えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ちょっと横道に
イッシュ図鑑 No.002・No.005・No.008(アナログ絵)

自己主張が強すぎて全身映ってないライバルの二匹。
進化形の絵となると、全身入らず見切れる可能性は今後も自軍でも出てくるけどね。
そして、御三家トリオ絵は4年以上ブログやってて初アップな気が。念願の。
初回の日記にも書きました通り、各地方のNo.002、No.005、No.008のポジションは固定されてるので、名前や姿は隠しても何者なのかは隠しません。
・・・ところで自分、No.004とNo.007描いた事無いんですけど^q^

今回何となく過去の絵の裏側に描いていたんですが、やっぱり裏側の絵がうっすら映ってしまいました;;
よく見ると初回日記の絵がうっすら見えるかもしれませんごめんなさいorz
初回日記の絵なので擬人化ではないし、この三匹の事を知ってれば知ってるハズのポケモン達だったりするので、その辺は問題無いんですが・・・
今後は気をつけます・・・今回は自軍以外のポケモンも描いていた上に、肝心の自軍の子の裏には特に問題無かったのが幸い。
更に、一部をデカく描いたり、ベタ塗りしたりの関係で、線の濃さが不均一だったり粗がいつも以上に多かったりします。問題多いなー(・ω・`)


前回日記の宣言をある程度有言実行できたのか、ここ三日間は殆ど進んでません。
ジム1つ分は進められたのでそこを境目として、今回は絵で描いたポケモン達・・・及び、おさななじみ二人をメインに語ってます。
手持ちは増えてるし、実は文章も書きかけていたんですが、絵の方を次回で描きたいと思ってるので今回は手持ち語りはしません。

~『ポケットモンスター ホワイト』プレイ日記その3~
現在状況:4つ目のジムバッジ入手直後
現在メンバー

No.002♂ Lv.25
おだやかな 性格。打たれ強い。

No.013♂ Lv.24
てれやな 性格。すこし お調子者。

No.021♂ Lv.24
うっかりやな 性格。昼寝を よくする。

No.034♀ Lv.24
ずぶとい 性格。物音に 敏感。

No.035♀ Lv.24
さみしがりな 性格。すこし お調子者。

No.???♂ Lv.25
ゆうかんな 性格。 好奇心が 強い。

最初に書きましたが、今回は自軍メンバー語りは省きます。
そして新メンバーも増えましたが、次回までお預け。
番号まで隠してみたから本当に正体不明です。お楽しみに!(待てコラ)


○チェレン・ベル・彼らの手持ちの話

前回ヒヤップについて喋った時に、「○○ップ三兄弟は、今回トリオで登場するキャラの多くが所有してる」と書きましたが・・・
このトリオ系キャラって自分も含めて入るんですね^q^
まさか、チェレンとベルまで出して来ようとは。しかもちゃんと主人公のそれと同じ法則で。
でも、ベルはともかくチェレンは最初のジム戦の後での勝負の時はまだ使って無かったような。いつ使い始めたんだろう・・・?
そして、今更だけどこの子らも御三家同様、♂が多いのね。森の中のレンジャー♀やベルが♂を繰り出して来たという事は。
余談ですが自分、語るタイミングが悪かったのか・・・前回時点から1レベル上げるだけで火力不足が解消されました。まさか『ねっとう』の性能があれ程とは・・・

御三家の中間形態が出揃ったのでこちらも語っておきます。
まずは図鑑番号は無視してフタチマルから。ベル戦の方が先だったんですもの。
ミジュマルが当初、至る所(ウチの実家も含めて)で酷評だったのが払拭されるかのように、格好良い路線に走ってる気がします。
ミジュマルという名前にも、ミジュマル時代の容姿や貝の設定にも納得せざるを得ない、それ以前の事を思うと何とも不思議な進化形態。
あのそばかす・・・そばかすじゃなくて毛穴だったのかっ・・・!?(ぇ)
武士・剣士方向の御三家はジュプトルに続いて二匹目。ジュプトルと違って、そしてみず御三家のお約束は破れず、そこまで速くはないみたいですが。
現状、名前の響きや待機モーションが中々お気に入り。問題は最終形態か。

次にチャオブー。なんかこちらは嫌な予感しかしない。
というのも、どこか中華風な名前、ゴウカザルを彷彿させる黄色いグルグル、そして何気に使った『かみつく』が半減ダメージだった事・・・
ポカブが発表された当初、「豚が格好良く進化するなら猪八戒・・・いや、先代のほのお御三家と被るから無いよな!アハハハ・・・」とか言ってた自分ですが、
・・・これ、既にほのお・かくとうの猪八戒になる予感しかしないんだけど(((
猪八戒に進化してくれるのは大いに結構なんですが、ほのお・かくとうが三匹目(しかも全て御三家)なのは何とかならなかったのかなぁ;;
これでもし、次回作のほのお御三家がかくとうタイプの河童だったら笑うよ、もう。
猿も豚も前例がいる中で御三家化したんだから、河童だってルンパッパの後に続いたってなんらおかしくはない。
もっと言えば、沙悟浄は原典では河童ではないらしいので、いっその事バシャーモを沙悟浄に見立てても良いのかもしれない。
そして、ここまで喋っておいて最終形態が猪八戒じゃなかったらどうしよう^q^
イメージ通り、ほのお御三家では初の鈍重な子みたいなので、ゴウカザルとは真逆の方向を行きそう。そしてその中間に立つバシャーモになるのかな?
でもその鈍重さも、『ニトロチャージ』で補って来るのが敵としては怖いなぁ。
というか、『グラスミキサー』『ニトロチャージ』『シェルブレード』・・・どれも、中盤の繋ぎっぽい技にしては惜しい程、良い追加効果と名前してるよね。
もっと余談ですが、今回の絵はライバル二匹を前線に出したけど、描いてみると目つきとか八重歯とかで表現抜きにジャノビーが浮くなぁ。

おさななじみが2人、それぞれ方向性も違う今作のライバル。
今の所の感覚ですが、チェレンはグリーン等の従来のライバル系をクール路線にした感じだし、ベルはハルカやヒカリが先輩じゃなかったらこんな感じというキャラ。
第四世代は選ばなかった主人公との戦いは無かったけど、本ライバルがいるとそう出しゃばらせにくいんでしょーか。それが今回、二人のライバルが対等の位置にいると。
で、チェレンは優しい所もあるけど基本的には現実的な所を押していて、かつ強い子。ベルは逆に優しさを前面に押してるけど、自称強くない子。
その強さ・優しさ両方を兼ねて、かつ二人の上を行くのが主人公・・・という図になりそうな気がする。そこはきっと主人公特権なんでしょう。
でも、そんな二人の活躍には今後も期待したいです。どんどん自分の上を行ってくれて良いのよ。愛すべき幼馴染(ライバル)であって欲しいのよ。

ところで、この二人との戦闘BGMは何と言うか中毒性があると思う。
ホタチマルやチャオブーをじっくり見ていると、気付けばその二匹に見入るだけでなく曲に聞き入ってる事があるんですが。
でもユウキ・ハルカ戦の時から何らかの中毒性があるよね。この手の曲は。



発売して5日の時点でジムバッジ4つ。
プラチナやハートゴールドは共に攻略に二週間弱掛かっていたけど、今回もそれ位掛かると見越した方が良いかな。
・・・大学生活内でネタバレ踏まないかが今から怖い!同級生同士で関る分にはあまり心配してないけど、後輩と喋りに行くのが怖いね!!^q^

今回はここまでになります。読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する