えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
どっちで遊ぶ?
携帯充電器とパソコンもすぐそこなのでコードがごちゃごちゃです

書こう描こうと思いつつ結局触れず終いだったんですが、6月頃にDSiを買い、7月頃から運用していました。
それ以降はプラチナは基本的にDSi起動。主な目的がDS版同士の通信になってしまいがちな為に、ソフトではプラチナと空の探検隊しか起動してなかったりしますが・・・;;
それで、今回のハートゴールドはどっちを使うか少し悩んだんですが・・・最終的に、DSiの方で使う事にしました。
ダブルスロットは依然対応しているものの頻繁に使うとは限りませんし、DSliteは使いすぎなのかボタンの効きが悪くなってる事もありますし、DSiで使っているソフトが先述の通り少なかった事もあります。
後は・・・パール程ディープな廃人活動はしないようにという、自分に対する想いか何かですか?(違)
・・・いや、廃人化するかどうかは、終わってからの話なんですが・・・(´∀`;)

そんなわけで、昨日から「ポケットモンスター ハートゴールド」を始めました!
現在約10時間程プレイしているようですが、今はみんな大好きトラウマ牛の手前辺りで止まっています。
音楽が良すぎて聴き込んでしまったり、何となく攻略中は戦闘シーンONにして進みたい傾向があったり、遅くなる原因は多数あるんですけどね!(´ v `;)


ちなみに主人公は男の子でアウズ、ライバルの名前はヒサカキになりました。
主人公名は色々と悩んだんですが、変に即興で考えるよりは馴染みある名前の方が良いかなぁと思いこうなりました;;
自分にとってはあうれい以上に歴史の長い主人公名です。
っていうか、あうれいのあうはアウズのあうです(((
元々オリジナル金銀時代に赤か金かで(少なくとも両方は無かった)使っていた主人公名で、オリトレとしても独立しちゃった子だとか。
ちなみにオリトレとしての見た目は黄色い初代主人公みたいな感じでした。ぶっちゃけて言えば初代と金銀の中間だと思う(オイ)
・・・そんな事もあって、パールの「あうれい」をメインに置くならカントー・ジョウト圏は「アウズ」という事で。ちなみに現在はファイアレッドの主人公名でも使ってたり(´ v `;)
これまでも水面下では存在し続けてたけど、いっそ今回を機に改めて復活させてみようかなぁオリトレとして。
プラチナの主人公も「プラチナ主人公」とは明らかに別の独立したキャラになってるもんな!奴についてはそういう問題ですら無いけど!!(殴)

ライバルのヒサカキさんは、数ヶ月前にブログ中で宣言した通り。
これでもちゃんとした、実在の植物の名前なんだぜ?
でも、改めて使ってみると時たま違和感があったり。意図的とはいえ、やっぱりあのお方に名前が酷似しているせいかなぁ。


続きページから、いつものようにグダグダ書いてます。
とはいえ、今回は金銀のリメイクであるわけですから、ストーリー関係とかだと変更点しか書かないと思います。出来るだけ短く行きたいですしね・・・;;
例によって、ある程度反転して語ってます。初回なので自軍メンバーの話の方が多いかもしれません。
また、金銀のリメイクなので知名とかはあまりネタバレ気にしない方向で行きます。現在地点も、新しい場所で無い限りはジョウト・カントー問わずそのまま書くかと・・・

ちなみに9/13は「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊 闇の探検隊」の二周年、かつ「ポケットモンスター プラチナ」の一周年の日でもあります!どちらもおめでとう!!
・・・自分の場合、自分のROMの中に祝いの言葉を飛ばしたとするとどっちの祝いもこーたさんに届いちゃうんだけどな!!(((

~『ポケットモンスター ハートゴールド』プレイ日記その1~
現在地点:コガネシティ
現在メンバー

ベイリーフ♀Lv.18
しんちょうな せいかく。ちょっと おこりっぽい。

オオタチ♀Lv.18
おとなしい せいかく。うたれ づよい。

モココ♂Lv.18
ゆうかんな せいかく。おっちょこちょい。

ニョロモ♂Lv.18
おくびょうな せいかく。ものを よく ちらかす。

トゲピー♂Lv.18
れいせいな せいかく。ものを よく ちらかす。

一応の所、最終的には金銀のポケモンだけになるように縛った上で好きなポケモンや思い入れのあるポケモンをチョイスしてます。
そんなわけだから現在ニョロモが若干浮いてるのは止むを得ず。万が一最終的にニョロボンにしてしまったら救いようが無いですが、目下の所はニョロトノにするつもりですw
・・・まぁ、ニョロボンもニョロトノも、旧金での攻略について言えばどっちも使った事があるんですけどね。ウン。
また、金銀出身の思い入れのあるポケモンと言っても全員チョイスできているわけでもなく、手に入るにも関わらず入ってない子もいます;;
この辺りも、いずれは気が向いたら育てたいんだけどなぁ。
尚、各メンバーについての詳しい事はこの後に書きます。

○自軍メンバーの話

全体だと凄く長いですし、元々ポケモン毎に改行で区切っていたので、ここだけは分かりやすいように後から項目別に一回一回反転を止めてます。
特定のポケモンの事だけ読みたいという場合は、名前を見てその下から反転して読んで下さっても良いです。

・ベイリーフ(チコリータ)
今回、元々チコリータは♀を狙おうと思ってはいました。
ただ、初回に貰ったその子を使って進めるのも、拘りがあって良いよね。とも若干の葛藤があったり。そんな想いのあるスタートだった・・・ハズなんですが。
嘘みたいかもしれませんが、上記の子が初回で出たチコリータです。
え、ちょ、一発目から♀?しかも種族値と性格が一致した「しんちょう」・・・!?
HPが少々低いのは気になりましたが、ロマン的にも実用的にもこれ以上の子を望む事など無謀だと思ったので、このまま実行しましたw
後から気づいたんですが、「しんちょう」という性格自体は(あっちは粘った物とはいえ)プラチナのヒコザルと被ってるんだよなぁ。
そして種族と性別は共にポケダンパートナーでチョイスされてる子でもあるという。
このチコリータに副隊長を投影する気は全く無いんですが、こういう子で「しんちょう」が出る傾向でもあるんですか?自分・・・;;
ただ、♀である事についてはちょっと気になる事が。
今回のハートゴールド。裏パッケージや説明書において、度々♀のチコリータ(メガニウム)が出てきてるんですよね。
そんなわけで、もしかして今回のチコリータって♀が出やすい補正でもあるのか?と疑ってます。一回で♀が出たので検証はできませんが・・・
所詮は確率。12.5%を一回目で引き当てただけの可能性だってありますしね。
この辺りは、他にチコリータを選んだ方を探してみて調べてみた方が良いのかな・・・?ネタバレが怖いのでしばらくはあまり広範囲で漁る気は無いですが・・・
ちなみに、ハートゴールドの裏パッケージにメガニウム♀がいた為に自分的には初っ端から凄いネタバレを引いた気がします\(^0^)/
持ってる方は、公式サイトとかに写ってるメガニウム(「ギラティナのかげうち」とか)と比べてみてね!気付かない方が無理という違いはあるよ!
連れまわす分には、最初の最初から既にメロメロにされてました(((
人見知りしがちだったり、突然じゃれてきたり。いきなり飛びついて来るような性格には見えなかったんですが、それだけに余計なぁw
ただ、割と最初の頃に気になった事が一文。
「あ!はっぱがついている!」
・・・いや、元々じゃねぇかそれ!!(((


・オオタチ(オタチ)
オオタチは一応最初にゲットした子。
一応と言いますか、初めて出会ったオタチさんはチコリータがうっかりきゅうしょに当てて倒してしまったので、二匹目に出会ったオタチです(´ v `;)
一匹目も二匹目も♀だったんだよなぁ。というか、図鑑に最初に登録された(初めて野生で見た)オタチも♀だとか。
そして捕まえてみたら、いきなりの苦党少女の2匹旅となったのでした。
「おとなしい」性格のポケモンを運用するのはかなり新鮮。対戦じゃ殆ど使われませんし、特別出やすい性格があるとかそういうワケでもないですし。
プラチナのアメモースも同性格ですが、彼女はそもそもED後からの子だしなぁ。
オタチを捕まえた時にはチコリータとのレベル差がかなり大きかったので、前半は辛いと同時に殆ど後ろはオタチでした(笑)
4足歩行のオタチ・・・自分の目で見る分にはかなり新鮮だったなぁ。そして可愛い。
オオタチになってからも、可愛さは健在というかむしろ増してます。可愛いは正義。


・モココ(メリープ)
モココ。この子も実は出会ったのは二匹目のメリープでした。
オタチと同じように、一匹目はチコリータがきゅうしょに・・・張り切りすぎです;;
或いはサトシチコと同様の気質的な何かなのか。性格的には-補正は一致してるけど同じような性格とは言い難い何かですが(((
ちなみに一匹目のメリープは♀・・・というか、今回の自分はチコリータやオタチに限らず妙な♀運があるような気がします;;
中には、意図的に初見が♂になるようにリセットしたポケモン(※性別違いが無い物含む)までいる位だからね!本当に♀との遭遇率が高かった・・・;;
ストライクがひこうタイプなので、ツクシ戦でもありがたい活躍をしてくれました。
っていうか、具体的には言わないもののこう言うと具体的内容がバレそうな感じですが、今回はメリープの入手タイミングが良心的だよなぁ。
性格が、凄く典型的な少年漫画の主人公気質のような気がします。だからこそ、そこを面白がって運用してる所もあるんですが・・・立派なデンリュウにしてやんよ!


・ニョロモ
ニョロモ。この子の入手はかなり苦労したような。
金銀時代ではボロのつりざおでも割と簡単に捕まえられたので、今回もそうなってたら良いな・・・と思ってたんですが。
32ばんどうろでボロのつりざおを使う→コイキングがあらわれた!→コイキングがあらわれた!→コイキングg(ry
・・・この後、改めて図鑑でニョロモを見ると、どうやら32ばんどうろにはいない様子。確かいたと思うんですが、記憶が間違ってたのか元々いなかったのかどっちだろう・・・;;
というワケでキキョウシティに戻り、釣ったのですが→コイキングがあらわれた!→コイキングがあらわれた!→コイk(ry
・・・この時点で、まさか今作のボロのつりざおはコイキング固定か・・・?という事を危惧しました(・ω・`)
釣れるポケモンがLv.10固定なのはそのままなのに、釣れるポケモンは悪い方向に進んでしまったのか・・・!?とか考えました。
そうして、もういいつりざおが手に入るまでは諦めるべきかな・・・と思い、旧金銀だとどこでいいつりざおが手に入ったか調べようと思ったら。メタモンのような鳴き声が。
・・・釣れたぁぁぁぁぁぁ!つい叫んでしまった気がします。確か(((
今回は慎重に戦った事もあり、このニョロモは正真正銘、野生としては初めて出会ったニョロモです。今回は♂だったよ・・・!
妙に性格が優れてる気がしますが、それでもただの偶然です。ありがたや。
でも、特性は「ちょすい」だったんですが「しめりけ」の方が有難かったかなー?クヌギダマを捕まえようと思った時にそう感じました;;
ちなみにこの子はルアーボールで捕まえてるとか。せっかくの使い所だと思ったので、遠慮せずに使いました。


・トゲピー
トゲピーは今回使うつもり満々のポケモンでした。
プラチナでは方針の関係上使えなかった事もありますし、ジョウトだからトゲチック止まりなのが逆に良いかなーというのもありました。
ただ、タマゴ入手になる関係上、物理系の性格で特性が「てんのめぐみ」になったらどうしよう・・・とか考えたりもしましたが・・・;;
一応その場合での戦略案もあったんですが、特殊寄りの性格だったので最終的には特殊攻撃メインで詰められそうです。
しかし今回のトゲピー。手に入れた時点で覚えられる攻撃技が結構充実してしまってるモンですから『ゆびをふる』がマジ空気(((
当初は性格と今回のドットがあまり可愛く見えなかったんですが、自分なりの解釈を重ねる内にやっぱり可愛い子に。
ちっちゃい子なりの素直さを全面に出しつつも、冷静な所があるって良いと思うんだ(一体どんな解釈をしたんだ)
個性がニョロモと被ってしまったのは止むを得ず。一度タマゴを貰ってしまったら後は粘れない子ですしね;;
自分の金銀時代、何故かタマゴは手持ちの一番上に置く癖がありました。
せっかくなので今回も久々にそうしてみたら、タマゴから孵った瞬間に主人公の後へ。アニメのタマゴとかだと、最初はこんな感じの出会いなんでしょうネ。
孵ったばかりのトゲピーは、いきなり辺りを見回して煙の臭いを嗅いでました。自分的にもトゲピー的にも、結構印象的な始まりだったかもしれません。


今の所は、特にNNを考えられてないのでNNは無しです。
中には旧金の当時に名前を付けていた子もいましたのでそれに沿うのもアリなんですが、全員が全員付けられてる種族だったわけじゃないしなぁ・・・;;


○ストーリーの話

「初代ポケモンの三年後」ではなく「ファイアレッド・リーフグリーンの三年後」なので、その辺りで設定背景が異なるんだろうなぁという所がチラホラ。
ウツギ博士のタマゴに対する冷めっぷりには切なさすら感じました(←)。10年前とはえらい違った反応ですねウツギはん。
そだてやさんのやり取りも変わってるしなぁ。「なんとタマゴがうまれたんじゃ!」は何だかんだで欲しかったセリフだと思うんだ。
まぁ、FLにタマゴシステムがあったから仕方が無いのかもしれませんが・・・

ライバルの名乗り方も変わったのね、と。
最強のトレーナーになる男さ。は逆に突っ込み所を感じたとか何とか(((
でも、仮にも窃盗犯だから名前を名乗るのは逆に不自然だったのかなぁとも。今回の名前を「見られてしまった」の方が、犯人の反応としては正しいのかもしれませんw
ただ自分の場合ライバル名がライバル名なので。あのお方を意識して名付けられた、あのお方に似た名前にコンプレックスを持ってたら良いと思う(←何その妄想)

それと、これはストーリーというかボスキャラの所持ポケモンの話になるんですが。
今回のツクシ君が中々良いデザインしてると思うんです。10年越しの技術でドットが綺麗になってる事もありますが、ネクタイとかかっこかわいいと思うんだ。
そんなツクシと戦った時、二回程噴いてしまいました。

ジムリーダーのツクシはストライクをくりだした! ← ∑(゜Д゜ ) !?
ストライク♀ Lv.17 ← ∑∑(゜Д゜`;) !!??

とりあえず、初手にストライクLv.17に驚きました。
旧金銀では切札だったストライクが、今作ではまさかの初手。
って事は、このレベル以上の、更に強力なポケモンが今作のツクシの切札・・・!?ガクガクブルブル(゜Д゜;;)
とまぁ、ヘラクロスなりカイロスなり予想したものの実際には単に『とんぼがえり』を活かす為の配置で、最終的にはストライクが最後になって切札扱いだったりしますので、そこはどうでも良いんです。そこはどうでも良いんですが。
10年越にしてツクシの性別間違ってませんかゲームフリークさん。
・・・せっかくなのでおさらい。トレーナーの手持ちポケモンというのは、原則として「性別が偏っているポケモンは偏ってる方の性別」。「性別比が1:1のポケモンはトレーナーの性別」になります。
偏ってるポケモンというのは御三家やピッピ辺りが分かりやすいかと。ゲーム版ハルカのアチャモとか、シロナのルカリオ・トゲキッスが代表例です。
で、1:1のポケモンというのは多くのポケモンがそうなので、トレーナーの手持ちを見たまんまだと思いますが・・・分かりやすい例はミツルのサーナイト。ラルトスを使って無かったらあそこがサーナイト初見だと思いますがフツーに男の子です(((
ちなみに自分はミツル君もサーナイト♂も好きです(聞いてません)

今回の場合、ツクシはあぁ見えて男の子なのでストライクは。いや、ストライクだけでなく後続のトランセルとコクーンも本来♂でなければならないわけです。
それが、今回は一体何が起こったのか、彼の所持ポケモンが全員♀。
これはゲーフリが間違えたのか、確心犯的に♀にしたのか・・・どっちだ!!(笑)
これでは、この法則は知っていたけど金銀はやってないという方々が、ツクシはボクっ娘だと勘違いしそうで怖いです^q^
或いは、これは10年越にツクシ君を男の娘にしてしまったという事なのか。
いや、ポケモンにおける公式ボクっ娘と言いますと他にはリラしかいませんので、これはこれでアリなのかもしれませんが・・・w
ただ、ポケモン界数少ないショタ要因が減るのは困ると思うんですが(蹴)

もっとも、このように「男と思われるトレーナーが♀のポケモンを出す」というのは前例が無かったわけでも無く、DPtのサターンがこれに当たるんだよなぁ。
自分としては「女性設定である"ギンガだんかんぶ"というトレーナー設定をそのまま流用してしまった」と解釈してるんですが、実際はどうなんでしょ。
おさらいとして、サターンのドクロッグはDP・プラチナを問わず♀でした。プラチナだと更にユンゲラーがいなくなってゴルバットが増えてますが、そのゴルバットも♀。
また、サターンに関してはアニメだと一応男設定なんだそうです。その割には声が中性的だと思うんですが(((
・・・というか、サターンもむしろアニメ放送以前のリラと同じで「性別不明」扱いの方が良いんだろうか・・・;;
そんなサターンだったりしますが、今回のツクシの件はサターン男説への後押しになりうるかもしれません。もしかしたら。



○BGMの話

今回は金銀のリメイク。10年越にリニューアルされた(FLでアレンジされた曲もありますが)曲達についての感想も書きたいです。

まず、キキョウシティとヒワダタウンのBGMは神掛かってるような気がするんだ。
キキョウシティはどこか涙を誘うような感動がありましたし、ヒワダタウンは町の雰囲気・リメイクの相乗効果による懐かしさが強すぎる。
というか、ヒワダタウンに入ってから曲が1ループするまでその場で聴き入ってました。中の世界的にはどういう風に見えるんだアレ(ぇ)
キキョウシティは後々アサギでも使われるんだよな・・・アサギで聞いたらまた違った感動を味わえそうな気がするんですが、どうなる事やら。
この2曲はFLでもアレンジされた曲。その時も懐かしさと感動を覚えた物なんですが、何度も思い出を掘り出してくれるなぁこの曲達は。
金銀当時はキキョウ>>>ヒワダだったのが、FLではサントラのオマケの効果もあってヒワダに伸び有り。そこで今作ですが、これはもう優越付け難い。
後は、この2曲は大きなアレンジを加えてないから余計に好きになれたのかな。
ワカバタウンやコガネシティのアレンジも悪くは無いんですが・・・
特にコガネシティは、前以上に大都会っぽい雰囲気がある・・・という意味では良いんですが個人的には前の流れの方が大人しくて好きだったなぁ。
町のBGMで聴いていないのは残りはエンジュシティ。噂は色々聴いてますが、もうすぐで行けそうなので頑張って自力で聴いてみます。

戦闘BGMのアレンジだと、トレーナー戦とロケット団戦がお気に入り。
やせいポケモン戦やライバル戦、ジムリーダー戦も好きです。要するに今の所ハズレはありません。
全体的に思った事は、アレンジのノリがポケモンスタジアムっぽいなぁという事。ポケモンスタジアムで使われてても良いと思うんだアレ。
勿論、ポケモンスタジアムには原曲ぶっ壊した神アレンジまであるから、その領域には達しませんが・・・原曲重視アレンジには結構近い印象。
トレーナー戦・・・あの音楽で、通信対戦やバトルフロンティアまで出来るんだぜ・・・?そう考えるとやり込むのも楽しみになってきたんですが(←)
しかも今回はHS同士の通信であればデフォで50フラットが出来るしなぁ。通信対戦をする上では中々嬉しい環境だと思います。
ロケット団戦は軽く中毒。まだ4人分しか戦ってないのに、凄くカッコイイ曲。
ノリが良いというのもあるし、元祖悪役のテーマ補正(※初代のR団は専用曲無し)というのもあるんでしょうか。ある程度進めると聴けなくなると考えると凄く残念なんですが・・・;;



○個人的なプレイ余談

今回はぼんぐりが多く手に入るので、出来るだけ毎日ぼんぐりを集めて、毎日ガンテツさんにボールを作ってもらいたいと考えてるのですが・・・
初日でヒワダまで進んで、二日目でコガネシティなので29ばんどうろまで行ってからヒワダまで戻るのが凄く面倒。移動するだけでも色々と時間を喰いそうなので、コガネシティ南でケーシィを捕まえる事にしました。

『テレポート』があればヒワダタウンでポケモンセンターを使ってから、休み無しで29ばんどうろに行った後にすぐにヒワダまで行けますしね!という考えでした。
・・・が、やっぱり相手はケーシィ。そう簡単には捕まえさせてくれません。
ニョロモがいたので、先手を取る事はできました。しかしせっかくの『さいみんじゅつ』が当たらない当たらない。
しかも出現率が低い。せっかく出会えたのに『さいみんじゅつ』を外して一発で逃げられた時には、本気で噴きました。他のポケモン相手にも『さいみんじゅつ』を5回も外してそのまま倒された事もあったりと、ニョロモたんマジ当たらない子。
スピードボールも試してみたんですが、思いの他効果は低かったです。種族値90ではまだ足りないのか・・・?

そんな感じに虚しい時間が過ぎていきましたが、最後には何とかケーシィをゲット!
このケーシィを使い、上記の方法でぼんぐりを回収してガンテツさんに渡せました。それだけでも実に良い事なんですが・・・
ステータスを見るとこのケーシィ。特性シンクロ・性格ようき でした。
対戦で使われる性格のトップ5には軽く入るであろう性格、ようき。この性格のシンクロをこの時点で自然入手・・・だと・・・!?
たまたま『さいみんじゅつ』を当てられたケーシィがそんな感じだったのが恵まれてる気がします。ニョロモたんマジ幸運な子。

尚、この間に「正直自転車で普通にコガネ~29ばんどうろを往復した方が速くね?」という程の時間が流れていた事は言うまでもありません(((
そして、ウソッキーを退かす事ができればもっと簡単に移動できるんだよなぁ。それもそれで早くすべきなんですが・・・とりあえず明日頑張ります;;



・・・初回から日記がべらぼうに長くて申し訳ないです。自分でもまさかこんな所まで書くとは思いませんでした;;
もっとも、初回だから特に書きたい内容が多いだけで、次回からは若干落ち付く・・・と思いたいんですが・・・どうなる事やら。

そんな感じに、ゆっくりな進行ペースと長い日記により例によって例の如しの遅さになるかもしれませんが、まずはEDまで頑張りたいです。
それでは、今回はここまでになります!読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する