えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
博士!ダイケンキは帽子に入りますか!?
ウチのベルはミジュマル仕様

エモンガゲット回の時点でやっぱり帽子脱ぎは無いかぁと思っていたら、ニンドリ5月号に公式資料が載っていた。ありがたや。
帽子を被ったライバルが初めてという事もあるかと思いますが、動きやカットイン等ベルはほんと帽子に愛されたキャラだと思います。
それでいて作中絶対に脱ぐことはないハードルの高さ。OP見る度に見せつけられるNとは違うのだよ、Nとは。
タイトルは最近ダイケンキについて思った事です。そう考えるとダイケンキが好きになってきそうです。どうしよう。
そして前回放送でバオッキーが登場するタイムリーっぷり。何この組み合わせ。
公式ポーズだけでは思いつかないような、見事な不良っぷりな表情や行動でした。後の二匹含め、あの人間臭さ(猿だけど)を出せるようになりたい。

変な悩みかと思いますが、ごく自然に帽子無し絵を描かれる方が羨ましいです。
帽子描きにくいとか、無い方が可愛いと思うからとか、理由はそのキャラや絵師様にも寄るかと思いますが・・・
自分の場合、思いっきり帽子キャラが好きだと、そしてそんな帽子を死守してるのも脱がせるのも好きだと公言してるから、帽子無し絵を描くとどうも何らかの悪意が出てるような、いや、その気が無くても無意識ににじみ出てるんじゃないかという気がしまして(((
一人のキャラを描き続けるなら良いんですが、自分のペースだとどのキャラも貴重な物になりかねないから、唯一の絵が帽子無しかーい!な子も出かねませんし。ベルは以前にも描いてますけど。
先日の古物整理で、設定画以外の唯一の絵が帽子無しになった擬人化もいるけど(オイ)

擬人化絵師としてだと、擬人化という性質上、帽子無しだと原型行方不明になりかねないから迂闊に脱がせられないのもありそうです。
自軍で言えばチック姉弟とかソメとか。後者は少し特殊ですけど。
線画段階だと帽子を被らせる前に一度頭部を完成させることもあるんだけどな!絵チャでそのあたり目の当たりにした人もいるかもしれません。
余談ですが、冒険団の擬人化は現状のイメージだとリーダー格二匹が帽子とバンダナとかそんな事になりそうです。
主パに帽子枠がいなかったからその鬱憤か何かをぶつけられてます(待てコラ)


先日は梅田に出かけて、帰りにポケモンセンター。やっぱり実家に帰ってからは梅田に行く機会が増えましたね。
ある方と話したり、5回程対戦したりしました。ボルトロス未補獲につき未完成のパーティも含め、一部ポケモン達の可能性を感じた。
以前にも戦った事があるのですが、その時と合わせると五分五分な感じです。ダブル主体の方と、シングルやローテーションで戦うのは申し訳ない所でもありますが;;
でも以前戦った際は自分のパーティの性質上、相手がダブル用のポケモンだから負けた所があるので、一慨にダブル流用が悪いとも言えないですね。
届かないとは思いますが、ホワイトの名前があうれいなので、もしもここに行きつく事があった時の為に。色々ありがとうございました!
・・・むしろ対戦に関する内容が殆ど無いブログでごめんなさいとも;;

その方には話したんですが、ボルトロスの厳選があまりにも難航している、でも例のパーティは試験的にでも使いたい。
・・・という事で、ポストボルトロス的なポケモンを育ててボルトロス厳選までの繋ぎにしようかと思ってます。
詳しい事はそのポケモンを育てた頃にでも触れられ・・・たら良いな(((


最後に私信を飛ばします!

>咲李さん

毎度、返信ありがとうございます!
遅くなる事は気にしてないです。お互いに無事に届いている事が何よりです~
妄想自由は楽しいですよね・・・!咲李さんの子の皆さんが好きだと、色んな方々のチュウ絵も見ていて楽しいです。
チュウ絵はどちらかと言いますと借りる側の人ですので、出会った方々のお子様達について妄想すると共に、一方で自分の子達は他の方にはどんな風に写るのかなーとか、こっそり気になったりもします(・ω・ )
パルメザンちゃんはだっぴでしたねw知ってはいたんですが、言ってみたくなるのがあうれいクオリティです。というか良い言い方が思いつきませんでした(((
ふふふロックオンしますよロックオン。咲李さんの所はバリエーションが豊かですので、借りても借りきれないんじゃないかと思います^q^
常連になる前の外部での交流まで含めると、結構な長さの縁になるんじゃないかと思います。自分に、長さに見合っただけの物があれば幸いです・・・!
更新は楽しみにさせていただいてます一方、無理はしないで下さいね・・・!
自分も、更新頻度は上げるべきか、もう少し控えめにするべきか悩みます・・・
それと、今年もエイプリルフールを楽しませていただきましたw
簡単に分かる方も、分かり辛い方も、ここぞとばかりな感じで誰の本音かを考えるのが面白かったですw
前回の私信記事のは、仰る通りのイメージで描かせていただきました。
曖昧な言い方で、あのようにやって良かったのやら後になって不安にもなりましたが、喜んでいただけたようで良かったです・・・!
部分的な返信になってしまい申し訳ないです;;
私信は全体通して、ありがたく受信させていただきました・・・!
改めて、今後ともよろしくお願いします。失礼しました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する