパ(片方は♀)]の続きを読む