えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
バナナ持ったディディーカービィがディクシーに見えた
スマブラ拳のイベント戦更新の時にいた緑ポケモントレーナーが果てしなくユウキ色なんですが、それなのに何故一緒にいるピカチュウはゴーグルなんだろう。

更新停滞気味でスイマセン;;
今月の平日は更新止まり易いな!困ったもんだ!!orz

プレシャス軍団のダークライとミュウの技を変えてみた。
それぞれ、「レベルが93に達してなかった」「←の為に特別な技が両方残ってたダークライがいたから、実用性皆無だけど特別な技を何となく残していた」というモンですが・・・;;

映画ミュウっぽい技として覚えていたらしい『テレポート』ですが、『はどうだん』『へんしん』だけで映画ミュウっぽさはとりあえず保てると思ってます(´∀`;)
ちなみに、一回ランダム対戦で負けを覚悟した時に『テレポート』を使いました。後悔はしてません(ぇ)

以前にも予告しましたが、ダークライの残した特別な技は『ときのほうこう』ですよ~

ここでダークライの『ときのほうこう』について(バトル面で)考察・・・してたらやけに長くなったので、続きページ行きにします。
まだダークライを手つかず状態なそこのアナタ!(過疎ブログで何を言うか)もし『ときのほうこう』に魅力が無いと思ってるなら一度は読んで考えてみてくださいナ!!(謎)

そうそう、先日、探検隊の隠しダンジョンが解禁されましたね!
現在プレイ中ですので、全ダンジョンの攻略を終えたら例によって日記に書く予定です。
・・・あ、隠しダンジョンに挑む少し前の話ですが、主パのレベルが100になりました。隠しダンジョン終わったらゼロのしま北部に行ってみようか。
『あくうせつだん』と比べて、どうしても使いにくい技としての認知度が高そうな『ときのほうこう』ですが、おそらくディアルガの技として考えるのが悪かったのでしょう。

ディアルガの場合、元々がドラゴンタイプなのでドラゴン技には恵まれており、「主力技として使う」なら『りゅうのはどう』が。「デメリットを背負うけど大ダメージの大技が欲しい」なら『りゅうせいぐん』が存在する為に、『ときのほうこう』の使い道が無かったんじゃないかと。
しかも『りゅうせいぐん』には、交代する・「しろいハーブ」を持たせる等、デメリットを補う方法が多数存在するというのも現実ですね。

ダークライの技として考えると、あくタイプのポケモンですから『あくうせつだん』は主力技にはなりませんし、『オーバーヒート』系の技は習得しません。

ただし、肝心の主力技である『あくのはどう』は素の威力が80しかなく、タイプ一致で120。
それに対して『ときのほうこう』の威力は150と、死に際に撃つならこちらの方が強力だという事が分かります。

・・・そして、ここでドラゴン技の性質というのを考えてみましょう。

ドラゴン技は、ドラゴンに弱点が付けて、はがねにこうかがいまひとつ。
ここでノーマル技と比較しますが、ノーマル技は弱点は付けず、いわ・はがねに半減、ゴーストに無効のタイプです。

ノーマル技とドラゴン技だと、同じ威力ならドラゴンが完全な上位変換という事ですね。
勿論、ノーマルタイプが使う分にはノーマルタイプの方が強力です。
尚、防御属性は全然違うので、ノーマルポケモンとドラゴンポケモンは総合的にはどちらが強いか。という事は言えません。

・・・何が言いたいかって?じゃあ簡単に書きますよ。

× 『ときのほうこう』=大抵の場合劣化『りゅうせいぐん』

○ 『ときのほうこう』=完全なる強化『はかいこうせん』


・・・ホラ!これなら強そうでしょ!?『ときのほうこう』強そうでしょ!?(何)

フーディンやサンダースの死に際『はかいこうせん』にも実用性があるDPのバトル業界。
ダークライの『はかいこうせん』に価値が無いハズが無い!まして上位変換である『ときのほうこう』に価値が無いと何故言えようか!!

用法は先程言った通り、『死に際に一撃』です。

流石に『あくのはどう』ニ発>『ときのほうこう』一発ですので、普段は『あくのはどう』を。
相手の次の攻撃を耐える自信が無い時、相手の絶妙な耐久力によって『あくのはどう』じゃ倒せないけど『ときのほうこう』なら倒せる気がした時、相手がドラゴンタイプの時なんかに思いっきり撃って下さい。
ちなみに、『あくのはどう』ニ発<弱点突き『ときのほうこう』一発。キングドラやパルキアは弱点がドラゴンだけなので「ハバンのみ」を持ってる可能性を考慮。
むしろ、こおり4倍が目立つから「ヤチェのみ」を持ってる可能性が高いカイリュー達に撃つ方が無難か。
ちなみに耐久系無振りのガブリアス場合、『あくうせつだん』やヤチェ補正付きの『れいとうビーム』は耐えるけど『ときのほうこう』は確定一発だったりして。

パルキアの場合、そもそもダークライがパルキアの反撃に耐えれる事は殆ど無いだろうから、半減実の有無問わずとりあえず『ときのほうこう』の方が確実かもね。

何だかんだ言って、プレシャスパーティ初期型(デオキシス・ジラーチ・ダークライ・ミュウ・マナフィ・ルカリオ)を使っていた頃から『ときのほうこう』の最後の一撃性は感じてたんですがね。
当初は『ときのほうこう』が『あくのはどう』を覚えるまでの繋ぎだったつもりが、『あくうせつだん』が消えちゃいました。

ちなみに昨日、技を変えた事もあって、久々にプレシャスパーティ初期型を使ったのですが、実際にガブリアスを『ときのほうこう』一撃で倒す等の活躍も見せてくれました。

・・・でもね。「プレシャス」というネタ性による幻固め(約1匹除く)をする理由が無い今、あの6匹で戦うとただの禁止伝説軍団でしか無いんだよ。
今後この幻のポケモン達(約1匹除く)を使う時は、どれか1~2匹だけにしておこう。一般ポケで戦える環境にして悪い事は無い。
オクタン・エレキブル・ブーバーン・ミロカロスと、プレシャスパーティ初期型を組んだ時点では想定してなかった怒涛のプレシャス連続配布のおかげで、幻無しプレシャスパーティが組めるワケですけどね。

・・・来年はシェ○ミは確実に、そして多分ギラティナorレジギガスが配布されるのか・・・おそらくプレシャスボールで。
手に入ったら・・・まぁプレシャスパーティの伝説枠には使うのかなぁ。レジギガスは禁止伝説じゃないのでそこまで問題じゃないだろうにしても。

Q.ところで、実用性はともかく、ダークライが吼える件についてはどうなんだよ?
A.え?あ、ハイハイ。何度も突っ込んでる内に愛着沸いちゃったよ。アハ☆(´∀`)

(終)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する