えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
やっぱり、探検隊にも優雅さは必要だよね
空の探検隊、土曜日にEDまで進みました!
・・・前回から、それまでとはうって変わってのペースで頑張りました(´ v `;)
丁度発売から2週間ですね。そういえばプラチナも発売2週間でEDだったような。
本当に、そういう傾向でもあるんですかねー?自分。

というか下の記事を書いてからすぐに、未来世界編をその日中に終わらせたんですが何だか凄く目が疲れた・・・;;
最近ゲームしたいという欲より、寝たい休みたいという欲が強くなってきたような気がするなぁ。うーん良い事なのやら悪い事なのやら・・・(・ω・`)
徹夜して終わらせる!という事も無かったですし。でもネタバレを見てしまうのは防ぎたい。そんな日々でした。
・・・スペシャルエピソード5は終わってないので、自分にとってのネタバレ解禁はまだまだ先という事になりますが・・・
というか、本編のネタバレはむしろ気にする必要無い部類ですし。

スペシャルエピソード4の話題を主に、本編の話も書いていきます。
尚、今回の記事は最後の最後に名シーンブレイカーな画像を用意してあります(ぇ)
やっとの思いでという感動をぶち壊したくない方は、うっかり最後までスクロールしないように気をつけて下さいね!!;;


ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊 ~プレイ日記その5~

・現在時点:ED直後
・現在メンバー(主パ)
  チコリータ♂Lv.50:コータ
  ヒコザル♂Lv.51:ヒーザ
・現在メンバー(コーヒー既存。反転表示)
  アメタマ♀Lv.36:ツユ
  ドジョッチ♂Lv.32:どっちょ
  メリープ♂Lv.30:リム
  スコルピ♂Lv.30:コーピン

・現在メンバー(新規。反転表示)
  結局ED前メンバーは全く変わりませんでした



・スペシャルエピソード1・2・3・4クリア済み
・現在の主パと一般隊員の話

前回の日記でも軽く触れた通り、一般隊員は今回の攻略範囲での出番が皆無。
倉庫がピンチ&ゴールドランクが目の前だったので、その為に少しだけ寄り道しましたが・・・依頼をこなす事を優先した為に意図的な経験値稼ぎはしてないです。
未来世界に行く前にそんな経験値だったのか、どっちょだけさりげなくレベルアップしてますけど(´ v `;)
温泉に行く為の滝壺の洞窟にはツユと当のどっちょを連れていたけど、そこで得られる経験値は割と今更のような数値だしなぁ。

主パのレベルは結局、闇の探検隊ED時+5~6で収まりました。
未来世界以降は意図的な稼ぎを殆どしてないですが、かといって即降り体制も取ってない(全部屋巡り→階段へという流れ)です。
というか、未来世界編が終わる時点で闇の探検隊で闇のディアルガを倒したレベルに達していたような・・・アレ?(´∀`;)

レベル補正に加え、今回のコータは最終戦前に『ひかりのかべ』を採用した関係で闇のディアルガ戦では回復忘れによる一度しか倒されなかったです。
ヒーザが『ときのほうこう』を喰らって大ダメージを負う中、コータはほぼ確実に『こうごうせい』で回復し切れる範囲って・・・
というか『リフレクター』や『ひかりのかべ』ってダメージ半減だけでなく、対象の攻撃に対する回避率UP補正まであるんじゃないの?って思う位コータが『ときのほうこう』避けたんですが。パルキア戦はどうなるだろう;;
また、コータはヨノワール戦の少し前に『エナジーボール』を入れてます。
マシン自体は前半に手に入った上に明らかに『はっぱカッター』より使い勝手良さそうでしたが・・・闇ではED後に、PP切れを起こした『はっぱカッター』の代理で入れたのが定着した形だったので今回はいつ入れようか悩んでました(´ v `;)
今ではコータ唯一の攻撃技として、自分の中でもコータ=エナジーボールが定着してたんですけどね。だからこそ悩んだというか。
尚、現時点で既に技構成が空探コータ=闇探コータ=パールコータ(全形態)だったり。多分もう変わりません。

ヒーザは前回早い内に消した『ちょうはつ』を最後まで残しましたが、これもかなりの使い勝手。むしろ前回何故消した。
『なまける』共々、今回は"じょうたいかくにん"を早めに習得できた事が使い勝手の良さに繋がったんでしょうけど・・・。
ヨノワール&ヤミラミ、時限の塔の敵モンスター全般等、補助技が鬱陶しいポケモンがかなり多かったので、その中で大活躍でした。

空の探検隊発売前は、リオルとかイーブイとかストーリー攻略において強すぎね?とか思っていた物ですが・・・結局の所、チコリータ&ヒコザルは個人的にかなり使いやすかったです。前記2匹じゃできなさそうな事もできましたし。
というかチコリータが御三家随一のサポートタイプ、ヒコザルはレベル技が器用と、主に補助技面で凄く充実してました。
一度同じメンバーでクリアしているから、反省が効いてる所が大きいですけどね。

トレード品は未来から帰ってきた時にデンリュウ☆☆☆が、その少し後もメリープの☆☆☆も来たので入手。
ギルドに帰ってきた瞬間トレード開始です。相変わらずだなコータさん。
・・・未来編前日のダンジョン+未来編+キザキのもりで、異様なまでにはこが溜まっていた事もありますが・・・
また、幻の大地突入前になって「ひのこのぼうし」入手。
効果は特性「ほのおのからだ」と同じなので、もしかしたら自軍で使う分には能力補正の「みがるなおまもり」の方が使い勝手良いかもしれませんが・・・わずかな決定力補佐として助かった場面もあるのも現実だったり。
ちなみに闇の探検隊では手に入ってないです。まさかの先に入手。



・ストーリー的な話

言うまでもなくクリア済みの話なので、長くは語りません。
1年以上ぶりに、自らの主パで迎えた本編シナリオ&EDでしたが、相変わらず切なさが襲ってくるというか、その後のイイハナシダナーっぷりを感じるというか。
「いま・・・コータはいない・・・」の辺りで涙線崩壊寸前を感じました。逆に言えばその辺りで寸止めでした。・・・相変わらず泣く事はできないんだな自分!!;;
コータとヒーザ、それ以外のキャラにもイメージがほぼ定着した後なので、脳内言い回しのイメージ再生のされ方がまた変わってきました。
そういや、闇クリア時はまだコータ=(準)無口キャラは定着してなかったような。
多分ミズゴと大差無いイメージだったと思うよ。今大差あるかどうかは分かりません。
・・・ところで、パートナーの回想シーンの曲って前より前奏長くなってる・・・?



・スペシャルエピソード4の話(攻略編)

本編の流れとは打って変わってスペシャルエピソード4。
ミミロップ主人公に、チャームズが主役の「チャームズさんじょう!」語りです。
・・・時闇プレイ済みの身にとってはともかく、空で初プレイの方にとってはここで初めて知る事になるんですよね?チャームズ・・・
いや、かといってジュプトルエピソードの後に出てこられても困るでしょうけど。

終始初期メンバー3匹で行動する今回のエピソード。
故に初期わざの選択というのも計12個になってしまうわけで、好みのわざだけに絞るのは困難通り越していると思います。
その為、ある程度の技の妥協は必要・・・ですが、ミミロップ・チャーレムの2匹は1レベル上げた時点で覚える技がかなり重要なので、何も4つ全てを気にする必要も無いかと。
3匹で行動する為に相互にサポートすれば問題無いですし、主力技があれば何とかなる所もあると思いますので、1つ位使わない技があっても良いです。
それでも技に不安があるなら、わざマシンを使えば問題無い・・・ハズ。
敢えて言うならミミロップは『はたく』or『でんこうせっか』と『とびげり』、サーナイトは『ねんりき』、チャーレムは『こころのめ』or『はっけい』が欲しい所。
登場ボスはかくとうタイプで弱点が突けるポケモンが多いのでそこは優先したいですが、逆に言えばそれ以外のサブウエポン的な物はそこまで気にしなくて良いかと。
完全なハズレわざがあるとすればミミロップの『おんがえし』。全くかしこさ伸びてないのにどうしろと。その前にどうやって進化した。
未確認だけど『はねる』も言うまでもなく使わないだろうし、全ボス物理系なので『ミラーコート』の用途も少ない。ハズレ多いなぁミミロップ・・・;;
サーナイトやチャーレムが『めいそう』等の積み技を覚えている場合、ひたすら積みまくって、戦えー!と言いたくなるような状況も出がちなので、ある程度積んでからor最初から使わせないようにしてしまっても良いかと。

ミミロップの弱点として装備品が意味を為さない事。ミミロルが主人公にならなかった理由を、改めて思い知らされるスペシャルエピソードです(´∀`;)
むしろこのスペシャルエピソードが、ミミロルが主人公にならなかった分せめての・・・みたいな感じなのかもしれない。
また、慣れるまでの問題だっただけかもしれませんが意外と打たれ弱く、意外と倒されやすいので特に最初の内は注意。
特にサーナイトの防御面はステータスからして辛い。だから積みまくるのかもしれませんが、でもお願いだから戦って下さい。



・スペシャルエピソード4の話(ストーリー編)

これまでのスペシャルエピソード1~3、そして未プレイのスペシャル5と比べても、おそらく毛色の違うであろうスペシャル4。
何というか、1~3がギルドメンバーにまつわるハートフルストーリー。5は多分シリアスなんだろーなー。とか予想してますが、このスペシャル4は明らかにノリが独特。
タイトルロゴ、専用BGM、ミミロップのキャラ性、全てがノリが良い!良すぎる!!
どう言って良いのやら分かりませんが・・・ノリが良すぎて毛色が違う・・・きっと、プレイ済みの方には言わんとせん事は分かって下さると思います(´∀`;)

ただ、当初は単なるチャームズの1つの探検を描いたストーリーという事としか思って無かったのですが、いざプレイしてみると色々と伏線が凄い。
ED後に存在のみが語られるチャームズとあのポケモンの初めての出会い、いかにも存在感がありそうだったのに時闇では実はモブに近かったあの探検隊(?)の登場、本編中唯一語られなかったあの物の場所・・・

・・・・・・前回、前々回と直接のネタバレはある程度避けて語りましたが、なんだか上記のあのコレとかあのアレとかあのソレとか直接触れないと語れ無さそうなので、ここから先はネタバレ全開でお送りします!!(´∀`;)
元々いないとは思いますが、未クリアだけどうっかりここを見ちゃってる方はここから先は読まない事推奨です;;


まずチャームズ全体の話。
チャーレムのモーションとか言動とか一個一個面白いです。ポーズのバリエーションは一番多く用意されてるんじゃないかアレ。
戦闘モーションもバトレボと一緒とはいえ、それすなはち格好良かったりしますし。チャーレムやブーバーン辺りは動いてる姿を見て評価されるべきポケモンだと思う。
そういえばポケセンで一時期配信されてた体験版ダンジョンでも、どうせアタシは・・・みたいな事を言ってたらしい事が語られていたような。チャームズのチャーレム良いなぁ。実はスタッフに一番愛されてるんじゃないかコレ。
サーナイトも、意外とフランクな喋りな事もあるよねという印象。チャーレム共々、救助隊に出てきた同種キャラや時闇では見られなかった一面が見られます。
でもミミロップのキャラが良い感じに掴めない(掴めないのか)
度々語尾に付くハートマークが気になる。多分考え方は大分マトモなんだろうけど、会話のノリの良さとハートマークのせいでそれが掴めない(^q^)
・・・うん、リーダーとしてという事含めてマトモだと思いますよ。正義感も強いですよ。美しく格好良いですよ・・・ただ全体的にやっぱりノリが、ね(´ v `;)

次にプクリン。この時点じゃ親方じゃないらしいのでプクリン(そういう理由かよ)
とりあえず登場するのが予想外でした。というか、もう少し前には既に会ってるもんだと勝手に思っていました(´∀`;)
探検家アーマルドの一番弟子だとか、ししょーとしかコンビを組んだ事がないだとか、ししょーの話題が度々出てくるのが嬉しいです。
というか、プクリンになって以降ギルドを建てる以前の現在でも、ちゃんとししょーとの交流があるっぽいのが嬉しいです。
・・・探検隊アーマルドの一番弟子と、自信を持って名乗っているのはししょーがちゃんと自信を持って名乗れる身分になれたのか・・・と思ったが、或いはプクリンが何も考えていないのか・・・。ししょーの知名度は置いといて。
自信を持って名乗れる身分・・・の意味はスペシャル2のラストネタバレな話なので、直接は書かない方向で。
既に天才探検家として一部で有名になっているらしいプクリン。・・・チャームズはししょー共々知らなかった?みたいですが・・・
プクリンになった現時点で、「若い探検家」で「ししょーとしかコンビを組んだ事がない」んですよね・・・?プリン時代凄く短かったんでしょーか?(´ v `;)
後プクリン関係で気になる時系列といえば、ギルドを開いたのとペラップを弟子にしたのはどっちが先?って所ですけど・・・流石にもうそこまで語られないかなぁ。

チームMAD。パッケージになった時じゃ出番無かったのに今回は(ふくろだたき
以前から疑問なのですけど、結局このチームって盗賊団?それとも探検隊??;;
盗賊団を名乗っているけど、盗賊団とも探検隊とも取れる発言が多いんだよなぁ。
探検家として精神的に再起不能になるまで、他のポケモンを叩きのめした事がある・・・のは嘘だったみたいですし、本編中も何も無いようにトレジャータウンに現れてますし、しかもマジメにゼロのしまを探してますし。
案外、他のポケモンを脅しはしても強盗行為はあまりしてないんじゃないの?と思わないでもないです。単に脅しを掛けている上にその実力が本気で高いというだけで。指名手配もされてなさそうですしね。
いや、強盗行為で指名手配される世界だとしたら、既にコータさん指名手配されてそうな気もしますが(((
或いはこの当時が一番血気盛んで、探検隊本編になる頃にはほぼ探検隊と言える程に落ち着いてきたのかもしれません。色々考えられるなぁ。
・・・だとしても、「探検隊の風上にも置けないね!」とかその辺りはお前ら本当に盗賊団か?という気がしないでもないですが!(笑)
それにしても、マニューラの格好良さが目立つなぁ。美しさ・・・は違うと思うけど、格好良さなら本当にミミロップと五分五分なんじゃないだろうか。

メタモンですが、とりあえずキレイハナの顔の時点で噴けました。
おっ!このエピソードにはキレイハナが出るのか!と思ったら顔がメタモンってw
オタチは辛うじてどっちとも取れそうだったんだよなぁ。いや、改めて見るとやっぱりメタモンにしか見えないんですけど。
でもその2つ以上に、宝箱に顔グラを用意したチュンソフトに笑いましたがww

今回のエピソードで明らかになる、本編中唯一語られなかった2つ目の時の歯車の所在。
という事は、本編中とはそう遠く離れてるわけでもないのでしょうか。スペシャル2とかは結局どこか分かりませんでしたしね。
直接時の歯車が写される直前まで、時の歯車の存在を疑いもしませんでした(´ v `;)
闇の探検隊の頃からそうですが、どうでも良い所は心配したり疑ったりするのに、大事な所は全然予想できないな自分(ぇ)
・・・でも、今回本編中にジュプトルが2つ目の歯車を盗んだ時にも思ったんですが、ここ・キザキの森・熱水の洞窟・流砂の洞窟・大水晶への道の5つが時の歯車の所在として、闇の探検隊のOPにあった火山のような場所って結局なんだったんだ?;;

救助隊アレンジBGMは2曲。友達エリアの曲をダンジョンに使うという発想は無かったぜ。おかげで中途半端に違和感がありました(´∀`;)
今作が初耳とかなら違和感無く聞けるのかな・・・どうなんだろう。
巨大岩石群は結構大きくアレンジしたなぁ。前回聴いた某ダンジョンと同じ理由で、パッと思い出せと言われると辛いですが;;

余談ですが、今回のエピソードでアメモースが敵出現してくれたって事は、ツユを進化させたり静かな川を出したりせずとも、グレッグルの店でアメモース☆☆☆が並ぶ可能性があるって事ですよね。やったーぃ。



長くなりましたがここまでになります。
スペシャル4の話題が全体的に何が言いたいか分からなくなってしまったような気がします;;すいませんorz
いや、何か語りたいんですけど大事な事を落としているような、大事な事を語れるだけの文才力が不足しているような・・・

次回は遂にスペシャルエピソード5の話題へ!
今からスペシャルエピソード5を出せるよう、ED後の話を進めていきます。まずはVS悪の大魔王だ!!
というワケで今回はここまでです。読んで下さってありがとうございました!














・・・あ、この先に進みます?














とりあえず、画像を載っけてから僅かに語りますよー。














先に書きましたが、名シーンを軽くぶち壊している写真がこの先に待ってます。














良いですか?














・・・・・・・・・・・・














じゃあ次には置きますね。















闇のディアルガって笑えたんだ!(←)






この時点で神曲が止まり、直後に何事も無かったようにイントロだけ再生→戦闘終了でした(ぇ)


というワケで、ディアルガ様はぷっかつのタネを発動してくれました(((
残念ながら、ジュプトル同様ヨノワールさんでは発動しなかったです・・・(・ω・`)
戦闘中にかしこさを活用してくる上に道具を投げ返してきたという事も聞いた事があったので、まさかと思ったんですが・・・やってくれました。
というか、時限の塔を攻略する時に普通にぷっかつのタネが落ちてたんですがwこれはやるしかないと思ったぜ(思うな)
ただ、1個は持参していた為に「ぷっ」と言わせるか言わされるかの戦いでした(意味不)

あ、この手の検証は一応ノーセーブで進め、検証が終わったらリセットして入口なり中層部なりからやり直し普通にクリアしています。
ジュプトルとヨノワールは不発に終わったタネが勿体なかった為。ディアルガは、いくらなんでも本当にこんな終わり方されても困りますし。あははは(´∀`;)

・・・むしゃくしゃしてやりました。今は凄く反省しています(´ v `;)
ただし後悔はしてな(ときのほうこう
変に前振りしておいて、やってみた事があるという方がここに辿りついて下さった場合、既出的な意味で期待外れな物ですいません;;

・・・お粗末様でした。というかごめんなさい。
あ、今度こそ終了です。これ以上は流石に無いです。
二度目になりますが、こんな所まで見て下さってありがとうございました!!;;
普段はこのテの催促はしませんし、そもそもそこまで気にしてもいませんが、ここでつられて「ぷっ」と言ってしまった方は是非拍手して行って下さると嬉しいでs(止めなさい)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する