えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
最後だけ喋りまくる彼
ディアルガも来た事だし、そろそろもう更新は無いかな?と思いつつ見ている、ポケモンステーションの着メロ探検隊編。
とりあえず、昨日は火曜日なので何が増えたか見てみました。

5/13新着!

ずっと わすれない… NEW (←
アリシア NEW

・・・?(゜Д゜ )
・・・これってあのセリフですか?あのシーンでの遺言(違)ですか?

「歴史を変えたその時、主人公は……」

∑!?(゜Д゜;;)

え、まさかアレですか!?あの曲配信しちゃうんですかポケモンステーション・・・!?;;

・・・というワケで迷わず落としたんですが・・・
聞くだけであのシーンが脳内再生されて死にそうなんだが(ぇ)

いや、普通に初プレイの時ってそこまで音楽意識してなかったんですけど・・・ね?
それでも、この音楽の中であの会話を想像するだけで、普通に泣けそうなポケダンの音楽はやっぱ凄いです・・・;;

それにしても、最近のポケモンステーションの探検隊曲配信は全面的にヤヴァイ。
既に救助隊の数は軽く超えてるし、時の海を越えて→未来へたくされたもの→決戦!ディアルガ!→ずっとわすれない…と、終盤の神曲がズラリ配信ってやりすぎじゃないですか?(´∀`;)
いや、まぁ前者3曲は全部元曲は同じなんですがね?

コレで本当に最後かなぁ・・・これで、まだ来月にもED中の曲を配信します!とか言ったら怖いよ。・・・やって欲しいですけど!!


今回記事のついでに自分設定を語っちゃうと。
探検隊主人公の設定の一部と、あの世界における"人間"の設定について書いてます。気になる方だけは続きページにどうぞ・・・!
本編に沿った話やシリアス面に話を作る時とかは、本当にあぁいう大事な所・大事な事を言いたい時でしか多くは喋らない気がしますウチの主人公。
基本的には無言で、パートナーと会話する時に最低限の物を言うといった所。ゲーム中で頷いてたり、歩行モーションで話しかけてたりする感じの。
・・・今作の主人公は話しかけても無言なのに最初は驚いたんですが・・・ここまできたら逆に無口で通したくなってしまったんです(ぇ)
探検隊はパートナーと比べて主人公の方が精神的に強そうな感じだけど、そのあたりは未来生活でできた物なんだろうか。


今の所の設定ですが、一応コータは未来世界生まれの未来世界育ちです。
救助隊のゲンガーやともだちエリアの廃墟エリアとかからの推測ですが、あの世界にも少数ながら人間が住んでるんだと思ってます。ただあの世界がポケモン中心に回ってるから、表に出る事は少なく細々と文化を築いてる感じ。
だから、実際にはミズゴやコータがポケモンとして生きてる世界にも人間は住んでるようです。現ミズゴも現コータも会った事は無いみたいですが。
ほしのていしが起こっても、やっぱり何処かで生きていたみたいで。その中で生まれた人間の一人がコータと。後は何らかの形でジュプトルと出会い、過去に飛ぼうとして今に至るって感じです。

ちなみに。当時からジュプトルとはフツーに喋ってました。
ヒーザ同様、コータからは最低限の事しか口に出さないけど、お互いに言葉をやりとりする事で信頼できる仲になったそうな。
故に、コータがポケモンになった際、チコリータになった事には驚いてもヒコザルと会話してる事には驚かなかったそうな。
ミズゴは・・・どうなんだろう?彼は外部の世界から来たみたいなので、チコリータと会話してる事には驚いたんじゃないかと・・・

・・・確か、実際にはポケダンのゲーム本編で主人公が「ポケモンが喋ってる事に驚いてる描写」って無かったよね?と思ったからできた設定でもありますが;;
あの世界の人間という種族がポケモンと喋れたのか、コータ等一部の人間だけだったのかっていう所は未定です。そもそも他の人間出てませんけd(終了)
この点についてゲンガーがどうだったかも、未定だったり し ます ・・・;;


このあたりの設定や、人間時代のコータ関係の話を小説にしてみたいとは思うんですが、そうなるとヒーザの出番はまず無いので、その前に1個はヒーザが出てる作品も書いておきたいなぁとか思ってる内に結局書いてません(´∀`;)
ED後における、コーヒーのヨノワールに対する考え方とかも妄想はしてるんですが・・・ウン、どうなるだろう・・・;;

設定記事ではコータがヨノワールを一時期呼び捨て、ヒーザは一時期さん付けとありますが、この「一時期」は両者で異なり、実際にはED後の呼び方が変わってます。
ED前はコータ・ヒーザ共にゲーム中のパートナーに沿った呼称です。要は決定的に騙されていたと確信するまで「ヨノワールさん」、その後は「ヨノワール」。
ED後はコータは「ヨノワールさん」、ヒーザは「ヨノワール」と呼んでるそうな。このあたりの理由も例の妄想内に入ってるんですが、書く事あるんだろうか・・・(´∀`;)


ちなみにパラレル・ギャグ思考の設定だと、変な発言が殆どですがコータも割と喋ります。
クリスマスにトレード品ネタ、エイプリルフールと、何だかんだで今の所喋ってるコータの方が多数な気がしますが、この辺りはこっち側のコータらしいですよ(ぇ)

むしろ、パラレル設定だと未来組は全員壊れてる気が(コラ)
本当にマトモなポケモンがヒーザしかいないかもしれません(コラコラ)
他の方の所でよく見る「ED後のぶっ壊れてるジュプトル・ヨノワール」に相当するのが、この辺の設定のような気がします(笑)
パラレルジュプトルは主人公バカですよ~。コータの弟分と妹分が揃ってくさタイプの天敵なので、勝つに勝てないヘタレ状態に突入してそうですが(待て)


ここまで設定語ったのも何時ぶりなんだろうね自分(ぇぇぇ)
作品は無いけど妄想は止まらないです。色々な意味で救えません。
ちゃんとした作品という作品を作りたい・・・!漫画は描ける気がしないけど!!orz

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する