えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ウキキウィィー!!
身長差は設定よりもマイルド

星のカービィWiiのマホロアと、
FE新・紋章の謎のカタリナと、
ポケダン探検隊のヨノワールさん。あくまでもポケダンの。
自分の好きな3作品の"そういう"ひとたち。必ずしも全員が伝わるとは思いませんが、2名くらい伝わればあと1名も作中何が起こるかお察しできそうに思うアレです(((
FEヒーローズのカタリナ実装を祝い、また先日オーサカでも開催されたブラボーなオーケストラに感謝して、最後に特に何かあったわけじゃないけどダンジョン要素を入れて完成です。といってもこの中じゃ一番最初に出たのがヨノワールさんですが。
尚、URL名に悩んだ結果そっちを直球にしてます。
記事タイトルにも悩みましたが半ば投げやりです。マホロアってこう、「複数人いて掛け声のある関係者」はいないんですよね・・・

自分が絵を描く際、人型でないキャラは大体は資料を確認しながら公式準拠に描くのですが、人型のキャラは自分の絵柄が強く出てしまいます。
公式に準拠して描こうにも、FEは各種原作ならまだしも、サイファやヒーローズだと多様なイラストレーターさん達が絵を提供しているので、それぞれの絵に準拠すると色々ブレッブレになりそうですが・・・;;
FEとポケモン本家でも方向性の違いはあるでしょうし、それ以外の作品の人型キャラも全くのノータッチではないし、そんな中でも自分が満足できるだけのそういったキャラを描けるようになりたいものです。公式に近くても自分絵であっても。
今回のカタリナは自分で描いてて、普段からこれくらいの大きさで目を描けたら良いなぁみたいに思いました。どうにも目が大きく・・・というか縦長になってしまう。


前回の場繋ぎ更新を除けば、2週間以上ぶりの更新になります;;
場繋ぎ更新で予告していた通り、カービィとFEをメインに書きます。表ページにカービィ他、続きページにFEだけで色々。

先週・・・もう先週になるのですか。先週の日曜日に、星のカービィ25周年記念のオーケストラコンサートの大阪公演がありました。
ロボボプラネットのサントラ封入特典でダメ元で応募してみたら当たった物で、最初に情報公開されていた夜公演です。
まず簡潔に言うならば、まさにブラボー、ブラボー。でした!!
あんまりガッツリ詳しい話はしませんが、これから今後の公演を聞きに行かれる方もいらっしゃるかもしれませんので、しばらく反転で。

――反転ここから――

オーケストラコンサートとしては、シリーズのメインタイトル全てと、一部の外伝作品の楽曲の演奏。夢の泉や3に好きな曲があって嬉しかったり、まさかの曲が入ったりもして・・・結局はどの楽曲も楽しめたのですが!
演奏のバックに映像も流れ、カービィの世界に浸った時間でした。幸せ。
スーデラ楽曲の最初の方、有名なあの場面が流され、会場からは笑いが聞こえ、みんなあの場面好きねぇ!!と思いました。みんなのツボ。
近年のカービィだとラスボス楽曲に、作中楽曲であれ過去作楽曲であれ何かしらのアレンジフレーズが入る事が多いのですが、
そういった切り替わりのタイミングで鳥肌が立ったのを感じました。
・・・演奏されているのも気になるし、バックの映像も気になる。どちらを見ているべきか悩む事もしばしば・・・でした(´ v `;)

間のトークも見所聞き所沢山。
ゲストとして事前に発表されていた、初代カービィディレクターの桜井さん、スマブラ以降カービィの声優を務める大本さんだけでなく、
現行カービィのゼネラルディレクターの熊崎さんや、サウンドチームの方々も新旧5名もの方と、ここまで多くのカービィ関係者を直に見る事ができるとは・・・!
昼と夜ではトークの異なる部分もあったみたいです。昼のも聞いてみたかったなぁとも思いますが、逆に夜だけの収穫もあったと思いますし、それはそれで。
大本さんの生アフレコとも言える演技も凄かった・・・カービィだけでなく、あのキャラやあのキャラの演技もして下さっていた・・・凄い・・・
父の日に開催という事で、桜井さんにじゃれつくカービィに合わせてのパパがすんごい・・・すんごかったです。やばい。なにあれ。

E3より後の公演という事もあり、スイッチの星のカービィのPVもあの会場で流れる機会がありました。
既にパソコンでは何度も見てましたが、カービィ好きが大勢集まるあの場で、スクリーンで見るという事に特別な感じがしますし、
スイッチのロゴで会場が沸き上がったのも、印象に残ってます。
熊崎さんも新作について少しだけ語って下さったのでそこもありがたや。最初の方のトークと合わせてのニワトリではないナゴのインパクト。


――反転ここまで――

オーケストラ自体にあまり関係ない所では、会場の外でツイッターでフォローしている方や、フォローはしてないけれどTLでたまにRTを見かける方とお会いできたりしました。
帰りにはカービィカフェでコラボした、ラ・ポーズさんで軽く食事を取って、帰宅。コラボ終了後もたまに行ってますラ・ポーズさん。
とにかく幸せな時間でした。これを活力に・・・いや、この1週間結構疲れたけれど、この日を思い出す事でも活力にして、これからも生きます。
とりあえずスイッチの星のカービィが発売されるまでは死ねません!!
PVで流れたRe:グリーングリーンズのアレンジが早速好きです。早く実際のゲームと一緒に堪能したいなぁ。


星のカービィがスイッチで登場する事がE3で発表されましたが、
E3の新情報だとその次に気になったのが、9月に発売される「メトロイド サムスリターンズ」でした。
自分にとっては初メトロイドだったⅡのリメイクになるみたいです。そして13年ぶりの完全な2Dメトロイドの新作。
GBならではなおどろおどろしい雰囲気もありましたが、そこはどういう方向に変化しているのでしょうか。その変化が自分好みであるかどうかはともかく、どちらにせよ楽しみな一作です。
また骨格部分はメトロイドⅡがベースですが、公式にも新作として楽しめるよう様々な要素を加えていると語っていましたし、初代メトロイドとゼロミッションも結構な違いがありましたので、新作としても期待しています。
それにしても、とても急な発表で驚きました。9月は他にも気になるゲームがある状態ですが・・・まさか今以上増えたりしないだろうな・・・!?

FE無双についても情報がありましたが、こちらは続きページで書く事に。
あ、FE無双も9月発売です。これとメトロイドとVC金銀です。うん、多い。
買うかは決めてませんがスーパーマリオオデッセイは10月ですし、その後11月にはウルトラサンです。・・・いや、本当どうしよこれ・・・


今回続きページは丸々FEの話。ここ一ヶ月分くらいのFEヒーローズの話が多くを占めますが、その前に無双やサイファの話もしてます。
正直、これこんなに書いて誰が読むんだ?と思う所もありますが・・・まぁ、そこは書きたいから書いてるので、もしそれを読んで楽しい方がいらっしゃったらラッキー程度に書いておきます(´ v `;)
[ウキキウィィー!!]の続きを読む
場繋ぎ
多分滅茶苦茶「異界」に馴染んでるよねこの人達は

FEヒーローズで仮面マルスが手に入った頃に描いた、ヒーローズの仮面さんの様子を見てるとこういう事も起きてそうだなって落書き。
ファイアーエムブレム覚醒の仮面マルスとルキナに、ファイアーエムブレムifのオーディンとルーナとラズワルド。
覚醒と、ifの暗夜or透魔を共に知ってる方には通じそうだけど、説明しようとしたら長くなるようなネタだと思うので、今回は深追いはしません(((

またブログを更新できないまま結構な期間が経ちつつあります;;
元気にはやってます!ツイッターの方でヒーローズ関連で呟きすぎてるくらいです!
そんな具合ですので、ツイッターで公開した落書きを載せつつ場繋ぎ的に更新します。すみません(´ v `;)

FEヒーローズで、今回落書きでも描いた仮面マルス関連のイベントをこなしつつ、先日はカービィ25周年のオーケストラコンサートにも行ってきました。
次回更新で、改めてその辺りを記事にしたいなと思ってます。
週末から週明けくらいの時期にかけて、次回更新をしたいと考えています。現時点の予定として。

前回記事への拍手、ありがとうございました!
前回更新の翌日頃には拍手して下さったみたいですのに、反応するのが遅くなってしまい、申し訳ないです;;

今回はこれだけです。
文章より絵の縦幅の方が長い・・・なにこれ自分のブログとして怖い・・・(((
偏ってでも実行せよ[ 続き擬人化 ]
調査団ハリマロン・リオル(擬人化・アナログ絵)

先週、ツイッターでうっすらユウリと関係する所で嬉しい事がありましたので、その時のテンションで描いて、ユウリに体現してもらいました。
即席気味と言いますか、とにかくすぐに描きたかった感じ。
尻尾振らせてます。思いっきり振らせてます。擬人化ユウリどころかリオル自体そこまで尻尾を使うイメージはないですが振らせました。
リーマとユウリに共通した設定として、尻尾のパーツは上着の一部で、基本的には腰に巻いてます。
ほどいたらそこそこの長さになりますし、尻尾として動かしたりもできます。服であって体の一部ではないのですが、動きます。
前回記事を更新した辺りから、超主パに対するモチベーションが上がっていた所での事だったので、本当に嬉しかったです。
翌日になるとしばらく完全に別の話題が中心になっていたのが今となっては申し訳ないですが・・・ここで書いて届くかも分かりませんが、ありがとうございました。


超主パのモチベーションが上がった結果の本家部門とでも言いますか、Xでリーマとユウリとしてのハリマロンとリオルを孵化して、サンに送りました。
Xでの孵化にしたのは、ハリマロンはカロス御三家だし、リオルもホウエンかカロスかというとカロスの方が目立ったので・・・という所。
他のポケモンとの兼ね合いからやっぱりホウエンの方が良かったかも、と思う機会もあるかもしれませんが、まぁその時は仕方ないです。
どういう風に孵化したかったかは、以前コータとヒーザを本家で育てた時の記事で、続きページで触れたので今回は最小限に。
共にネットボール遺伝。性別はユウリは勿論、リーマも過去本家で育てたオブは♂にしたという理由で2匹とも♀。特性は超における初期特性で狙ってます。
今回も個性狙い。育てた性格はリーマは「まじめ、考え事が多い」で、ユウリは「やんちゃ、すこしお調子者」です。
それぞれ、最大個体値が特攻28-5n、素早28-5nの場合に出る個性。
最大個体値が28はこれまで主パとしてのポケモンを本家で育てた物では最低値ですし、特にリーマは使う気がしない特攻の為の最大値です。
それでもリーマとユウリはこんなイメージになりましたし、本家で育てるなら多少苦行でもこうしたいと思ってました。
一時期と比べると対戦自体は殆どしなくなったのと、第七世代でいざとなったら個体値底上げはできるようになったのが、心境面では大きいです。
・・・このリーマとユウリはハリマロンとリオルのままLv.100を目指すので、そもそも対戦の場として使う事はないでしょうし、王冠を使う事もないでしょうけどね。

サンに送って少しだけ戦闘シーンを見たりとかしましたが、ネットボールのエフェクトからは第六世代以上のつながりオーブ感を感じる。
第六世代の時点で、ポケ超ダンにイメージボールを付けるならネットかな・・・とは考えていたものの、今作そういう方向ではパワーアップしているのでなんか凄いです。
GBA当時は完全に網!!なエフェクトにはどうかと思っていたのに、ゲーム内の変化としても、自分の心境変化としても、まさかこうなるとはって気持ち。
あと前回記事でも触れた事ですが、やはり新しい『ウッドハンマー』のモーションは良い。振り回しながら掲げ、振り下ろす感じが素晴らしいです。


6日の23時に、短いポケモンダイレクトがありました。この話題も少し。
スイッチにはポッ拳DXが出るとの事で。WiiU作品の追加版はマリオカート8という例もありましたし、アーケードゲームでもあるので更新はリリース後も続いていたのですから、スイッチ向けに追加版が出るというのは凄い自然な印象。
サンムーンからはジュナイパーが使えるみたいですね。鳥類っぽさと弓を活かしたアクションが気になる感じではあります。
WiiU版もアーケードも触ってないので、あまり掘り下げた話はできませんが;;

3DSには、ポケットモンスターとしての新作ウルトラサンとウルトラムーンが発表。
BW2の例から、サンとムーンのそれぞれの続編かなーという印象を持っているのですが、果たしてどうなるやら。サンとムーンそれぞれをマイナーチェンジって可能性もありますし。
ウルトラというのは、やはりUBに絡めてのタイトルなんでしょうか。
・・・サン、クリアしたりバトル施設に挑んだり、本家なのにポケダン充も始めてるのは良いんですが、クリア後のUB編を全然触れてない・・・です・・・;;
発売日の第一印象は救助隊12周年の日でした。よく考えたらサンムーンからはギリギリ1年経ってないタイミングでの発売になるんですね。そう考えると相当早い。

また、バーチャルコンソールの金銀が発表されました。実は唯一マトモに予想してマトモに当たってしまった部類。
金銀自体好きですし、改めて遊ぶとなるとそれは純粋に楽しみではあるんですけれど、
それとは別に、今回こそは何かしら色違いのセレビィの入手機会とかないかな・・・とも考えてしまいます。HGSS発表時にも言ってました(((
シリーズ通して唯一、セレビィとの野生イベントが用意されたのはクリスタルであって、金銀のVC化だと内部的にでもあるのかは分からないですが、
そういう具合で金銀VCだけど野生セレビィのイベントがあるとか、後にクリスタルもVC化&モバイルイベントも実装とか、或いは初代VCのミュウ同様にVCと現行作品両方にセレビィがもらえるけれどどちらかが色違いとか・・・
・・・夢は、見てみたくなっちゃいます。もう10年になるんだもの。
というか探検隊10周年+9日くらい記念で普通に色違いセレビィ欲しいです(((


前回記事の絵は描いてから時間が経っていた物とはいえ、2記事連続で擬人化でリーマとユウリになりました。
その上、今回の絵よりも前に描いた絵も4枚あったんですがそっちも1枚除いて擬人化でリーマとユウリでした。その1枚もほぼリーマとユウリでした。
なんというか、本当になんでしょうこのリーマとユウリ率・・・;;
今回の続きページはその4枚の絵を載せる事にします。
擬人化絵を直接載せていますので、擬人化が苦手な方は続きページに進まないか、記事を直接開くor携帯機器で閲覧している場合はここで戻る事を推奨です。
また、超不思議のダンジョン中~終盤の要素を含んでますので、未プレイの方はネタバレにもご注意下さい。念のため。

クッションも兼ねて、別件を一つ。
6月になる前後頃から、FEヒーローズでも一喜一憂してたりしました。
でも、今回この話をすると長くなるのは予想するまでもないので・・・
FEの話はそもそもしないで終わるか、別の記事を更新する機会があればその時に、という事にしようと思います。
[偏ってでも実行せよ[ 続き擬人化 ]]の続きを読む