えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
こいつが!おれの!
チコリータドット

ドットアプリが手に入ったので探検隊チコリータでも打ってみようと思ったのですが、某みず御三家と比べてゲーム中の色合いが複雑なので上手く表現しきれなかった上に高さがわずか1ドット足りないというオチが待ってました。ドット不足は予想はしたけどね・・・
その結果、多分それっぽくは見えるかもしれないけど自分でも違和感あるよ/(^0^)\
ポケダン中のはもっと分かりやすいんだけど、流石に4段階では厳しかったか・・・
一応DPに引き続いて登場のポケッチアプリなので、ネタバレにはならない・・・ハズ;;

ちなみに2年前はこんなの打ってました。
パールにおいて、同じくドットアプリを貰った日に打ってみた物(ぇ)
コレを作ってからもうすぐ2年だよ・・・他のに変える気は無いのか。
いつもの事だけど、我ながらポケダンからの逆輸入っぷりがおかしい。ウン(ぇぇぇ)

下記事でギラティナについて触れてますが、それを含めた範囲が今回の記事。
例によってネタバレ有り、DPからの変更点を反転してます。
どうにかストーリーは終盤。もうじきクリアはできる・・・ハズ。

~『ポケットモンスター プラチナ』プレイ日記その6~
現在地点:ナギサジム制覇後

ジム制覇後やその少し後までの日記というのが多いけど、やっぱり単純な日記としてもネタバレ回避の表記としても、区切りとしては丁度良かったりします。
現在メンバー

ゴウカザル♂Lv.52:ひいざ
しんちょうな せいかく。かんがえごとが おおい。

チェリム♀Lv.52:そめ
すなおな せいかく。にげるのが はやい。

ナマズン♂Lv.52:ドッチョ
おっとりした せいかく。からだが じょうぶ。

ドラピオン♂Lv.52:こおぴん
ようきな せいかく。あばれることが すき。

ウソッキー♂Lv.52:らっど
わんぱくな せいかく。ケンカを するのが すき。

ドッチョとこおぴんを進化させたのは共にLv.50。ギラティナ戦より後だったりします。
未来世界から帰ってきたから進化できなくなったどこぞの天然とツッコミとは逆に、反転世界から帰ってきたから進化できるようになったんだよ、きっと(ぇ)
・・・冗談はさておき。せっかく『クロスポイズン』を覚えるまで進化を待ったのに、進化したら今度はあくタイプになるから単純威力は『かみくだく』の方が高いというオチが待ってましたこおぴんさん(ぇぇぇ)
ちなみにレストランのダブルバトルを使って同時にLv.50にして、二匹同時(というか連続?)進化とかしてみました。これはひどい自己満足w

プレイ日記を書く度にメンバーが増えてたり、5匹になってからはメンバーを進化させていったりと毎回更新されていた現在メンバーですが、手持ち全員が最終形態となり6匹目の候補も特にいないので、これが最終メンバーという事になります。
・・・といっても、ジムバッジが全て揃った以上、でんどういりまでを扱ったプレイ日記も次回が最後になる可能性が高いですけどね。

下記事でギラティナ戦の為にシンクロポケモンを送ったとありますが、実はアレが今作で初めての外部通信でした(待て)。
攻略メンバーは他のロムの恩恵を受けないようにと考えてたからね!ウソハチだってGTSで探せただろうに使わなかったですし。おかげでドッキリさせてくれましたがね!(^▽^)
用途はギラティナのシンクロだけですし、戦闘メンバーには一切影響を与えてませんので今回は使わせていただきました・・・(´∀`;)
それに、特定の性格の為に今からシンクロポケモンを一から集めたらどれだけ時間が掛かるのやら。変に意地を張って時間を無駄に使いたくないですし・・・ね;;

(以下反転)
○ストーリー変化
ギンガトバリビルについてはアカギの演説がある所、新入時諸々にハンサムが関わってくる事、何か最後の最後までプルートが怪しかった事位。
っていうか結局プルートとは戦わないのね。ギンガだんの新戦力デルビル・・・もといヘルガーは彼が使うと思ってたんだけどなぁ。似合うとは思わないけど。
テンガンざんそのものはマーズ&ジュピター戦まで殆ど変化が無く、ユクシー達の壁画が壊れた跡が残っている事とその場でハンサムがアイテムをくれる事ぐらいです。
ちなみに、ギンガトバリジムでのイベントを終えるまでにあの場所に行くと壊れる前の壁画が見られたりします。これはダイヤ・パール・プラチナで共通。登れちゃ駄目だしね。

やぶれたせかいは・・・何かもう色々凄かったよ。ポケモン的に考えると。
最初はどう行ったら良いか分からないのに、一度出入りすれば道が分かっててスイスイ行けてしまうのはお約束。
・・・対ギラティナに備えて度々ポケモン入れ替えてるので、今回は結構出入り回数多かったりしますテンガンざん(´∀`;)
心の準備や粘る準備等から考えると、マーズ&ジュピター戦の後やアカギ戦の後でも引き返せるのは割と大きなメリット。ただし、ギラティナ自体の捕まえにくさは前の記事で触れてる通り今回異常。・・・そりゃ準備する為の余裕が無いと駄目だわ・・・;;
アカギ戦含めて、この辺りでどのメンバーを使ったのかは後述します。

今作、もどりのどうくつの扱いはどうなるのかと思いましたが、やぶれたせかいの出口になったんですね。っていうか、あのよ=やぶれたせかいなんですかこの世界の設定は。
全体的に明るくなってたり、曲が隣の214ばんどうろ(=210ばんどうろ)のままになってたりで良い感じになってます。アニメの影響もあるかもしれないけど、全てを終わらせた後の清々しい感じの曲で良いよね!210ばんどうろ!!
ナギサシティに向かう途中で聴ける222ばんどうろ(=209ばんどうろ)も相変わらず素敵です。ホントこの2曲好きだよ。
ちなみに210は昼派、209は夜派。これらに次いで好きなどうろ曲の203は昼派、225は夜派・・・。昼・夜の違いって普段はあまり気にしないと思いますが、好きな曲になってくると結構どっち派か分かれちゃうんだよねコレが;;
今作はテンガンざんで後から登場する人がシロナさんになってたけど、あの世界に一緒に行ってくれるとなると確かにこれで良かったかな?
ナナカマド博士とヒカリがお留守番係になってたけど、こっちもこっちで良かった。
しかし、やぶれたせかいの中でどれだけ進んだ後でもやりのはしらに戻ると突入前同様にゲートの前にいるシロナさんは色々とツッコミ所満載です。アカギを倒した後でも「さぁ、アカギをおいかけましょう!」と言うんだぜ、この人・・・(笑)

ナギサシティは特に変わった所は無かったです。
ただ、DPとも共通でナギサシティで分かるアカギの過去を知った上で今作でのアカギのセリフを見ると、何か今回のアカギさん色々ヤバいんじゃないですかと思う・・・;;
挙句の果てにサターンからの評価も悪くなったからなぁ。今回のアカギさん。


○敵トレーナーの手持ち変化について
上の方でプルートが使うとも予想してたヘルガーですけど、アカギの新先発だったのね。プルートが使わないなら彼になりそうな気もしてはいましたが・・・
そして、初戦・2戦目と最後のエースポジションはヤミカラス・ドンカラスでしたが、最後の戦いでの一番レベルが高くオボンのみを持ってるポケモンはDP同様のマニューラに変更。最後の最後で進化して大どんでん返しですかニューラさん。
エース昇格と思いきや最後は降格のドンカラスでしたが、『ねっぷう』を使ってきた時はかなり驚きました;;いくらあくとくしゅ最強(・・・?)だからってそれは無いよカラスさん!;;
ちなみに、結局アカギ戦は最終進化済みだった3匹しか使わなかったです。ドジョッチ・スコルピについては進化前とかいう以前にタイプ関係が厳しいです;;
いや、こおぴんのタイプ関係が厳しい理由を考えると結局は「進化前だから」と言えてしまうのですが・・・orz
2戦目もニューラをこおぴんで倒した以外はらっど頼みだったしなぁ。一回目の時点で欲しいと切実に思ったその実力は本物だったよウソッキー・・・!
チェリムの使い道も実際少ないですが、ギャラドスを安全に倒す方法として『やどりぎのタネ』を頼りにさせていただきました・・・。
パールの時と違って今回ほのお・かくとうはいるけどでんきがいないから、マニューラよりギャラドスの方が怖かったです;;

デンジについては・・・何かもうね、コレはどう突っ込んで良いのやら(ぇ)
プラチナでED前のでんきタイプが増えたおかげで手持ちが全員でんきタイプになりました。結果エテボースとオクタンは降板です(←)
そして「一番レベルが高くオボンのみを持ってるポケモン」はエレキブルとなりました。ここは以前の記事に書いた予想の通りになってしまいました。アハハハ(´∀`;)
222ばんどうろのおぼっちゃまのポケモンがレントラーになってた上にジバコイルがまだ登場してなかった。そしてエレキブルのポジションがアレだからレントラー降板が脳裏を過りましたが、手持ちには残ってました。しかしとりあえず降格です(←←)
しかし、実際に戦うとそこは流石デンジクオリティと言うべきか・・・

2番手のライチュウを倒す→ジムリーダーのデンジはエレキブルを繰り出した!
エレキブルを倒す→ジムリーダーのデンジはレントラーを繰り出した!

デンジ「こいつが!おれの!さいごの きりふだっ!!」

・・・コレは笑う所か?それとも喜ぶべき所なのか・・・?(ぇ)
とりあえず、普通にプレイしててもデンジに切り札って言ってもらえたよ!良かったねレントラー!!(ぇぇぇ)
要するにスズナの時と同じパターンになっちゃったんですけどね(新エースが3番目に登場して、旧エースは4番目で実質エースのような扱いを受ける)。
ただデンジの場合、DPだと滅多な事で最後にレントラーを出す事は無いみたいですから・・・。大抵の場合、今回降板しちゃったエテボースやオクタンが切り札・・・
ちなみに今回の手持ちで2番手を誰で倒すかによって3番手が変わるかどうか試してみた所、チェリムで倒した場合だけは3番手がレントラー、エレキブルが「さいごのきりふだ」になりました。レントラー・エレキブル共に対くさ用のわざは覚えてるらしいので、順番が変わった理由は分からないです。というかライチュウ含めて今回くさ対策をしっかりしてるので、あまりくさタイプでは倒さないよデンジさん・・・(´∀`;)
実際にクリアした時は既にナマズンと化してたドッチョさんの『じしん』で終わらせてしまいましたが(オイ)。ライチュウが『くさむすび』でも覚えてたら良かったのかもだけど、そんな事したらジムリーダーとしてナタネさんから苦情が来ますね。
エレキブル含め3匹目まで運良く一撃だったんだけど、ここで最後のレントラーをHP半分以下にして放置してみたら二ターン連続でセリフ喋ってくれたよデンジさん。
エレキブルを倒した時点でドッチョのレベルが52になったので(対ジムリーダー用に敢えて他の子を優先してました)、レントラー戦はひいざの担当になりましたけどね。

ちなみにここまで話題に出てなかったですが、1番手はサンダースに変わってました。
そういえばサンダースの『アイアンテール』でぼうぎょを下げられた状態でサンダースを倒すと、『ギガインパクト』で短期決戦でも狙うつもりか2番手にいきなりエレキブルが出てきました。もはや「さいごの」にする気ないだろコイツ・・・
その後エレキブルを倒したらライチュウが出て来たので、結局切り札はレントラーになってたんですけどね。まぁ、何にせよ良かったよレントラー(((

「さいごの きりふだっ!!」なんて言っちゃうもんだから、いっそライチュウが最後に出てきて『ボルテッカー』使ってくれたらスマブラプレイヤー的には笑えたんですが、流石に覚えて無かった様子。
っていうか『チャージビーム』担当はサンダースとライチュウなのね。今回は奥義を覚えているあの2匹、「おれのきりふだ(?)」レントラー、「さいごのきりふだ(??)」エレキブル。結局誰がデンジのパートナー格なんだろう。スズナより更に謎だ。


○出現地の変化
222ばんどうろ等は図鑑で既に登場ポケモンが判明してたので、今回の範囲で特別見て驚いたのはおくりのいずみのサマヨールのみ。
野生に出るのね。それも元ギラティナの出現地の周辺で。
結局進化アイテムはどうなるのかなぁ。手に入るならそれゆかりの地と言うのが正しいんだろうけど、出なかったらゴースト不足だったんだねとしか言えないような・・・(ぇ)
そういえば、最終形態の言う「れいかい」と「あのよ」、及び「やぶれたせかい」って関係あるんでしょうか。やぶれたせかいはギラティナしか住んでないみたいだから、やっぱり関係無いのかなぁ。
そこはやっぱり奴を入手したら新図鑑文に何か書いてたりするんでしょうか。今回の仕様だと普通に進めてもGTSから交換できるようになる可能性もあるし、ED後にでも送って図鑑文見てみようかな。

前回記事でも触れたギラティナについてもここで。
とりあえず、噂には聞いてましたが戦闘BGMカッコイイです。素敵だ。
でもギゴガーゴーゴーって鳴き声は謎すぎる。そもそもビシャーンと違ってゲーム中の鳴き声に合わせて発音できるような声じゃないです(しなくて良い)
それとも、同じ鳴き声のようで実はオリジンとアナザーで鳴き声が変わってたりするんだろうか。アナザーはビシャーンでオリジンがギゴガゴーゴー。(謎)

捕獲時に使ったメンバーは、ひんし状態のシンクロポケモン(ちなみにラルトス)・らっど・ドータクン・秘伝係ビーダル・ひいざの5匹。
ギラティナは物の見事にフルアタッカーだったから『ふいうち』でHP削りやすかったです。ビーダルは秘伝係とはいえ『シャドーダイブ』無効が大きかったり。
ひいざは連れて来たものの使わなかったです・・・;;
パートナーですから、連れて来た事そのものに意味があると思ってますが!!(ぇ)
前回の記事に、出現地を一回書いたけどDPと変わって無いとはいえやっぱりネタバレになるか?と思って消したドータクンですが、テンガンざんに登場したのを助っ人として使ってます。とりあえずハートのウロコで『さいみんじゅつ』を覚えさせ、『シャドーダイブ』でも平気なように『てっぺき』を使って。
今回は自分にしては珍しくスペシャルガードとかヨクアタールとか戦闘中の強化アイテムも使いまくったぜい。・・・だって今回のギラティナ危ないんだもの;;


○その他の仕様変更
222ばんどうろであるポケモンを捕まえた時、せっかくだから対のアイツも捕まえようとこれまで放置してたタタラせいてつじょに行ってきました(2匹のポケモンが誰かは前のプレイ日記を読んで下さったら分かるハズ・・・)
そしたら今回、ほしのかけら1個につき4色のかけら1セットを交換してくれるんですね!これまでは完全な売却アイテムでしたが、まさか対戦プレイヤーにとって需要の高いアイテムと交換できるようになるとは。かなり有難いです。
パールでもこれまで換金アイテムを売らずにきたせいでほしのかけらが22個あるんですが(ぇぇぇ)、遂に消費の時が来たか・・・!?
とはいえ、全てのかけらを平等に減らしていけるとは限らないので、有効に計画的な使用をしないといけませんね。
ほしのかけら・4色のかけら共にポケモンに持たせて交換できるので、必要に応じて交換用も余りも持たせて交換すれば良いんですが、1人だとGTSを無理矢理活用するしかパール⇔プラチナ間の交換方法が無いからなぁ・・・自分・・・(´∀`;)


次回の更新ででんどういりまで行けるか、それともチャンピオンロードを突破した時点で書く事になるのか。それはまだ分からないです。
対戦用で育てたいポケモンもいるし、頑張って早く進めるぞー!

・・・最初のドットアプリやこんな日記書く時間とかを使ってる時点で、本当に早く進める気があるのかは自分でも疑わしいですけどね(オイ)。
っていうか、決定的に遅い理由が何となくわかった気がする。実は今回、本当に面倒な時以外は戦闘アニメ見てるんだ。だから遅いんだ(ぇぇぇ)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する