えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
そめいよしのん(※前回記事のタイトルっぽく)
桜の季節(擬人化絵)

2~4日と使ってちょっと擬人化絵描いてた!
普段は季節絵を描こうと思っても実行する事が無いですけど、この子はこの時期に描こうと思ってかれこれ約二年位タイミングを逃してました(ぇ)
そもそもこの子描くならその前にやっておかなきゃな事があるので、そっちを約二年位やりそびれていたと言いますか(ぇぇぇ)

探検隊世界でアイドル稼業をやってるという、チェリム♀のヨシノさん。
自軍にヨシノという名のチェリムはいないので設定ページにはいないんですけども、リムの項目でちょこっと触れてます。
リム曰く"華やかさがウリ"。踊り子らしく、『はなびらのまい』が得意。
性格は基本的に明るいんですけども、時々物思いにふけているような雰囲気な時もあるとか。割と気分屋さん。気分が良いとノリも良い。
ちなみにアイドルとしての活動はポジフォルムでないと成り立たないらしく、アイドルとしての彼女のネガフォルムを見た人は殆どいないとか。オフの知人なら何匹か。
その為に、晴れ以上にほんばれ未満程度の中間的な天気の中でなら、ある程度自力でフォルムチェンジの境目を調整できる・・・らしい。
とまぁ色々書いてるけど、大体の方にはこのポケモンが誰か検討付くんじゃないか(((

風景背景・一部の服の透過・影付けハイライト付け・簡易な目のグラデ等々、慣れない事を色々やってみた挙句撃沈した感が強いです\(^0^)/
単独で描いても仕方ないからと思って単純に桜を交えた絵にしたかったんですが、如何せんこの桜の木地味すぎる。
・・・いや、それ以前にそもそも桜の木に見えないんですが(((

主線も含めて色々薄いので、もしかしたら見にくいって人もいるかもしれないです。いつものように主線を濃くしたら凄い場違い感がありました;;
当初は、そろそろある程度画質下げて保存するようにするかなぁとも思っていたんですが、思いの外軽かったので最高画質で保存してます。
去年の2月に描いた300*300のコータと大差無くて、7月に描いた400*400のこーじゅかより軽いんだよね。今更ですけど、画像の重さの基準って何なんだろ。
余談ですが、当初は凄い遠くから飛んできたらしい花弁を見つけて・・・的なイメージがあったんですが、後ろで桜が咲いてるせいで全然説得力ありません。


三月下旬頃には京都で桜が咲いてましたけど、こっちの方は実家から帰って来た頃には既に桜の木が桃色に彩られていました。
川を挟んで両側にある桜の木が綺麗で心奪われながらも、一方で今年こそは描くぞー!な気力を奮い立たせている自分がいました。他にする事があるでしょう(((
川の近くには桜の花、近くのファーストフード店には大学の紙袋を持ったスーツ姿の人達、程良く温かい気候・・・
新年度、そして人によっては入学シーズンですね・・・!
今年から新入生となる皆さまおめでとうございます!頑張って下さい・・・!!


○要らないオマケ

ヨシノさんの性格は先に描いた通りですが、初回の今回が既に軽く物思いにふけてそうな感じだよね。良いのかこれ。
・・・とかそんな感じに表情(というか口元)は最後の方まで悩み、軽く微笑んでるような感じの口も描いたんですが、チェリムが桜の花びらを見るような表情じゃないような気がしたので結局ボツになりました。

ただ、何だか勿体無いような気がしたのと、この絵自体が今のサイズに縮小した時点で割と程良いサイズだった&全身画だった為に、
一部のハイライトや影、目のグラデ、服の透過を廃止し、主線を濃くする等、普段の自分の絵に限り無く近づけて(クオリティを下げて)、

設定画風にしてみました(擬人化絵)

しかし、よく考えてみれば設定画風に転換できる時点で駄目なのかもしれない(((
実際にはこの絵、胸元に左手を当ててる為にその辺の構造が見えない時点で、擬人化設定画としても駄目だと思います。
ちなみに数ピクセル分だけが僅かに見えていますが、左手に隠れてる部分はまんま原型チェリムと言っても良いような感じのデザインの緑。

尚、元々設定画との兼ね合いなんかは全く考えずに描いたので、サイズ的に他の設定画と並べられるようにはなってるものの実際に並べると頭身の違いがイタいです。
特に、おそらく一番この子と並べて比較してみたい子。あっちの子の頭身がやけに高い為に、こっちの子の頭が異様にデカくなってしまってます(((
・・・まぁ、頭がでかいのは・・・ほら、チェリムだs(関係無いよ)


・・・さて!何とか今月最初期が限界の、今月のノルマの一つが終えられました!
というわけでまぁ・・・うん、パールの孵化作業の準備でもしましょうか(何故に)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する