えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ボスラッシュの気配
初代からできたけど自分は初めてのかくとうコンビ

ブリガロンとルカリオ。カンダクト主パの最終形態。
この2匹を眺めていて思ったのが「裏拳痛そう」でした。超の主パだけに超痛そうでも良いかもしれません。裏拳超痛そう。
リーマとユウリなのか、仲間になる一般のブリガロンとルカリオなのかはご想像にお任せします。後者を最近初めてセットで使ったので描きました。
後者を一般のポケモン達として使うか、或いは本人達は進化させないけどリーマとユウリの"つもり"で使うか、その辺はどちらも捨てがたく思ったりしてます。
描いた回数が少ない割には描きやすい気がするのがブリガロン、逆に描く機会があった割に未だに難しいのがルカリオ。併せて描く事にも慣れたいです。

2ヶ月弱ぶりくらいに、ポケ超ダンのプレイ日記連載外報告を更新します。
ここ2ヶ月はずっとプレイしているという程の頻度でもなく、1週間近く進めてなかったような時もあった気がします。
かと思ったら、スイッチが入ったかのように一気に進めてみたりも。割と気分次第な所があります。
ゲームの性質上、初めてのダンジョンに挑む場合は特にですが、まとまった時間がある時に進めたいという事もあります。

主人公リーマのレベルが50を超えました。
プレイ時間が100を超えた先でようやく。
空の探検隊やマグナゲートはED前にLv.50を超えていた事を考えると、本作のレベルアップがそれだけ遅いんだろうなぁと思います。
ED前ストーリーの長さが探検隊やマグナゲートより明らかに劣っているとは感じませんし、同じくLv.30前後でEDを迎えた救助隊と冒険団よりは長かったですし・・・
結構な勢いで仲間が増えていって、それら全員に経験値が入るシステム上、アッサリ全員がカンストしても困るからというバランス調整なんでしょうかね?

今年に入ってからネタバレを解禁にしたので、記述形式を少し変えてます。
全体的には反転してるのですが、各作品のポケモンの項目の最初のリストは伏せない事にしました。本人・公式・不明・別人ってあの部分。
また、ランクアップの話も具体的な内容を先に入れる事にしました。
以上を踏まえた上で、読んで下さる方は続きページへどうぞです。


~『ポケモン超不思議のダンジョン』連載外報告その3~

調査団 カンダクト

[主] ハリマロンLv.51:リーマ
[パ] リオルLv.48:ユウリ

なかまのしゅるい 520 / 720
[ボスラッシュの気配]の続きを読む
ホントはコワイうろおぼえ
昨日、何か描きたいけど描くものに悩んでる状態だったので、ツイッターのハッシュタグ「#リプきたポケモンを記憶だけで描いて次に資料を見ながら描く」で描くものを募集してみてました。
読んで字のごとく、リプライで指定されたポケモンをまずはうろ覚えで描いた後に、その次は資料を見て描くという内容です。

昨日で2件指定をいただいて描いたのと、このハッシュタグを初めて見た頃に描いた1件、合わせて3種類を今回ブログに載せる事にしました。
画像内にリクエストして下さった方のアカウント名を書いてますが、その事も含めて改めてこちらにも載せる事の許可を頂いております。

内容は続きページで。
・・・本当に、絵は描きたいけど内容に悩んでる状態だったので、表ページにこれ以上書く事が無さそうなので、すぐに続きページに行きます(´ v `;)
[ホントはコワイうろおぼえ]の続きを読む
デラックスサイズ
攻略本が無いと調べないと名前が出ない難しさ

星のカービィトリプルデラックス2周年おめでとうございます!
2周年という事で2人というのと、申年始まったばかりだからという事で、バンダナワドルディとグランディです。

トリデラで初登場・・・といいますか今の所ではトリデラにしか登場していないグランディ。初めて見た時の印象は「やっぱりワドルディって猿なのかな・・・?」でした。
毛むくじゃらでどこか猿を思わせる顔や色。でも全体的な雰囲気とか、ワドルディ達のリーダーみたいに描かれてるシーンもある事から、ワドルディの仲間だとは思える。
それ以前にも、アニメ版に登場したワドルディのきぐるみを着たカービィが不思議と猿みたいに見えたりもしました。顔が赤くなってる猿。
そういった所から、カービィ版猿といいますか、猿をイメージに1頭身にしたキャラクターみたいなイメージがあるのかなワドルディ。と思いました。
ただ、カービィ界の猿って言いますと最近ではより猿みたいなデザインのウォンキィやゴライアス、初期作の頃からいる所でも実はカービィキャラの中でも相当人型に近い気がするゴリラのボンカース等もいますので、その中でのワドルディ達の立ち位置ってなると分からないですが。

トリプルデラックスのバンダナワドルディは時にカービィ、時にデデデ大王をサポートするべく、先回りしてカービィ達を待っています。
常に先回りしてるバンワドすげぇ。という話はしばしばありますが、その中である時、現地のワドルディしか知らないような道を教えてもらって使っているのではないか?という説を見た事がありまして、
そういうのを使っている内に初めて見るグランディに、(実際には無害なのに)危険さを感じたりしていたら可愛いなーと思いこの絵に至りました。

トリプルデラックスは2年前に発売された、現状では一番新しい横スクロールの星のカービィ(外伝を含めば去年のタッチカービィSRが最新)。
一つのアクションゲームとしてまず面白いですし、サブゲームも(辛いレベルで)歯ごたえがありますし、一方で設定の重さは凄かったりで、とても遊び甲斐やり甲斐がある作品だと思ってます。3DSの中でも特にオススメの作品の一つ。
ワドルディ達が可愛いのも本作の魅力。カービィに対して結果的にどういう影響をしているかは様々ですが、気ままに生きるワドルディの可愛さが見られます。
「星のカービィ」が最後に出て2年になるんですねー。そろそろ横スクロールの最新作が欲しくなってくる所ですが、一時期を思えば2年ならまだ何ともないとも思えるので、一言では何とも言えない感じがします。
来年が25周年なのでその時まで待っても良いような、あっでも星のカービィWiiは20周年の半年前に出てその後20周年スペシャルコレクションも出たんだよなとも思います。気が早いような気が長いような自分でも分かりません。


ブログでは触れてなかったですが、初代ポケモンのバーチャルコンソールと、ニンテンドー2DSのセットがポケモンセンターやイオン等で予約開始してました。
海外では一般販売されていた2DS。初期3DSと同じ画面サイズながら本体はより小さく、3D機能や折り畳みが廃止された簡易版みたいな物だとか。
この記事だから言いますが、海外のトリデラのCMで存在は結構前から認知してました。あのCMの正しいけど、正しいけど・・・!感凄いよ。

存在は知っていた事、明らかに約20年前の人気であったスケルトンカラーの採用等もあって、まずは2DSが欲しくなりました。
初代ポケモンのVC自体はどうしようかなー程度だったのに・・・!懐かしいけれど最近RPGが溜まりがちな物で・・・!;;
価格は税込みでようやく1万円を超える程度。バーチャルコンソール1本や、3DSLL以降の本体では別売りのACアダプターも付いての値段なので、本体価格で言うと8千円程度?こう言うとかなり安く感じます。
3DSは持ってない、3D機能は無くてもいいけど3DSソフトで気になる物がある、という方にはオススメの一品になるかもしれませんね。限定品ではありますが。

自分は先日、ポケモンセンターで赤を予約してきました。貴重な緑色の本体も気にはなるのですが、初代ポケモンを買うなら赤を買うしか選択肢は無かった。
ピカチュウ版は既に予約が終了していて、ポケセン限定の青ももうすぐ無くなりそうという具合でした。今はもう無くなってるのかなぁ。
わざわざ青を限定にする所まで再現している凝りようは感心する他ありません。VC青バージョンを買うだけなら問題にする事は無いでしょうしね。
初代ポケモン以上に2DSが欲しいと思い予約したのは良いとして、実際に買ってからはどうしようかなぁ。3DS系ハードが3台目ともなると用途にも悩みます。
使ってみたい気もすれば、そんなに頻繁に使わなくても良いのでは?と思いますし、引っ越し機能で統合するにも2DSから初代VCを無くすのも、マグナゲート等の初期3DSでDLした作品を3D出来なくなるのも、う~んと思いますし・・・


ポケモンや2DS関係無くなりますが、去年の1月11日から今日まで、鬼トレを毎日やってます。遂に1年。ただ起動するだけでなく、ちゃんと鬼トレ自体、1日1つではありますが毎日こなしてみたり。
NEW3DSではこのトリデラ1周年の日に初めてトリデラを起動させたので、その流れで鬼トレも初起動して、それから毎日、とかだったかなぁ。
1年間欠かさず出席しても、特別なメッセージ等はありませんでした。あったらそれはそれで大変だから仕方ないか。
1年間続けて効果が出たかどうかは・・・よく分かってません。なにも変わってないのか、実感は薄いけれど確かにレベルアップしているのか。
多少忙しい日でも1日1度は必ず3DSを起動して何かしている事から、満足感はあったり。
・・・その分、ポケダンだったり、他のゲームだったりは進行悪いんですけどね;;


最後に、今まで書き忘れてしまい今更になってしまいましたが、3つ前の記事について拍手ありがとうございました!
拍手自体は記事を更新した翌日には付いていたのに、触れるのは遅くなってしまいました。ごめんなさい。
それでは、今回はここまでという事で。
区切りなさる
申年コーヒー(擬人化・アナログ絵)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今回は今年最初のお絵描きという事で。手短に擬人化を一枚。

今年はポケットモンスター赤緑が20周年を迎えるわけですが、同時にポケットモンスター ダイヤモンド・パールが10周年の年でもあります。
当時あまり意識してなかったんですが、シリーズ10周年記念タイトルという側面もあったのでしょうかね、ダイヤモンド・パール。
まぁそれはそうとして、DPが10周年なのですなわちヒコザル系列も10周年という事になります。2~3月に発表はされていたような曖昧な記憶。
そんなタイミングで迎えた申年。今年は幾分かヒコザル系列が、そしてここではヒーザが、活躍できたら・・・良いな!


当時と比べるとこの2匹の初期形態を擬人化で描く事も増えたとは思うのですが、
その状況を思うと、個別設定ページに初期形態の設定画を置いてないのが申し訳無くなったり。一方擬人化で描く頻度が少ない中間形態のはあるという。
マグナゲート主パの設定画は今のところ14年に描いた簡易紹介の物を切り抜いて流用しているので、こっちもそうしようかとも思いましたが、
切り抜き加工するにはサイズ感が厳しい。特にコータが。
自分、構図上の事情が無ければポケダン主パを描く時に主人公を左にする、またチコリータを描く時に葉を右側に流そうとするので、
探検隊主パを擬人化で描く時は葉っぱの扱いに悩む事がしばしばです・・・実は今回もヒーザがメインなのにコータの方が時間掛かった気がします。

ヒコザル版ヒーザはゴウカザル版より装飾が少なくなるので描きやすかったりするのですが(うちの主パ全体の中でもかなりの軽装)、
コータについてはチコリータ版よりメガニウム版の方が描きやすく感じる。
擬人化のみならず実は原型でもそうなんですが、自分にとって主パの中でも初期形態より最終形態の方が描きやすい唯一の子かもしれません。
原型だけならチコリも当然そういう事になりますけども。

ところで今回、ヒーザを大きく描く関係でいせきのかけらのデザイン(主に紐の付け方)をちゃんと確認した方が良いかな、と、アニメ版のヒコザルを見てみました。
これまでイメージしていた、描いていた物とは結構違う持ち方をしてました。ちゃんと確認してみるもんだ・・・;;


新しく日記として書くような内容も無いので今回は短く終わらせます。
手短に更新、みたいな機会も増やした方が良いかもしれませんね。ではでは。