えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ヤドンの歩みで
アローラ図鑑 No.002・No.046・No.174(アナログ絵)

ブログとしては1週間ぶり、プレイ日記としては10日以上ぶりの更新になります。
いきなりゆっくりですね!そして実際その2相応の長さしか進んでません!
1週間前の更新まではその更新をしたいという事もありましたが、それ以降も進められるかはその日次第・・・少しずつでも進めていきたいです;;

今回のアナログ絵はその1の絵のメンバー中2匹が1回ずつ進化して、もう1種新メンバーが加わってます。一応事前発表の範囲ではあるのかな?
事情は様々ですが、全体的にサイズ感が難しかったです。
プレイ日記の絵は時間をかけすぎずでも手は抜かず、そこそこのペースで描けるようにありたいです。


~『ポケットモンスター サン』 プレイ日記その2~
現在状況:4番目の試練クリア、試練地の探索後

現在メンバー

No.002 (フクスロー) ♂ Lv.33
しんちょうな 性格。逃げるのが はやい。

No.037 (ヤドン) ♂ Lv.32
がんばりやな 性格。力が 自慢。

No.046 (ペルシアン) ♀ Lv.33
まじめな 性格。すこし お調子者。

No.174 (キュワワー) ♀ Lv.20
おくびょうな 性格。逃げるのが はやい。

ポケモン図鑑 捕まえた / みつけた:( 75 / 102 )
[ヤドンの歩みで]の続きを読む
4シリーズ目の4周年
重要なメンツで丁度4匹

ポケモン不思議のダンジョン~マグナゲートと∞迷宮~4周年おめでとうございます!
プレイ日記の途中であっても普通にこっちの更新します。しかも関係あるようなないような記事も同時に更新しちゃいます。
ちなみにサンはあまり進んでません。ただでさえここ数日がっつり進める余裕が無かったのに、更にこっちの更新をしたくて進んでません(真顔)

今回のアナログ絵はムンナ、ドクロッグ、ブニャット、キュレム。
マグナゲートにおいて中盤~終盤にかけて敵対する一団のメイン所4匹。
昨年に超を遊んでから、つい先日までにかけての1年ちょっと、ムンナさま達の存在が熱かったのでこの度チョイスする事に。
ドクロッグとブニャットはマグナゲートのキャラとしては初描きです。

ドクロッグとブニャットだけ見た時はイジワルズ系のポジションかと思ってました。
それが終盤になって、いわばヨノワールポジションであるムンナが本性を現すのと同時に現れ、グルである事が明らかになり、
その少し前にはまだ敵対関係ではなかったキュレムも関連があるとわかりと、改めて書いてみて凄い繋がり方だなと思います。
探検隊で、当初はイジワルズポジかなと思ってたドクローズが中盤までは確かに鬱陶しかったものの、スカタンクとは直接戦わず、終盤フェードアウトして、ED後は一切登場せず空でも特に何も無いという扱いがどうにも気になったのですが、
その辺りが反省点になったのか、イジワルズ系とヨノワールと2つの悪役キャラのポジションをミックスさせたのが、ドクロッグ達なのかなぁという風に考えてます。
それでいてED前にしっかりケリをつけてきたというね。ED後は出番がない(そもそもED後シナリオ自体が少ない)とはいえ、決着を付けてくれたのは大きいです。
ムンナについては超での描写が明らかに「マグナゲートの後」なのもミソ。

上下関係が厳しい悪役軍団なのかと思いきや、ギャグっぽい描写もこなせるし、
そもそもの上下関係だって、終盤の会話や、超のギガイアスの呼び方から、上下関係というよりもムンナ達なりの強い仲間関係を感じたり(流石にムンナとキュレムの間は上下関係だと思いますが)、
この手のポジションとしては個体数も種数も最大規模な事もあって、
色々とオイシイポジションに感じてます。
とはいえ、時間が経っていくらか脳内で美化されてる部分もあるかもしれないし、いずれまた周回して見てみるべきなのかもしれないなぁという風に思います。
・・・どのポケダンも、周回してみたいのに中々実行できないし、そもそも今は本家最新作もあるわけでまず厳しそうで、せっかく実際に周回できる環境はあるのにその環境に申し訳なく思ったり、します;;

ところで。正直今の自分にとって11月23日=マグナゲートの日な印象で、当日近くまで忘れがちなんですが今日って勤労感謝の日でもあるんですよね。
・・・そんな日に発売されたポケダンの序盤エピソードが、仕事の傷で、顧客からの罵倒で、全うに仕事をするのを諦めてしまった男の話というのも、改めて考えると中々重いなぁって風に思います;;


今回の更新に合わせて、マグナゲート部屋を少し更新してます。
マグナゲート部屋を更新したといいますか、「第六世代用ポケダン系ポケモン性格メモ」という本家シリーズの育成記録にリンク貼ってるポケダン部屋がマグナゲート部屋だけと言いますか。
続きページからは、それに関連して少し書いてます。
本家の話にはなりますが、サンムーンに関するネタバレはありません。そもそもネタバレできる程進んでません。
[4シリーズ目の4周年]の続きを読む
ポケモンセンター ボスバトル大会記録
11月12日、13日に全国各地のポケモンセンターで行われました、ポケットモンスター オメガルビー アルファサファイアを用いてのダブルバトルの大会に、12日、オーサカで参加してきました。
当記事は12日参加時のレポートになります。
・・・10日前、ポケモン的には今や前世代の話を、何故今更更新するのか、誰得感もありますが、今日だからこそ更新しようと思います。
自分はポケモン第六世代においてはほとんど対人戦をしておらず、これが最初で最後の本格的な対人戦になりました。それ故に内容に拙い部分もあると思います。

本文は続きページになります。
発売したばかりの最新作のネタバレはありません。
[ポケモンセンター ボスバトル大会記録]の続きを読む
「アローラ!」
アローラ図鑑 No.001・No,.037・No.045 他(アナログ絵)

アローラ!
・・・というわけで(?)発売されましたね「ポケットモンスター サン」!
今回も、できる限りプレイ日記を残していきたいと考えています。
現時点ではこれといった書き方は考えてません。ちょっと思うようにやってみます。

アナログ絵はナンバー通りのポケモンの他、男の子主人公とロトム図鑑。
つまりは現時点での主人公御一行です。ポケモン全員か主人公と御三家かで描いてきた事はありましたが、現時点での全員を初回で描くのは多分初めてです。
・・・現時点、といっても実は御三家が既に一度進化してるのですが、進化したばかりという状態なので、今回は最初のメンバー紹介以外では触れません。

これまで本家ポケモンのプレイ日記は手に入れたジムバッジの数を区切りの目安にする事が多かったですが、今回は「試練」の数を目安にしようと思います。
試練の数自体は序盤に明かされるので、そこまでネタバレでもないと思いますので、普通に区切りの数として使っていくつもりです。

また、今回は歴代でも事前情報がかなり豊富でしたが、
自分が把握してた範囲、噂に聞いた程度の範囲を問わず、自分のプレイ中にまだ登場していない要素について言及するのは、なるべく避けるつもりです。
例えば御三家は既に公式に最終形態まで発表されてますが、プレイ日記中では実際にその姿を見るまで具体的な言及は避けるつもりです。
ゲーム中に見た要素については、「こういう情報を聞いていた」みたいな話は出していくと思います。公式、フラゲ、先駆者様などは問わず。


~『ポケットモンスター サン』 プレイ日記その1~
現在状況:1番目の試練クリア直後

現在メンバー

No.002 (フクスロー) ♂ Lv.17
しんちょうな 性格。逃げるのが はやい。

No.037 (ヤドン) ♂ Lv.14
がんばりやな 性格。力が 自慢。

No.045 (ニャース) ♀ Lv.15
まじめな 性格。すこし お調子者。

ポケモン図鑑 捕まえた / みつけた:( 19 / 29 )
[「アローラ!」]の続きを読む
前日?いいえ当日です
両端2匹も含めてイケイケ気味なカウレッズED後メンバー

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊 青の救助隊 11周年おめでとうございます!
去年はそこそこがっつりいった分、今年は気持ちゆるーくいってます。
今回のアナログ絵は左からハッサ、チクク、クローマ、ベイリ。自宅救助隊のED後メンバーです。右側は中間形態の主パではないです。
軽く紹介しますと、グミを管理してる係のトゲチック♀、その副係長を勤めるハッサム♂、主人公ファンのヌマクロー♂、パートナーの姉のベイリーフ♀という具合。

救助隊で11って何かあったかなぁと考えていたら、救助隊におけるグミの効果の最大値を思い出したので、こういうネタで。
救助隊のグミの効果はタイプ一致+7、グミのタイプがポケモンのタイプに対して抜群+4、普通+3、いまひとつ+2、効果無し+1で、タイプが2つあるポケモンには両方分の効果を受けるので、みず・じめんタイプのヌマクローに「あおいグミ」を使うとみず一致の+7とじめんに抜群の+4で合計+11が入るのです。
ちなみに探検隊と冒険団ではタイプ一致の効果が+5になり、また2タイプがあっても効果が大きい一方だけが入るようになったので、最大値は種族を問わず+5。

救助隊のグミシステムに慣れると探検隊で困惑すると言いますか、倉庫のシステムも合わせて使い勝手が大きく変わったなぁとは思いますが、
システム自体は探検隊と冒険団の方が、平等さはあって良い気がします。
先述の通りヌマクローは1つのグミで最大+11できますが、ミズゴロウやチコリータ、ベイリーフはタイプが1つなので1つのグミでは最大+7ですし、
タイプが2つでも、タイプ一致がもう1タイプに抜群ではないトゲチックやハッサムは+10が上限です(ちなみにストライクは+11ができます)。
歩調を合わせるのも大変なんですよね。ミズゴロウとチコリータならまだしも、ヌマクローとベイリーフの歩調を合わせるのは難しいですし、
例えば伝説の鳥ポケモンはタイプ一致グミがサンダーは11or9、ファイヤーはどちらも10、フリーザーは11or10で、3匹で完全に共通するものはないです。
でもまぁ、その辺は後の作品で「改良」した部分であって、悪い部分だとは思わないですし、アンバランスだとしてもそれはそれで魅力に感じたりもするのですが。
・・・こんな事を管理してるという設定を組み込んだうちの子がいて、絵のネタにしたくなる程度には、好きなシステムなのです。

ちなみに、かしこさの管理は探検隊以降の方が楽ですが、能力管理のしやすさは救助隊>空>時闇と冒険団かなぁと思ってます。
ダンジョン内でグミをあげると「たまに」能力が上がり「たまに」全能力上がるというのが、強化する分にも歩調を合わせたい分にも厄介。
それとかしこさ自体は・・・探検隊以降のものは種族毎の個性が出て良いのですが、一方で使い勝手の差にも繋がりますし、一長一短かなぁと。
探検隊でカクレオンを勧誘できる主パ候補って実はチコリータ系しかいないんですよね。いや自分探検隊主パにもチコリータいますけれども。

救助隊の事も、少なくとも6年前からは欠かさず祝い続けてきてそろそろ改めて語れる事も少なくなったよなぁなんて思いつつも、
この1年間では、WiiUでバーチャルコンソール配信されるというニュースがありましたね!こればかりは新規ニュースだ。
この機会に初めてプレイされたという方もいらっしゃると思います。シリーズ最新作が出て半年後というタイミングでもありましたし。
互換性は無いらしい新しい据え置きハードの正式名称の発表があったので、今後WiiUはどうなるやらって状態ではありますが、これからも様々な形で救助隊が遊ばれていったら良いなぁと思ったりします。

システムと作品の話もした所で、絵の話ももう少し。
前回更新から間が開いてしまったので、今回がスキャナを新調してから2枚目の新規絵で、初めてのカラー絵です。
前回は救助隊主パの擬人化絵で、今回はこれ。連続で救助隊であり、初の新規カラー絵も救助隊という事にもなりました。何この救助隊率。
・・・いや、その、グミをネタにする事にした時点で、モノクロじゃ駄目だよなぁという所も原因ではあるのですが・・・;;
今回のメンバー。最近は一般隊員を描く事自体が減っていたので、ED後メンバーだと尚のこと少なかった印象です。ブログを始める前だったか始めてからだったか、一時期はメイン級の待遇だった気がするんですけども。
チククに関してはテンの存在も大きい気がする、と思いつつもセイとテンを中間形態で描いて載せた事は無かったりするので、実際どうなんだか。


明日はポケットモンスター完全新作の発売日ですね!
いよいよここまで迫ったんだなぁって感じがありつつも、正直この記事を書いてる時は救助隊の事を考えてますし、その後のマグナゲートの事も考えてる感じで最新作直前という実感が割と薄い気がしますが、
そもそもサンムーンの発売日を知った時点で「あぁ、救助隊11周年の翌日か」という認識になってたので、救助隊11周年の事を考えてるのが、自分にとってのサンムーン前日の意識なのかもしれません。
本日は珍しくもゲーム前にアニメが展開、アニメのサンムーンスタートスペシャルもあるみたいですが、リアルタイムでは見れないので、今日の所はあくまでもポケダン11周年の事を考えて過ごそうと思っています。

最近話題にしていた、ポケモンセンターの占拠計画についても。
配信されたポケモンは全員受け取る事ができました。よかったよかった。
ニドクイン、サザンドラ、マニューラについては既にゲーム内で受け取っていて、バクーダ、サメハダー、カエンジシはまだ受け取ってない状態です。
オメガルビーのふしぎなカードは現在埋まりきった状態ですが・・・流石に、今から新規に増える事はないでしょう。多分。おそらく。
最終的には全員受け取った上で、第七世代に送ろうかなぁと現時点では考えてます。南国に行く敵組織ボスのポケモンのみなさん。

12日と13日に開催されたダブルバトルの大会にも、12日に参加しました。
第六世代の最初で最後の、本格的な対人戦となりました。しかもダブル。
使ったチームは、マニューラ、サザンドラ、ドクロッグ、ムシャーナ、ブニャット、シャンデラという具合で、ボスのポケモンを2匹採用しつつ、
左(奇数番目)だけ見るとギンガ団なんですが、全体的には別の、外伝作品の敵組織みたいな雰囲気漂わせたパーティを使いました。
・・・余裕があれば近日改めて触れようかなと思ってます。6日後くらいに。サンムーン発売してますけれども。プレイ日記を始めてる可能性もありますけれども。
ムシャーナさまは概念的には去年から公式で可能になってるから(真顔)


最後に。この記事の更新に先駆けて、「「超」時点歴代主人公・パートナー設定」なる記事を公開してます。記事やカテゴリ順ならこの少し後に表示されると思います。
ポケ超ダンの時代において、ミズゴとチコリも含めて歴代主パはどうしているのか、という設定記事です。せめてものシリーズ11周年としての何か(?)
プレイ日記やツイッターで発信してた一部内容を記事化した部分もあります。
ちなみに、今回記事のメンバーだとハッサだけは超のCONNECTEDポケモンには投影しない事が確定しています。探検隊キャラとして登場してますからね、仕方ないですね。
「超」時点歴代主人公・パートナー設定
前提として、自分の解釈および自宅設定としては、ポケモン超不思議のダンジョンは歴代4シリーズ全てにとって何年か先の未来という扱いになっています。
当記事はその前提の上で、超の時点、リーマがポケモンになったりユウリと友達になったりカンダクトを組んだり調査団に入ったりしている中で、うちの歴代主パ達はどうしていたのか、という設定記事になります。
人間でいう成人を超えていたり、いなかったり、色々。
リーマ達との関わり方も、色々。
個体としてどう扱っているかを問わず、ゲーム上では名前は反映できないから・・・という理由でニックネーム表記はしてませんが、かといって設定的にそこまで重要な意味があるわけでもないです。
[「超」時点歴代主人公・パートナー設定]の続きを読む
お絵かき文化
うちのこ一番手(擬人化・アナログ絵)

カウレッズ主パのミズゴとチコリ。スキャナ買い替え後初の新規絵として。
2匹で一番手で、11月で、今年の今月が救助隊11周年でもあるので1を並べて。
一番描きなれてる子達で相応のポジションでもある子達なので悩んだ時、こういう節目に何か描きたいと思った時、この子達が描きやすいように感じます。

今回は横から。自分は前向きの絵が多い分、他の角度でも絵柄を保ちつつバランスの良い絵って描けるのかなぁと思う事があります。
普通に描くには一番慣れている分、色々試してみたいと思う子達です。
元々は上半身くらいまでだったのですが、単純に描きたくなったり、気付けば去年描いた最終形態絵と表情とかが同じだった分せめてもう少し違う物にしたいと思ったりで、全身絵になりました。後から描き加えた分画像サイズは縦に大きめ。

新スキャナ、モノクロ絵については新規の物も自分的には問題なさそうです。
今月末からは、アローラ地方のポケモンも描いていきたい所ですね!


ポケモンGO、先月末はハロウィンイベントをやってましたね。
ゴースやカラカラを筆頭に一部ポケモンが大量発生、アメの入手が二倍、相棒がアメを拾ってくる頻度は四倍と、ボーナスたっぷりな期間でした。
最近割とお休み状態だったんですが、ハロウィンを機に復帰してみました。「ゴース系を沢山捕まえれば他のどくタイプも捕まえやすくなる!アメも拾いやすい状態だしナゾノクサの進化を目指して頑張ろう!」というラフレシア好きとしての自分と、「ゲンガーを集めて鍛えて、ポケGO征服を目指すぜ、ケケケッ!」というポケダン好きとしての自分がメンタル二人三脚状態でゴースを捕まえてました(((
ゲンガーを直接捕まえる事はできませんでしたが、進化させるには十分な数が集まりました。プレイヤーのレベルアップにはゴース→ゴーストを沢山した方が良いのかもしれないけど、今後こういう機会が果たしてあるやらって話ですし、ゲンガーを2匹にする予定です。まだ実行してません。
今は既にイベント終了してるのですが、終了後多様なポケモンが出るようになった今日、カビゴンに初遭遇&初捕獲しました。
ポケモンGOでもレアポケモンみたいなので嬉しいですが、このタイミング・・・ポケモンタワー(※流石にシオンタウンの方)クリア後とかそういう・・・?
それだけでも驚いたのに、更にハクリューも捕獲。なんなんだ今日は。
とりあえず未だに達成してないラフレシア入手目指して頑張ります。金銀ポケモンが追加されるまでには達成したい。分岐進化が入ると入手が難しくなるよね多分。

本家の話も。先月から廃人してたのですが、そちらも今日、一区切りがつきました。
新たに孵化育成したかったポケモンの4匹目が完了。ちなみにその最後の一匹がシャンデラで、そうなるとハロウィンに終わらせてみたかったのですが、当日どころかその翌2日分でも終わってなかったんだから仕方なかったんだと思います。
特攻を重点的に育てようときそポイントを稼ぐにあたって、第六世代ならむれバトルが効率良いのですが、今回出来心でずかんナビでリグレー連鎖をやってました。
175連鎖、201連鎖と続けて、ブログを書いてる現時点で、2匹の色違いのリグレーを捕まえました・・・何をそんなにもやってるんだ今日の自分。
去年にイベルタルの色違いが配布された事で、いずれやってみたいとは思ってました。あとは原作時代からルビー限定のあのポケモンも手に入れられば、色違いのダークマター軍団が組めますね!
・・・結局第三バージョンの発売もなかったわけで、通常色が手に入る機会はしばらく無さそうなんですよねイベルタル。色違いは2匹いるのにね。

多くの話に共通してるのは、ポケダン以外でもポケモン関連のモチベーションの根底にポケダンがありがちという事です。
なぜかこうなってました・・・サンムーン発売まで超をもっと遊ぶつもりだったのがこうなってるので、むしろ僅かに離れたくらいでしょうか。色々と不思議なモンです。
流石に本家の最新作ともなると、少なくともクリアするまではあくまでポケットモンスターの最新作として楽しみますが・・・その後はどうなるやら。気が早い話ですけど。
ちなみにポケ超ダンは一般ポケモンとは全てCONNECTEDして、残すは秘宝や伝説・幻のポケモンに挑むのみになってます。
難関ダンジョンしか残ってないので気が重いとか、それまでずっと何かしら依頼とかがあったのが終わったのでどこから手をつけるべきかとかで、活動の仕方に悩んできているのも停滞気味な理由かもです。

(11/4 追記)
最終的に、オメガルビーで捕まえられた☆リグレーは2匹で終わり。
すぐに2匹目が出たからどうせなら3匹目も欲しかったのですが、あまり欲は出す物じゃありませんね。
2匹目が出てからも更に180程度連鎖してましたが、3匹目は出ませんでした。
連鎖が切れたのは、ポケモンの反応が出てから、メニューを開いたりしないで時間が経ちすぎたのが原因です。思い返せば短い連鎖では以前もこういう事があった気もしますが、あまりハッキリ覚えてない仕様だったのでやらかしてしまいました;;
・・・終わってしまったとも、やっと終われたとも、言えるようなそんな感覚でした(((
パソコンに初めて見る画面が出てきたので、それに対応してたらオメガルビーの方は放置してしまってた、という所です。そりゃ購入して1週間しか経ってないんですし、まだまだ初めて見る画面もありますね。そこはこれから慣れていきたい所。
にゅーてすと
11月になりましたね!
月末の内に、パソコンを買い換え、フォトショエレメンツやスキャナ(というか複合機)も新しい物を手に入れました。
いずれも10月が入れ替え時で、パソコンや複合機は前モデルを定価よりお安く買えたのですが、フォトショエレメンツは最新バージョンがリリースされ完全に入れ替わったばかりでの購入。もう少し早く行動していればもしかしたら安めに買えたのかも、とか思わないでもないです。

パソコンもフォトショも新しくなった事でまだ若干慣れきってない感じ。特に本体側はせっかくの新機能も色々試せば良いんだろうけど、どうしても前と同じ感覚で使いたいよう整えがちです。ピチピチのパソコンに対してワタークシが歳です。
スキャナの方はそもそもメーカーから変わったので、前とは大分違う使い勝手になりそうです。数年前に触れた事があるメーカーの物なので全く分からない事もないのは幸いでしょうか。
新しくなった恩恵をありがたい範囲で受けれるよう、これから慣れていきたい所です。
そういうわけでこの記事、まずは新パソコンによる更新テストです。

ちなみに新パソコンから見た当ブログ。気のせいかもしれませんが、今までより文字が細く感じてます。
標準の画面サイズで見るとかなり小さくなってしまうので、拡大がデフォルトにしてる事もあるかもしれません。
それとこのブログ、画面のサイズ設定を小さくした状態で選んだテンプレートのまま10年以上続けているので、画面のサイズ設定が大きければ大きいほど、右側メニューの更に右の余白(余緑?)が大きくなります。今は画面全体の約半分くらいしか使わなくなったりもします。
・・・前向きに考えましょう。小窓で、モニターの半分程度のウィンドウで、閲覧できるブログとしてお楽しみできるかもしれません。


スキャナが変わった事で、これから載せていく絵もこれまでとはいくらか雰囲気が変わっていくかもしれません。
デジタル絵ならまだしも、現在の自分はアナログ絵がメインなので・・・スキャナの仕様や調整がダイレクトに反映されるんですよね;;
ということで、新しいスキャナで取り込んだ自分のアナログ絵はどんな感じになるのか、スキャナのテストも兼ねてカラーとモノクロで、まずは最近の絵で試す事にしました。
最近・・・といっても先月新しく描いた絵は全てモノクロ、2枚は擬人化でもう1枚は捧げ物だったので、9月に描いたポケダン記念日の絵2枚で試してみる事に。
共に、左は新しいスキャナで取り込んだ物、右は前のスキャナで取り込んだ、過去に当ブログに載せた物そのままになります。

○カラー絵

新スキャナカラー絵  前スキャナカラー絵

○モノクロ絵

新スキャナモノクロ絵  前スキャナモノクロ絵

並べる事が目的なので今回はサムネイル。クリック等でフルサイズになります。
そもそもサイズ感から異なってしまうのでは、という心配もありましたが、前と同じサイズにするのはそこまで難しくありませんでした。
カラー絵は結構色味から異なってる気がします。前より滑らかになったような、一方でメリハリ感は弱くなったような、そういう印象。
まじまじと見てると、スキャン元の絵の印象に近いのは新しい方なのかもしれません。そこは10年でスキャン技術が進化した部分なのかも。別メーカーですけど。
モノクロの方はカラー程大きな違いはないですが、違うといえば違う。少し暗くなった?
初期設定そのままではなく、スキャナの設定はいくらか変更していて、無意識の内に調整されていた部分もあるかもしれませんし、仕様的な事は分かりませんが。

そもそも前のスキャナにしても、ずっと使っていく中で調整されてきた部分もあるので、そんな個人のクセがついたスキャンに、いきなり新しいスキャナがそれに似せるのも無理な話かもしれません。
あまりスキャナを変える前後で絵に違和感が出ない方が良いかなと思ったりもしましたが、せっかく新しくなったのだから、新しい環境なりにやってみた方が良いのかも。そもそも違うといえば違うけど変という程でもないと思いますし。多分。
勿論、これから新しいスキャナを使っていく上で、自分のクセが反映されて、スキャナされた絵の雰囲気が若干変わっていく事もあるかもしれません。しないかもしれません。こればかりは本当にこれからの話。


というわけで、当記事はスキャナのテストも兼ねました。
新しいスキャナを使うことに対する気持ちは先述の通りですし、使う事が問題なくできるのは分かったのですから、次は新しく何か描きたいです!

そうそう、前のスキャナも複合機ではあるのですが、何年か前からプリンタとしては使えなくなっていたので専らスキャナとして機能していたという具合なのですが、
買い換えによって久しぶりにプリンタが使えるようになったという事で、これまで印刷できなかった物とかも少し印刷しました。あの絵この絵が手元に!わーい。