えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
当時はKHYと名乗っていたりしたのだろうか
記事名の割にURLが直球

見たまんまな三匹。組み合わせからしてピンと来た方にとっても、来ない方にとっても、心当たりすらない方にとっても、見たまんまな物は見たまんまです(((
前回記事で触れた通り、絵は先週時点で大体描けてました。今回は、ある程度温めました分をカラーでお送りします(違)
塗ってから気付いたのですが、原型絵をアナログカラーでアップするのは初めてらしいです。初カラーが彼らで良かったよ自分は。

突然ですが、BWランダムの仕様は探検隊パ的に氷河期だと思います。
ギルドパで言えば、『おしゃべり』の都合かペラップがランダム対戦で禁止ポケ扱いですし(それなら『おしゃべり』自体を制限すれば良いんじゃ・・・)
プクリンの夢特性は個人的には魅力を感じるんですが、夢特性+♂(1/4)+性格一致+色違いとか考えるだけでゾッとしますし
未来組パだと、禁止伝説が使えない事やディアルガの色は仕方無いとして、セレビィは結局第四世代での色違いの入手すら叶いませんでしたし
そしてポケモンの重複は禁止なのでヤミラミ×6もできません
ロトム軍団とかは面白そうだけど、複数だと厄介でもあるから規制したのかなぁ。

探検隊を代表するNPC軍団のパーティが、どこかで制限される。
しかもBWランダムはNNの表記もトレーナー名のエディットもできませんから、ネタパを組むなら六匹の組み合わせや戦い方だけしか情報がありません。
残るとしたら、チャームズ&MADやモブ探検隊、或いは自軍位でしょうか・・・?
自軍は良くも悪くも自己満足度が高すぎるので、いずれやりたいにしても、知人と戦う時にしかその存在感はアピールできませんし・・・
そもそもポケダンの自軍なんてその人次第ですから、それを再現した所で普通のガチパになってしまう人もいればマイナーパになりうる人もいるはず。
主パ候補がキッカリ二匹ならポケダンっぽく見えそうですが、主パ以外にも主人公候補を使ってらっしゃる方が再現するとなると、見分けがつかないかもしれません。
ちなみにこれはバトレボ時代の話ですが、相手のパーティに主パ候補の進化系が二匹いるとポケダンっぽく見えてしまう自分は重症だと思いました(((

なので、今ポケダンパーティを組むとすれば、救助隊がメインになるのではないかと。使えるポケモンが第三世代までというハンデもありますが・・・
冒険団はパーティを組めるレベルのNPCが少ないですし、主人公達でパーティを組んだら今度はタイプ統一パの成りそこないになりそうで・・・
というわけで、BW発売前に「第四世代程には引っ張らないと思う」と言っていたにも関わらず、何らかのポケダンパを作ってみたくなってしまいました。
長くなりそうなので続きページに持っていってます。
ただ、内容的にポケダンカテゴリはおかしい記事かもしれませんが・・・;;
参考までに他の御三家はLv.30で送りました

今回は初代御三家を送るついで(?)に、ケーシィとバンギラスを付ける事に。
Bさんは本当はヨーギラスで送りたかったんですが、技の関係で断念・・・
そしてバンギラスなので送るレベルも三匹とも55に底上げ。バンギラスェ・・・
本来ならジョウト&ホウエン御三家同様、2月27日にでも送れれば良かったんですが、1ヶ月以上遅延してます。
ちなみに、ヒトカゲはポケダン主人公候補としての性格だと対戦で使い辛そうだったので、キモリ同様NPCの方を模して育てようかと思ったのもあるとか。
ゼニガメは使えない事はないんですが、事のついでにNPCを模してます。彼も技の都合でカメックスになってます(・ω・`)
・・・フシギダネ?え、あぁ、はい、彼女については"もう一匹送った子"とセットで水面下で設定を持ってたりするとかなんとかです(ぇ)
総じて、初代御三家を送るのがメインであるべき所を、ジョウト&ホウエン御三家以上に脱線したのがこの六匹です(笑)

第四世代時代、救助隊のNPCは探検隊と比べ殆ど育てなかった(イジワルズとその関係者のみ)のですが、せめてFLBは育てたかったかなぁと今更。
というのも、普通に育てたらガチパになりそうなんですが、だからこそ、性格も含めてどういう育て方をしようか悩んでしまいまして。
そして、それを何とか形にできたのが今になってです。実際には本当に実用に耐えうるかも怪しい構成になりましたが、物は試しよう。
・・・親はいるんだし、ある程度調整すれば第四世代でも育てようがあるんですが、今から牧場用を育てるのは辛いかなー・・・(´ v `;)
ちなみに今回の六匹は全員HGで孵化しました。一年間、ポケダンに関しては不干渉だったHGでしたが、現役時代を終えて遂に侵略されました(((
具体的な個体値や性格は、ある程度の実戦を経た後どこかに記載します。どこに記載するかは、知ってる方は知っておられるかと・・・

今の時点で書いておこうと思う事は・・・あ、この六匹ですが、第五世代以降の自分としては久々に、個性重視で厳選してます^q^
言うまでもなく、個性狙い2Vも久々です。基本的にトキワジム放置プレイで孵化していたとはいえ、イライラしたりはありました(´ v `;)

ブラッキー♀のゲツエイが「物音に敏感」
フシギバナ♀のシギナが「イタズラが好き」
フーディン♂のFが「昼寝をよくする」
リザードン♂のLが「ちょっぴり見栄っ張り」
バンギラス♂のBが「打たれ強い」
カメックス♂のハイドロが「暴れることが好き」

言うまでもなく、公式からの私的解釈が多く含まれております。
フーディンとかどう考えても今ではなく、ケーシィの図鑑テキストを参考に決めてます。あまり真面目なキャラだと、V個性って使いにくいのよ・・・(・ω・`)

※ちなみに第四世代までに育てた、ポケダン系のV個性ポケモン
自軍
チコリ・プララ・ハッサ・チクク・リム・コーピン
NPC
ゲンガー・チャーレム・アーボ・サーナイト・キュウコン
ペラップ・キマワリ・チリーン・ダグトリオ・グレッグル・ヘイガニ
ミミロップ・ジュプトル・ディアルガ・ヤミラミ全員
一部例外もいますが、大体は一癖あるキャラのような気がします(・ω・`)


第四世代でポケモン3匹をLv.55に上げる作業をしていると、いかにBWはレベルアップ環境に恵まれていたかと思います。
一般トレーナーやジムリーダーの再戦が無い代わりに、ライモンドームやチェレン、モリモトさんが毎日Lv.60以上のポケモンで出迎えてくれますし、高経験値のポケモンと割と手軽にエンカウントもできる。それらを併せ持つライモンドームの医者達もいます。
経験値の仕様は当時は気がかりだったんですが、Lv.50で対戦するには十分すぎる勢いですし、Lv.90でもそう致命的には経験値が衰えません。
シンオウ地方だとギャラボムが使えますが、ジョウトはトレーナーの再戦も結構限定される。ジムリーダーでも経験値がバラつくしなぁ。
レベルを上げようと思った頃が丁度、エリカやグリーンといった高経験値のジムリーダーが使える日曜日で助かりました。
ところでこの六匹。御三家は当然としてケーシィやバンギラス、シゲル的にはブラッキーと、実は全員が初代ライバルとゆかりのあるポケモンだったりします。
HGSSグリーンはバンギラスしか使わないのであまり関係無いのですが、この辺りに奇妙な緑を感じる。



次回未定予告
別名:記事として触れられたら良いな(願望)という何か



誕生日からも厳選日からももう時効かなぁ



今日の午前の出来事である



最近はかつて程の更新ペースはありませんから、ゲーム関連のネタは仮にあっても投稿する前に流れてる事もありそうです(・ω・`)
なので、ここに載せてるのは、触れたいんですが触れられないかもしれない物。まさに次回未定予告。
もしも写真とコメントから、何となく言いたい事が伝わるのであれば、必要以上に語らずに終わっても良いのかもしれません。

長くなりましたが、ここまでになります。
最後まで読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する