えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
2週間は超克した感想的な何か
14日頃までレンブのみを育てていたんですが、ある日諸事情につきDSに触れない時間があった為、結局パール・プラチナ共に2つしか実りませんでした。あうれいです(・ω・`)
8月1日にピチューとアルセウスの厳選をして2週間も経過してますが、今更ながらピチュー・アルセウスの廃人記と映画感想を書こうと思います!
去年と同じ形式で、廃人記的な物を先に書いて続きページに感想及び廃人記補足的な物を書くつもりです。
廃人記補足を続きページに持って行く理由は・・・まぁ映画のネタバレOKな前提で話したい内容だからという事で。アニキの『エナジーボール』話題に近い理由です。ウン。

☆ピチューとアルセウスの概要は、公式にも散々公開されてきて今更なので書く必要も無いハズ。そうでなくても既に配布が経って長いので、こんな所で書かなくても知ってるよーな所があるでしょうしね。
敢えて書くなら・・・ピチューの性格が「ようき」固定だという事位か・・・?
☆ピチューは自分の前売り券としての1匹のみ。アルセウスはパール・プラチナでそれぞれ受けとっていて2匹います。


☆ピチュー
ようきな せいかく。ものおとに びんかん。

HP 13
攻撃 30
防御 18
特攻 13
特防 4
素早 31

アルセウス(パール)
まじめな せいかく。ちょっぴり ごうじょう。

HP 14
攻撃 7
防御 21
特攻 26
特防 29
素早 29

アルセウス(プラチナ)
すなおな せいかく。かけっこが すき。

HP 22
攻撃 18
防御 21
特攻 28
特防 29
素早 30


ピチューは性格固定の甲斐あって厳選はしやすかったです。
それもどういうワケか、『ボルテッカー』持ちピチューとしては最良の性格とか、ねぇ。
攻撃U・素早Vの、ガチ仕様にも耐えうるピチュー。防御面は低めですが、元々ピチューだろうがピカチュウだろうが、例えライチュウであっても『ボルテッカー』搭載な時点でそんなに攻撃耐えられませんって。
進化させるかどうかはやっぱり未定です。ハート・ソウルでギザミミピチューを見た感じで決めようかなぁ。まずはこのままハートゴールドに送りたいです。

パールアルセウス。こちらは初期技をそのまま使おうと思ってるアルセウスです。
『シャドーダイブ』を使うには少々攻撃に不安が残りますが・・・何が気に入ったって、去年のシェイミに続いて割と映画っぽい雰囲気もあるその性格。
勿論、これだけで判断するには難しい性格ではあると思いますけどもね。ただまぁ、無補正なので初期構成で使う分には丁度良いとは思います。
・・・これで「にげるのが はやい」だったら自分はセーブしていたのだろうか・・・;;

そしてプラチナアルセウス。こっちは努力値も技構成も色々遊ぼうと思ってます。
このアルセウス・・・何が切ないって、完全にパールアルセウスの上位互換な個体値。性格は共に無補正ですしね(´ v `;)
でも、そんな完全上位互換にも関わらず性格の響きはやけに可愛らしい。やけに可愛らしく無いですかこの創造神。
防御と特防の個体値はパールと全く同じな辺り、何らかの繋がりを感じます。相変わらず攻撃は微妙な値だけど、元々公式戦じゃ使えませんしこれで十分でしょう。
ちなみに今回厳選したのはプラチナの方が後。・・・でなければ、いくら性格が(ある意味で)凄くても完全下位互換の個体値ではセーブし辛いですって。


・・・そろそろ、パールのプレシャスボックスも30に達しようとしているのですが、30を超えたらどうしよう・・・;;
とりあえず、プラチナからこっちに連れて来たイーブイを、もう一度プラチナに返そうかなぁ。あっちも多分消さないという方向になりましたし・・・
まぁ、ピチューやジラーチは向こうに行ってから帰ってこない可能性もあるんですけど。アルセウスは・・・多分プラチナにいる方を送ると思います。

続きページから映画感想を!実際に見てから2週間経ってるので、色々といい加減な所もあると思いますが、その辺りをご了承の上で読んで下さい;;
基本的に反転は無し、内容は大体キャラ毎に書いてます。
1:アルセウス

何だか主役のようで戦闘面の大活躍はできなかった去年までの2匹と違い、戦闘能力自体はズバ抜けていたDS版最後の幻のポケモン。
・・・流石は創造神である。演出する物が違う・・・(((

神と呼ばれしポケモン達の親というだけあってかかもですが、ここ3年間で一番神らしいポケモンを見たような気がします。
真摯な者に対しては慈悲深く、卑劣な者に対しては裁きを下す。というと、本当に行動的な神だよなぁこのポケモン。
そしてこのギャップが何とも怖いです^q^
映画予告及び最初の怒りっぷりを見てからだと、ダモスさんの回想シーンや最後の辺りのシーンはギャップがありすぎるww
しかしまぁ、これら全部ひっくるめて威厳のあるポケモンだったなぁ。美輪さん効果もかなり強いと思いますけども。
・・・しかし、アフレコ現場を想像すると軽く笑えるのは何とかならんのか。

それにしても、自分から戦いに向かった時は(自らの直接の分身とはいえ)伝説のポケモン3匹相手に押していけるのに、不意打ちや策略により圧倒的多数のポケモン達に攻撃された時はどうしようもできなかったりする辺り、絶対神でも無いんですよね。
どんなポケモンでもそうなのかもしれないですが、何かこう、圧倒的な強さを見せつけられるよりは好感を持てるかもしれないです。
ミュウツーも映画では絶対無敵な感じだったのが、我ココだと仲間達を守る意識が強くなって隙が出来てたり、ダークライはアルセウスとは逆で一般のポケモン達相手には優位に立ちまわれるけどディアルガ・パルキア相手に勝つ事は出来無かったり。
・・・ルギアのように、実際の所戦ってコイツ強いの?と思われるような展開もそれはそれで困るんですけどね・・・;;


2:ディアルガ・パルキア・ギラティナ

全体的にフルボッコされにきた子供達。
これらのポケモンが3匹掛かりでもボロボロ!やっぱりパパは凄いや!!
この子達3匹が全員ボロボロなのはかなり新鮮でした。・・・ギラティナだけだったら去年十分ボロボロでしたし・・・(((
しかし、ディアルガとパルキアって厳密には何時和解してたんだろう。オラシオン以来ずっと戦ってないのか、それとも映画が始まる前にシーナさんがやってくれましたなのか。
自分はてっきりまだ喧嘩してる物かと思ってまして、パルキアがディアルガに何か仕掛けた時は攻撃したのかと思いました。助けたんですかアレ。
ここからは全員一緒で語るのは辛いので個別で。

2-1:ディアルガ

探検隊でもたまに思ってたんですが、ディアルガのタイムスリップっていうのは一気に複数人飛ばせる・使うと体力を使う・過去から未来に電波を飛ばしたらまたタイムスリップしてくれる・ただし本人は飛べないというので良いんでしょーか。
よくよく考えたら、探検隊も映画も大体同じような規格の能力っていうのも凄い気がしたんですけど。この辺の能力って元々設定されてたのか、ストーリー作成上に勝手に作られたのかどっちなんですかポケダンスタッフ&映画スタッフ。
去年も一昨年も基本的に倒れている姿が出て無かったので、タイムスリップに必死で寝たきりな姿が一番新鮮でした。
それにしても何だ、ディアルガさんの思考って

映画→過去に行って未来を変えて、アルセウスの怒りを止めてくれ!
探検隊→過去に行って、未来を変えようとしてる奴ブッ殺して☆

・・・なんだこの差っていうか、ディアルガって結局何を優先して行動してるんだ・・・?w

2-2:パルキア

・・・映画パルキアの癖なのか、どちらかと言えば防戦一方だったような。一番持ちこたえてたのもパルキアだよな!凄いよパルキア!!
・・・しかし、タフなのは良いけどどこか見せ場が足りなかった気がするんだ・・・一昨年は空間パワー全開☆だったのに対しディアルガはあまり時を弄った感じ無かったから、今年は逆にパルキアが控えめに出たんでしょうかねー・・・?

2-3:ギラティナ

去年のイメージが強いせいか、残念な事に今年もこの子が一番可愛く見えました。
サトシの呼びかけに反応して、サトシとの思い出が脳内再生されて、おとなしくなって、超克して。あの一連の流れが妙に可愛い件について。
とりあえず、サトシを見る目が良かったんだ。あの中で単純にサトシと友好的なのもギラティナだけだろうしなぁ。パルキアも覚えてはいるかもしれませんが。
後に、アルセウスが改変された過去を元にサトシを思い出すシーンがあるけど、ギラティナも人間語を喋れないだけで同じような感情だったのかなぁ。

最後に思い出したんですが、結局ディアルガとパルキアが戦っていた理由って、それぞれの空間への想定外の領域侵入だったわけですよね。
ダークライ映画の時にあった「出会うハズが無い2匹」というと極端な表現なだけで、表の世界で会う分には何ともないのかなぁ。ギラティナもそうですけど。


3:ギザみみピチュー

とりあえず、想像以上に地味だったのが意外でした。ウン。
ハート・ソウルにて専用技まで用意されてるのに戦わないんですよね。何だあの設定。
・・・いや、まぁ確かにアルセウスと戦われても三竜と戦われても困るんですが。一昨年でアレだぜ?あの領域に入って行くピチューがいたらいくらなんでも怖いよ。
加えて☆ピチューはEDにすら登場しないって何ですか^q^
ウブのみが好きな設定も☆ピチューとライバル関係にある事も、アニメエンディングでしか有効にならず、映画での扱いはダモスの友人って何だこのポケモンはw
ハートゴールド・ソウルシルバーだとこの辺りの設定活かされるのかなぁ。まさか、アニメメインのキャラかと思っていたのにゲーム版にしか適応されない(かもしれない)設定の持ち主だとは思わなかったです。
・・・いや、本当にアニメとゲームどっちをメインを置くか、という意味だと、本来正しいかもしれないけど凄く斬新な扱いでした・・・;;


4:その他の皆さん

この辺りになると基本的に箇条書きです。

・金銀予告とOPのエンテイの存在感が異常
・OPのグラードンのカッコ良さが異常
・クロツグさん!クロツグさんじゃないか!!
・あの顔で本当に悪役だったらどうしようと思ってた頃があっただけに、実際のダモス氏の格好良さが目立つ。アルセウスのギャップにも近いね!
・ヒードランの伝説っぽくなさが異常
・ヒードランのGっぽさが異常
・数年前にも描写されてた気はするけど、チコリータの葉って素の状態でも切断能力あるのね
・というか金銀御三家可愛い
・まさかアニメ公式に『エナジーボール』を放った(と思われる)チコリータを見れるとは思いませんでした


5:話全体として

終盤、サトシが消えかけるシーンの辺りから思ったんですが・・・今年のポケモン映画ってアレですか?劇場版ポケダン探検隊ですか??;;
歴史改変してもサトシ達が消えないも、もうアレなのかなぁ、SE5の最後でディアさまが言ってたようにアレの力が働いんたんでしょーか。
っていうか、こうやって見てるとOPのヨノワールと冒頭のププリンはそれの複線だったんじゃないかとすら思えるからね!狙って配置したというか、むしろ今回の映画スタッフにポケダンファンになってしまった人でもいるんじゃないのかw

(ここから批評気味ゾーンなので反転)
実家に帰った際、ケーブルテレビでルカリオ映画とダークライ映画を見たんですが、それら2作品と比べると今回ピカチュウとポッチャマ以外の手持ちの出番の少なさが酷いと思います(・ω・`)
特にダークライは、一応手持ちポケモン全員に単に出るだけ以外の出番があっただけになぁ。皆出てきて皆動いてた。
ジラーチ以前の映画でも手持ちの出番が少なかった事もありましたが、あの頃は一応、短編映画もあって手持ちポケモン達の良さを出してたしなぁ。
まぁ要するに、今年の映画に登場したポケモン達も良かったのですが、既存のサトシ達メンバーも上手く活かして欲しいなぁと。
ポスターにて初のお披露目だったモウカザルとか結構期待してたんだぞ・・・!ハヤシガメもそうだけど、あれはポスター詐欺じゃないのかorz

度々言われている、ポケモン映画の怪獣映画化はそこまで気になってないです。
ただ、今年程にメインメンバーなハズの皆さんの出番が少ないと、本当にその怪獣達を目立たせる事しか重点を置いて無いのかなぁって。
三竜もアルセウスも好きですけど、そんな所が何とも切なく感じます(・ω・`)
・・・もっとも、今回はサトシ達が過去で頑張ってる間に度々未来での激戦を描いているので、話の上で重要だったわけでもないんですが・・・
じゃあギザみみピチューが出張ってたかっていうとそれは先述の通りで。結局、今年の映画で特に目立ったポケモンって誰だったんだろう・・・?;;



長々しく語ってますが、こんな感じで・・・!
良い所もありましたが、気になる所もあったで、全体を通して見ると良いとも悪いとも言えない気がします;;
どこか、人間キャラとアルセウスが特に強かった感があったなぁ。サトシの超人っぷりは今に始まった事じゃないので特に語りません(((
別に自分は人間キャラに無関心なわけでもなくむしろ好きなんですが、人間だけをプッシュしてもそれはそれで、小さい子達は興味があるのかなぁとも・・・ね;;
或いは、今回はキーパーソンとなるキャラが多すぎたのでしょかね?新規人間キャラの中でも空気と化してしまった人いるもんなぁ・・・(´ v `;)


・廃人記補足

☆ピチューとアルセウスについて、先に書かなかった事をいくつか。

パルセウスは先述の通り初期の技構成のまま使う予定なんですが、今回のアルセウスは一昨年のダークライと同じで、別に映画中で時空技を使ってるワケではないんですよね。シェイミは初期構成=映画中の技でしたけど。
故に、パルセウスの性格と初期構成を持って、ほぼ映画アルセウスを目指す事は出来なかったりするのが難しい所だったり(´ v `;)
とはいえ、映画中の性格+配布の初期構成の両方を持って、色々な意味で映画アルセウスな感じに見ても良いかなぁとか思ったりもする自分がいます(((
プラセウスを初期の技構成のままにして、パルセウスは技を変えまくるという手もあるんですが、うーん・・・そうすると、今度はパルセウスの技を自由にした理由的に、パールもプラチナも技が固定されそうで怖いなぁ・・・;;
・・・あの技構成を維持したプラチナの子もそれはそれで怖いんですけどね。主に性格的な理由で。ガチにしたらガチにしたで別の意味で怖くなりそうですが。
何だかこれはひどいレベルの略称で呼んでますが、ノリとフィーリングで感じて下さ(さばきのつぶて)

次に☆ピチュー。
結局、映画中に☆ピチューが出なかった事を考えると、なんだかんだでそこまで☆ピチューをピチューのままにいる事をイメージ的に強要はされてない気がします。
・・・まぁ、それでもまずは☆ピチューとしてギザみみとのイベントを見ようと思いますが・・・
ギザと☆に特に相互関係が無いなら、☆ピチューは独立したポケモンとして進化を考えるのはアリだとは思います。
かといって、進化してからギザみみと並べようと思うとなると、ピチューとライチュウの体格差が気になりそうですが・・・w
進化させるのと保存用と見越して、前売り券を複数買った人ってどれだけいるんだろう?
1匹しかいないけど迷わず進化させようと思っている方の意見も、それはそれで聞いてみたいですネ。
それにしても、性格固定と聞いた時は映画中で「ようき」に描かれるのかな?と思ってたんですが、そうでもないけど性格は「ようき」なんですよねぇ。
廃人の方々への配慮・・・としてそこまで考えてるとは思いづらいですけど、だとしたら、何故そこまで設定して本編のEDにしか出番が無いんでしょうかね?;;

と、まぁそんな感じの補足です。特に大事な事ではなかったとは思います(´∀`;)
非常に長くなってしまいましたがここまでです!ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました・・・!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する