えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
滋賀に行ってきた
描きおさめもそうだったけど、自分の大学時代を象徴するキャラがこうた、コータなんじゃないかとも思う

四年間、住んで出入りしていたあの場所も、今では新しい人と新しい日々を過ごしている。僕に入る余地は、無い。

平日に動けるのが、もう先日の金曜日くらいだったから、大学生活の四年間を過ごした場所へ遊びに行きました。

※割とセンチメンタルな日記です。閲覧の際はご注意下さい。
朝に出かけて、二年間お世話になったアルバイト先に行き、バイト用に口座を作った銀行で最後のアルバイト分の記録を記帳、大学の漫研や研究室、就職支援課にも立ち寄って、そしてよく夕食を食べに行った店や教習所にも。
漫研では先立って行くことを伝えていた某後輩と喋るのが殆どで、新入生とは話すことはできなかったけど、会いたかった人、その全員は無理だったけれども、殆どと会うことができた。
本来帰るつもりより二時間も遅くなってしまったけど、会いたい人と時間的に偶然会えたことも多かったし、何一つ、無駄な時間はなかったと思う。

いずれは遊びに行きたいと思っていたから、それ自体に深い意味はなかったし、割と軽い気持ちだったんだけど、色々な人と会い、就職できたことを伝えて、応援の言葉をいただくごとに、沸き上がるものを感じました。
就職できたことを伝えに行く事は、四年間お世話になった方々、そしてこの滋賀県に、自分は大丈夫だよって、言うことになったのかなって思う。
浅かれ、深かれ、自分のことを思ってくれる人、応援してくれる人がいる。これから良いことも悪いことも沢山あるだろうけど、頑張っていきたいと思った。

最後のほう、自分はその人達に涙を見せはしなかったけど、涙腺は臨界点を迎えてました。卒業の日でも泣きはしなかったのにね。
いざ帰る頃に、改めて寂しくなった。すれ違う人たちには情けなく見えたかもしれない。
大阪より気温は低く、風の強い日だった。最後に歩いた道では向かい風にさらされた。背中に遠く離れたかつての家を見た。きっと、そちらに向かって歩く方が楽だったけど、僕は駅を目指した。
引っ越しの日も、卒業式の時も乗らなかった、出掛けるとき、家に帰るときに乗っていた電車の駅。久々に乗るその駅での、"帰る"の意味は、前とは違う物になっていた。
電車に乗ってからこの文章を作り始めていたけど、今はもう、滋賀を出ている。帰路についている。


こうやって今日のことを振り返ってみると、きっと自分は、大学入学から社会に出る段階までの、そういった意味での「大学生活」に区切りをつけに来たんだと思います。
「大学生活」の最後が、こんなに感傷的になってごめんね。今度はきっと、ずっと笑って、「遊びに」行くから。あなた方は僕にとってとっても大切な、僕のもう一つのふるさとだから。

--------------------

当初は本当に報告を兼ねて遊びに行くだけのつもりだったんですが、気が高ぶってしまって、帰りの電車の中からそのまま文章を打ち始めてしまいました。
今後も滋賀県には遊びに行きたいし、そのつもりですけど、今後は大学生活について深く書く事はもう無いんじゃないかな。きっと。
流石に、実際に投稿する為にここを編集している現在は落ち着いてます。でも、昨日感じたあの想いを忘れないようにしたいなぁとは思いました。
その想いを残したくて、こんなガラじゃない記事を書いたのかもしれませんね。見ていて不快に思われた方にはごめんなさい;;

今回のアナモノは、住んでいたマンションと自分代理とでお送りしてます。実在のマンションといっても、細かい部分は省略してますので、大丈夫かな・・・?
マンション名を書いてるわけでもないですし、今住んでるわけでもないので、そこまで重大な個人情報にはならないと思います。・・・多分・・・
自分代理はラフレシアとこうたとで悩んで、こうたになりました。オンマウスの所でも理由の一部を述べてますけども。
持って行った肩下げ鞄をこうたに持たせてるんですけど、それをラフレシアにやらせたら突っ込み所になってしまいそうという物理的な理由もあります(((
そういえば、前回記事を更新した後に気が付いたんですが、コータとヒーザの旧設定画って、自分が大学生活で最初に描いた擬人化設定画だったみたいです。
それを、こちらで新調し、差し替える事にした前回。今から思えば、前回は前回で、今回と同じ一つの「区切り」をしたかったのかなぁと思います。
こちらで最初に描いた設定画はコロナ(最新作)で、コーヒー(前作)は二番目なんですけどね。でも、大学生活中で二番目の設定画はカウレッズ(前々作)だったっけ。流れは踏んでるって事になるのかな。

仕事が決まって、更新に対する後ろめたさ(一応それなりには感じてました)が無くなり、かつGWだったのでそれなりの頻度で更新してましたが、次回以降はいよいよ不定期更新になると思います。
こんな記事を、最後まで読んで下さってありがとうございました!
またいつか、次の更新の時まで・・・!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する