えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
星のカービィWiiのクリア後を喋る
星のカービィWii:真最終ボス

思いっきりネタバレなのでクリック表示式。
というかネタバレのネタバレなので、文章表記の仕方にも悩むんですけどコレ・・・;;

前回記事でも書きましたが、星のカービィWiiを完全クリアしてました。
それで前回記事はその続きにて色々書こうと思ったんですが、色々書こうとしすぎて長くなったので、別記事に載せる事にしました(´ v `;)
今回はそんな記事。当然の如く、続きページにはネタバレしかありませんので、未クリアの方でネタバレ嫌いな方はご注意下さい・・・!
○本編エキストラ

体力減少・ザコサイズ変更・ボス強化・アイテム模様替えをしたモード。
謎解き部分はメインモードと全く変わりないので、うっかりやミスを除いて何ら問題なく進めました。
今回はED前時点でスフィアを揃えて、EDと同時に100%を目指してみたり。特に意味は無さげですが多少は豪華。
前回も少しだけ触れた通り、恒例の1面ボスウイスピーウッズですら強いと感じて、コピー持って挑んで初見殺しされてきました。

しかもその時に何を思い立ったのか、EXのレベルボスは全てすっぴんで倒そうとしてみたのでした。中ボスやスフィアローパーはそれ以前に倒した物も含め無制限です。
苦戦したのは3面・4面ボスに6面の追加ボス、ラスボス最終形態かなぁ。
5面ボスやラスボス第一形態にも苦戦を覚悟したんですが、意外にも一発で倒せました。連戦ボスは直後のボスにあっけなく倒されましたけど^q^
あ、流石に5面ボスやラスボス第一形態のスーパー能力は制限してません。そもそもクリアできなくなっちゃいますからね;;

すっぴん自体は夢の泉の物語の頃からずっと威力は殆どのコピー能力より上ですし、攻撃チャンスが少ないのは回避に専念できると思えば悪くないです。
星のカービィ=コピー能力と思ってる方も多そうですし、すっぴん(笑)な方もおられるかもしれませんが、案外侮れないですよ。すっぴん。
とはいえ、SDXや今作だとダッシュ技に無敵判定が付く物が多いので、無敵技が無いという点ではやっぱり辛いか。夢の泉や数字系ならあまり気にならないですけど・・・

特に苦戦したのはラスボス最終形態・・・に見せかけて、死んだ回数が一番多いのは4面ボスかもしれません。
高さとすばしっこさで星型弾が当たらず、攻撃範囲も広い強ボスでした・・・
ところで発狂モードで最初に撃ってくるアレ、どうみてもどういうことなの
ラスボス最終形態の強さも相当な物で、初見殺しな物から、慣れても避けられない時は避けられない物まで多数。シリーズ最強クラスも頷けます。
すっぴんだと攻撃を外すのが致命的なので、何気に瞬間移動に苦しめられた事も。回数が分かれば攻撃を当てるのは楽なんですが・・・

ところで今更ですが、ラスボスは本編で連続して戦う時は最終形態が強制的にすっぴんスタートなわけで、体力も合わせてそもそも勝たせる気無いだろうと。
再戦時は最終形態から始まる親切設計ですが、これで最初からになったら多くのプレイヤーが挫折していたでしょうねー・・・;;
ただし、クリア以降に再挑戦した時は、まさかのラスボス第一形態→第二形態通しのすっぴんクリアにも成功してしまったのですが。慣れって怖い。



○真・格闘王への道

エキストラ版格闘王への道。エキストラ本編で戦うボス全員と戦うので、USDXと違って格闘王への道よりボス数が多いです。
USDXの真・格闘王への道でも苦戦したのに今作とか、体力少なくて回復アイテムがトマトだけだと勝てる気がしねぇ・・・と思ってたんですが、流石に今作の難易度を考慮してか、通常の体力と少数のマキシムトマトになってました。ほっ・・・

で、これは流石にいきなりすっぴんクリアは無理だろうとコピー能力を解禁したんですが、解禁した能力がマズかったのか、最初に思い枷をはめすぎたのか・・・
リーフで一発クリアを果たしてしまいました。やばいリーフつよい
そもそも、すっぴんでボスを倒すとなると、攻撃の避け方、吸い込める物、それを当てられるタイミング・・・そういった、ボスのパターンを大体見切る必要があります。
本編で一切ゴリ押しをしなかったせいで、真・格闘王への道に挑む頃には多くの攻撃が既に避けられる状態だったんですよねー。残念な事に。
そこにリーフダンスやかくれリーフといった無敵技が重なる事で、一発で真・格闘王をクリアできる程には被弾率が下がってしまったのでした。
特に、あれだけ苦戦したラスボス最終形態を、無傷で倒してしまった時は一体何があったのかと・・・
本編で倒す時点で避けられる物は全て避けられるようになっており、避けられない物は全てかくれリーフetcでやり過ごした・・・といった所でしょうけど。
こういう場合、苦戦したボス程倒しやすい物なのかもしれません。本編はそこまで苦戦しなかった2面ボスにやけに被弾した。
それでも、回復アイテムは小トマト一個を残しただけ(最終戦前で最後のマキシムトマトを使った為)って位にはダメージを受けましたので、既にノーダメージクリアを果たしている方と比べられたらまだまだなんだろうなーって思います。

現状ではリーフの他、各仲間キャラでクリアしてます。
上記の通り無敵技に救われている所があったのでワドルディに苦労しました・・・一応無敵判定のある技はあっても、他の二人よりは使い辛いです;;
メタナイトも体力が少なく火力は控えめなのでデリケートな使い勝手になりますし、仲間たちで一番楽だったのはデデデ大王かなぁ。
ごり押し性能の高さだけでなく、元々好きキャラなせいで、2Pで遊ぶ時にも積極的に使う等でデデデ大王に慣れていたからっていうのもあると思います。
ちなみに格闘王への道も似たような感じ。記録に挑戦するのも良いけど、まずは仲間キャラ全員でクリアしたかったという。

このモードにはUSDXで登場したギャラクティックナイトも登場しますが、今作メタナイトがプレイヤーキャラなので、ギャラクティックを地に立たせる事でメタナイト系のボスにした上で、発狂モードをUSDX仕様にしたのはうまいなぁと思いました。
しかしながら、メタナイトと同様のモーションで歩いてきて攻撃してくるギャラクティックナイトには、どこか可愛げを感じたりも。
ただ、上記のように考えると、デデデ大王系のボスも新たに用意して欲しかったなぁ。ある意味では、HR-D3は本来デデデ大王系ボスなのかもしれないけど。
ところで、ギャラクティックナイト序盤やHR-D3後半でも流れる7面ボスのテーマは、初見だと絶望感、ストーリーを知ると今度は切なさを感じさせる。あの二体にも、そういう雰囲気がよく似合ってて好きだなぁ。



○アナモノの人について

さて、アナモノでも描いてるので、完全に伏せたままに終わるわけにもいきませんね。今作のエキストラモードラスボスの、マホロアソウル。
ラスボスとしては、ナイトメアやマルクのような魔法使い系に見せかけて、口からダークマター一族のような目玉を覗かせるデザインが凄い好きです。
マホロアの原型が残らない狂気の存在、厨二要素満載なボスではありますが、カービィラスボスの集大成としてこれでこそ!な感じはします。
BGMまで集大成、第二形態の初見の絶望感・・・64版までは基本攻略本頼みだった事もありますが、戦った時のインパクトは歴代でも相当な物かなと・・・!

マホロアについては、3面クリア後にカービィ達の事をお人好しと言いかける辺り、まさかマホロアが黒幕じゃないだろうな!?と一度は思ったんですが、ラスボスだと確信するまでには至らず、正体を明かした時は「うわぁ・・・外れて欲しかったけど、やっぱりそうだったのかぁ;;」という気分でした。
ただ、エキストラ(=二周目)でスフィアコンプリートした後に聴ける話が、開き直ったかのように黒い面がチラホラしてて、うわぁwwwと。
かわいいんだけどネェ、マホロア。喋った時は驚いた。
マホロア本人はマルクの知り合い説やダークマター族説、そしてマホロアがではなくクラウンがダークマター族説等があり、色々議論もされそうなマホロア。
公式の発表が無い限り、妄想の余地があるキャラクターという事にもなりますので、見る側描く側としては自由にさせていただきますな感じですけどねっ!
自分は最初は本人がダークマターの生き残りだと思ってたけど、やっぱりマルクの知り合いの線が濃厚かな・・・?とか思ってますので、
どちらの可能性もあると見て楽しくやろうと思います。キャラクター設定は公式で設定されてる所以外は、色々な見解を楽しむのが良いと思うのよ。
色々な設定を受け入れようとしても、その中での好みは出てしまうだろうけどね。そんな自分はあまりアニメ要素をゲーム版に混同したくないタイプ。旦那とか陛下とか。



色々書いてきて、まだ色々炙り出せそうな気はするのですが、長すぎますしキリがないので今回はこの辺で・・・!
とにかく星のカービィWiiは面白かった!妹のデータの2P担当とか、まだまだ遊ぶ事になるとは思いますがね!
こんな所を、最後まで読んで下さって、ありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する