えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ラッシャイ!
あるポケモンを育てようと思って個性や個体値の面から特定個体値の遺伝を目的に親用ポケモンのタマゴ孵化をしていたら、親用にも関わらず性格遺伝抜きでの性格一致&高個体値(かつ目的の個体値は遺伝している)ポケモンが今日だけで2匹発生してます。あうれいです。

特に片方は、育てや爺さんの前で性別だけ固定した状態からの粘り始め1匹目。実質粘ってません(笑)
一方はタマゴグループを経由する為のポケモンで育てるポケモンとは別種なので別途育てられますが、もう一方は当の育てたい種。・・・その種、想定外に複数育てる事になるのだろうか。それも悪くないですがw
リオル・キモリ等、気がついたら1匹じゃ物足りなくなっていた種もいますが。

そして昨日もまた気ままにポケモンをしていたのですが、夜の草むらで金色に光る小石を見つけました。

ヘイラッシャイ!!

正直、夜に出会うと目茶苦茶目立ちます。

『じばく』が怖いのでクイックボールで捕獲。パール3匹目の色違い。
一昨日果てしなくミズゴに音痴らせましたが、その災難は昨日の幸福の前触れか何かだったのでしょーかとやっぱり笑いながら前向きに考えている自分がいます。アハハ(´∀`)
ちなみに妹が金銀時代に捕まえていたので、ゴローンの色違いは見た事あります。

11ヵ月ぶりの色違い。狙ってはいませんが出たので捕まえました。
・・・流石に、初のマトモに捕獲できたギャラドス以外の色違いであるソルロック、最愛種であるナゾノクサほどには捕まえた後の感動は無かったですが、出会った時は色々と興奮しましたよ。

その時鍛えていたポケモンをレベル技の為に進化キャンセルさせていて、習得レベル直前で野生ポケモンで経験値調整しようかという時に出ました。ナゾノクサの時とかなり近いシチュエーションですな。(´∀`)
・・・いっそ今後は最後のレベル調整を常に草むらで行おうかww

ちなみに相方も昨日無事に復活を果たしました。
もっとも、何故か右用のブレーキだけ余りパーツが見つかったようで、それを左につけた事でちょっぴり変わったデザインになりましたが、違和感は殆ど無いのです。
ブレーキそのものや使い心地、握った感覚はそのままなので、何の問題もありませんヨ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する