えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
古い絵公開処分セール [ 続き擬人化注意 ]
時間がある内に擬人化設定画をごりごりと。コータとヒーザを差し替えてきました。
差し替え以前は、公開してる中で最も古い設定画でした。救助隊主パのひとつ前よりも古い上に、あの二匹は普段からもアップしてないというね・・・;;
アップはしないけど、原型も含めラクガキは多い二匹でしたので、描いてる内に自然とデザイン変更されてる部分もあります。

今回の続きページは、前回四年前の絵を最後に残したのと同じで、無謀にも古い設定画と今の設定画の比較をしてみようと思います。
コータとヒーザに関してはデザインの変更点について触れながら。それ以外の、表に置いてた期間が殆ど無いような物も置いてみます。うわぁ誰得。
擬人化しかありませんので、苦手な方は進まないようお願いします。
色々置いてるから重いかもしれませんし、根本的に絵柄が変わったとかじゃなく単純に「下手」な絵も多いので、擬人化大丈夫な方でも心の準備はお願いします;;

闇の探検隊 コーヒー

旧設定画が存在するのが主パのみなので、その二匹。
中間形態バージョンもあるんですが、今回は載せてません。初期形態版を先に描いたなら、一緒に載せてたかもしれませんが・・・(´ v `;)
ちなみにコータとヒーザを更新した現在、最も古い設定画はツユどっちょになるんですが、まだ見れない事は無いです。
ただ、元のデータはまだありますから、時間さえあれば影を追加した方が良いかなとは思ったりします。


○メガニウム♂:コータ

2011年5月  2007年10月

デザインが変わった点としては、眼の配置、首の長さ、腕輪や上着、腰の紐。
眼が離れていたり首が長かったりするのは、メガニウムだからという仕様でしたが、意識して描いても違和感があったので今はそこまで深く考えてません(´ v `;)
腕輪や上着のデザインに関しては、公式が変わったのでそれに合わせた形になってます。分かりやすい所では斑点模様とか。
腕輪の花びらが4枚だったり3枚だったりに見えますが、手首が原型の首に対して手の甲側を原型の頭の上側として、花びらは左右6枚ずつある物と思って下さい;;
紐については、これまでの描き方が如何せん"ただの線"だったので、意識して色を付けてみました的な。進化前の場合は葉っぱと同じ色の紐になってます。

探検隊メンバーは、主パは体から原型パーツが生えてるタイプの擬人化なんですが、一般隊員にはそれが全くいないという状態。
ただ、自分の中でコータ=ロング触角さんが定着してしまった感があるので、今更触角の扱いを変えようとは思わなかったです(´ v `;)
救助隊は主パの体に原型パーツは生えてないのに対し一般隊員はクローマや羽付きのメンバーがいる辺り、対照的かもしれない。
あ、ちなみに度々言ってる感はあるんですが、ミズゴは耳のオレンジのが外せるんですが、クローマは体の一部になってます(・ω・ )


○ゴウカザル♂:ヒーザ

2011年5月  2007年10月

デザインが変わった点としては、髪の長さや、黄色い装飾品の扱い全般。
ちなみに髪は進化すると伸びてます。進化前の長さは旧設定画に近いハズ。
装飾は前よりガッチリ固めてるイメージになりました。特に上着の装飾。以前のは完全に模様扱いだったのが、今はベルト状態です。
擬人化する上で、最初は敢えて原型から少しそらしたデザインだった所が、原型を描くのに慣れてく内に擬人化のデザインも原型寄りになってました。
原型からそらした部分の名残としては、腕は白いのに脚は茶色い所・・・かな?
コータ・ヒーザ共に、ポーズは前の物を意識した上で、体は斜め向きにしてます。
でも、旧設定画は左右反転すると致命的に傾いてます(・ω・`)
尚、コータ・ヒーザ共に足の間から後ろに白い物が写ってますが、コータのは腰に付けているツメの三つめ、ヒーザのは上着の後ろ側と、別々の物なのでご了承下さい。



赤の救助隊 カウレッズ

実はブログを開設した06年当初は、今の一般隊員の設定部屋を仮設の物として、全メンバー個別に設定ページを作ろうと思ってました。
いつの頃からか今の形に落ち着いて、その時にあった記事は全て非公開になったんですが、同時にその時に使っていた設定画も引っ込めてました。
なので、実は一部の一般隊員は設定画のような物は長年あったのに、去年のカラーでようやく日の目をみたような状態だったりするんだよね!^q^
今回はそういうのも載せてます。正直既に見るのも辛いんですが(((
尚、06年に描いた物については、擬人化を自己規制する前にアップしたからサムネイルが存在する、400*400で画像を作ったから大きくて並べられない、古くて直視できないといった理由からサムネサイズになってます。クリックすると大きくなります。


○ミズゴロウ♂:ミズゴ

2010年9月  2007年10月
2006年9月        2006年7月

現在の設定画のポーズ元は、真横にある三代目。ぶっちゃけ色や尻尾等デザイン面の変更以外は殆ど変わってません。
どちらかというと後のチコリの方が変えたくて描いた設定画なので、三代目設定画は今でも見れない事はないような・・・
個人的に、現在の設定画で少し気になる点があるとしたら目線なんですが、チコリと並べて置く分には違和感はあまり無い・・・と思う。
今のコータとヒーザ、セイとテンもそうなんですが、ミズゴとチコリは一つのファイルで両方を描いた、それぞれ左右の部分なので、描いてる側としては並んでいるのがデフォルトな感じがします。

今から2006年の絵を見ていて真っ先に思うのが、体が細いこと細いこと・・・
今の絵柄は昔と比べて太く、短くなってますが、それでも昔よりはバランスが良くなったんじゃないかなって自分では思います。
ミズゴとチコリは何故か07年時点でもそれなりに太いけど、細長→太短の変遷は、先に載せたコータとヒーザを見ていただいても分かるかと。


○チコリータ♀:チコリ

2010年9月  2007年10月
2006年9月        2006年7月

現在の設定画のポーズ元は2代目。アナログになってる奴です。
とりあえず古い物を見ていて思うんですが、昔の副隊長さん、細いだけじゃなくて不自然に出っ張ってたんだね^q^
元々は並、現在でも少し貧位で、決して大きい設定ではなかったハズなので、妙な所で絵柄の変化の煽りを受けたキャラなんじゃないかと思う。
これ、06年時点でお姉ちゃんの擬人化設定がハッキリしていたらどう描いていたんだろう。って何の話してるんだ自分ぁ。
ちなみに、今でも「チョッキがやや大きめだけど細身」という設定だったりします。でも、どんなに細身でも06年のような細さにはならないと思います(´ v `;)

ミズゴと、後のソッキやチクク、ポケダン部屋にある物としてはマイナやベイリにコウと、救助隊の頃は中分け率が高いというか、それしか髪型が思いつかなかった状態だったんですが、チコリも当初はそういう描き方をしてました。
三代目の前後の頃に今の髪型で定着したっぽいですけど、同じチコリータのコータのデザインが決まる前だったか、後だったかは分からないです(・ω・`)
初代設定画はブログ開設当初からアナログに切り替えるまでの約二ヵ月使ってたんですが、ミズゴ共々リアルタイムで見た方はおられるのでしょうか・・・


○コイル:イル

2010年8月  2006年9月

何故、イルの旧設定画の髪にはツヤがあるのか。・・・金属だから?
今の設定画のポーズ元は旧設定画よりもっと前の絵なんですが、どうやらそれがテンプレになってるっぽいです。
というか、武器との兼ね合いで他のポーズを付け辛いですorz
旧設定画どころか、今の設定画の直前の頃までそうなんですが、目の黒い部分はかつては"黒いハイライト"風になってました。
カタコト設定も相まって無機質そうですが、それなりに表情はしてくれる子です。その目のおかげか水面下ではこうた並かそれ以上にジト目が使いやすいです(・ω・ )
後で触れるメンバーと違って、彼の設定にジバコイルは関ってきません。それ以前に合体するのが嫌な設定だしなぁ。


○アブソル♂:ソール

2010年8月  2006年9月

彼以外の旧設定画を見ていただくと、昔の自分の絵は今以上に目の顔を占める面積が大きかった事(目なのに輪郭に到達する程)が分かると思うのですが、流石にソールはそれだと変だったので、旧設定画の時点でも然るべき位置に目があります。
自分がイメージするキャラと絵柄が一致しなかったので、敬遠がちなキャラだったんですが、逆に言えば彼のおかげで徐々にでも絵柄を矯正できた所はあるのかも。
今は昔程には敬遠せずに描ける・・・のですが、もっとイケメンっぽく描けたら・・・とも思います。まだまだ御世話になる事に・・・?
ここに載せている、救助隊ED前メンバーの三体は全員が武器持ち。
その中でもソールは左右で別の武器を持ってますし、今の設定画を描く上ではその形状が分かる上で、いかにまとまったポーズを取らせるかで試行錯誤しました。
・・・旧設定画の段階では、それ以前に描いていた時点で今一しっくり来なかったので、武器を手に持たせるのを諦めてますorz


○ウソッキー♀:ソッキ

2010年8月  2006年9月

設定上、第四世代ポケモンと直接の縁がある子。
そもそも救助隊でウソッキーを使った理由自体ウソハチが好きになったからなので、救助隊発売後~06年での扱いは一番良かったかもしれない。
・・・ただ、DPや探検隊が発売してある程度経って落ち着いて以降、改めて妄想を深めた結果、相対的に地味になってきてるんですが;;
今から見ると、旧設定画の時点では出っ張ってる部分はチコリと大差無く見えるこの子。代わりに今よりくびれてる感があるんですけども。
今は、とりあえずやや大柄というイメージなので、腰はチコリの方が細いんじゃないかなぁ。って相変わらず何の話してるんだ自分ぁ。
全身通してもチコリより細かった旧設定画ですけど、その辺りは絵柄が不安定だったからなのか、ウソッキーとして何か意識したからなのか。
そうそう、それと旧設定画との比較点を挙げるとしたら。旧設定画はDP発売前に描いたので、角が大きいです。旧♂サイズ。


○トゲチック♀:チクク

2010年8月  2006年9月

第四世代でトゲチックが進化したのに便乗して個別ページが立っていた子(((
トゲキッスの扱いも07年初期辺りまでは良かったです。嫌いになったわけではなく、必要以上にプッシュする必要がなくなったのか。
おそらく、今回載せてる中だと、旧設定画と今とでデザインが一番変わった子。
羽が杖にも付いていたりしますが、必要性は少し怪しい。最近になって羽を肩アーマーにする案も出たけど、コータの項で書いた理由でそのままでも良いかもしれない。
帽子の縁の変更は既に結構前の話なんですが、トゲピーっぽさも入れたかったとか、どうせカー○ィっぽい帽子ならもっとカ○ビィにしてやれとか、一応王女なんだし王冠っぽくしてもとか、一応はそれなりの意図があったような気がします。
後、正面からは曖昧かもしれませんが、現在の髪型は末だけ広がってる感じで、旧設定画とは髪型も変わってます。

旧設定画達は400*400で作っていたとはいえ、殆どの場合200*400に切り取れるサイズだったんですが、彼女だけが横に幅を取っていた為に全員元々のサイズでアップする事になりました。今のハッサといい、グミ係の方々は何でこんな。
ちなみに、かつてパールで育てたキッス版チククは、つい最近たいちょう達を追いかけ(?)第五世代に旅立ったとかなんとか。


デカい画像の羅列だけだと辛いので、それなりに語ろうと思ったんですが、語った結果がこの長文だよ!これをやろうとしたのがGWで良かったです;;
前回のオマケもそうでしたが、これ以上は掘り返しませんで通すつもりです。
今後設定画を差し替えた時に一つ前の設定画を載せる事もしないと思います。記事が残ってる限り、主パ以外は探せば大体見つかります^q^

古物を載せて喋るだけで凄く長くなってしまった記事でしたが、ここまでになります。最後まで見て下さって、ありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する