えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
「あのチーム」をDPで集結させたい。
やっぱり、サーチ登録もしてない辺境の地にあるサイトでアンケートを取るのは無謀かなぁ。とは思ったものの、設置したものを取り払うのもどうかと思ったのでとりあえずアンケートは置いたままにしておきます。管理人です。

通信進化ポケモンを早めに育てておきたい。と考えて最初に孵化を始めたのはゴース。以前野生Lv.64から育てたゲンガー♀もいますが、簡単な話「あのゲンガー」の為です。ケケッ!(何)
大分前の記事に書いたムウマ♂が、攻撃・特攻・素早個体値31なものの耐久系は1ケタと凄い極端な数値である事がわかったので実戦投入は止め、一応努力値だけ振って『シャドーボール』を覚えさせムウマージに。このムウマージと上のゲンガー♀を親にタマゴを誕生。
元々、『おくびょう』なせいかく・『イタズラがすき』な♂で、特攻・素早個体値31なら少し耐久低くても良いやという感じにやっていました。
ところがそのゴース。その条件を満たすどころか、HP30・防御25・特防23なんて数値。

ウゲゲゲゲゲゲ~~~~~~ッ!!(だから何)

・・・高い!あうれい基準で言うと別に速攻ポケモンなんてHP20以上で防御特防16以上あれば十分なのに!このゴース、ネタ用なのに!!「あのゲンガー」が強くて良いのか!?あのレベル15しかなくて闇の洞窟はおろか氷雪の霊峰すら突破できないあのゲンガーが!!そのくせ『ゆめくい』が使える事実は衝撃ですが・・・(笑)
あのゲンガー、手違いか何かで技は全てアブソルなのは有名な話ですけど、いっそ『さいみんじゅつ』→『ゆめくい』を使って欲しかった。ポケダンで一度、闇の洞窟クリア直前でミズゴ達の手の届かない所でムウマと激戦して攻略失敗したんですけど。もっとも、そういう仕様にした所でカゲボウズには勝てない事は言うまでも無い。
ちなみに、「あのチャーレム」の為のアサナン孵化も終りました。防御個体値に不安が残るけどまぁ良いや。『サイコカッター』なんて覚えてますが気にしない。
問題はアーボだアーボ。スタンダートルールで使う前提で進化前を育てた事は殆ど無くて、あってもヤルキモノとかピカチュウとか・・・あのあたりは普通に実戦域ですけど基本的に全能力がアーボックの下ですから・・・ねぇ?ミズゴとチコリもそういう覚悟で使うべきなのか。それとも進化前だけ集めるべきか・・・

そういえば前回に触れた性別での外見違い。ポケダンではバタフリーもいました。後は・・・オクタンもだっけ?オクタンはともかくバタフリーは目立つ。ゴクリンも実は変わってるのですが、公式イラスト準拠は♀なのかな?♂は♀よりも長いのですが、マルノームは♂が公式準拠だからなぁ・・・どっちなのやら。以上なのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する