えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
カービィちゃん!カービィちゃん!!
星のカービィスーパーデラックスとスーパーマリオRPGのCMは、スーファミ界でもトップランクの高インパクトCMだと思います(何)
今週も来たよ!火曜と木曜の講義のダブルレポートがね!!\(^0^)/
今日の某さん宅の絵チャには是非行きたいと思ってるんですが、土日はもしかしたら沈んでるかも・・・?いや、まぁまだどうなるか分からないんですけど。

今回は前回記事の続き、「星のカービィウルトラスーパーデラックス」の新モードの方の語りに入りたいと思いますー。
タイトルを含め殆どが反転です。一応モードごとに「新モード○」と区切りますが、パッと見て真緑の空間が広がってると思います(謎)
いつもの事ですが、ネタバレにはご注意下さい・・・!!


コメント返信します~

>(ここにあった返信は後述の理由で消去されました)

・・・でもね、ここから少し前に返信があった方もそうなのですが、リンク先が明らかに自分の扱ってるジャンルとは別方向のような気がするんですよね。
関係あるジャンルならともかく無関係ジャンル(しかも説明無し)だと、真に失礼ながらやっぱりスパム疑惑を少なからずとも考えてしまいます・・・;;
これでスパムじゃない!という場合は本当に申し訳ないです・・・綺麗事のようだけど本心を言えば、そもそも誰かを疑いたくも無いんですが。
内容的にスパム以外の何者でもねぇよ!って場合は速攻で対処できるのですが、こういう場合ってスパムだとしても逆にやり辛いなぁ・・・
全く知らない人から、URL付きでサイトの特徴とは無関係に短文だけのコメントが来た場合、まずは疑ってみた方が良いんでしょうか。


疑ってる者に対して寛大にやりすぎて、自分のブログなのに無法地帯になってしまうのも良くないので、ある程度心を鬼にしてみますか。
現在の所、「これまであうれいと面識が無い」「URL付き」「記事内容と無関係に短文」の全ての条件に当てはまったコメントにつきましては、追加コメントが何か無い限りは2009年には全て消させていただきます。
また、今後は上記条件全てに当てはまったコメントについては返信しない方向で行きますのでご了承下さい。
逆に、知り合いさんの場合は記事内容とは関係無い短文でもちゃんと返信させていただきますし、初めましての方でもURLやコメント内容が自分の知りうるジャンルに当てはまっている場合はしっかり対応させていただきます~。
一応、その時になったら改めて、スパムの疑いがあったので消させていただきましたと書く事にします・・・
あ、ちなみにコメント返信の方もセットで消えますのでご了承を(ぇ)
書きましたから!宣言しましたからね!!本当にスパムじゃないって場合はそうだって言って下さいね・・・!?


・・・ふぅ。何故かこの時点で妙に疲れた・・・(オイ)
気を取り直して、ウルトラスーパーデラックス語り!思いっきり気を取り直します。これまでのテンションは完全に無視して下さってOKです(笑)
それでは、読みたい方は続きページにどうぞ・・・!
新モード1(公式サイト公開済み)

大王の逆襲

「銀河にねがいを」をクリアしたら登場した新モード。公式サイトで公開済みではありますが発売前には情報が無かったので、ゲーム中で見る事になりました。
海外版が先に出ていたので、こういう内容のモードがあるという噂だけは聞いてましたが・・・本当にあったんですね。そして直接的なネタバレは踏まなかった為、凄くワクワクしながら待たせていただきました。

簡単に言うならば、「初代"星のカービィ"エキストラのスーパーデラックス版」または「"はるかぜとともに"のエキストラ版」。どっちが適切な言い方だろう?
OPムービーでは城の中にいる凛々しい大王様やワドルディ達の姿が見えるだけなので、カービィに逆襲するという以外のストーリーが分からず。公式サイトを見ればきらきらぼしを奪ったという設定になってるんですね。
きらきらぼしって確か、初代「星のカービィ」で大王様が食べ物と一緒に盗んだ設定の物ですよね。はるかぜとともにでは言及されなかったと思ったら2回に分けるとは。
・・・でも、きらきらぼしって「各ボスを倒した時に出るアレ」で、「はるかぜとともにでデデデ大王を倒した後のクリアダンスで周りに舞っていたアレ」で、「その後カービィを巨大化させて城を支えちゃったアレ」だと思ってたんですがどうなんでしょうかその辺り。はるかぜとともにで登場したのは、きらきらぼしに似た別のアイテムなんでしょうか・・・

ゲーム内容の方に。このモード、とにかく初代ファン感涙の作品です。
まず、ステージ上で「はるかぜとともに」では初代と比べ簡略化されていた地形も、より初代に近い形で再構成。
初代でなくても、夢の泉の物語や夢の泉DXのモノクロステージとも比較できます。フロートアイランズ(イリュージョンアイランズ)の洞窟内とかが分かりやすいですかね?
そして、初代エキストラにのみ登場した一部のザコキャラが復活。
オイオイ、クーザーとかグランプルスとか誰が分かるんだよwって感じです。初代をリアルタイムでプレイした身では無いのですが懐かしい。あぁ懐かしい。
そして、はるかぜとともにではリストラされたボスキャラ、カブーラーも復活。
元祖シューティングボスですよ~。曲も密かにやきいもシューティングのアレンジが部分的に加わっているという素敵っぷり。
ここで何故スターシップが出るんだろう?と思っていたんですが、この時集まった3つの星が今作のきらきらぼしだという説が。なるほど~・・・
というか、初代OP・キャッスルロロロ・やきいもシューティングと、全てがアレンジされてるもののこれで殆どの初代カービィBGMを網羅したんじゃないですか今作w
無いとしたら・・・通常ボス戦かなぁ。今作の通常ボスはスーパーデラックスオリジナルの曲で統一されてるもんなぁ。

ボスは全員、初代を知らないと初見殺しされるんじゃないかなぁという印象。
ウイスピーウッズリベンジの紫リンゴと毛虫が地味に鬱陶しいです。特にすっぴん時はかなり鬱陶しい・・・;;
ロロロ&ラララリベンジはスピードアップ+ゴルドーという感じでそこまでの強化は無い。でも初代のエキストラでもそれ位しか強化が無かったので、無難と言えば無難かもしれない。片方が倒されてからは本当に初代を思い出す速さだなぁ。
クラッコリベンジもあまり変わってないですが、Jrはワドルドゥを出す以外は完全に初代エキストラと一緒のような・・・。あ、でもクラッコリベンジは初代EXには無い技も撃ってくるので、流石に4隅でノーダメージというワケにはいかなかったり。
カブーラーは初代がノーマル・エキストラ問わず驚異すぎたので、今回はそこまで強くない印象。相手の弾をスターシップの弾で防げるのが大きいかなぁ。
また、新中ボスには夢の泉デラックスのキャラが採用されてます。
ちなみにこれで夢の泉デラックスの中ボスが全員揃ったので、ファンファンだけ抜くというワケにもいかなかったんでしょうね。
カプセルJが消えた理由の説は前回触れましたが、ローリングタートルが消えた理由もガチャ○ン説が有力なんですけど実際の所どうなんでしょうかw
最終ステージのファイアーライオンはかなり厄介だったなぁ。

そして最終面は・・・何かもうツッコミ所が満載すぎるw
とりあえず、ステージに入った途端音楽に噴きました。
タイトルからしてメタナイトの逆襲を意識している所あるなぁと思っていたのですが、まさかあんな事になるとは思いませんでしたw
しかもあのセリフの意味がここまで変わるとは・・・でも、デデデ大王だから仕方無いと思えてしまうこのギャグっぷり。メタナイトがその意味で言ったら失望するよウン。
デデデ大王・ワドルディ共にアニメともちゃんと区別されてる、ゲームの大王様とワドルディのイメージを大事にした口調で安心しました。
デデデ大王を語る時は大王様(or旦那)と陛下を区別して考えると良い感じです。陛下には陛下の良い所がありますが、ゲームとは別に考えると良いでしょう。
あ、でもドロッチェ団のデデデ大王は陛下で良いよ。色々な意味で。
でも敢えてなのかたまたまなのか、デデデ大王の一人称は不明なんだよなぁ。この辺りは想像にお任せしますといった所でしょうか。

そしてこのブログを挙げて応援したい今作のラスボス、「マスクドデデデ」。
どこまでメタナイトの逆襲を意識しているのかハンマーをGET ITさせて、仮面を付けてニューデデデハンマーを引っさげてカービィに挑む!
・・・とだけ言うと、マジなのかギャグなのか判断付かない所ですが・・・
そんなボスだけど、出演すら無かった鏡の大迷宮・第1面ボスで終わってしまった参上!ドロッチェ団と近年のデデデ冷遇が酷かった中、久々の強い旦那ですよ!
怯みにくくなったり、新ハンマーのおかげでリーチが伸びたり技が増えたり、発動中無敵&ガードを削れる大車輪を使う等色々強化されてます。
ジャンプに至っては初代EXを再現するかのようなスピード&連続ジャンプを見せてくれますし、スピードも初代EX程ではないですが上がってます。
後、ステージの上と左右には電撃リングが。カービィの動きが制限されるので、正確な行動が必要になりますね。

リベンジボス達同様、まずは初見殺しされると思います。
・・・というか、舐めてると死にます。いや、慣れてないと舐めなくても死ねます。
初代EXや2のデデデ大王は普通に強かったんですが、その頃を知らない人にとっては初めて見る強さを感じるんじゃないでしょーか・・・
一度クリアした後、初代に倣ってすっぴんで戦おうとしたら2回位は殺されました・・・何というデデデ。
幸いにもスキが大きいのはそのままなので、基本的にこちらも例えスキがあっても火力があるコピーで大技を叩きこむと倒しやすいです。
・・・つまり、実はハンマー。特に『鬼殺し火炎ハンマー』がかなり有利です。自ら苦手な武器を渡してくれるなんて、大王様は紳士的ですね(多分違うから)
これでスキも初代並に少なくなっていたら、本当に驚異のボスになれたんだろうなぁ。敢えて言うとそれが残念。でも、最近のデデデ大王の扱いを考えればかなり良くなったかと。ボスとしても、キャラとしてもね。

後、マスクドデデデ本人も先述の通り中々の存在ですが、それに輪をかけて感涙物なのがその戦闘曲。ここでまさかのSFC版きらきらきっず風アレンジ・・・!
デデデ大王のテーマとしてもかなりの高評価だと思われる、SFC版きらきらきっずにおけるデデデアレンジ。マスクドデデデのテーマはこれに近くなってます。
今回のアレンジはイントロから・・・というか特にイントロがカッコイイんですが、同時にここに来てきらきらきっずを持って来てくれる事にも感動したよ自分は。
そういえばSFC版きらきらきっずのデデデ大王はおかしい程強かったなぁ・・・いや、その後のグリルもヤバいんですけどね。

後、EDの哀愁溢れる旦那も素敵なんですが(既に病気です)
カービィに倒された切なそうな姿も、どこか初代を意識した物なのかなぁ。
そしてそれに付いて行くワドルディ達の姿に涙。部下に愛されてるなぁ大王様。
しかも、ワドルディ達の中にステージ後半であんな目にあった青バンダナ君もいるじゃないですか。というかボス戦の時点で背景にいるじゃないですか。あんな目に遭っても大王様に付いて行く青バンダナ君素敵です。
・・・っていうか、スマブラのフィギュアに、それこそ桜井さんが公式設定として作ったであろうデデデが「プププランドの自称大王である事」、ワドルディが「デデデの部下だという自覚が無い事」が公式だとしたら・・・自称なのに自覚無い部下達に慕われてる大王様は凄すぎると思うんですがどうでしょうか。
ちなみにED曲はメタナイトの逆襲EDとデデデ大王のテーマを合体させたような感じ。不思議な事に違和感が無い。それどころかこれまた良いアレンジ。
全カービィシリーズを通しても凄く珍しい(下手すりゃ初?)デデデ大王そのものに焦点を当てた作品なので、ED曲やマスクドデデデのテーマの他、タイトル画面にOPムービー等合計4つ、デデデ大王のテーマのアレンジが入っているという。スゲェ。

そして最後に。
タイトル画面やポーズ画面時の大王様の一枚絵がイケメンすぎるんですけど。
何というか、良い意味でスーパーデラックスの公式イラストに見えないのw 数字シリーズの旦那に近くないですかコレ。
デデデ大王に興味が無い方でも、「畜生、何故俺は今デデデにカッコイイなんて感情を抱いちまったんだ!」とか思ってしまうと思います。ウン(ぇ)

纏めると、個人的に見て初代ファン・夢の泉ファン・メタ逆ファン・きらきらきっずファン・デデデファン等幅広い層が感涙しそうな良作品だったような気がします。
難易度は初代EX並を求めると物足りない感じ?ただ、今作のアクションモードとしては普通に高難易度かと。



新モード2(公式未公開)

ヘルパーマスターへの道

「格闘王への道」をクリアしたら出現・・・したんだけど、厳密には13人抜きすれば登場するらしい。スタッフロールを見た時点で名前は確認できた・・・ハズ;;(曖昧すぎ)
ヘルパーを一人(カービィの全コピー能力と、メタナイト能力のソードナイトの計20人)選んで13人+隠しボスと戦うモード。マキシムトマト・トマトの数は3つ。
要するに、ヘルパー専用簡易版格闘王への道。そして最初に選んだヘルパーで進む為、コピー能力固定という特徴も。
・・・でも、個人的には格闘王への道も慣れるとコピー能力は固定していた方が楽だったので、キャラ固定自体は難点としては感じなかったかなぁ。

ヘルパーなので一部の技がカービィと異なるのが特徴か。ナックルジョー等は出来ない技が存在するし、殆どのキャラがホバリングではなく空中ジャンプで飛ぶので使い勝手が変わったり。ロッキーやウィリーはおかげで使いやすくなってますけど。
・・・ちなみに自分は今作ジェットを愛用していたので、初クリアもカプセルJ2でした。飛び方が能力特有だから、これとバートンは完全にカービィと同じだったりして。
何故かジェットなんだよねぇ。スーパーデラックス時代はそこまで使わなかったんだけどなぁ。ミラーやニンジャにハンマーが主でした。

ボスは、中ボスオールスターズと銀河にねがいをで登場したボスについては全員色変え版。更にバトルウインドウズにも色変え版が登場しました。
使えるヘルパーもオリジナルカラー(2Pは通常の色なので、これこそが実は1Pカラー!なのかもしれませんが・・・)だったりするので、全体的に色変え意識してますね・・・
そうそう、銀河にねがいをのバトルウインドウズの最後のボス、旧レッドドラゴンがグランドドラゴンに変わったのもここでの色変えを前提にしたからだと思います。
でも、グランド(地)ドラゴンで土色をしているのが色変え版は闇っぽい紫色・・・これはアレですか、メディウスですか(待て)。洞窟大作戦で(カービィが)手に入れたファルシオンで倒すんですね、分かりません(オイ)

ここで登場の隠しボスがワムバムジュエル。ワムバム一族の王様らしいです。
っていうか一族だったのか。ロックは実は部下だったのか。まさかの新事実・・・
ワムバムロックはデザインが若干変わり、曲も用意してもらって、銀河にねがいをでもその曲と何だか優遇が凄く、そしてここでは最後のボスだというからどこまで優遇されてるんだよwとか思ってたら・・・まさか親玉が登場するとは。

ヘルパーマスターの道のボスは順番固定なのですが、故にワムバムロックは13人目で固定(ちなみにメタナイトの後)。そしてワムバムロックを倒すまで何故かずっとボス名が???なのですが、ロックを倒して初めてジュエルが登場。
・・・いきなりの登場だったので驚きました。そして普通に殺されましたorz
そもそも、実質的な第2形態があるとは思わなかったから体力もあまり温存できてなかったんですよね・・・(´∀`;)ちなみに連戦です。
言うまでもなく、能力的には強化版ワムバムロック。
耐久力とスピードが上がっているのは勿論の事、手を叩きつけてから上げる時に微妙に左右に動いたり、どこのマスターハンドと言うようなガードも削る指ビームを連射してきたり・・・という感じ。
マスターハンド・・・と例えましたが、原作のスーパーデラックスもスマブラシリーズも桜井さん作品ですし、そもそもマスターハンドの原点がワムバムロックなのかも。
そして、ウルトラスーパーデラックススタッフがマスター・クレイジーのノウハウを生かした新ボスがジュエル・・・って考えすぎか?

大王の逆襲もそうですが、今作の新ボスは初見殺しっぷりが凄いなぁ。単なる強化版と侮っていると痛い目を見るボスが多い。
ちなみに、魔神ワムバムロックのデザインが変わっていたのに対し、ワムバムジュエルは旧ワムバムロックに近い雰囲気を出してます。
目が増えたり宝石装飾があったりと、ジュエル特有のデザインはあるんですけどね。その目の辺りは旧ワムバムロックに近いなぁと。

今回こういうモードを用意したのは、2人プレイにはDS2台が必須(全モードをプレイするならROMも2つ必須)な為にヘルパーを操作する機会が少なくなりがちで、それに対する救済処置に近い物の為・・・そして、ザコキャラを自分で操作できるヘルパーの、能力ではなくヘルパー個人が好きだという人の為かなと。
ワドルディ・ワドルドゥやナックルジョー、シミラにバイオスパークあたりはヘルパー自身が好きだ!って人は多いんじゃないかなぁ。
ちなみに自分はとりあえず全キャラ制覇しました。キャラによって難易度もかなり変わるのは凄い。チリーやブレイドナイトとかは厳しかったなぁ。
後、このモードの曲は殆どが格闘王への道のアレンジの中、休憩所はまさかの星のカービィ64:リップルスターステージセレクトのアレンジ。個人的にも気に入ってる名曲の一つだと思うのですが、まさかここで復活させてくるとは・・・
ちなみにこれは小ネタに近いですが、大王の逆襲でゲームオーバーすると旧モードでのゲームオーバー音ではなく、このリップルスターアレンジが流れたりします。



新モード3(公式サイト公開済み)

メタナイトでゴーDX

「大王の逆襲」クリアで登場する新モード。
公式では一番最初に公開された新アクションモードですが、登場条件を考慮してこの位置に持ってくる事に。・・・まぁ自分は大王の逆襲を真っ先にプレイしたので、上記ヘルパーマスターへの道はコレの登場の後に出したんですが。
でもクリアしたのはヘルパーマスターへの道の方が先なので、今回の語り・紹介はクリア順と思っていただければ・・・;;(謎)

夢の泉デラックスで登場したメタナイトでGO!のスーパーデラックス版。
ステージの範囲ははるかぜとともに~銀河にねがいをから、メタナイトの逆襲の最終面と銀河にねがいをのノヴァステージ以降を廃止し、代わりに新ボスを登場させた物。とはいえ、洞窟大作戦は宝箱を廃止して寄り道も不可にしてるので、第3面の城には入る事が出来ずこのステージも実質廃止されてます。
ちなみに、各作品毎にセーブが可能です。
メタナイトの性能は地上ではソードに上突きを使用可能にした物(技名は異なるが、基本的にヘルパーマスターのソードナイトと同一)で、夢の泉DXと同様の飛行方法にウイングのような当たり判定を付けた感じ。・・・分かりづらくてスイマセン;;
更に敵を倒す事でポイントが溜まり、2ポイントでブレイドorソードナイトを呼びだすナイトしょうかん、8ポイントで無敵時間並の移動力を誇るメタクイック、10ポイントで全回復可能のヒーリング、30ポイントで画面全体攻撃のマッハトルネイドが使用可能。
尚、ヒーリングが使える関係で通常の食べ物が殆ど出ません。マキシムトマトや宝箱、コピーのもとデラックスがあった場所に落ちているのみ。
・・・逆に言えば、マキシムトマトは(確か)全く登場しないです・・・;;

クリアした人には無関係の説明をすればそんな感じ。
内容的には・・・このゲーム、メタクイックが楽しいなオイ。
元々タイムアタックを目的としたゲームだから尚更ですが・・・いかにメタクイック状態で敵に突撃するかというのが熱い。洞窟大作戦のトロッコなんか乗らずにクイックで突撃してました自分・・・
ただしメタクイックで暴れすぎるとうっかりダメージは溜まるし、回復の為のポイントは少なくなるし・・・と、その辺りを考えると結構難しいゲームだったりします。
マッハトルネイドはロロロ&ラララや各ラスボスに使いました。デデデ大王辺りから流石に一撃必殺は不可能になってますね・・・
後、ヘルパーについてはヘルパーが倒した敵もポイントに入ってくれますし、メタクイックの効果も受けるのでHPが増えるボス戦時以外は出しておいて損は無いかも。

新ボスは、強すぎる力の為に封印されたという伝説の戦士:ギャラクティックナイト。
デデデ大王と同一人物のマスクドデデデ・魔神ワムバムロックの親玉にあたるワムバムジュエルと違い完全な新キャラですが、その性能は要するに強化版メタナイト。
メタナイトと違い常に浮遊してますが、プレイヤーと一定の間合いを取ろうとする行動パターンはメタナイトと同じ。攻撃法もマスクドデデデやワムバムジュエル同様、元キャラの強化版の技と新技をそれぞれ持ってます。
とはいえ、この作品では10ポイントさえあれば例え戦闘中でも全回復できるので、ここで戦う分にはゴリ押しでも勝てるかも。
ヒーリングを使えない状況下で戦うには、やはりメタナイトの攻略法を主としながらも上記新ボス2人同様、新たな攻撃についても学ぶ必要があります。
旧スーパーデラックスでは最強ボスとも名高かったメタナイトの強化版だけあって、やはりタイマンで戦う分にはかなりの強敵。メタナイトの逆襲のメタナイト戦と違って、ここでは完全にソードで戦う事を強要されますしね・・・
・・・あ、ちなみにここでマッハトルネイドは使わない方が良いです。ここでマッハトルネイドを一発使う位なら、ヒーリング3回の為にエネルギーを温存した方が良いかと。
使いたいなら使うなとは言いませんが・・・後悔しないで下さいね・・・(何)
音楽も結構カコイイ。イントロの辺りに、星のカービィ3のダークマター戦のイントロを感じたんですが・・・意識してるのかしてないのか、どうなんでしょうね?
2の仲間達がストーンで出演し、初代やきらきらきっず、64等色々な所からアレンジBGMを持って来た今作ですから・・・意識しててもおかしくないですし。
ところでギャラクティックナイトって、もしアニメに続編があったら何らかの複線張って出てきそうだよなぁ。伝説の星の戦士とか、或いは星の戦士だけど操られて強敵として登場とか。そしてメタナイト卿は伝説で彼の事を知ってるとか。

カービィ界のカッコイイキャラ代表メタナイト様ですが・・・このモードは本人的にはマジメなハズが見てる側にはギャグにしか見えない要素が多いです。
決定的なのが、メタナイトの逆襲面のOPとED。状況的には「メ、メタナイト様がやってきました!まっすぐこちらに飛んできます!」って感じじゃなかろーか・・・
EDに至ってはあの音楽で沈んでいくハルバードから脱出する・・・メタナイト。って、自分でハルバードを落としてどーすんですか!!
・・・いや、まぁ夢の泉DXの時点でメタナイツに襲われたりメタナイト同士で戦ってたり、見る側にはギャグでしかない要素が多かったんですがね。
密かに見所なのが、ギャラクティックナイト登場・・・の前のギャラクティック・ノヴァのシーン。銀河にねがいをの後のストーリーという前提だからか崩壊していたのが復活するような演出で登場し、しかも本当に願いを叶えちゃいます。
ポップスターを我が物にしたいというマルクの願いに対しては真っ直ぐポップスターに向かい、しかも太陽や月に力押しで進もうとしていたノヴァさんですが・・・本当に魔力的な物で願いを叶える力を持っていたんですねぇ。
密かにカービィに破壊された左目は修復されてないのがポイントです。

EDは銀河にねがいをのEDをメタナイト風にした物。
ギャラクティックナイト・・・お前は爆発しちゃいかんだろう!!(笑)
スタッフロールも新バージョンです。メタナイトで見るというのが新鮮だなぁ。
最後の方に、仮面を外した後姿の一枚絵があるんですがアレはどういう意味だろう・・・

ゲーム全体としては、完全なタイムアタックだった夢の泉デラックスのメタナイトでゴー!に対し、一応のストーリーを作りつつ強化した作品。
先述のメタクイックやヒーリングの存在から、タイムアタックにおいてもこれらの技を何時使うかがカギになりそうです。
自分はまだタイムアタックには挑戦してませんが・・・色々極められそうですね。
ムービーや途中セーブがあるので、タイムアタックを意識しなくても楽しめる作品になったと思います。とりあえずメタナイトの逆襲編は完全にギャグです。
ただし、途中セーブがあってもステージセレクトはできないので注意。この代わりにメタナイトの逆襲はステージセレクト可能になった・・・と言っても良いのかも。

余談ですが、このモードはゲームオーバーもちゃんとメタナイト仕様になってます。これまた色々とシュールなので、一度は見ておくべき。



新モード4(公式未公開)

真・格闘王への道

「ヘルパーマスターへの道」・「メタナイトでゴーDX」をクリアすると出る隠しモード。
「格闘王への道」のクリアは条件に入るか分からないですが、いずれにせよほぼ全てのモードのクリアを必要とする最後の格闘王への道。

今作の真ボス達だけによる格闘王への道。数は減ってますがボス全員が強い為、やはり最高難易度を誇るモードになってます。
更に、回復アイテムは通常トマトが5個だけなので回復も殆どできないです。マキシムトマトに換算すると1個分しか回復できないと思うと良いかも・・・

真通常ボス6人と四天王4人の合計10人抜き。といっても、完全なアクションモード新作は大王の逆襲のみなので、最初の6ボスは全て大王の逆襲からの出典です。
前半6ボスで驚くのは、ここにクラッコJrリベンジが入った事。格闘王への道では出なかったのがここでは出るんですね。数合わせのような気がしないでもないですが・・・;;
しかも、ここで登場するのに見合った実力を持ってる。能力によってはクラッコリベンジより苦戦しますよ、クラッコJrリベンジ。

四天王1人目はマスクドデデデ。
・・・四天王1人目だってさ!公式設定上ではゲーム中4番目に強いボスという事じゃないですか!ここまでの地位なんて本当に久々だよ凄いよ大王様。
ハンマーは投げず、その時持ってる能力で戦う事になる今回のマスクドデデデ。
先述の通り、マスクドデデデは「スキがあっても火力が高いコピー」があると倒しやすいのですが・・・逆に、火力が無いコピーだと時間はかかるし、デデデの技によっては仰け反らないしで苦戦する事も。
ミラーやニンジャ等だと結構厳しかったりします・・・うん、本当にハンマーを投げてくれる大王の逆襲のマスクドデデデは紳士だわ(ぇ)
そうでなくても、この後に更に3人のボスがいる事の緊張から焦って逆にダメージを受けてしまったりするのかも。そんな諸々の理由で大王の逆襲で戦った時よりも強く感じやすいマスクドデデデですが、ここはまだ通過点に過ぎない・・・
そうそう、メタナイトが初登場した夢の泉の物語以来、メタナイトと共演した作品では本当に久し振りにボスとしての地位がメタナイトより上だったりするんだよ今回の旦那。強化版メタナイトはメタナイト本人じゃないですしね。

四天王2人目はワムバムジュエル。
カービィでワムバムジュエルと戦えるのはここだけ。魔神ワムバムロックは登場せず、最初からワムバムジュエルとの戦いになります。
元々全ての能力で戦う前提のボスなので、ヘルパーマスターで使った戦法がある程度は使えますが・・・カービィの飛行方法はホバリングなので、一部のヘルパーでやったであろう高く空中ジャンプしながらの攻撃ができない点には注意。
耐久力が高く、攻撃のタイミングも制限されてるので長期戦になりがち。ピンチになると攻撃にも変化が起こるので、むしろ集中力との戦いになるかも。
マスクドデデデとワムバムジュエルは後の2人のボスと比べると攻撃の回避がしやすい方。残り2人との戦いの為にも、極力体力を温存しておきたい所。

四天王3人目はギャラクティックナイト。
カービィでギャラクティックナイトと戦えるのはやっぱりここだけ。メタナイトでゴーDXにあった技は使えないので、完全なるタイマン勝負。
ここで改めてメタナイトの強化版である事を痛感します。上記2人よりも攻撃が読み辛いのでノーダメージクリアはかなり難しいし、辛うじて倒してもアイテムが無いから最後のボスで・・・なんて事もありえる話。
ちなみに自分は例によってジェットでクリアしたのですが・・・チャージさえしていればジェットダッシュで一瞬で背後に回れるので、意外と倒しやすかったです。
その分、他の能力で戦った時は相当苦戦したんですけどね・・・;;
元々ソードで倒すには厳しい相手だったけど、今回は他の能力が使えるのがプレイヤー的に嬉しい所。遠距離技コピーで挑戦しているなら、相手の攻撃のタイミングに注意しつつそれで削っていきたい所です。

そして四天王最後の1人、今回の真のラスボス・・・
中ボスは夢の泉デラックスからの登場ですが、初代の強化ボスにデデデ大王の強化版、ワムバムロック強化版にメタナイト強化版と来れば・・・残るボスは1人しかいない!
というワケで、ここで初登場となるのがマルクソウル。マルクの強化版です。
銀河にねがいをでカービィに倒されたマルクがノヴァの力を吸収し、巨悪の魂として蘇ったこのマルクソウル。・・・これ、マルクとしては生きてるんでしょうかねー。その辺りちょっと気になります。
というかマルクソウル、ギャラクティック・ノヴァのパーツを物理的に吸収してましたけどノヴァ自身は四天王3人目復活の為にメタナイトによって復活したワケで・・・ここではマルクがノヴァ破片をって・・・アレ??;;

ここにきて、トラウマを植え付けるようなボスが登場です。
まず、休憩所で次のボスが誰かを教えるあの看板の時点で強烈すぎる。四天王は全員キャラの絵が赤系の色で表示されるんですが、そんな赤系の色であのイッちゃってる顔がドアップ。怖い、怖すぎますってアレ。
その上四天王の休憩所って、激戦前の雰囲気というか少し静かで怖めの音楽なんですよ・・・その音楽であの看板。ちっちゃい子が見たら泣くよアレ。
そして倒された時は体が左右に分裂しながら断末魔をあげて爆発。いや、自分的には看板の方が怖かったんですが、こっちがトラウマインパクトな人もいるでしょう・・・
このゲーム・・・難易度的にもマルクソウルの演出を考えても子供向けじゃねーよ!自分でも手こずった&怖かったからな!もう慣れましたけど!!(^▽^;)

例によって、戦法はマルクの技を強化した技と新技が2つ。新技は両方分裂してからの攻撃。特に2つのエネルギー体になって突撃してくるのが厄介なので注意。
カッターやイバラのタネは数が増えたり、矢は範囲が広がり、氷玉はカービィを追ってから発射する上にガードしていたらほぼ確実に直後の破壊光線を喰らう等、色々と強化されています。・・・が、元のマルクの技を見切った上でこちらの戦法にも慣れると、結構見切れるようになります。強化ボスの宿命でしょうか・・・
マルクと同じ感覚で行くと多分真っ先に開幕ブラックホールに吸い込まれて終了になりそうですが(笑)。初戦時は何があるか分からないと隅の方にいたんですが、本当に隅にいておいて良かった・・・;;
でも初めてうっかり吸われた時、あの初めてマルクと戦った時にブラックホールに吸われて死んだあの思い出が蘇りました(ぇ)。やっぱり吸われたくないなぁ・・・;;

真・格闘王への道は、シリーズ全体を通してもかなりの難易度だと思います;;
まずはストーン等を使って相手の攻撃パターンを知り、それを意識した上でプレイすると良いと思います。ラスボスのマルクソウルを含め、事前知識無しでいくと確実に殺されると思った方が良いかなと。

ちなみに自分はジェットの他、ミラー・ニンジャ・ヨーヨー・ハンマー・スープレックス・プラズマ・ビームでクリア。色々試してます。
そして・・・この間、ついにすっぴんでもクリアしました・・・!初代ボスばかりだからと出来心(?)で挑戦を始めましたが、クリアできましたよ!ギャラクティックナイトが鬼門すぎます。最初は無理ゲーと思いましたよ。

初代ボスばかりと言えば。最初に真・中ボスオールスターズとクラッコJrリベンジを消化して、ウィスピーウッズリベンジ・ロロロ&ラララリベンジ・飛行砲台カブーラー・クラッコリベンジの4人と連戦してからマスクドデデデと戦えば、何だか初代デデデ山のボスラッシュを思い出せそうな気がします(笑)
あまりこうなった事は無いですが、なってみたいなぁ。特にすっぴんで(((



以上です・・・!一個一個が凄く長くて申し訳ないです;;
新モードは、とにかく全体通して初見殺しっぷりが凄い。銀河にねがいを・格闘王への道までの難易度は旧作と同じか或いは簡単になってるという所なのに、ここにきて難易度が一気に上がったんじゃないでしょうか・・・
とはいえ、元々旧作の範囲をクリアした後に待ち構えているモードな時点で初心者向けなワケなくて。銀河にねがいをまでで培った経験を活かしてクリアしたい所です。

本当はミニゲームや、全体通した音楽・ムービー語り等もしたかったのですが、あまりにも長すぎるのでここで終わります!
それらの語りや、最後のモードで触れたすっぴんクリア等、余裕があればまた記事を立てるかもしれません。
というワケで、ここまで読んで下さってありがとうございました!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する