えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
3月でないのにホワイトすぎる
だが赤の救助隊(擬人化・アナログ絵)

―――凄い雪が降っている。
こういう日は、寒さに弱い彼女には辛いだろうなとか考えていたら、
外からその彼女の声が聞こえて来た。思いがけない物を持って。
戸惑いを隠しきれないまま、その物を受け取りながら、僕は思った。
どこまでお人好しなんだろうって。


なんか凄い雪ですね!昼から降り始めて数時間後には積もってるとか;;
傘差さずに歩いたら当然のように頭に雪が積もります。でも傘を差さないと困るという程でもないかな・・・という。
えっとですね。例年描かないor描けてないのに、今年はそれらしき物を描いてしまいましたどうしましょう。
余裕さえあれば救助隊軍の♀メンバー殆どにやらせたかったんですが(((
ただ、逆に言えば前もって描き始める時間がなく、かつ今日は大雪だったからこそこうなったとも言える。ありがとう。雪ありがとう。
・・・自分?自分はそういうのからは最も遠い所にいる人種ですヨ。
そういえば、設定画を描いたり原型で3~4枚描いたり最終形態で締めたりはしたけど、この二匹を擬人化のこの形態でアップしたのは久々かもしれない。

正直、描いてて書いてて恥ずかしさと痛さを感じてまいりました。アハハハ(´∀`;)
ポケダンメインブログとして、設定はあるけど殆ど弄れてないのが現状なので、せっかくのアナモノ(略すな)の流れで弄り倒してみたいとも思いますが。
2011年に入ってもポケダン>BWな感じですが、去年の11月に救助隊シフトしてから元に戻れてないのか、ゲーム特化する時間がないから妄想の貯め置きが長いポケダンの方が弄りやすいのか、どっちなんでしょ。
映画が近づいたらBWシフトできるかなぁ。今年度の事がまだまだ分からないから、この状況を維持できるかも未定ですけども。
でも、今年はポケダンとレンジャーの発売年から考えると二年に一度のポケダンの年なので、結局ポケダンに走ってる可能性もあります(((

おっと、先程アナモノと略しましたが、今回はモノクロじゃないんですっけ。
何となくやってみたくなったので、カラーバリエーションを少し弄ってます。
乱用は禁物ですが、この辺りの機能ももっと触ってみるべきでしょうか・・・


あまりCP設定を扱ってないウチの子達ですが、設定を作った頃には明確な物としてあったのが、マイルドになって今に至る感じだったりします。
救助隊だと設定が♂♀セットになってる事が多いのですが、その辺りがCPなのかコンビなのか、それが問題だ。みたいな感じ。
♂♀、♂同士、♀同士問わずですが、キャラ二体セットって必ずしもCPとしてセットである必要はないよね、と度々思います。
この二匹を筆頭に、CPというよりコンビという感じの♂♀セットは多いですし、同性コンビもそれなりにいますが、当ブログ基本そっち方面ではないですし。
ギャグでその方向臭い表現をすることはあるかもしれませんが(((

元々友情物が好きなので、その先の所まで行くか行かないかまでは、あまり拘ってないカナーというのが自分の趣向です。

ミズゴとチコリのそういった関係の設定は、特に色々変遷があって。
せっかくなので語ったんですが、長くなった上に誰得でしょうから、続きページ送りにしておきました。
絵の内容に触れてる箇所もありますが、擬人化成分そのものはありません。
実は3年前にもミズゴを対象に何か描いててパソコンには残ってた(アップしてない)のですが、どう考えてもこの辺りの関係は3年前とは別物になったと思う・・・
ミズゴとチコリに関しては、最初期は単にミズゴの方が鈍いという、確実に片思いカプとしての設定だったんですが、
次第にチコリは特別強い恋愛感情を持っているわけでもなくなってきて、ミズゴも特別鈍いわけじゃない感じになってきて、
とりあえずどう見てもラブラブって事はないのですが、
進化形ズやチクク辺りが後押しという名のおせっかいを焼くのは固定され続けて(((
少なからずとも、ED後辺りからそういう感情が芽生え始めてはいます。セリフの変化はそういう事だという事にしています^q^

現在の設定だと、ミズゴの方は最初他人不信な所があったのを、チコリに対しては信用できそう、いや信じたいという具合に心境変化していたのに対し、
チコリはミズゴが次第に自分の事を大切な友達だと思ってくれてるのが嬉しくて、互いに互いが親友である事が心地よく、それに感謝しているような感じ。
その先の感情はお互い持ってるんですが、現状でも十分満足している事と、相手の事を考えるとそこまで行ってしまうのは申し訳無いのでは。みたいな事を思ってしまってるようで、表に出さないでいるという。
噛み合ってないだけですれ違ってもいない両想いなので、どんどんどんどん仲良くなっていって、「はたから見ればカップルに見える程の仲の良さだが、何故か進展はしない」関係が続いてるんだと思います^q^
だから普段は凄く平然としてるんですが、何か起こったら一瞬でそういう空気にもなりかねません(((

そういう設定の基で今回バレンタインについて考えてみたけど、チコリ→ミズゴは本命に限りなく近い世話チョコというか、世話チョコに限りなく近い本命というか・・・
ミズゴからすれば、もしかしてと思いつつも、チコリが何気ない感じで渡しにきた事もあって、本命なのか義理なのかは疑ってかかってそうです。
でも、それ以上に頭に雪が積もってるのが気がかり。とりあえずうちに入れ。
あ、チコリが寒いの苦手という設定は割と初期の頃から一貫して存在してます。
でも実在のチコリーって寒さに強いらしいです。・・・最近知りました(´ v `;)
ちなみにミズゴは反対に暑いの苦手だとか。自分も暑いの苦手です(←)

目下の所、ミズゴとチコリの関係はそんな感じに扱っていきます。
捉え方としては友情でも恋愛でもOKだよーと。ウチの子で妄想して下さる方がいるかどうかはともかく、その辺りはご自由にです。
とりあえず・・・主パ良いよね!(結局それかい)

そういえば、タイトルは、ホワイトデーは来月なのに外がホワイト
→タイトルはホワイトなのに絵が赤の救助隊
という流れで付けてますけど、バレンタインって何色なんでしょうか(ぇ)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する