えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
嗚呼、野生廃人よ永遠に
・・・書こうと思いつつも中々書けて無いハートゴールドのプレイ日記ですが、今回ちょっと久々に更新になります(´ v `;)
内容としては再戦キャラの語りを小出しにしつつ、最近育てたポケモンについても書いていくような、全体の個体値を直接書かない廃人記な感じでもあったりするとか(謎)
尚、最終回っぽいノリのタイトルですがあくまで1つの区切りを終えただけで、野生廃人そのものはまだまだ続きます。続くったら、続きます。

~『ポケットモンスター ハートゴールド』プレイ日記その13~
今回ジムリーダー語りの対象になる町
コガネ・ハナダ
現在メンバー

メガニウム♀Lv.71
しんちょうな せいかく。ちょっと おこりっぽい。

オオタチ♀Lv.71
おとなしい せいかく。うたれ づよい。

デンリュウ♂Lv.71
ゆうかんな せいかく。おっちょこちょい。

ニョロトノ♂Lv.71
おくびょうな せいかく。ものを よく ちらかす。

トゲチック♂Lv.71
れいせいな せいかく。ものを よく ちらかす。

ウソッキー♀Lv.70
ようきな せいかく。うたれ づよい。

エーフィ♂Lv.70
ひかえめな せいかく。ひるねを よくする。

イノムー♀Lv.70
のんきな せいかく。きが つよい。

○自軍メンバーの話

遂に全メンバーがLv.70を突破!71に達してる子もいるので、現時点では旅の仲間達としては最も強いのがこの子達という事になります。
・・・ストーリーというようなストーリーを完全制覇するまでの道のりが長い上、再戦できるトレーナーも多いので、自然にここまで行ってしまった感がかなり強いです(´∀`;)

技は大体整ってきており、現時点でまだレベルアップで技を覚える事が出来るのはエーフィのみ。しかも、その技でも入れるかどうか分からない状態なので、このメンバーの技構成は現時点でほぼ完成形になってます。
・・・ほぼというのもそのエーフィなんですが、問題なのはレベルアップ技じゃなくてわざマシン技だったりしてね。使うなら早く使おうよ、ねぇ。
エーフィ自身がこの中でもかなりガチで戦える環境に近い能力・育成になってる為に、フロンティア係を任せる事もできそうだしなぁ。問題は、わざマシンをフロンティアに挑戦してから使うか、挑戦する前に使うか、かも。

そうそう。これらのメンバーのレベルアップを一時的に止める宣言していたんですが、そこについては「手頃なレベルで、強敵トレーナーとの初戦をしたかったから」でした。
そして先週の日曜日の時点で、その強敵トレーナーとして気になっていたキャラとの戦闘は果たせましたので、後はもう各ポケモンはひたすらレベルアップするのみです。
・・・一度強敵トレーナーとして楽しんだ後は、そのトレーナーすらもレベルアップ用の経験値対象ってどうなのって気もしますが・・・;;
そして、そういう意味ではまだ戦えて無い人物っていうのが実はまだ残す所1名いるんですが・・・もうそっちは気にしません(ぇ)
と言いますか、今のレベル的にも条件的にも手頃なレベルは諦めてます(ぇぇぇ)



○ジムリーダーの話

実は既に上記の1名を除いた15人全員と戦えているのですが・・・全員書いていくと辛いですし、前のように4人書いてても結構辛かったので、今回は2人で行きます;;
徐々に小出しで書いていきますが、最後の15・16人目に到達した時はどういう振り分けで出して行くんでしょ・・・その前に、早く条件満たせよって感じかもですが(´ v `;)
それと、初戦が既に相当前になってしまってる事もあり、一部内容が曖昧になってると思います。前回までは書いて来た「最後に使ってきたポケモン」も、覚えて無かったり実際とは異なってる可能性も出てくると思いますのでご了承下さい;;

3:アカネ

強すぎず、弱すぎずな感じのノーマルタイプパーティ。強豪ノーマルタイプもいれば対戦界ではマイナー気味な子もいて、絶妙な味わい(?)になってる気がします。
元がピッピ・ミルタンクしかいない事あって、パッと見リストラ不在のジムリーダーに見えますが・・・ポケスロンにはミルタンク・ピクシー・ピッピで参加して来る辺り、ジム戦のピッピと強化のピクシーが同一個体とは限らないんだよなぁ。

続投したミルタンクと、上記の通り続投なのか実は新顔なのかが怪しいピクシー。それに加えて、キリンリキ・エネコロロ・ビーダル・ベロベルトが追加。
イメージ的に合わなさそうなケッキングはともかく、ハピナスやトゲキッスすら増えなかったのは意外。おかげさまで良心的な強さになってますけど。ポジション的な理由もあってか、Eの強化センリは5人目というにはかなりの強さだったしなぁ。
可愛いポケモンが好きなキャラだった気がするアカネですけども、この追加キャラもアカネちゃん的可愛いセンスに基づくのでしょーか。ビーダルが色んな意味で意外。
そして、トキワジムのエリートトレーナーで初出の時から気になってたんですが、カントー・ジョウト圏の女性トレーナーにはベロベルト人気なのだろうか。
プラチナドットがかなり愛嬌ある姿で描かれてるので可愛い扱いで良さそうですけど、♀を先に見たどころか未だに♂を見て無いんですがベロベルト・・・w
そういえばミルタンクの戦法が完全に別物になってましたけども、今回は通常版での使用率の低さも含めてスタッフ側はあまり『ころがる』を意識してないんでしょーか。
・・・いや、ここまで来るとむしろ意識して外した可能性もありますけども。それが強いからか、ED後では既に止めやすくなってるからか、どっちだ・・・!?

ツクシの所で、強化版となるとバタフリー・スピアーは辛かったんだろうか、と書いたものの、今回アカネにはエネコロロが追加されていたり。
種族値合計が確か最終形態ポケモンの中で一番低いんだよなぁエネコロロ。それでも追加してくるアカネちゃんに乾杯。やっぱり可愛いは正義、というべきか。
ちなみに最後に出て来たのが確かそのエネコロロだったと思います。残念ながら、レベル差もあって殆ど苦戦せぬまま終わってしまいましたが・・・;;
今回はプラチナの強化ジムリーダーと違って、大体登場順に沿ってジムリーダー間での実力差がありますよね。
元々全ジムリーダーを倒してからじゃないと再戦できないんですし、グリーン以外の全員が強化前グリーン位の強さでも良いと思うんだけどなぁ。

電話番号交換イベントの場所が特別凝った場所でもなく、イベントもあっさりしてるとなると分かりやすいのは良いんですが、それと同時に書く事も無いです(・ω・`)
電話番号の交換を断ったり、またまた戦って勝ったりした時に泣いたりしないかとちょっと思いましたが、そんな事無かったぜ!安心したけどつまらないな!(オイ)
・・・そんな主人公ですが、彼はれっきとしたMですよ?(勿論サイズ的な意味で)

10:カスミ

ジョウトの元気娘とカントーの元気娘って組み合わせは、狙ってるようなそうでもないようなという感じだったりします。
元々予定していたタンバとタマムシを含んだ4候補から2つに絞ったらこうなっただけで、トラウマだとかポケスペだとかその辺の意味は無いよ!ウン!!

いわタイプのジムリーダーが(強化版も含めて)イワークを持っている事は結構な恒例と化しましたけど、みずタイプのジムリーダーでスターミーを持っているのは強化を含めてもカスミだけ。なんとなくタケシと比較しましたけど、この差は何だろう。
ナツメのフーディンと同じ理由か、そのスターミーが一番手にして最高レベルになってますけど、ナツメと違うのは同じ最高レベルのポケモンがもう一匹控えている事。
更にマツバとも違って種類も違っていたりね。思えば初代ではヒトデマン&スターミーだったので、スターミーが二匹でも何らおかしくはないんですがw
レベル60以上のポケモンを2匹持ってる強化ジムリーダーはカントーでも少数派なので、何気にカスミ凄い人なのかもしれない。
ちなみにこのスターミーが今回思いっきりガチのフルアタッカーというね。一番手から実際の対戦で使われるようなガチ仕様って何ですかカスミさん。
・・・そもそも初代でも、あの時点でいきなり特攻種族値100からの『バブルこうせん』だったりしましたから、昔も今もカスミのスターミーは容赦無いって事でOKですか。

メンバーとしてはゴルダックが抜け、ランターン・ミロカロス・フローゼルが追加。
ゴルダックを抜いてきた辺り、アニメ意識は外しているんだろうなぁ。タケシもウソッキーが増えたりはしなかったですし。
・・・こっそりトゲキッスを期待してしまったが流石にそんな事もありませんでした!専門とは別タイプのポケモンを使って来るジムリーダーはたまにいるとはいえ、いくらなんでも無理がありましたねそうですね!\(^0^)/
みずタイプはバリエーション豊かですが、今回追加してきたタイプはみず・でんきのランターンのみ。・・・バリエーション豊か故に、逆に他のジムリーダーに持っていかれているのかもしれませんが。
ちなみに先述の通りみずタイプのジムリーダーの中でスターミーを使うのはカスミだけですけど、カスミ自身はちゃっかりホウエンやシンオウのみずタイプリーダーの切り札を持っていってるのでした。
これまで触れてる通り、今作において他の地方のジムリーダーや四天王の切り札を持っていってるのはカスミに限った事じゃないけどね。

メガニウムを主軸に戦っていたら、ミロカロスが最後になってました。
ミロカロスが、先述の「スターミーと同じく最高レベルのポケモン」。そういえば、強化ジムリーダーと戦ってて最高レベルが最後に来たのって珍しい気がする(((
メガニウムは特防特化なのでミロカロス相手に倒される事は無いんですが、こっちの攻撃技は無振り『タネばくだん』なもんで倒すのも困難でした。
ミロカロスを使って来るボスキャラは何人かいますけども、『ねむる』→『ねごと』によって意図的に「ふしぎなウロコ」を発動してくるのはカスミが初めて。御三家の場合だと、特殊を攻撃技にしているメガニウム以外は総じて苦戦するんだろうなぁ。

電話番号を登録しに行くと1人で岬にいるカスミさん。どうやら元気が貰えるとかで、毎日あんな感じらしいんですがマジですか。
そして自分自身は試してないんですけども、電話番号交換だけでなく記念撮影まで毎日あそこらしいんですが、主人公と記念撮影て事は多分1人だよなぁ。マジですか。
・・・そう考えると、そもそも初登場時に一緒にいた男も、カスミの固定彼氏とかではなくただナンパしてただけって考えも出来そうなんですがどうなんだろう。真相やいかに。
でもゲーム中の描写を見る限りモテて人気なのは確かだろうから、固定彼氏がいないからどうって話でもないよなぁ。カスミの恋愛事情ってどうなってるんだろ・・・



○個人的なプレイ余談

攻略メンバーのレベルアップを放置していた時もそうでなくても、他のポケモンをぼちぼち育てていたりします。
ただ、未だにタマゴ産のポケモン育成はしてなかったり。後述しますけど、野生産で育てたいポケモンも大方育った事ですし、そろそろ始めようかなぁ。

二週間前の日記で触れたニョロモですが、現在は立派にニョロボンやってます。
ニョロゾに進化してからポケスロンしたり、連れ歩いたりしながらも、レベルアップさせる時は一気に上げた感じ。Lv.48まで育ててニョロボンにしてます。
現在はLv.50ですが・・・Lv.50で止める気は無かったり。後述のマンムーのレベルが追いついた頃には再度レベルアップを始めるつもりです。
・・・でも、それよりも旅の仲間を先に思いっきり上げた方が良いのかなぁ。
今作フラットルールがあるからLv.50以上を気にする必要が無いとはいえ、中途半端に育てる予定をバラつかせると後々ややこしくなるのかも・・・
ちなみにこのニョロボン、この間オフの知り合いと通信対戦する機会があったのですが、その時に華々しいデビューを飾ってくれました~
この間はニョロトノで相手を撹乱していたのを、今回はその枠にニョロボンを。良い具合に技を当てて活躍してくれました。
もっとも、その時の戦いだけでは別段ニョロボンでなければいけない理由が特に無かったので、今後はニョロボンだからの性能を活かしてみたいですね;;
ポケスロンでも使ってるんですが、自分の「育てたポケモン」の中では初めてのパワー系ポケモンなおかげで、パワーコースが一気に楽しく。
後述のグラエナと一緒にブレイクブロックのトロフィー入手に貢献してくれました!
残り一匹をギャラドスにした時は達成できなかったのに、ギャラドスよりパワーでは劣るもスタミナ・テクニックで勝るメガニウムを3匹目にして挑戦した時は、一度勢いに乗ってそのまま記録達成してたんだぜ・・・

初めてグリーンを倒した日から育て屋さんに預けていたポチエナ達。育て屋生活だけでLv.52まで到達していたので引き取り、片一方に努力値を振ってグラエナに。
ここまでポチエナで育てていたのは『かみくだく』の為ですが、そもそもグラエナを育てていた目的は『どろぼう』係を手に入れる為。
いや、ハッキリ言ってパールから『どろぼう』を覚えるポケモンを送った方が早かったんでしょうけども、そう急いで盗みたいアイテムがあったワケでもないですし、可能な限り独力で何かしてみたい感があったので・・・というのもあります。
・・・もっとも、この辺りの係的なポケモンはそれで良いんですが、タマゴ孵化の親用ポケモンはもう他から送った方が良いのかなぁと思ってますが;;
最終的な技構成があくタイプ一色です。ここまで単色だと逆に凄いです。
とはいえ通信対戦用じゃないわけですし、技それぞれの効果は別々なわけですから、四天王戦等であくタイプとしての仕事を果たしてくれたら十分なんですけどね。
『どろぼう』を覚える直前とかだと、レベル自体はほぼ同じ位の強化マツバを6タテしてくれたり。何気にヤミラミが怖かったです。
ポケスロンではスタミナが常に最大値。パワーも相当な物で、「ようき」な性格なので日によってスピードも高かったり。
何だか頼れるわんこ感が凄いです。ブレイクブロックで活躍したのは先述の通り。調子が良い日だとスピード競技の記録も塗り替えるという。

そうそう、このグラエナとエーフィ、オオタチの3匹でスティールフラッグのトロフィーを手に入れたよ・・・!行けそうで行けなかった時もあったので嬉しかったです!
勿論、運良くフラッグが目の前に出続けるような感じでルートを作れた事もありますが・・・それ以上に妨害されなかった(むしろ妨害できた)のが大きいんだろうなぁ。
最終的にはオオタチが丁度50個に達するフラッグを持ってゴールし、カウント中に終了。何と言いますか、滑り込み感が凄い。
オオタチはスピード5の子な事あって、スティールフラッグでは当初から今に至るまで頑張ってる子だったので、この子で滑り込みゴールできたのも何だか嬉しい。
残す所、競技の記録塗り替えはダッシュハードルだけとなりました・・・!
こればかりはスピード5のポケモン×3でないと無理な気がするので新しくポケモンを用意する事になりそうですが、それでもオオタチには最後まで残ってて欲しいなぁ。

前回記事で触れていました2匹のヒンバス。とりあえず送った月曜日~その次の日曜日の7日の間、それぞれの方法でうつくしさを上げて貰いました。
そうして試してみた所、ナナミ姉さんに任せていたヒンバスは6回目の毛繕いの後には進化できるようになってました。
もっと多いと聞いてたんですけど、1週間以内でOKなのね。
6回の毛繕いと散髪(弟の結果は「うれしそう」1回、「ちょっとだけうれしそう」2回)を終えた感じ、毛繕い×6の時のけづやは☆6、散髪×6では☆3。
うつくしさの方も散髪×6の場合が毛繕い×6の半分前後だったので、散髪は毛繕いと比べて時間はかかるけど、どっちでも進化はできるって事でOKなのかな・・・?
ちなみに毛繕いをしていたヒンバス♀は7回の毛繕いを終えた所で、散髪をしていたヒンバス♂は6回の散髪(※月曜が休みなのでこっちも一週間分)を終えた所でそれぞれ放置していたり。
先週の火曜日に散髪を忘れてしまった為に、そのままその週の分は無しという事で一週間置いておく事にしてました;;
今日からまた火~日曜日で6回、散髪だけをして何回で進化できるか試さないとなぁ。義務は無いんですけど、少しばかり気になるので。
ナナミさんに任せていた♀のヒンバスは、7回目の毛繕いの末に進化条件とイベント両方を満たした為に置いておく事にします。
実用個体だから進化させて育てても良いんだけどね。他にやりたい事があった関係もあって、こっちはこっちで気が向いたら実行します。

そして一昨日の話ですが、野生産マンムーを育てたくて捕まえました!
旅の仲間+α的な感じの位置で育てようと思っていたニョロボンとマンムー。後回しにすると面倒臭がって育てなくなりそうなので、そろそろ実行にと・・・
今回はプレミアボールで補獲。最初はヘビーボールにしようかと思ったんですが、ヘビーボールで捕まえたポケモンは結構多かったので止めておきました;;
「いじっぱり」の素早V。特攻個体値は2しかないという徹底的な無駄の無さ。特防個体値はやや低めですが・・・必要な所で言えばニョロボンと大差無いです。
ちなみにニョロトノ♂に対するニョロボン♀と同じで、性別は攻略イノムーと反対の♂。今回は特性も別々で「どんかん」でした。
「ゆきがくれ」と比べて軽視されやすい特性ですが・・・元々あられパでもないですし、せっかく個体値が良いのに特性まで求めたら酷でしょうからこれで十分です。
素早Vで特防個体値は低めなので素早振りにしてますけど、果たしてどう活躍してくれるやら。まだマンムーに進化したばかりのレベルなので、後々試して行きたいです。
ちなみに後から気付いたんですがこのマンムー、捕まえた月日が攻略メンバーのイノムーを捕まえた丁度二ヶ月後だったりするとか。
ニョロトノとニョロボンは捕まえた「日」は一致してませんし、特に狙ってもいなかったので、後から見ると何だか不思議な感じです。
ポケスロンではニョロボンに負けず劣らずパワータイプみたいです。
まだ実際には使ってませんが・・・何か急にパワータイプ増えたなぁ自軍・・・;;



ジムリーダーの話を小出しにしたとしても、プレイ余談(という名の攻略メンバー以外に育てたポケモン達)が長すぎて全然記事が短くなりません!/(^0^)\
やっぱり、こういうのはこまめに出さないと駄目だなぁ・・・一匹だけの話じゃ短くなってしまうかと思ってしまうんですが、毎度そんな事は全然無いんだぜ・・・

自分の周りに、今作でポケモンに復帰している方々がいるんですが、通信対戦用のメンバーが一部で揃い始めていたりします。
金銀復帰組がプレイしてくれるのは嬉しいですが、対戦廃人としてのノリまで凄いってどうなんだ!嬉しいけど怖いです^q^
しかも内一名がシンクロ係やメタモンを即行で調達した結果、タマゴ孵化で3V4Vがデフォな感じになってる方で、孵化を優先してるだけで頭数は揃っているという状態なので、ホントにガチ通信対戦が出来そうな空気です。
・・・それに対し自分はこの状態。今からこの方々に追いつくには、もはや親用ポケモンをパールから調達するしかないか・・・!?と思ったり。
そもそも未だに孵化によるポケモン育成をしてないのもどうよって話かもしれませんが、そろそろタマゴ孵化による育成を始める事になると思います^^;
旅の仲間+αの2匹も育てられましたしね!あの2匹と同じ法則で行けばまだ育てられるポケモンはいますけど、それらのポケモンは元より野生出現しないので、いずれタマゴで育てるか育てないと割り切るかのどっちかになると思います。

そんなワケで、タマゴ廃人記ももう少ししたら、久々に増えるかもしれません。
・・・でもね。あるポケモンを育てる為にパールから送るとしてその前に、それとは選択になる別のポケモンを、本作のイベント中に入手したいとも思うんだ・・・(ぇ)
タマゴ孵化をするのは良いんですけど、それがイベント入手になるあのポケモンより先の日付になるのが何だか引っかかるんだ・・・!拘り質もここまで来たら危険ですね^q^
選択になるポケモン。その選択を何にするかはもう心に決めている。後はそれをいつ実行に移し、いつ完了するか、のみ!
色々な要素を経て、色々な意味で新しいスタートをしたいですね・・・!


久々のプレイ日記ですが、相変わらず長くて申し訳ないです;;
今回はここまでになります・・・!読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する