えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
人キャラも描きたい
単品だと寂しかったのでSFC版アイコンと一緒

ファイアーエムブレム紋章の謎より ユベロ

ユベロ自身のデザインは新・紋章の謎の物なんですが、魔道士アイコンも付けたのでどちらが出典か断言できない事態に(待て)
最近電波返しで指摘された事もある紋章の謎の好きキャラです。
正直、新・紋章の謎を待ち望んでいた理由トップ3には入ります(え)
ちなみに対抗馬は解放(BGM)と竜石バリエーションです(ええっ)

FEワールドにTCG版の公式イラストが載った時は、意外とシンプルな服装だったんだなぁと思ったんですが、新・紋章の謎だと首元に襟が増えてまして。
TCG版をよく見ると肩が映ってたりするんですが、明らかに別の服になってる。
王族である事も踏まえて、あのマント?ケープ?の下が今はどんなデザインになってるのか気になる。切実に気になる。よしぬg(ボルガノン)

最近、「おくびょう」が合う・魔力バカ・可愛いの三拍子からあるポケモンのNNに使いたかったんですが、性別が一致しなかったので断念したという逸話があります(((


もうこのブログ、一週間に一度アナログモノクロ絵を載せながら日記を書くという方針で良いんじゃないかと思い始めました、あうれいです(オイ)
絵は描きたいし、アップもしたいけど、カラー絵に時間を費やせる程の余裕が中々無いからアップもできないというのが長年の悩みですし・・・;;
8月の擬人化設定画ラッシュ、9月のプレイ日記絵と来たので、絵を描く流れを絶たずに行けたら良いなぁとか思っていたりします。
・・・ただ、久々にアナログ主体で人間絵を描くとバランスとか構図とか、個人的にはポケモン以上に苦戦したりするんですがね;;
描き直しが多くなるとその分紙が粗くなるし、これはこれで難しいですorz
それと、ポケモン絵の場合は比較的元のデザインに近い描き方が出来るんですが、人間絵はどの作品でも自分の画風が出てしまうのがネックです。

ここまでの内容とは一切関係無くなりますが、ポケモンホワイトは先週で対戦用ポケモンを三匹育てられました!
個性狙いを止め、1V位を目安にすると、普通に数日クオリティです。
去年は対戦用ポケモンの孵化開始や、孵化そのものの時間が遅かったので、いざ完成した後に対戦する機会も殆ど無かったんですが、今回それは避けられそう。
流石に個性狙いできる時間の余裕もないし、実際に対戦できる時間と厳選にかける時間が釣り合わなかったらダメですしね、ウン(・ω・`)

実際に育てた種族には触れてませんが、続きページにて過程の程を色々喋ってます。
数日クオリティ、とは言いましたが、実際には色々な偶然に助けられてます。
ポケモンの厳選作業自体、結局は偶然と幸運に左右される物ですが、それにしても今回は運が良かった。
というのも、今回育てたポケモンに降りかかった運を簡潔に言いますと・・・

・1匹目

親用のポケモンを野生厳選する過程で実用個体が出現。
性格・特性・個体値どれを取っても申し分無し。ちなみに素早の1V。
タマゴ技を採用する予定はありませんでしたし、孵化してもこれ以上の個体が出る気もしなかったので、このまま採用しました。
遺伝可能なわざマシン技を採用したので、これが第四世代なら遺伝の為に親用になったかもしれませんけどね。ここは今作の仕様に感謝。
余談ですが、何匹か捕まえて、ジャッジしてもらって良いのがいなかったらリセット・・・という流れで厳選してたんですが、
この子は時間の都合で一匹目に捕まえたのを即座ジャッジしてもらったら・・・という子だったので、その為に逃がされる子もいなかったという。

・2匹目

親用の厳選が、開始直後の一匹目で終了。
最終的にそこから引き継いだのは性格だけでしたが、そこそこの個体値でした。
1匹目が先に触れた通りなので、今作の対戦用の初孵化作業はこの2匹目。
途中で何度か親用を入れ替えた中、特防だけは低めの子が出現したので親用にしようと思ったら、その子の『めざめるパワー』がこおり68と判明。
一応は親用として引き続き孵化したけど、これ以上の個体はいなかったので結局その子を採用。めざパこおりの相性は悪くなかったので実装させました。

・3匹目

妹から送られた個体が全個体値10未満という逆奇跡を起こしたポケモン(ぇ)
厳選の上で、先の2匹程目立った幸運は起こしていません。
強いて言うなら、攻撃面の個体値が親用のそれより高い数値で自然発生した位か。


・・・とまぁそんな具合でして。
ちなみに自分は『めざめるパワー』を意図的に厳選した事は無いです。
偶然出たのを使ったのは、今回以前にも何回かありますけど。くさ67サンダースとか。
野生厳選についても、あそこまで高個体値だったのは初めてかもしれない程のでした。意図的に厳選しても中々引き当てないのにねぇ。
ちなみにモンスターボールで捕まえてるので、戦っても野生産とは気付かれないかと。
ネタバレ的な事も含めて、ある程度経ったら改めて紹介したい・・・と思いましたが、今作はトレーナーメモと姿が同じ画面に映らないんだよなぁ。
なので、第四世代の日記でやっていたような写真の載せ方もできません。この辺りどうするのが良いかな・・・

まだ三匹しかいないので、見せあいルールになってるランダムマッチ界にはまだ踏み込めていません。現状はサブウェイとオフでの対戦のみ。
どちらも、実際に戦った範囲ではそこそこ健闘してくれましたが、スーパーサブウェイを連勝するには運で負ける要素が多々あったり。
その点を踏まえると、連勝狙いではアイテムが揃った後のシンオウ御三家とどちらが安定するかな?という点ではまだ判断はできません。
といっても、自分のプレイングにも問題はありますし、サブウェイの傾向に慣れる必要もありますね。対人が疎かになる程慣れても困りますが。

この三匹を育てる上で重視した事は、「第五世代のポケモンのみで対戦用パーティを作る事」、「この三匹だけである程度の補完ができている事」。
これまでパーティ単位で育てたポケモンは案外少ない自分ですが、いざパーティ単位で完成しても、六匹揃ってやっと補完できている事が多かったです。
なので、6vs6でそこそこ戦えたとしても、3vs3ではあまりにもバランスが悪く、勝てない事が殆ど。そんな感じでしたので、今回はそこも反省。
第五世代オンリーというのも個人的には重要。せっかくの新ポケ達ですしね!
最初に育てる三匹と、控えも一匹以上は第五世代のみで・・・と思ってましたが、いざ考えてみたら、完全な第五世代オンリーになりそうです。
といっても、親用のポケモンは第四世代から連れてきたり、今作のみで育てるパーティというワケでもないんですけどね。流石に一から始める程の余裕は無い。
・・・結果的に1匹目は今作だけで厳選しましたが・・・(((

四匹目以降はメイン三匹を更に補完するのが目的なので、当初の目的としてはサブ寄りになりそうですが、いざ完成するとまた使い勝手で変わってくるかも。
何にせよ、構想はできてるのですから、早い内に育て終わりたい所です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する