えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
3年待った!むしろ6年か?いや、10年か!?
ハートゴールド、ホウオウを捕まえた所まで進みました!
・・・ので、廃人記として今回書いてしまいます。
ホウオウイベント全般の話は、一部内容を今回とプレイ日記の方で小分けするかもしれませんし、書かないで終わるかもしれません(ぇ)
GBA世代では現状ポケモンコロシアムしか入手手段が無く、そもそもの使い勝手以上に厳選環境が悪くてルギアと比べ日の目を見づらかったホウオウ・・・
この度はDS版の仕様も相まって厳選もしやすくなりました。良い時代になったなぁ。
・・・ファイアレッドのしんぴのチケット、未だにルギアもホウオウも捕まえてないままになってますけど(ぇぇぇ)

ここで個別記事化する理由は前回の赤いギャラドスと同じですし、それと同様に現在はもう少し進んでます(´ v `;)
ちなみに捕まえたのは今朝です。Yさん宅の絵チャに(相変わらず絵を描くと落ちるので実質文字チャになってしまいましたが;;)お邪魔しつつというのがオールナイト気味になり、解散後も厳選していたら朝の内に何とか。
おかげで、今日は相当眠かったですが・・・やっぱり、自分には翌日に響かないようなオールナイトは無謀なんでしょうかねぇ・・・;;
廃人記そのものは続きページに行ってます。読みたいという方はどうぞ・・・!
尚、言うまでもなく「ハートゴールドの」ネタバレを含みますので、ネタバレ苦手な方はご注意下さい・・・!
更に廃人記であってそっちメインではない事もあり、今回反転は無しです。一部ソウルシルバーと共通の点もあるかとは思いますが、そこもご注意を・・・!

ところで明日がKさんの誕生日なんですが、現在どうなさってるんだろう・・・?(・ω・`)
ブログの方が完全に4ヵ月前の状態で止まってる事と、内側の事情になるので詳しい事は省きますがある事が気になっている為、いずれにせよどういう形を取れば良いか今一分かり辛かったりします・・・;;
そのある事とも別に、自分がバトンを送ってしまった直後の状態である事も引っかかってるので、尚更気がかりですが・・・
更新が止まる事には各々の事情があると思いますので、自分からは深く追求はしないというスタンスを取ってはいるんですが、そうとも言ってられにくい時期になってしまった事もあって少し水面にて触れます。お気に障られたら申し訳ありませんorz

今回のホウオウ(orルギア)は、ストーリー中のあるタイミングで強制イベントとして進行されます(前回の日記が日記なので、何時かバレてる気もしますが)
その為、RSのグラードン・カイオーガ、DPtの三竜達と一緒でストーリー中に戦わないと先に進めません。予感はしてましたけどこれまた厄介な。
とはいえ、ディアルガ・パルキアと同じでここでスルーしてもED後には同じ場所で再登場するそうなので後回しにしても良いんですが・・・(ギラティナは出現地が変わるそうなので、場所に拘るならED前に粘る必要が)
・・・何だろう。廃人だけど、それでもどこか自然な流れのプレイにも憧れるのか。ED前の今の段階で厳選して進めました/(^0^)\
勿論、反省も後悔もしていない。後悔はむしろ最終的に捕まえた個体値に後悔するか否かかもですけど、やっぱり後悔はしない。

レベルも含めてハートゴールド限定のポケモンになるかと思いますが、例によって先にホウオウの概要を。

ホウオウ Lv.45
出現地:スズのとう
どうぐ:せいなるはい
わざ:じんつうりき・にほんばれ・だいもんじ・せいなるほのお

イベントの時期の為かオリジナル版よりもレベルが上がっており、かつ『にほんばれ』から物理・特殊2種類のほのおわざで力攻めしてくる強敵。
おそらく、ホウオウよりレベルの低いポケモンで晴れ状態からの『だいもんじ』『せいなるほのお』両方を平然と受けられるポケモンは少ないと思います。
特性「もらいび」のガーディやブースターを使っていれば、それら2つを心配する事は無いのですが・・・
尚、ほのおわざのPPは全部5ですが、『じんつうりき』が例によって性能の割にはチート臭いPPを持つ為に合計PPは45。被補獲率が違うから単純に比べようは無いとはいえ、パール版のパルキアと同じと考えれば順当な所か。
ちなみにオリジナル版では火力は大した事無かったものの、『じこさいせい』と『しんぴのまもり』の両方を持つ為に弱らせる事が難しいというまた違った強敵でした。
金銀の通りであればソウルシルバーではホウオウはレベルが上がってると思いますので、また技構成も変わってくると思います。
尚、『せいなるはい』は一個限定の大回復アイテム。効果は凄いんですが勿体無くて普通使えません。エメラルドのピラミッドみたいに何個でも拾えるならまだしも・・・ねぇ;;
或いは、ホウオウを捕まえずにアイテムを盗んで倒すor逃げてもう一度EDを見るとどうなるんでしょう?何個でも手に入るのかな?


今回の補獲においては「さみしがり」をシンクロする事にしました。
元々、ホウオウのステータスと今作の仕様的にこの性格だとバトル面でも丁度良いかなぁ、とは思っていたんですが・・・

まいこはん「もしかしたらホウオウは、アウズはんのようなトレーナーがあらわれるひをまっていたんとちゃいますやろうか・・・?」(←うろ覚え)

・・・・・・。

ホウオウはずっと人間と心を通わせられる時を待っていたと申すか。

寂しかったのか。伝説のポケモンだってやっぱり寂しかったのかチクショー!!
・・・とまぁ、謎の妄想拡大によって「さみしがり」狙いのモチベーションは更に増加してしまったのでした。ルギアの時に何がどうなるかは分かりませんが・・・;;
また、ある程度の素早が欲しいので、ギャラドスと同じく手頃な素早のポケモンで調整できるとありがたい。・・・ありがたかったんですが、素の状態で丁度良い素早のポケモンはいませんでしたorz
なので最初は普通に戦っていたんですが、後にウソッキー(素早47)にスピーダーを二回使わせれば、実質94の素早で目安を立てられる事に気付きました。
・・・もっとも、1ターン目に『じんつうりき』か『だいもんじ』を使われると2回攻撃を耐えられるか怪しかった為、この方法も成功させるのが大変だったのですが・・・;;
まぁそれでも、長時間掛けて捕まえたホウオウの素早個体値が低かった!というよりはプレイしやすかったので、これはこれでOKです。

捕まえる時はニョロトノメインで。スピーダー一回・ヨクアタール二~三回・ディフェンダー一回or無・スペシャルガード一~二回を使うという薬漬けプレイ(薬漬け言うな)
プラチナ以来、能力強化アイテムのありがたみを知った気がします。特にこういう時だと相手の能力が素で高いからなぁ。
とはいえ、今でもこういう対伝説のポケモン戦でしか使わないんですけどネ(´ v `;)
今回のホウオウには和テイスト溢れる素敵な専用曲があるんですが、この曲をバックに戦いすぎた為かそこにいるニョロトノも和テイストのポケモンに見えてきました(ぇ)
コンセプトはトノサマガエルですし、名前にも日本語的に「トノ」と入ってますしね・・・!
いや、戦闘中にやってる事は主に『さいみんじゅつ』なんですが(オイ)

今回ここで戦ってて、初めて本気で「ニョロトノで」良かった気がしました。
みずタイプなのでほのおわざが半減なのは勿論の事、ニョロボンと違って『じんつうりき』でも等倍で耐えられますし、かつヌオーやヤドン系とも違ってスピーダー一回で先手一ターン催眠ができる。この辺の特徴は貴重かな・・・?と。
ニョロトノ自身は単に金銀から思い入れはあるけど、他の人はあまり使わないだろうな~って気分で使いましたが、ここで良い方向に響くとはねぇ。
いや、実際大学に行ってHGSSを買った人と度々話はするんですが、普通に「ニョロトノとは珍しい」の一言ですよ(・ω・`)
そういえば、ニョロトノは初代当時では「ポケモン1で捕まえたニョロゾをポケモン2に送ればカエルポケモンになる」みたいな発想を田尻さんがしていた事を思い出しました。
結局ポケモン2で捕まえたニョロモでもカエルポケモンにはなれましたが、やっぱり田尻さん的な思い入れは大きいのかな、ニョロモシリーズは。

少し脱線したものの1つ思った事が。
今回は、単純に考えるならおそらく『せいなるほのお』物理化に伴って特殊技である『だいもんじ』も併用してきた物だとは思うんですが・・・
今回は金でも『だいもんじ』を使って来るから、曲と合わせて更に京都っぽくなったような気がします。今回のエンジュシティ京都すぎるだろう!(笑)


何だかんだで長い間粘ったような気がしますが、最終的にセーブしたホウオウはこんな感じでした。

ホウオウ
さみしがりな せいかく。しんぼう づよい。

HP 15
攻撃 27
防御 28
特攻 14
特防 27
素早 22

攻撃補正と合わさった攻撃力は中々。HPと特攻に若干の劣りを感じるものの、基本的には全体的に十分な数値。
素早は実数値にして95で、素早2段階アップしたウソッキーが抜かれるギリギリの線でした。勿論、これで十分だと思ったからあの数値で粘ったわけですけどネ。
ちなみに補獲ボールはハイパー。タイマーボールは元々買えませんし、ギリギリで200kgに達しないせいかヘビーボールも効かないから仕方無いです(・ω・`)
しかしこのホウオウ、心を通わせる事が出来る人間が現れる日を、一匹で辛抱強く待ち続けたんでしょーか。・・・余計に可愛いなオイ!(←既に若干親バカ気味)

まぁ例えそんなポケモンでも、やっぱり伝説のポケモン。初期なつき度は低く、連れ歩いても下を向く事が多くて中々鳴き声を発してもくれないんですが・・・
このポケモンを連れまわして、沢山懐かせて最終的には好かれるようになりたいね!今回の流れを見て前よりホウオウが好きになりましたもの!
しかし、あんな性格個性だけど主人公には簡単には懐かないのかぁ~
・・・まさか、伝説のポケモンがツンデレか!?(それは違う)

元より本気で公式大会に出たいとはあまり考えた事も無いので気にしなくても良いんですが、今回の公式大会って対戦ルールは普通のダブルなのか、HGSS同士である事を活かした50フラットかどっちなんでしょうね?
50フラットで行くなら、ホウオウも何も気にせず育てられるんだけどなぁ。元々レギュレーションが発表されるまでに育てるかどうかも分かりませんが・・・
「金バージョンだから」ホウオウをLv.50で止める事にも価値はあるかもしれませんし、「金バージョンだから」ホウオウを育ててずっと一緒にいる事にも価値はあると思う。
Lv.47の三竜や、これまでRS限定だったLv.50以下のグラードン・カイオーガにも、同じ事が言えるんですけどね。


性格を「さみしがり」で狙った事もありますし、このホウオウは『せいなるほのお』が軸となるような物理型で育てようと思ってます。
中々嬉しい追加技を思い出せるようになったしなぁホウオウ。敢えてここでは具体的な技名は書きませんけども。
伝説戦における対戦評価は少々微妙だと言われるホウオウさんですが・・・何も戦う事だけがポケモンじゃない。今作を買ってからつくづく感じさせてくれるこの事を思いながら、ホウオウの育成を楽しみたいですネ。
それに今回の攻略メンバーにはほのおタイプいないしな!ホウオウさんがいなくてもクリアはできそうですが、攻略メンバーに混ぜる形でほのおタイプが欲しくなったらホウオウさんを入れるべきでしょうか。やっぱり。

長くなりましたが、今回の日記はここまでです!
次回の更新までにはでんどういりは出来ると思いたいですが・・・よし、頑張ろう!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/26(土) 18:02:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する