えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
週一更新になりそうです。
週一更新と書こうとしたら最初『シュウⅠ更新』と変換されました。・・・シュウにⅠもⅡもあるんですか?あ。そういえばポケモンにおけるシュウそのⅠとシュウそのⅡは存在するか。

1週間更新無しでしたが、以後は主に木曜日か土日に更新になるかもです。
あくまで「かも」なので、他の日に更新していたり、週2、3回更新してる事もありそうです。
今回はアニメ感想。で、アニメ本編後半は殆どハルカとシャモさんで埋まってます(笑)それでも見たい方はどうぞー
先週散々バシャーモについて語った数日後に気がついたのですが、サトシのバシャーモに対する戦績 2戦0勝2敗
・・・だ・・・大丈夫なんですかサトシさん・・・?

何はともあれ最終回寸前。ハルカ引退試合(違)です。
とりあえずサトシがコンテストに出る理由が「1度やってみたかったから」。
S氏がいたら美しくないの一言で切り捨てられてそうです。最終回直前にしてはアッサリしすぎだと思うのですが。
ところで1次審査でサトシがピカチュウに言ったセリフ。アレは名言扱いで良いのでしょうか。
「俺達の絆がコンテストでも通用する事を見せてやろうぜ!」(うろ覚え)
・・・もはやこの2人に不可能の文字は無いのでしょうか(汗)。しかも実際、ハルカに匹敵、あるいはそれを上回るほどの演技を見せるポケモン界のアイドル兼ヒーローピカチュウ。
9年間放電を続ければこういう事も軽くこなせるんでしょうか(汗)。そして今更ながら、ピカチュウがかっこよさコンテスト向きのポケモンである事を思い出しました。
二次にサトシとハルカが残りCMへ。このCMに入る時の映像がワカシャモ進化シーンってちょっと!?

CMが明け、最後の戦いを前に話をするサトシ達。火花を散らすジュカインとワカシャモが凄く微笑ましいです。ハブネーク初登場回では守る側と守られる側の立場だったそうなのに(塾だったので見てません)大分成長したなぁ2匹とも。
今回のロケット団、登場シーンが相当地味だったような気が・・・セリフの時も激しい演出無かったし。
そしてロケット団との激戦の中、遂にワカシャモがうずくまりました。光りました。(CMの前にも光りましたが)大きいです。そして声が凄く男らしいです(汗)この子、本当に♀なのか今更疑ってみたいです。性転換してるんじゃないでしょうか(爆)
しかし、進化したから性別が変わるのは原作中でもありえないので、やっぱり彼女はたくましく進化した戦う乙女なのでしょう。

何はともあれ進化したと思ったら直にロケット団に蹴りかかるバシャーモの姉御。この時のハルカのセリフが「あれは・・・ブレイズキック!」

いつブレイズキックなんて知ったんですかハルカさん。

ブレイズキックは正真正銘バシャーモ専用技。そしてハルカの旅の中出会ったバシャーモといえば、何故か近距離戦闘をしないリュウのバシャーモのみです。
ハルカといえば元々サトシやマサトと正反対でポケモンには無関心だった子。マサトはたしか自宅でジョウトリーグのリザードンVSバシャーモの図をビデオに撮っていましたけど、ハルカもそれを興味津々に見ていたとは思えない。ましてそのサトシのリザードンを打ち負かせたポケモンを将来手にする事になるなんて考えた事も無かったのでは・・・?ハルカはアチャモが進化すると何になるか図鑑で確認していたので、バシャーモの事も予習済みだったと考える事も考えられますけどね。

しかし、驚くのはまだ早かったようです。
バシャーモがロケット団を単身吹っ飛ばした後ハルカさん。バシャーモに抱きついたよ。

・・・こんな所で興奮するのは自分位ですね!(笑)
このシーン。私的名場面に入りそうです(ぇ)。バシャーモは無反応でしたけどね!(爆)けどバシャーモも内心凄く喜んでるんじゃないかなぁ。こうも喜んでもらえると。
改めて図鑑で確認して「相手にとって不足はない」というサトシ。ただでさえバシャーモに勝った事無いのにジュカインの兄貴で勝てるんですか(汗)

そんな事を思いながらコンテストバトルへ。
「コンテストといってもバトルはバトル」だそうです。ハルカは何故か納得してますが、もうちょっと反論とか拘りとか無いのかと思ってしまったり。
戦闘シーンは・・・とにかく激しかったです。最初の方ハルカが全然バシャーモに指示を出さなくて、実は言う事を聞いてないんじゃないかと不安になってましたが大丈夫のようです。
キノガッサと戦った時もそうでしたが、前半は指示なしでも華麗に攻撃を避けてくれましたね姉御。
バシャーモの姉御もジュカインの兄貴も兎に角カッコ良かったです。しかし、バシャーモは♂に見えるのは本当に気のせいですか(汗)
死力を尽くし、最後には特性を発動させて真っ向勝負。げきりゅうは陽の目を見なさそうです(泣)。
ですがどうせならあの赤&緑のオーラを出したまま闘って欲しかったです。これらの特性の発動を目に見える形で表現してるのはアニメとポケダンだけですし。バシャーモは最初で最後の特性発動かもしれませんし。しかしリザードンで出さないものを姉御は出しちゃいましたね(笑)
勝負の行方はわからないという事ですが。ハルカが勝たないとコンテスト的には虚しいし、かといってサトシが負けるとバシャーモに対して3戦0勝3敗なんて記録作ってそろそろトラウマになりそうな気がします。

正直な所、かわいいポケモンが好きでトレーナー的には初心者なハルカと、進化するたびにかっこよくなっていくアチャモ。前回触れたとおり、当初は進化することは到底期待できなかったんです。マッチョアチャモ(笑)を想像して退く位ですから。・・・アレは誰でも退きますか(笑)。直後にワカシャモを見て『けっこうかわいい』と言っていたあたりから進化に期待がもてたワケですが。
バシャーモにまで進化してしまうとハルカの方が抵抗を感じるorバシャーモがいう事を聞かないという状況が起こってしまうのではと不安だった所もありましたが、お互い全く問題ナシで今回の話は進んでます。
ポケモンには無関心だったハルカが、かわいいポケモンだけでなく様々なポケモンを受け入れられるようになった事と、コーディネーターとして実力をつけて、バシャーモのような強力なポケモンであっても扱う事ができるようになった。という方向に考えると、やっぱりハルカは4年間で大きく成長したなぁと思います。
ポケモンAGを「サトシが従来どおりバトルを極めていく一方、新人であるハルカの成長を描いた作品」だという見方がありますが、そうするとGFベスト4、ワカシャモの進化を経てスタメンから外れるのは別に構わないと思います。もはやハルカも1人前のコーディネーターですからね。

ところで次回ですが。FLシゲルが今更すぎて笑えるんですが(を)
しかも公式の『FLライバル』をそのまんまアニメ化した感じで。・・・微妙に違和感感じるのは気のせいでしょうか。
エレキブルはおそらくシゲルのポケモンでしょうし、その戦いを経て改めてシゲルに触発されてシンオウに行くんだろうなぁと。そして最後のサトシの目が輝きすぎです(笑)。ある意味ワカシャモより衝撃的だなぁ最終回。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する