えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ドわすれじゃ物理防御力は上がらないんだぜ!
一週間ぶりの日記になりますごめんなさいあうれいです・・・!;;
昨日・一昨日頃まで家族で行くトコ行ってた為にパソコンは使えない状態でした。
じゃあモブログ使えば良いんじゃね?って話ですが、モブログで使える程のネタが無かった&時間を取らなかったというのが理由です(´ v `;)
その行くトコ行く前はどうよ?って話ですが、そっちはそっちで日記を書く程のネタが無かったという所です。ネタが無かったら書かないのに、書いたらその1記事が妙に長い。そんな迷惑な日記がここ、えんかれ!です(((

そんな数日前から首と腰が痛いです・・・。今は大分マシになったから良いのですが。
気にしないでいようとしても、そう簡単に流せるモンじゃないですからね!orz
あまり長引くようじゃ病院に行った方が良いかと親とも話してたんですが、明日位に完全に引いてくれたとしたらどうしましょうか・・・

下の記事から触れ始めてる願いの洞窟ですが、まずはそこで触れた通り主パ+αの3匹連れで何度か行く事に。
99階ダンジョンかつLv.1ダンジョンなので、レベルアップするのにも潜るのにもそれなりに時間を要します当ダンジョン。
・・・更にアイテム持ち込み・仲間連れ込み諸々有りなので、時間さえかければ確実にレベルアップが可能という。故に余計に時間をかけがちです(´ v `;)
そんな状況下なので、とりあえずクリアできたのは下記事で実際に触れたクローマ同伴の他だとそこで予告したベイリ同伴・チクク同伴の2回のみだったり・・・
せっかくなので、連れて行ってみた感想を簡単(?)に述べようかと。
ちなみに2匹共わざマシン持ち込みでプレイしたので記載してますが、クローマの時は特に何も持ち込んで無かったりします。


ベイリ(ベイリーフ)
持ち込みわざマシン:タネマシンガン

『タネマシンガン』はアイデンティティ化してるわざなので持ち込みましたが、正直な所その気になればパートナーやってる妹にも扱える(というか実際にチクク攻略時は偶然拾えたのでチコリに使用した)ので、あまりベイリの感想としては触れないです。
敢えて言うなら、能力が十分ならば万が一起きたケーシィに遭遇してしまった場合に対処できる可能性がある。といった所でしょーか・・・
まぁ、結局その点もチコリでもベイリでも同じなんですが;;

ステータス的には、正直チコリータとベイリーフ間ではミズゴロウとヌマクロー程の差は無かったです。
ヌマクローは初期能力からして危険だったんですが、ベイリーフはそこまで高い初期能力でもなく。初動はチコリータより遅かったんですが、中盤以降は常にチコリータよりは上を維持しながらも程々の能力で・・・という感じです。
チコリータに無くてベイリーフにあったメリットとしては、『はっぱカッター』の早期多重習得でしょうか・・・。連結すれば『タネマシンガン』に近い感覚で使う事もできたり。
実際の所、相手を一撃で倒す前提なら『タネマシンガン』よりも『はっぱカッター』2連の方が使い勝手良い時もあったり。
普段マシンガン依存な方ですが(それでも『はっぱカッター』自体は覚えてるけど)、Lv.1ダンジョンだとまた勝手が変わるなぁ。


チクク(トゲチック)
持ち込みわざマシン:かえんほうしゃ

チククに『かえんほうしゃ』を使わせたのは今回が初です。
パールチククのサブわざに入れたので逆輸入してみたという感じだったり。
Lv.1ダンジョン以外でも投入して良い気もしたんですが枠が無い(((
カウレッズはそもそもほのおポケモンがいなく、ほのおわざを覚えるポケモンすらも少ないので、実は意外と貴重な枠だったりしますけど(´ v `;)
ストーリー中のダンジョンがあまり良くない所にある・・・というのが大きな理由だと思うのですが、何故かポケダンではほのおタイプの使用頻度が悪いなぁ・・・;;
ダンジョンの終盤、大量に出てくるハッサムを次々と『かえんほうしゃ』で焦がしていくチククさんの姿は何か印象的でした。色々な意味で(((

トゲチックの特徴としては「ステータス"は"凄い」。
とにかくガシガシ育つステータス。そしてその割にはあまり悪くない成長スピード。
・・・が、レベルわざの攻撃面の貧相さ、そして特性「はりきり」が辛い・・・orz
攻撃が当たらないのはポケモンでもポケダンでも辛いですが、それに加えてアイテムや補助技すら外しますからねポケダンのこの特性!!;;
ただ、"当たれば強い"ので通常攻撃の威力は明らかに高かったり、『ゆびをふる』で出たタイプ一致技の威力がおかしかったり・・・なんて事も。
願いの洞窟はアイテム持ち込み有り・仲間有りという仕様上、リーダーのレベルがそこそこ上がれば仲間に「つうかスカーフ」を持たせて壁の中で待機させ、近づく敵を一方的に殴らせる事も可能です。
そういう役割にしてみたり、少し後の方で交戦してもらったり・・・特性が不安要素なトゲチックですが、サポート役として連れてくるには結構使えるか?という印象でした。

そういえば、この時のプレイは何だか運が悪かったケースが多かったです;;
敵トゲピーの『ゆびをふる』が妙にピンポイントだったり、うっかり踏んだ罠がきっかけで全体的にピンチになったり。そんな感じでした。
前半で「ふっかつのタネ」が切れてしまい、中盤までは常に死と隣り合わせだったり。
・・・しあわせポケモンを連れてるハズなんですが、何故なんでしょうねー?(待て)


救助隊のプレイ記録なので性別設定面は完全にスルーです。
・・・下記事では割とフツーに触れた気がしますが、まぁそれは気にしない(((

ベイリ同伴時はオムスター、チクク同伴時はイノムーが仲間になりました。
ちなみにベイリ同伴での攻略が終わった後、仲間にしてないポケモンの能力を改めて調べてみて、どのポケモンを願い事で仲間にするか考え直してみてます。
主にレベルアップ速度が厳しいだけで能力は大差無かったり、逆に野生のポケモンを仲間にして短期間で進化できそうだったり、逆に進化前から育てた方が僅かなものの上回る能力があったり。そんなポケモンは育てて入手する事に。
その結果、残っていたポケモン達の内、願い事で入手するポケモンを約半分にまで絞れました。イノムーはそこで絞ったポケモンの一匹という事になります。

誰に絞ったかまでは書かないものの主に野生入手が難しいポケモンの方が多いんですが、そんな中カブトプスとトゲピー浮いてます/(^0^)\
トゲピーが残った理由についてはそもそも第一目的なので下の記事を見て下さればOKなんですが、カブトプスはもう直前にオムスターが入ってしまったからとしか(((
ちなみにカブトプスもオムスターも、進化前から育てようが進化系を直接育てようがそこまで大きな差は無いという・・・


話が微妙に変わるんですが、空の探検隊の体験版をプレイしてみました!
Wiiの某チャンネルから。実家で体験版ダウンロード機能を使ったのも、下の妹に自由にポケダンをやらせたのも初めてな気がします(((
体験版主パはあの組み合わせなんですね。・・・実際に製品版で使う事になりそうな可能性高いコンビだったんですが(ぇぇぇ)

当チャンネルの空の探検隊の紹介映像で流れていた、DS音源版と思われる探検隊のテーマに地味に感動しました。時闇はゲーム中では未使用だったですし・・・
後、明らかに多いシェイミに噴きました。いや、映画でもモブの如しの数でしたが。
ところで、サブストーリーはとりあえずあの5組にはあると考えて良いのでしょーか。
ギルドメンバーの某ポケモンは、可能性だとプクリン・ビッパに次いで高いとは思ってましたが、まさか本当に出る可能性濃厚とは・・・
5組・・・というと十分な数ですが、果たしてそれ以上はあるのか・・・気になる所です。

・・・ふと、空の探検隊発売までにコータでもヒーザでも良いからゼロの島南部クリアしたいなぁと思ったのですが、色々と最初から無理な気の方がしてます(オイ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する