えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
忘れた頃にやってくる~『ポケモン不思議のダンジョン闇の探検隊』プレイ日記その2~
プレイ日記に入るその前に。

スマブラXにアイスクライマー続投おめでとう!

かなり不安でしたが良かった・・・!FCなつかしソフト枠は完全にピットにとられたモノだと思ってましたから・・・!!
後、もしポケモンがDS時代に入る前にスマブラが出てたらプラスル&マイナンにアイスクライマーとピチューが一網打尽にされるのではと思っていた時期がありました(をぃ)

・・・ところでキャプテンファルコンまだー?

――――――――――――――以下ポケダン――――――――――――――

chapter14の第一ダンジョンをクリアした所まで進んでます。
chapter7

単純に考えれば救助隊の逃避行に相当するイベントっぽいですけど、心境的な面が大分違いますコレ。
というワケで後ろめたさも何もなく、敢えて言うなら放置された仲間のレベルが心配なギルド遠征。
遠回りダンジョンは必ず1回ずつ入ってます(笑)意味が無いなんてわかっていても1度は入るのさ~・・・だってこれっきりになりますし・・・
このイベントではビッパが同行しますが、ビッパが意外と強くてビックリです。もっと駄目な子だと思ってました(死)

ところでツノ山、何故にかつての清らかな森の悪魔が3種類もいるんですか・・・(汗)
モルフォンは厄介な技が初期技であるが故にその危険さは健在。いや、それどころか技1回ではなく誰かに1発当たるたびに追加効果判定が起こるという強化(前作からそうでしたらスイマセン;;)っぷり。
後に改めてここに潜った時に追加効果が1発1発発動して一気に4倍速になった事があったのですが・・・

ここから「はこ」が初登場。探検隊のロマン!・・・とか言ってみます。


chapter8

実は自分、遠征イベントのchapter配分はやや曖昧。
濃霧の森は単純に霧がうっとうしい印象。ここに限らず悪天候ダンジョンは全てそうですが、『こうごうせい』が使いづらくなるんですよね・・・
ただ、逆に『こうごうせい』があるから「オレンのみ」の使用頻度が減って倉庫がピンチになったりするので、惜しげなく使うべきなのかもしれませんが。

特別なイベントがあったワケでもないので特筆事項は少なめ。


chapter9


主人公チコリータだからほのお系ダンジョン辛いよ・・・と言いながら登っていきましたが・・・
ボスの方はほのお技強化特性を持つじめんポケモンだからかアッサリクリア。
それ以上に、ボスに「たま」は使えないのですが「タネ」は効くので、「まどわしのタネ」をぶつけてから攻撃されない所から『はっぱカッター』『かえんぐるま』で簡単にクリア。・・・でもボスがわけもわからず移動する様子は中々ダサかったりします(笑)

イベントの方の感想を。ユクシー敬語はイメージ通り。・・・前作の頭堅い伝説の皆様と比べるとかなり穏やかですよね・・・(笑)
グラードンが前作と違ってマトモかと思ったら本人じゃなかったりしますし・・・流石ユクシー・・・(色々な意味で)
ドクローズとは直接対決するかと思ったらプクリン親方によりフルボッコ。・・・どんだけの実力なんだろ親方・・・

ところで、この間やっとアニメ版見たのですが、親方が子供っぽい印象があったせいかあの好青年っぽい声が最初イマイチしっくり来ませんでした。
・・・しかしアレはアレで良いんだろうな。それで子供っぽい声だと本当にそういう印象しか残りませんし。


chapter10

ヨノワール初登場とドクローズの逆襲第一弾(その後があるかは不明)。
落し物の件がここでやっと解決ですね!そうか。強化アイテムだったのか。丁度はこの中身とかでその手のモノに触れるようになった頃だという事は狙ったのでしょうかね・・・

エレキ平原でメリープ♂を仲間に。命名リム。
4匹で探検中は仲間にしてすぐにギルド行きとなるのですね。・・・という事は探検中仲間にし放題か・・・怖いな逆に。
モンスターハウス初登場。当然ながら前半には無かったので忘れかけていましたが・・・怖すぎるぜここのモンスターハウス・・・!キリンリキが降って来て『こうそくいどう』連発って何事ですか・・・!!
今作のモンスターハウスはグミが多い。・・・って所で纏めて良いのでしょうかね。グミ拾ってもメガヤンマの『むしくい』にやられるのが悲しい所ですがorz
ここか、その少し前の時点で罠も登場しているのですよね。今回の罠はED前の時点なのか。くっつき・ベトベタ・わざへりといった、かなり鬱陶しい部類のがまだ出てないので楽ですが・・・
ところでずっこけスイッチでしたっけ?こけて装備を落としてしまう新トラップ。あれかなりお茶目な印象受けるんですが。

ボスはレントラー。伝説のポケモンかと思いましたが透視能力云々の話で気づきました。
敵多いよ!ボス面こんなので勝てるのか!!とか思いましたが当のレントラーは『みだれひっかき』でアッサリKO。他の皆様もツユの『みずのはどう』とかどっちょの『どろばくだん』で意外と簡単にクリア。・・・モンスターハウスの方が怖かったのですが・・・

ヒーザがヨノワールにコータの事を話すときに「覚えていたのは名前と、元々人間だった事だけ」って言ってたので今回の主人公名は本名でOKなのでしょか。・・・救助隊隊長の設定が本名忘却だったので主人公ミズゴロウでなくて良かったのかもしれません(笑)

そしてドクローズとはまたまた直接戦闘ならず。いつ戦うんだ。


chapter11

以前からスクリーンショットで見てはいましたが、プクリンの「みんな!ジュプトルをつかまえるよ!!」に惚れました。・・・親方様ーーーっ!
駄目だ。chapter9の時点でわかってはいましたがこの方は本物だぁ・・・!!

ここから3ダンジョン連続で『ころがる』が驚異。どれだけ『ふっかつのタネ』を消すんだ君達は・・・!!
サンドが『すながくれ』で攻撃を回避しながら『ころがる』で致命傷まで持ち込むとかもう駄目だろ・・・orz

流砂の洞窟のモンスターハウスがこれまた危険。というか今作のモンスターハウスが安全に突破できませんorz
前作はそこまで苦労しなかったと思うんだけどな・・・この段階でバンギラスが降って来るとかもう駄目だろ・・・orz
chapter8で触れたとおり、『こうごうせい』に頼っていると悪天候に泣かされます。天候の関係上、自然回復もできないしな・・・

ボスはエムリット。レントラーの次だからフライゴンとか来るかと思ってましたが・・・よく考えれば湖だからアイツらかぁ。
『ふういん』が厄介すぎます。単純に性別無視の強化『メロメロ』ですが、まさかボスが使ってくるなんて・・・
しかしやっぱりモンスターハウスの方が怖かった現実。

エムリット女の子なのですね。明らかに性別が分かりやすいキャラ付けされた性別不明は初めてかなぁ。というかユクシーはどっちだろ。


chapter12

ユクシー、エムリットときたらやっぱりアグノムだぁ!という今回の話。
今回のダンジョンで、初の途中脱出をしました・・・ゴローン、『ころがる』だけでなく『マグニチュード』まで撃たないでください。
今回は名前がすぐに思いつかない場合は仲間になりたいと言われても断っていたりしますが、このダンジョンはそれが結構多かったような気が・・・
流砂の洞窟で仲間にしたスコルピ♂のコーピンが良好な活躍。敵にまわすと苦戦の原因になった『つぼをつく』が中々美味しいです。『どくばり』と連結してるので攻撃後にしか使えないのが難ですが。スタメン候補初のぶっきらぼうキャラってのもヨシ。

意思の強い僕キャラアグノムが好きになりそうです(笑)いや、元々あの3匹は好きなんですけどね・・・?
ジュプトルはまたも「まどわしのタネ」をぶつけてから『かえんぐるま』や『みずのはどう』(そのまま混乱)に『どくばり』→『つぼをつく』でフルボッコ。その後イベントでは何事も無かったように苦戦しているコーヒーのメンツがシュールです。

ここまで来るとヒーザの臆病な面がすっかりなくなったなぁと思ったり。・・・コータがセリフとして触れている通り、遠征の頃には既にそういうフシがありましたけど。


chapter13

ここのあたりが曖昧なのですが、chapter13は新規ダンジョンが無い所で合ってましたよね・・・?間違ってアグノムとかがネタバレになってたらスイマセンorz

というワケでイベント云々語り。
ジュプトルにときのはぐるまを盗まれる直前に「やはり信用すべきではなかった」と言っていたユクシーが、普通に接してくれているのが嬉しかったです。ユクシーに完全に見損なわれてたらどうしようかと思ったヨ・・・
そういえばヨノワール訪問時もコイル訪問時も思ったのですが、足跡が無いポケモンや浮遊しているポケモンはどうやって判断しているんでしょうディグダは。見た事無い前に足跡無かったはずだぞヨノワール。
・・・このchapterでトレジャータウンに集まった時、オオスバメがいてケムッソがいなかったからまさかマジでタベラレタなんて事は・・・と思いましたが後で普通にいたので安心した自分がいます。

ところで200になったから大丈夫と思っていた倉庫がまたまたピンチ。救助隊の無制限が恋しいぜ・・・orz


chapter14前半

chapter13の最後でジュプトルが何かを必死で訴える所でまさかと思いましたがまさかのヨノワール敵対。そしてジュプトルかっこいい。やっぱりキモリ族は良いですな・・・v
まさか黒幕はディアルガ?既に映画でも一部の意見として散々汚名を被ってるディアルガが更に悪役になっていたら相当マズイような・・・;;
一々こっちを見て目や歯を輝かせるヤミラミが不気味可愛い。しかし無差別で『みだれひっかき』って・・・知性あるんだろうか。いや、あるとは思うんだけど。

最初のダンジョンの地形は空中なのですね。救助隊にはこんな感じのダンジョンは無かったから中々新鮮。敢えて言うなら北風の大地後半がやや似ているか?という位で。もっともそのおかげでとっぷうスイッチでパートナー飛ばされましたが・・・(汗)
フワンテ・フワライドの『ゆうばく』は中々厄介。・・・という事はスカタンクと戦うときも同じ事に気をつけなければいけないワケで。
ただ、実際に出会ったフワンテ・フワライドの大半がメタモンでしたが(笑)

chapter14に入ってから何度かパートナーが口に出してる「何を信用したら良いかわからなくなってきた」発言。・・・探検隊における逃避行相当のイベントは遠征かと思ってましたが、こっちの方がむしろそれっぽいですよね・・・
ただ、前作と違い苦悩しているのが主人公ではなくパートナーだったりしますけど。
とりあえずヒーザ君、コータを信じて頑張ってくれ!・・・と言ってあげたい・・・


現在メンバー

救助隊の時と違う名前をつけようとすると中々大変です。
・・・という感じですが、いつのまにか同じ名前のポケモンがいたりして・・・

仲間にしたポケモンは他にもいますが、ダンジョンに連れて行った事のあるポケモンだけ。

チコリータ♂Lv.34:コータ
ヒコザル♂Lv.34:ヒーザ
アメタマ♀Lv.31:ツユ
ドジョッチ♂Lv.22:どっちょ
メリープ♂Lv.26:リム
スコルピ♂Lv.28:コーピン

・・・ちなみにどっちょ・コーピンが今一番進化させない可能性高いかもと思ってます。ドラピオン♂じゃチームMADと被りそうだしなぁ・・・

メンバーが二人増えてもまだコーヒーの紅一点の立場をキープできているツユちゃん。
・・・でもプクリンギルド単位で見ればキマワリとチリーンが・・・(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する