えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
歳の数だけ
普段語ってないキャラも含めて封印キャラは皆好きです

ファイアーエムブレム封印の剣15周年おめでとうございます!
10周年をブログで祝った覚えがあるんですが、そこからもう5年か!
主人公のロイの公式年齢、およびそれと同い年だと明言されてるリリーナが15歳になるので、彼らの年齢並の年月がゲーム発売から経ってる事になります。
もうそんなに経つのか・・・歳をくったもんだ・・・
自分にとって初FEだから、これでFEユーザーになってからも15年です。予約したけど訳あって発売日に受け取れなかったので厳密には明日にですが。

アナログ絵の案はいくらか巡らせていたのですが、
まず思いついたのは、1月中旬から行われたシリーズ全体のFE英雄総選挙の結果から、封印の剣名義のキャラ上位15人を、だったんですが、時間的にも技術的にも厳しかったという所で・・・
シンプルにロイだけも考えたんですがロイはFE絵としては描いてる方で目新しさが無いですし、そこにリリーナを加えても彼女も比較的描いてましたし、
最終的に、英雄総選挙の結果から上位5人に収まりました。それでも3~5位はちゃんと描いたのは初めてでしたし、良い機会でした。
そんなわけで、今回のメンバーは左からロット(封印3位)、ロイ(封印1位)、ルトガー(封印5位)、リリーナ(封印2位)、ソフィーヤ(封印4位)です。
ロイとリリーナ以外は口数少なく主張してこないキャラなので、こういう配置にしやすかったのは、何の偶然か描きやすかった所です。

そもそも封印の剣について、今になって「直近の公式の活動」に便乗して絵が描けるっていうのが凄いなぁって思ったりします。3~4年前じゃ考えられなかった。
5年前のFE覚醒ではシリーズキャラを模した魔符が登場したのですが、そこは覚醒のメディアミックスやグッズ等では話題になりませんでしたし。
2年前のサイファ、先月のヒーローズと、近年になってシリーズ全体のキャラを題材にした展開が増えていて、思わぬ供給が続いてる感じです。
今から過去作キャラに新しく掘り下げが入る事で、別の問題がある部分もなくはないのですが、全体としては嬉しい話だなぁと思います。
公式といっても、個人的には公式二次創作くらいの緩い認識で見てます。
名義こそスマブラですが、主人公ロイのamiibo化なんて事までありました。知りうる限りじゃ封印キャラ初の公式フィギュア化のはず。
封印の剣に限って言えば、サイファ参戦は去年からですし、ヒーローズは初期参戦ですし、amiiboは11ヶ月前ですし、全てこの1年以内の話・・・
・・・それでまだ、覇者の剣サイファを控えてるんでしょ、コワイ。

最近のFEヒーローズ。今回はFE記事なので普通に流れていきます。
烈火の暗影ピックアップは最終的にプリシラを仲間にできました。
4キャラもいる無色ピックアップの中で次点に欲しかったキャラなので普通に嬉しい・・・のですが、何故か2人目のプリシラも同時に出ました。
その・・・嬉しい、嬉しかったのですが、同時に2人も出たらなんか逆に勿体なく感じる・・・!そこに他のピックアップ欲しかったよ本命じゃなくても良かったから!!

予告があった大英雄戦のミシェイルは初日にハード、ルナティック共にクリアできました。
ハードは初日どころか、マップの下見をするだけのつもりが攻略をしてみたら初見クリアできてしまったという程。
ナーシェンやルフレ女のノーマルに数日掛けた(その期間に仲間にした☆5にも助けられた)事を思うと、自軍も強くなってきたんだなぁと。
下見だったのでメンバーは、対ミシェイルを特別想定はしてない自軍で元々上位の陣営。といってもミシェイル対抗ピックアップの要素を幾らか持ったメンバーだったので、元々対ミシェイルに有利といえば有利だったのかも。
具体的には、☆5ロイLv.39、☆4リリーナLv.38、☆4カムイ女Lv.36、☆5ミネルバLv.39。ただこの時点ではまさかのロイ要らずでした。ミシェイルは妹に討ってもらいました。
ルナティックの攻略においては、当初は基本戦略を変えずロイを他のメンバーに変えて行こうかと思いましたが、試行錯誤の末、結局元々のメンバーそのままにロイの重要度を高めた戦略が良いという結論になりました。
その間のレベルアップも無かったので、メンバーは上記の通りです。

大英雄戦に向けた戦力増強を図る対抗ピックアップ。今回はエリウッド、ルーナ、ゴードン、ミネルバが対象になっていました。
ルフレ対抗は特にルフレ関係無さそうなメンバーだったんですが、ウルスラ対抗にはニノがいて、今回はミネルバがいて、何かしら関係性を意識されてそうなキャラが入るようになってきたなぁ。
ミネルバはミシェイルのスキル「アイオテの盾」を継承させるオススメとして程度の紹介だったんですが、その割に今回の戦闘でも大活躍でした。普通に強くて逆に書く事が無かったんだろうか。
・・・自分自身、今回ミシェイルのルナティックにも挑戦したのはミネルバへのスキル継承用に2人欲しかったからでしたが。
これまで対抗ピックアップは引いた事がなかったのですが、烈火の暗影でプリシラが手に入った後で、エリウッド狙いで引いてみる事に。ミシェイル対抗と言いつつミシェイル戦が終わった後に。
まぁ、結果としては他のピックアップも含めて手に入りませんでしたが!
ちょっと今回は色々夢見てしまいましたが・・・改めてこれからも、出会えたキャラを使っていく感じでまったりやれたら・・・良いなと思います(´ v `;)


他のアプリ諸々。
ポケモンGOは29日まで、みずポケモンのお祭りをやってるみたいで。
おかげでオムナイトやゼニガメ辺りのアメが狙えたり、マリルリ♀とヌオー♂に連続で出会うみたいな出来事があったりもしました。
ただ、気になったのがコイキング。ジムを見ていると、どうやら金のコイキングが出る事があるみたいで・・・進化したらちゃんと赤いギャラドスになるようで・・・
出会えたら嬉しいし、進化もさせたいですが、更新日現在出会えていません。更新日がラストチャンスかもしれないわけですがどうなるやら。
帽子ピカチュウのような限定キャラかもしれないけれど、本家シリーズでも存在する以上普通に常に低確率で出る可能性もあるにはあるような・・・
色違いを抜きにしてもギャラドスをまだ持ってないので、コイキングと出会う頻度が高いのは嬉しい所。
自分の行動圏の都合もあるかもしれませんが、普段はイーブイよりコイキングの方が珍しいっていうと相当異質な感じがするぞポケモンGO。
FEヒーローズの話(大英雄戦ミシェイルは28日まで)もそうですが、スマホのゲームは期間限定イベントが多いのか、自分のブログ更新ペースだと更新する頃には既に終わった話になってたりする事が、他のゲーム以上に多いように感じます。
かといって、あまり慌ただしい更新をしても・・・という感じですし、難しい。
イベント関係無い所ではトゲピーを最近手に入れる事ができました。
男の子でした!コロナに拘らなければトゲピー自体の性別は問わないよ!ひとまず素直にトゲチックを目指しましょうか。
金銀ベイビィ系は残す所エレキッドのみになりました。エレブーも持ってないし、どちらとしての入手が先になるやら・・・

また、ついにアンドロイドでスーパーマリオランの配信が始まりました。
必要無いので書いた事がなかったですが、自分のスマホはアンドロイドです。
インストールして、こっちも少しずつ楽しんでます。
まだ購入には至ってません。購入してワールド2以降を遊ぶ前に、ワールド1を遊べるだけ遊び倒してから進めようかなと思ってます。
とはいえ、一日に一回だけ遊ぶならキノピオラリーを優先しがちなので、時間がある時じゃないとワールド1を遊び倒すのすら長引きそうですが・・・;;


一時、FEヒーローズで召喚するのをツイッターに載せるペースに負けないように絵も描きたい!と思っていたし今でも思いはするのですが、
最近絵を描くにはあまり長時間の余裕が持てなかったのに対して、ヒーローズは溜まってたオーブを一斉放出して烈火の剣ピックアップに回していたという状態で、早速完全にヒーローズにペース負けしてしまってました・・・;;
逆に今は、次に5連召喚するのがいつになるか、オーブの数的にもピックアップ的にも分からない感じですが・・・どちらも、できる時にやっていけたら良いなと思います。

FEは来月にエコーズ発売ですね!
以前に公式サイトもリニューアルされていて、サイトBGMが選択できるようになっていたのですが、BGM2が封印の剣のトライアルマップでアレンジされた曲で、BGM3はスマブラXでアレンジされforにも収録された曲と、外伝自体に詳しくなくても馴染みのある曲のアレンジが聞けるのが親切なように感じたりしました。
封印の剣のBGMって、外伝や聖戦からアレンジされた物も結構多いんですよねぇ。それらの作品名義でのアレンジBGMが馴染み深く感じる機会もしばしばでした。

封印の剣からFEを始めて、今でも続けていて、
感じる事は色々ありますが、目下の所は、エレブ大陸を心の原点に置きながらも新作や新しい展開も楽しんでいきたいなーと思ってます。
遅ればせ新天地上陸
ムシャーナさま(擬人化・アナログ絵)

マグナゲートと∞迷宮のムンナが進化した想定のムシャーナ擬人化。
超でムンナさま本人を仲間にできる上、クリア後には進化できるから、概念としては公式に存在するようになってるから・・・などとしばしば供述しております(((
サザンドラ擬人化がシャーマン・ドルイド風なので、ムンナさま擬人化はシスター風。なので進化版は司祭風。この辺りの発想は完全にFE的。
デザインはムンナさまを擬人化した時点で大体決まっていたのですが、色を付けるのは今回が初めて。いざ色を付けてみたら思っていたよりも肩当が不気味に感じる。


第六世代末期、去年11月のポケモンセンターのボスバトル大会に育てたムシャーナ・ドクロッグ・ブニャット・シャンデラに、その後を追うように6匹パーティになるように育てたギガイアス・ボーマンダ、またムシャーナと同時に育てていた基本的に観賞用のムンナを、先日サンに転送しました。
そしてこれらメンバーを新作仕様にいくらか道具や特性を変更した上で、バトルツリーのダブルバトルに挑戦して、ノーマルはクリアする事ができました。
ムシャーナ・シャンデラ・ギガイアス・ボーマンダの構成で1戦目から20戦目まで通して成功、またムシャーナ・ブニャット・ドクロッグ・シャンデラの構成で1戦目~19戦目の連勝と、20戦目の勝利とを別々に成功させてます(一度負けて、先のチームで19戦目までやり直し20戦目に改めて挑戦しました)。
普段ダブルバトル用のポケモンを育てる事がないのですが、あの機会に育ててみて、施設攻略にも役立てる事ができて良かった・・・

新作にこのチームを送る考えは前々からあったものの、ちょっと思う事があって転送が遅くなってました。
遅くなったからといってその理由が解決したわけではなく、ただ優先順位が変わっただけだったりはしますが・・・;;
正直、送って戦わせてみて色々な意味で楽しかったので、何故もっと早く送らなかったのかなどと自分で思ったりもしてます。

さて、このパーティを、ポケモングローバルリンクのQRレンタルチームに登録してみる事にしました。
PGLに登録しているサン・ムーンで、このチームをレンタルする事ができます。
自分自身、レンタルチームを使った事がないので仕様がよくわかってない所もありますが、対戦やバトルツリー等で使えるみたいです。
ムシャーナ・ドクロッグ・ブニャット・シャンデラについては前作の対人戦で使った経験アリですが、後の2匹、そしてこのパーティとしての対人戦の経験はないので、どこまで戦えるかはわかりませんし、保証はできません。
URLは下に。リンクは貼ってないのでコピペ等して使って下さい。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-E69B-4A9D

コメントの「ある面をモチーフに~」は「ある面々をモチーフに~」と入れようとした誤字です。後から訂正できないみたいですし、後から気付いたので、ここで書いておきます;;
パーティとしては、高速から中速、鈍足まで色々入れた、スイッチトリパと言われるであろうタイプのパーティです。
自分と相手のメンバーを踏まえて、ムシャーナの『トリックルーム』を使ったり使わなかったりする構成です。
素早さを制御する、という点でムシャーナを司令塔にしたチームな感じがあります。ムシャーナさまがボスなら原作通りですね!

今更のように書きますが、マグナゲートと∞迷宮に登場したムンナさまと仲間達をモチーフにしたパーティになってます。
ムンナさまを進化させられた理由はこの記事の最初や、レンタルページの一言コメントに少し書いた通り。
実用的な理由で言うと、ムンナは進化前ポケモンの防御面を強化する「しんかのきせき」を持たせてもムシャーナより耐久力で劣り、火力でも劣り、素早の差は逆に殆ど無くて活かしづらいとで、ムンナのまま使うのが難しいと判断したためです。
ムシャーナとムンナの素早種族値は5しか違わないのですが、その僅かな間に実はギガイアスがいたりします。
条件が同じなら通常状態でムンナがギガイアスより遅くなる、或いは『トリックルーム』状態でムンナがギガイアスより先に動ける、この事を能動的に活かす事ができれば、ムンナさまをムンナさまとして使う構成にも可能性が見出せるのですが・・・余裕があれば考えてみたいです。
メンバーは一先ずムンナさま本人と、「本編の出番が多かったドクロッグとブニャット」に、「超でムンナとつながりがある3匹」とチョイスしてます。
マグナゲートの時点でムンナ一味に含まれていたけれど、上記どちらにも該当してなかったドリュウズは現時点で育成しておらず。
ギガイアスの追加特性とも相性が良いみたいなので、そこを見越して育ててみても面白そうですが・・・どうするかな。

QRレンタルチームだとニックネームが反映されないらしいので、ここで書いておきますと、それぞれ「ムシナさま」「ログロッグ」「ニャニャット」「ギャーデラ」「ギガゴワス」「グオーマンダ」となってます。
ムシナさまは種族名にも則りつつムンナさまに点が一つ増えた感じ。それ以外は種族名に口癖とか叫び声とかをミックスさせた感じ。

長々書いてきましたがそんな具合で、前作出身ではありますがサンムーンで使える、ポケダンパーティを育成、レンタルコードとチームの紹介としてみました。
対人戦、施設への挑戦を問わず、使ってみたい方はご自由に使って下さい。ポケダン好きの方の使用を特に歓迎しております(´ v ` )


最後にちょこっと(?)FEヒーローズの話。
新キャラ追加のピックアップという事で、烈火の剣のキャラが6人も追加されました。こんなにも早く1作品だけのピックアップが、それも烈火の剣で来るとは・・・!
どのキャラも欲しいですが、個人的には総選挙でも応援したジャファルが追加されてるのが欲しいです。凄く欲しいです。
ニノを早期に手に入れてるだけに余計に欲しいです・・・ジャファルは単体でも好きですし欲しくなったとは思いますが、ニノの存在が凄く影響力ある・・・

大英雄戦の予告も来まして、次の大英雄戦は紋章の謎のミシェイル、またいずれ、現時点でゲーム中に登場すらしてない烈火の剣のロイドが来るそうな。
ミシェイルは妹のミネルバにお世話になってる事ですし、欲しいなぁ。
もっと言えば、最近実装されたスキル継承で「アイオテの盾」をミネルバに持たせられるなら、育成用と継承用で2人欲しい。
ロイドはニノやジャファル、前回の大英雄戦で戦ったウルスラ同様、黒い牙の一員。首領の長男という事で組織内でもトップクラスの立ち位置。
・・・この発表があったので、余計にジャファルが欲しくなりました。なんでこのタイミングで発表されたんですか兄貴ィ!!

あ、ウルスラは無事に仲間にできました。難易度ノーマルがなくハードとルナティックだけという事に驚きましたが、ハードの難易度自体はそれまでのノーマルとハードの間くらいだったのが幸い。
その時のメンバーは☆4ニノLv.28、☆5ミネルバLv.31、☆4パオラLv.27、☆5アクアLv.20。ミネルバとパオラが主戦力でした。マケドニア軍強い。パオラの妹達も欲しいです。

ロイドの前の大英雄戦が、ifに登場する暗夜王国の第一王子マークス(CV.小西克幸さん)なんですが、リストにロイドと並んだ事で一瞬別のロイドが脳裏に浮かんだのはここだけの話。あのロイドとこのロイド、同年代のキャラだったよな・・・


長々書きましたが今回はここまでです。読んで下さりありがとうございました!
ふぉーまいせるふ
てんのめぐみが「天の恵み」なら漢字も一致しますね

3月3日にNintendo Switchが発売されました!遂に来てしまった新ハード!
スイッチは本体・・・といいますか、本体付属のコントローラー「ジョイコン」のカラーが、グレーorカラーの2通りが発売されました。
カラーの方は左が青、右が赤になっています。
逆だったらトゲキッスの配色だったなぁと思いつつ、そもそも後ろから見たら同じ配色なのでは?というかトゲキッスの背中に乗ったポケモンから見たらその配色なのでは?なんて事に気付いてしまい、今回のアナログ絵に至る。

冒険団主パ進化形、ライチュウ♂のセイとトゲキッス♀のテン。
この頃のテンだとセイに頭をいじられる位なら怒る事はしなくても、単純に変な所引っ張られて飛ぶ時にバランス取りにくいとかはありそう。
でも見た目には操縦桿みたいな感じで丁度良さそうで、うっかり持ちたくなりそうでもある。
原作ゲームからしてどうやってポケモンタワーのバランスを取ってるんだって感じではありますが、普段はあそこを握る事はなく、背中に立つか、背中に手も乗せるかした状態で乗ってるイメージ。
スイッチ発売おめでたいという事で、セイにはポケモン21周年記念にポケモンGOで登場した、おいわいピカチュウの帽子を被らせてます。
・・・前は擬人化だったけど、このままだとポケモンGOに特別な帽子のピカチュウが登場する度にセイに同じ帽子を被せかねないな自分?


さてニンテンドースイッチ、発売日に購入はしました。
ただ発売当日とその翌日は忙しくて開封する余裕がなく、5日辺りから、もういっそ開封&初起動は7日で良いんじゃないか?と思い始めて5日と6日も開封せず、
実際に3月7日に初起動となりました。まるで自分への誕生日プレゼント。
正直発売日が決まった時点で自分へのプレゼントかなーみたいな気持ち自体はありましたが!発売日に起動しなかったのは予定外です。

購入した本体(というかジョイコン)は今回の絵の題材にもしたカラー版です。
トゲキッスみたいな配色、という意識は割と前々からあったのでアリかなーと思っていた事もありますし、
グレーのジョイコンは後からLR共に一般購入できるのに対し、LネオンブルーとRネオンレッドは本体付属以外では店頭購入できない(ニンテンドーストア限定で購入可能)という事で、買えるなら先に買っておこうと思った事もあります。
グレー以外だと、LネオンレッドとRネオンブルーのセットが店頭購入可能。これを購入すれば正面から見てトゲキッスカラーに!カラー本体を購入したのと合わせれば赤揃えや青揃えもできます。
ニンテンドーストアなら、好きな色で単体・LRの組み合わせ共に購入可能です。

何かを買うと明確に決めていなかったソフトは、スーパーボンバーマンRを購入する事に。
20世紀の有名ゲームシリーズの一角。ハドソンが産み、版権のやりとりがあり、今回はコナミから発売する事になったタイトル。
懐かしいタイトルが久々に登場、という事で初報から気になってはいました。
自分としては、興味はあったけど買う機会はあまり無かったゲームの一つな感じ。ゲームよりもビーダマンを買っていた記憶が強いです。爆外伝はⅡとⅣが好きです。
ゲームで持ってるのはGB2に、WiiのVCで買ったPCエンジンの94、番外編としてはPSの戦略シミュレーションであるウォーズと持ってます。
今回のRはSFCのスーパーボンバーマン3をベースに再構成した感じみたいです。3は従兄が持ってたので遊んだ事はあるのと、今回若干の変更はありますが凶悪ボンバー五人衆が懐かしい。
難易度が三段階あり、中間の難易度で遊んでるのですが、中々進めません。ゲームオーバーした時にコンティニューせず最初からやり直してるせいもあり中々進みません。素直に難易度を下げるかコンティニューを使うかどちらかはするべきかも。
自分は遊ぶゲームが任天堂に偏りがち、といいますか、他メーカーソフトでも遊びたいと思う物もあるのですが、多数のゲームを遊ぶタイプじゃないので優先度で負けてしまい、結局遊ばない事が多くなりがちだったりします・・・
そういう点で、現状どうしても欲しいロンチソフトが無かった今だからこそ、買ってみようと思ったタイトルかもしれません。
・・・中々進められないとはいえ、他のスイッチソフトを買う事になるより前に、ある程度の事はしておきたいです。ある程度は。
ちなみに、現時点で本体だけで遊べる機能はほぼほぼ無さそうです。

前回記事を更新した時点で、テレビの購入も検討してるという話をしてましたが、テレビの方は今日家に届きました。
それまでスイッチは本体液晶で遊んでました。ドックオン!する事で本当に、起動したまま画面が変わって楽しい。
まだスイッチを外に持ち出した事はないので、外でも家でも楽しめる事、そこで大きい画面を使う事の利便性や感覚はまだ味わってなくて、そこはこれから。
テレビとの兼ね合いを考えると、スイッチはテレビを他の用件で使う場合は携帯モードで・・・と、WiiUゲームパッドに近いコンセプトでも使えそうですね。
自室にあるゲーム機だと、Wiiもまた何らかの機会で試してみたいです。前のテレビよりは明らかに大きい画面で、光の冒険団とか。サンに向けてパールのポケモン整理に牧場とか。牧場デフォルメ作品ばかりだ。
単純にテレビとして、という話だと、今日のアニポケは2年ぶりに自室で見ました。久々だけど、自室でデータ放送も楽しめるのが新しい。
最近はそもそもアニポケをリアルタイムで見れる事が少ないから、場所を問わずデータ放送を使う事が久しぶりでもあります。
1年前に色違いのゼルネアス達のシリアルコードがもらえた時とか、どうしてもって時にはなんとかって感じだったなぁ。


既にチラチラと触れてますが、3月7日が自分の誕生日でした。また歳をとりました。
今年はそれ以前に誕生日に関するツイートをする機会が多めだった事もありますが・・・多くの方からリプライをいただきました。
この場で発信してどの程度届くのやらではありますが、皆様ありがとうございました!

その中で一件、お祝い絵としてうちの子擬人化を描いて下さった方がおられまして、冒険団主パを描いていただきました。
実はこれまでうちの子を借りていただく事があった中でも、コロナを、セイとテンを一緒に描いていただいたのは今回が初めてでした。
可愛くて、暖かさを感じる色合いで・・・見ていて和やかな気持ちになります。嬉しかったです!DMでのやりとりでしたのでその場でも一度伝えさせてはいただいてましたが、この場でも改めまして、ありがとうございました!

・・・今回のアナログ絵のチョイスが(原型で進化版と全く違う形とはいえ)セイとテンだったのはその事に直接の関係は無いのですが、こういう事もあったから余計に描きたくなった、という気持ちはありました。
うちの子を何かしら、見て下さってる、というのを感じられるのは、約10年前から今に至るまで、とても嬉しい物だなーと思います。


今回はスイッチの話を中心に、オマケ程度にスマートフォンのゲームの話をしようと思いましたが、オマケ程度のつもりが長くなりました。
特にFEの話が最低限にするつもりが長引きました;;
そういう所で、今回は続きページに持っていく事にしました。
読みたいという方は続きページにどうぞです。
[ふぉーまいせるふ]の続きを読む
供給過多
軽量級コクッパと速いアーマー

元々ツイッターに載せまして、その時点ではこっちに載せる事を考えてなかったのですが、色々な理由でこれを載せつつ更新する事にしました。
ツイッターの方でFEヒーローズで召喚する度にスクリーンショットを載せる事にしたから、それに負けない頻度で絵を描けたら良いね・・・とか思いつつあります。

スーパーマリオシリーズのウェンディと、
ファイアーエムブレム封印の剣のウェンディ。ダブルウェンディ。
マリオのウェンディがフォークを持ってるのはスマブラの強技由来なのですが、ウェンディ(クッパjr.)本人じゃなくてクッパクラウンのアームで持っていた事に、描き始めてから気付きました。よく使ってるはずなのに何故だ。
FEのウェンディは鎧や髪型など全体的には原作準拠で描いてますが、インナー部分はヒーローズ準拠にしてます。描きやすさと描きたい欲で。
スマブラforにクッパjr.が参戦して以来、ダブルロイは2回ほど一緒に描いたのを載せた事がありましたが、ウェンディは無かったなぁと。
描きたいとは思ってたんですが、中々実行に移せてませんでした。ヒーローズに登場してFEのウェンディの知名度も上がっただろうし今の機会に。
ヒーローズでは3回目の召喚で仲間にできたのでお世話になってます。ロイとリリーナと一緒に選出する事多め。


ファイアーエムブレムヒーローズ、あくまでもマイペースに楽しんでます。
2月下旬まで二度目の大英雄戦としてルフレ女が来ていたので、そこはノーマルをクリアできるように頑張ったりはしてました。
覚醒マイユニットの女性版、スマブラにも参戦してたりしますね。男の方は召喚で登場するみたいですが、こっちは何故か限定キャラ。
クリアメンバーは☆5ロイLv.21、☆5アクアLv.14、☆4カゲロウLv.23、☆4ニノLv.21。ロイとニノはナーシェンの時にも使いましたが今回も。
この大英雄戦に合わせて、公式には対ルフレ女に有効なんだろうピックアップ「ルフレ対抗」というのを実施していました。
自分はそのピックアップ召喚はしなかったのですが、顔ぶれの一人の覚醒チキは持っていたので、有効なのかなと育ててみたのですが・・・
最終的には使わず。それどころか、☆3チキと一緒に育てていた☆4カゲロウ、☆4チキと一緒に出た☆5アクアの方が活躍しているという謎の結果に。
それも☆4チキは何故か☆3チキを育て始めた矢先に出ました。
うーん、なんだったんだろうこのチキ達・・・;;
そして、大英雄戦はクリアしようと頑張る一方、ストーリー本編が未だに終わってません。ようやく終盤です。
本編終盤の難易度が大英雄戦と同程度みたいだから、まずは本編をクリアしてから挑むべきなのでは・・・とか思わなくもないです。

☆5を手に入れたのは今回のアクアで三人目。
ifのキーパーソンで、全ルートで仲間入りする歌姫。
行動済みの仲間を応援する事で、その仲間をもう一度行動できるようになるサポートキャラ・・・が本職のハズなんですが、攻撃関係のステータスがメキメキ伸びて、むしろサポート(物理)の方が得意なのではと感じさせる色々強烈なキャラです。
本作でもその傾向は健在のようで、自ら殴って有効な時はかなり有効です・・・防御面が弱いのも原作譲りですが。
ヒーローズは原作以上に、三すくみによるダメージの影響が大きいので、剣相手には自ら槍で薙ぎ倒し、斧相手には素直にロイ辺りに任せる、という使い方が良さそう。
なお、ルフレマップでは本来のサポート性能の方でお世話になってました。そもそもレベルも低かったですし。
現状の☆5が、初代出身で斧使いの女性ミネルバ、もうすぐ15周年の作品の剣使いの男性ロイ、現状では完全新作の出身になる槍使いの女性アクアと、世代、武器、性別と色々バランスが良いように感じます。
後は魔法とか弓とか、間接攻撃が出来る☆5が欲しいなぁ。もっとも☆3の弓兵ですらアクアと一緒に引いたセツナで初めて、魔法に至っては青系がいないのですが・・・

現在は兄妹を題材に、追加キャラも続々登場していますね。
2月中旬には聖戦の系譜(子世代)と聖魔の光石から、主役級の兄妹を。
先日は聖戦の系譜(親世代)とトラキア776からは原作では敵将らしい兄と仲間入りする方の妹、封印の剣から妹は登場済みの兄、暁の女神から姉が未登場というか姉が誰かという事がネタバレになる妹、とまぁ色々な事情のキャラ達が。
聖戦の系譜やトラキア776は未プレイなのであまり深く言及はできないですが、主役級が追加された2月中旬のはともかく、重要だったり人気ではあるみたいだけど主人公ではない面々が追加されたのは正直驚きました。
封印の剣ファンながらクレインの追加に一目にはクレインと気付かず、真っ先に目に入ったのは暁サナキで、サナキ様!?と色々驚きましたさ・・・

FEのメインシリーズタイトルは、暗黒竜、外伝、紋章、聖戦、トラ7、封印、烈火、聖魔、蒼炎、暁、(新暗黒竜、新紋章、)覚醒、if、(エコーズ)。
デフォルトで参戦していたのは暗黒竜、紋章、封印、烈火、覚醒、if。
マルス世代のキャラ達はマルス含めて殆どが紋章の謎名義でしたが、よく見たらSFC紋章の謎には登場しなかったリフがちゃんと暗黒竜と光の剣名義になってました。
尚、現状では紋章の謎にしか登場してないキャラがいないので、全員が暗黒竜と光の剣名義でも問題無いハズなのですが。
[追記]紋章の謎からのキャラとしてシーマがいました。女性アーマーナイトを描いておきながらなんたる勘違い・・・[ここまで]
1ヵ月の間、兄妹を題材に追加されたキャラクターの出典は聖戦、トラ7、聖魔、暁。
まずはタイトルの枠を広げる方針らしい事がニンドリのインタビューにも載っていたのですが、実際早いもので、まだ誰も参戦してない作品はリメイクを除くともう外伝と蒼炎しか残っていない・・・のですが、
以前話題にしましたが紋章の謎名義で参戦してるキャラの中に外伝にも登場したキャラがいますし、蒼炎についても先日追加されたサナキが、ユニットとして参戦はしないものの蒼炎でも登場していましたので、「登場キャラが全く登場していないタイトル」は既に無い、という事になります。早いなぁ。
まぁ、蒼炎名義については総選挙1位のアイクが控えていますし、外伝はもうすぐエコーズ名義だろうけど追加されるだろうなぁと思います。

現状、後にどうしても欲しいってピックアップが出るまで召喚アイテムのオーブを溜めるか、今のピックアップの召喚に挑戦するか・・・悩んでます・・・
その、弓も青魔法もいるんですよ・・・クレイン兄様と、トラナナの兄妹・・・
ただクレインはクラリーネを持ってないし、トラナナのキャラは原作未プレイだし、共に出たら嬉しいけどどうしてもって程ではない感じが・・・;;
余談ですが、クレインは何故かサイファで一枚も持ってません。妹のクラリーネ、クレインが雇った傭兵ティト、共に結構な数を引いてるのに、何故かいない!!
おかしいな・・・レアの枠ではないみたいなんだぞ・・・


いよいよニンテンドースイッチの発売が目前に控えました。
本体は予約してます。・・・ソフトを何も予約してません。
どちらかというと、欲しいソフトが出た時に入手困難になってたら困るから、みたいな気持ちが強いです・・・欲しいソフトもいつ出るやらですが。
マリオカート8がかなり近いですが、元作品は持ってるしなぁ。でも持ち運べる8は楽しそうだし、クッパクラウンは使いたいぞ・・・
3DSもWiiUも本体だけでもそれなりに遊べる物がありましたが、スイッチはその点はどうなんでしょう?本体だけで何かできるならそれでも良いのですが。
ちなみに、自称任天堂ファンではあるものの、最新ゲーム機本体を予約して、発売日に買おうとしているのは実は初めてだったりします。

スイッチ発売に備えて、自室のテレビも買い換えようかと考えてましたが、未だ実行に移してません。・・・ある時、ちょっと焦ってみましたが、それで良いことも無さそうですので、ちょっと落ち着いて考えてみます。3日に到着しなくてもまぁ良いかなぁなんて。
実は、今使ってるのはアナログ放送しか受信できないテレビで、アナログ放送が終わってからもただWiiを映す機械として使っていた、みたいな具合だったりします。
当然、買い換えたら改めて自室でテレビが見れるようになったりもするのですが、むしろ何故その点そこまで気にしてなかったのやら。


最後にポケモンサンのちょっとした話。
PGLと連携したミッションの報酬にフレンドボールがあったらしいのですが、
GTSで5回以上交換成立させる事が条件だったのを失念していて、入手しそびれてしまいました・・・
HGSS以来の登場、本編では1つのみ手に入るガンテツのボール。フレンドボールは現状ではこれといった使い道がなかったものの、将来見据えて2つあるとありがたいとは思っていただけに・・・うーんちょっと残念;;
・・・アローラでもHGSSでも手に入らないポケモン2系統に使いたいと思っているので、実際持っていても使う機会があるのか分からないのですが。
リメイクなりアローラ続編なりで登場したらそこで使えば良いのですが、そうなったらそもそもそこでも1つは手に入る物なのかなぁ。
もっとも仮にDPがリメイクされたら、DPではサファリ限定、プラチナ準拠ならボールを選べるという、とても微妙な立ち位置のポケモンなんですが・・・;;

現在はバトルツリーに挑戦して、全ユーザーで多くのBPを得られればヘビーボールがもらえるみたいです。
フレンドボールのGTS5回以上に相当する、ユーザー別の条件の方は、3BP手に入れれば良いみたいなので、条件は緩め。忘れずに3BP手に入れつつ、ヘビーボールの条件にも貢献したい所です。
ヘビーボールの使い道も考えてないんですけどね!
逆に現状で使用済みのガンテツボールはスピードボールとラブラブボールです。
スピードボールはXY時代、HGSSで捕獲はできなかったなぁと残念に思った事があるポケモン。ラブラブボールはある第五世代ポケモンに。
簡潔に、人によっては伝わりそうな言い方をするならどちらも「パートナー」です。