えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
最後のレベル+25とか無理ゲーと思っていた時期が僕にもありました
木曜はレポートがあったものの半ば現実逃避気味に(待て)Yさん宅の絵チャにお邪魔させていただいた後、レポートを書き始めた結果睡眠時間が無に等しいまま金曜の大学に行って、帰ってからはバイトまで時間どうしようかと思ってる内に時間ギリギリまで寝てしまうというギリギリな睡魔生活でした。眠かった!(((
絵チャにお邪魔させていただいた時の話ですが、退室直前になってパソコンが固まってちゃんと挨拶できなかったのが心残りです・・・!ごめんなさいorz
パソがマトモに動き出した頃には色々と終わっていたので、結局再起動したとか^q^

ここ一週間ハートゴールドに関する記事更新はしてなかったですが、その間にやる事は色々やってたりします。
前回前々回のプレイ日記で触れたあの要素や、四天王、あの男への再戦・・・とまぁトレーナー関係の事が多いですネ(´ v `;)
ポケモンについては旅の仲間を鍛えるのが楽しくて中々他のメンバーの育成に入れなかったんですが、一定の目的とレベルへと達したので今は一旦置いておく事に。
その為、この間赤いギャラドスに努力値を振って育て始めました。他にも育てたいなーって思っていたポケモンに手を付けられたらと思います。

そんなワケで、ここ最近の記事で結構言ってます通り更新のネタはぼちぼちあるんですが、徐々に小出しにして行こうかと・・・!
い、いや、別に早い内に記事を書きだして今月後半楽しようってわけじゃ(((
・・・と言いますか、そんな事を言っても結局後半も色々と更新に悩んだりしてそうなのが、あうれいクオリティです(何ソレ)

リアルタイムな内容ではないので厳密には"プレイ日記"なのか?という感じですが、内容としてはいつものプレイ日記のノリと変わらないですし、実質キャラ語りみたいなものですが他カテゴリにするとややこしいと思います。ので、カテゴリはプレイ日記。
表記は今回のプレイ日記で触れてる事にしてます。もう直球な位で良いと思うよ。

~『ポケットモンスター ハートゴールド』プレイ日記その12~
こんかいのもくてき:四天王への再挑戦

続きページに行く前に電波を・・・!二日遅れになってしまい申し訳ないですが、菜種さんお誕生日おめでとうございました・・・!!
・・・届きそうな気は普通にしませんが!(((
攻略メンバー

イノムー♀Lv.67
のんきな せいかく。きが つよい。

トゲチック♂Lv.67
れいせいな せいかく。ものを よく ちらかす。

エーフィ♂Lv.66
ひかえめな せいかく。ひるねを よくする。

ニョロトノ♂Lv.67
おくびょうな せいかく。ものを よく ちらかす。

デンリュウ♂Lv.66
ゆうかんな せいかく。おっちょこちょい。

メガニウム♀Lv.67
しんちょうな せいかく。ちょっと おこりっぽい。

○自軍メンバーの話

四天王の話メインなので、殿堂入り時のメンバーとそのレベルのみを記載。
順番も殿堂入りした時の手持ちの並びにしてます。捕まえた順の逆順・・・のつもりがトゲチックとエーフィの順番を間違えました/(^0^)\
ま・・・まぁワタル戦でトゲチック結構活躍したし、この位置でも良いかな?(((
メンバー自体は四天王初挑戦時と同じメンバーをチョイスしてます。
結局オオタチとウソッキーはあれ以降技を変えてない事もありますし、旧四天王と同じメンバーで行った方が安定するかなーとも思いましたので・・・
尚、オオタチとウソッキーの正確なレベルは記録が残って無いので分からないですが、自分の育成傾向から考えても大体当時の他のメンバーと同じ位だと思います。
挑戦時に全員が1レベル以上上がってる可能性も考えると、65か66ではないかと。
ちなみに、現在は全員がこれよりまた2~3位上がってます。



○四天王の話

まぁ、言ってしまえば今回は強化四天王用の記事なわけで・・・
表向きに強化とは言ってませんが、今になって四天王用の記事を立ててる事やレッド攻略後という時期もあって、強化について触れるんだろうなーって事は普通に感づかれるレベルですよね、ウン(´∀`;)
基本的に一人ずつ書いてます。読みたい人の項目を読んで行って下さいませ~
ちなみに今回はネタバレがかなり直球(追加ポケモンは誰一匹も伏せ無し)ですので、未攻略の方はご注意を・・・!

・イツキ

今作から性別不明な感じになった人。
ツクシ同様の手持ち♀化ですが旧金銀の頃は別に性別をネタにされる事も無かったキャラですし、今回は手持ち♀化に加えて外見まで中性的な感じになるという徹底っぷりですので、今回はマスクキャラである事も相まってホントに謎の人物にしたいんじゃないかって気がします。
・・・ただ、そうしたからってイツキが今後掘り下げられる事があるのかって言われますと、そんな気はイマイチしないんですが(((

手持ちはナツメとは別方向でエスパー固め。・・・と言っても一匹被ってるんですが。
かといってその被っているルージュラを抜いてナッシーを続投させたとしてもグリーンと被りますし、そもそもドータクンすらミカンと被ったり・・・難儀な人だなぁ。
ところでイツキのドータクンもミカンのドータクンも特性「たいねつ」なんですけど、カントージョウト圏では流行ってるの?たいねつドータクン。
初手のネイティオとナッシーが外れ、ドータクン・ブーピッグ・サーナイトが追加。
ここまで増えてても切り札はネイティオ。存在感すげぇ。トゥートゥー。
追加メンバーや元々いたヤドラン等の存在も考えると、アタッカー系なポケモンが多いナツメに対し補助技で攻めるタイプのエスパー固めですかね?
ED後なのであくタイプのポケモンを調達できていれば楽かもしれませんが、強化前と違って純エスパーも増えてて弱点が突きにくくなった印象です;;
・・・っていうか、まさかブーピッグをチョイスしてくるとは思わなかったよ。
余談ですが、ナツメは♂限定のポケモンや♂多めのポケモンがいるので何だかんだで♂:♀=1:1という凄いバランスになってますが、イツキはドータクン以外全員が♀という徹底っぷり。本当に何があったんだイツキさんよ。

攻略の際は、前以上に特防面で特化されていたメガニウムが頑張ってくれました。
特防特化で『ひかりのかべ』と『こうごうせい』を使っていると、やっぱりストーリー中のコンピューター相手なら相当堅い。アイテムを使うまでもなく堅かったです。
ドータクン等は流石にイノムー達で落としてますが、純エスパー達やヤドランの相手はメガニウムの担当。サーナイトの特攻だから怖いって事も無く耐えてくれました。
・・・というか、まさかのネイティオが弱点を突ける技を持っておらず、ひこうタイプ相手に真っ向勝負して勝つという結果まで収めました。『ねっぷう』すら無かったとは・・・;;



・キョウ

元ジムリーダーで、今は四天王で、忍者で。
でもそれ以上に、今回娘の出番が増えてる為にむしろお父さんと呼びたくなってしまう人。キョウ自身には父としての描写は皆無なのにねぇ。
そういえばアニメでは妹がいたんでしたっけ。妹さんはアニメ金銀編にも登場したのに対し娘さんは未だ出番無しですが、果たして家族共演を果たす時は来るのでしょーか。
アニメのみとゲームのみという意味で例えるなら、サムライ・ゴローとダイゴローとリザ・ブリリアントの関係で(余計に誰も分かりません)

何だかんだで娘とは3種類程同じポケモンを使ってます。全国ポケモンの扱い方という所まで親譲りなんだろうか。
キョウのドクロッグもアンズのドクロッグも『クロスチョップ』を覚えている辺り、実はその2匹のドクロッグすらも親子とか兄妹とかそんな関係なのかも。
そして、タイプの上で被っていても種族が被らないドラピオンに対するスカタンク。まさかこの為にどく・あくを2種類にしたんじゃないかと一瞬考えてしま(((
・・・ドクロッグとドラピオンはサファリのどくポケモン同士、ドクロッグとスカタンクはギンガ団の主力ポケモン同士。この2匹自体、ドクロッグと妙な繋がりがあるしなぁ。
ところでキョウのマルノームも中々意外というか、存在感的にカワイイんですが、何故マルノームにしたんでしょ?ベトベトンとセットで「ねんちゃく」+回復アイテムをやりたかったというだけなのか、それ以上の理由があるのか・・・
手持ちはアリアドスとフォレトスが抜け、スカタンク・ドクロッグ・マルノームが追加。
むしタイプ(それも片方はどくですら無い)が2匹抜け、前よりも毒々しくなった印象です。
・・・というか、ピカチュウ版と旧金銀の時はキョウがむし使いも兼ねていたというような気もする。忍者イメージ的には問題無かったですしね。

あ、倒す時はスカタンク以外エーフィで5タテ余裕でした^q^
ベトベトン・マルノーム・クロバット辺りは策を決められたら手遅れな所もありましたし、先手必勝の方向で。
スカタンクもスカタンクで爆発技が怖かったんですが、まさかのイノムーの目の前で『あなをほる』。そしてそのまま『じしん』ヒット・・・異臭は土中に封印だー!(違)
ベトベトンとマルノームの持ってるアイテムは特性を消す技と『どろぼう』系を合わせて行けば入手できますが、いずれはそこからでも取れるようにしたいなぁ。



・シバ

初めて登場した時は完全にタケシの進化系だったのになぁ。タケシとの差別化の為なのか元々のニュアンスなのか、確かポケモンスタジアム2かアニメ辺りで開眼し、そのまま開眼スタイルが定着してるんですよねこの人。
そしてあの掛け声。ネタ要素は多いんですがネタキャラとして控えめな感じがあるのは、それ以外の点が硬派だからなのか、或いは単に地味なだけなのかもしれない。

手持ちは5匹中4匹が続投という、金銀四天王一の生存率。まぁ切り札を抜いても、後の3匹の内誰かを抜いても不自然ですしね~
追加されたポケモン達は他地方のかくとうリーダーの切り札達。というと格好良く聞こえるかもしれない(ぇ)
・・・逆に言えば、今回の強化ジムリーダーや強化四天王の他地方の強トレーナーの切り札率というのも高く、そういう意味じゃ涙目なんじゃって気もしますが(((
しかしルカリオはともかくとして、ハリテヤマはトウキの友人設定が活かされている感じもして、そういう意味では好印象です。
ルカリオもルカリオで、この軍勢の中でありながら物理型だしなぁ。あくまで物理型オンリーで来る辺りはシバらしくて良い。
というわけで、イワークが抜けてハリテヤマとルカリオが追加された今回のシバ。
ハガネールが増えなかったのはあくまでも手持ちをかくとう統一にしたかったか、或いはミカンの存在を尊重したかったか・・・って感じでしょうか?
・・・というかむしろ、何故FLの強化シバの時点でバルキー三兄弟・ハガネール・カイリキーにしなかったんだろう・・・?

キョウに引き続きエーフィ無双しても良かったんですが、『サイコキネシス』のPPは限られているので今回はちょっとエーフィを控えてみました。
代わりというべきか、カポエラー戦等はトゲチックの担当に。それ以外も耐久が高いポケモンは少ない事から何とか攻めて行きました。
トゲチックのチョイス理由としては『じんつうりき』のPPの多さもありますしね~。
ポイントアップを使ってしまうかPP回復アイテムを使えば良いという話でもありますが、それはそれでエーフィに経験値が偏るしなぁ。
・・・もっとも、PPを残していてもカリン戦では使いようがないんですが;;



・カリン

つよいポケモン よわいポケモン そんなのひとのかって の人。
強ポケだってマイナーだって関係無い。マイナー使いは勝負を捨ててると言う人だっているけどそんな事は無い。好きなポケモンなりに勝ちを目指せという事。
「自分の好きなポケモン」の出来る戦い方を模索するのは楽しいよ。
対戦ゲームとしてかプレイしてはいるも、じゃあ強さ抜きにして好きなポケモンは?っていうと詰まる人が身近にいるんだよね。何だか勿体無い気がするなぁ(・ω・`)
・・・いや、ぶっちゃけただの親バカ廃人でしかない自分も、それはそれでどうなんだって気はするんですけどね;;

あくタイプのポケモン自体が少ないからか、追加メンバーはとにかく他地方の誰かさんというのが引っかかりやすい。
ミカルゲについては他地方の誰かさんの切り札って事は無いんですが、重要ポジションの一番手という事でやっぱり引っかかりますしねぇ。
というか、恐ろしい事に手持ち6匹中3匹がアカギさんと被ってます(((
ちなみにマニューラがいますが、進化前が金銀キャラだから勘違いしがちだけど追加ポケモンなんですよねぇこの子も・・・
そういえば、金銀には16個のジムがある故に先の三人やチャンピオンは他のジムとのタイプ被りがありますが(キョウとワタルは最初っから被ってナンボの設定だけど)、じめんとあくのジムが無いからカリンはタイプ被り無いんですよね。
厳密にはじめんは「かつてあった」なので、あくタイプ使いは本当にカントー・ジョウトでカリンだけ。故にあまり他との重複も気にしないで良さげ。
そんなわけで、メンバーとしてはラフレシアとゲンガーが抜け、マニューラ・ミカルゲ・アブソルが追加。更にヤミカラスがドンカラスに進化。
ラフレシアは・・・ラフレシアは勝てるように頑張れる好きなポケモンでは無かったというのかカリンさーん!!(((
・・・いや、あく統一にしたかっただけだというのは分かりますけども(・ω・`)
ただ、ゲンガーの後任はこの場合ミカルゲだと思うんですが、じゃあラフレシアの枠はくさ・あくのポケモンでも良かったんじゃないかなぁと思ったり。
ほら、アブソルを入れなかったとしても結局カゲツは涙目に出来るし(コラ)
そうそう、それと切り札ポジションがヘルガーからブラッキーに変わってます。
・・・ホント、ポケモンスタジアム金銀の頃から兆候はありましたが、遂に公式から切り札変えて来ましたかカリンさん・・・;;

攻略の際はミカルゲに苦戦した上、ブラッキーは真っ向勝負で勝ててません;;
ミカルゲはミカルゲとしては順当だけど、シロナのイメージあってこういう場では新鮮に感じる耐久型。「かいふくのくすり」を使って来る事もあって相当鬱陶しかったです。
そしてブラッキーも今回は積みに積んで攻防共に完璧なエースとなりうる存在だったので、『ほろびのうた』と『うずしお』で強引に突破という。
・・・むしタイプは不在ですし、かくとうわざもブラッキーに効きそうな物がない。真っ向から突破するには後どれだけの鍛えが必要になるやら;;
そしてその直後に、何故か最後に残されたアブソルが自ら『ほろびのうた』を歌って落ちなされました。
『ほろびのうた』をCOMに使わせるのは良いんですが、AIは調整すべきです(・ω・`;)



・ワタル

初代のチート疑惑から金銀の行動及びポーズまで、ネタにする要素が多すぎて強くても格好良くてもどこか笑いになってしまうチャンピオン。
・・・金銀のポーズをアニメーションで。とかしなくて良かったと本気で思います;;
今回の強化版はチートだチートだ言われる要素は持たないですが、弱点を突けなければ歴代一危険なチャンピオンとも。
本当、恵まれてるんだけど。恵まれてるんだけどなぁ。

旧金銀のカイリュー三匹というのは、金銀四天王のシリーズ一のレベルの低さと平均的な素早、活かせない攻撃力のおかげでまだ良いんですが、今回はLv.70以上で全国の600族ドラゴン×3という素早も火力も危険な取り合わせ。
某イベントでLv.68のギャラドスとリザードンを見て、これ位のレベルとこの強さなら案外何とかなるのかな?と思ったがそんな事無かったぜ!ドラゴン以外の育成をサボっていたのか知らないが一番レベル低いだけじゃないかあの二匹!
ちなみにメンバーが変わった為に、完全に手持ち全員が4倍弱点持ちになってしまった潔さ。火力がチート無しなのにチートであるのに対し、ちゃんと突破口もあると。
具体的なメンバー変更は、カイリュー2匹とプテラが抜けてボーマンダ・ガブリアス・チルタリスが追加。キングドラにしなかったのはイブキとの共演の為か。
600族という概念からプテラ→チルタリスという風に見えますが、ドラゴン・ひこうという概念からプテラ→ガブリアスという風にも見える。
・・・いや、レベルで考えるとやっぱりプテラ→チルタリスで合ってそうですがw
ところで、強化ワタルにも残され、月水ライバルのテーマは通常のライバル戦に戻った為に、あの曲の戦闘には必ず登場する事となったリザードン。
オープニングからは省かれましたけど、これは意図的なのか偶然なのかどっちだ・・・?

攻略の際は相も変わらずイノムーゲーでした。もうこうするしか無さげです^q^
何だかんだ言って今回凄くレベルが上がってるのはワタルのみで、カリンの最大レベルとワタルの最低レベルでもワタルが4上という。
故に四天王は、アイテム控えめでも割と普通に戦えたんですが・・・今回は何度イノムーに「げんきのかけら」を使った事やら。
ところで、リザードンはトゲチックで対処したんですが・・・
リザードンの『かえんほうしゃ』を耐える→トゲチックの『げんしのちから』でHPを大きく削る→能力アップ→ワタルはリザードンにかいふくのくすりをつかった!→1.5倍の『げんしのちから』で一撃余裕でした^q^
・・・「もうか」からの『かえんほうしゃ』なら倒されそうな気がしたんですが、AIがバカで助かりました。能力アップを見ていなかったのかあなたは!(((
通常のワタル戦だと出番を与えようがないメガニウムも、今回はチルタリスの自滅or交代を誘発する等活躍(?)できました。
メガニウムに決定打を与えられないんだよなぁチルタリス。『ほろびのうた』は相手の物も上手く使うと、自滅を誘えたり無償交代できたりで便利です。
それと、どうやら覚えているらしいガブリアスの『つるぎのまい』を使われなかったのが印象的。使われていたらどれだけの火力だった事やら・・・
こっちの攻撃手段がイノムーの『こおりのつぶて』ですので、仮に積まれてもこっちの手段は変わらないですけど、それでもねぇ;;
後、やっぱりストーリーの敵トレーナーは通信対戦のルールとはまた違った怖さがある。『げきりん』の後のガブリアスを、「かいふくのくすり」で混乱ごと回復って何だ。
そういえば、今回の四天王戦は本当にイノムーの出番が多いなぁ。8匹目というポジションですが、追加しなかったらどうなってた事やら。ありがたやありがたや。



大体こんな感じでした。ある程度レベルが上がったからと挑戦しましたが、それでもやっぱり手ごわかったです;;
思えば、強化四天王はFLから登場したものですが、ファイアレッドでは強化四天王はルビーから送ったレックウザに任せてしまいましたし、プラチナは強化四天王に挑戦できそうなレベルにはなってるものの未だ未挑戦。
ED前からの攻略メンバーで強化四天王に挑んだのは、今回が初めてだったと思います。それ故に改めて強化としての強さを感じられました。
ところで、エメラルド以降からの攻略メンバーの努力値振り直し可能、DPからのWi-fiやバトルタワー・フロンティアのフラット戦・・・
そして今回はワイヤレスでもフラット戦が可能になった事と、対戦とは直接関係無いも後ろからポケモンを連れ歩けるあのシステムの登場。
何と言いますか、徐々に廃人であっても旅の仲間達をずっと大切にしてあげたくなるようなシステムとしても、対戦システム面は充実して行ってる気がします。
そしてその結果がこの通りと。もはやメガニウム達に残されたレベルアップ回数も少なくなってきましたし、このまま最強のストーリー攻略メンバーを目指したいですね!
・・・パールもプラチナも攻略メンバーは同じ位のレベルですし、特にプラチナは努力値を振り直してないけど今でも連れまわしてるので、あれらもあれらでLv.100の攻略メンバーを目指す事になりそうですけど・・・!!

さて、色々と長々としすぎましたが今回の記事はここまでです!
本当に四天王の話以外無いような記事になってしまいましたが・・・ここまで読んで下さってありがとうございました!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する