えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
リーフブレードは俺のもの
20080225000350
もはやラグラージの時点で(場合によってはバシャーモの時点で)今回のタイトルもバレバレですね!(´∀`)
というワケで突発企画第十段、ホウエンの草御三家!

自分にとっては旅のパートナーその3でもあります。
探検隊の影響で中間形態が熱いけど、ジュカインだって大好きさ!(´∀`)

ポケモンシリーズは初代から触れてますが、育成・対戦廃人になったのは実はルビーの頃からの話。
そのルビーのパートナーかつ、バトル用でも育て頼りにしたジュカインは、自分にとっては中々思い出深いポケモン。

金銀までの努力値システムは理解してるんですが、如何せん今より単純作業に対する根気が無かった当時に本格育成をしようとしても、すぐに挫折してたのでした・・・(´∀`;)
今のシステムは能力配分が限定されてますので旅の仲間にその配慮をするのは難しい(エメラルドから努力値ダウンの実が出たので楽に配分可能にはなりましたが)ものの、慣れてくると自分好みに独特の能力の持ち主が育てられる上、時間があまりかからないのでやりやすいです。
(逆に言えば金銀までの場合、レベル100前提なら深く考えずとも旅の仲間もいずれ最大に達するので、廃人であろうがなかろうが、旅の仲間を極めやすいんだと思ってます)

丁度ファイアーエムブレムにハマり始めた年にRSが発売されたので、剣士系のポケモンである事も好きになった大きな理由かなぁ。
キモリを見た時点ではまさか剣士になるとは思わないし、ジュプトルの『リーフブレード』に感動を覚えた記憶がある。しかもかなり使い易いしあの技。
その中間形態も、何年か経ってみれば剣士ではなく盗賊が出てきてますが、かっこいいから気にしない(´∀`)

しかしPBRの走り方は何とかならんのか。正直軽くショック受けたぞ!(笑)
近づいてから、一回転しながら相手を切りつける姿はかっこいいんですがね。
まぁ、そんなコミカルな面もジュカインの魅力の一つって事で(を)

あ、後普通に見ると眠そうなのに、アングルによっては凛々しく見える目付きも、公式イラスト初めて見た時は複雑な心境でしたが今は好きです。
当時は××だったけど今は○○っての多いなジュカイン。それだけキャラ愛も楽天的なのか自分は。

ちなみにキモリに対してはアニメや週ポケ、ポケサン等でクールだったりお茶目だったりする彼らを見て好きになったクチです。
今思えば、単純な見た目以外の可愛さに目が行くようになったきっかけだったかもしれないなぁ。キモリ。

何か語りすぎた気がするけど、キモリに直接は関係無い話も入ってるから実際の量としてはどうなんだろう(´∀`;)

余談ですが、カラオケでウーイエ歌った時にルカリオの映像が出たんですが、「ジュプトルがセレビィに座るシーン」が出たときについそっちを注目してしまい、歌詞を忘れかけた事があります(待て)

前回に引き続きこの記事で言う形になりましたが、名古屋オンリーに参加した皆様、お疲れ様でした!!

追記:今回記事送信をする際、何故かいつもより反映が遅れた為に、24日中に着くであろう想定だったのが25日に届いてたりします。(ギリギリになった自分も問題なのですが)
なので一応日付別の企画である事も踏まえ、日付をいつもと同じに届いてるとしたらという想定の時間にいじってたりします。ご了承下さい(´∀`;)
・・・ちなみに、気付いてる方は既に気付いてるかもしれませんけどラグラージの時も密かに同じ措置をしてたりしてますが、誤差は今回の方が大きいです・・・;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する