えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ちょwコロナwww略してチョココロネ!
(擬人化絵?)冒険団ピチュー♂・トゲピー♀(擬Mii化絵?)

セイくん、それ略になってないよ・・・


ちゃんと週一更新しようとしたら今日バレンタインじゃないですかー!やだー!
・・・そんなわけで今年もバレンタイン絵もどき。今回は描くネタもあったんですが止めました。結果的に時間は短く済んだと思います。
パロディ絵でもあるという事もあって、去年と比べても大分アッサリしてますしねー。

今回は冒険団のセイとテン。
文字リンクにも書いてますが、擬人化というよりは擬Mii化だったりします。一応は彼らの本来のコンセプト。
元ネタ及び体型は3DSのすれちがいMii広場から。3DSももうすぐ一周年で、ぼちぼち慣れ親しんできた方もいるのではないでしょうか。
今後3DSでドットのポケダンが出る可能性もありますが、今の時点ではスクランブルも出てることですし、立体図鑑はリアル体型ですがまだ全国版じゃありませんし、もうしばらくは3DSでもデフォルメがデフォルトで大丈夫だと思います(((

以前、擬人化に先立ってWiiで作ったMiiのセイとテンを載せたことがありました。
ツイッターで何度か触れているので今更かとは思いますが、今は3DSに送って少し加工した物がマスコット扱いされてます。
顎が小さく幼さを感じさせる輪郭が追加されてるのが嬉しいです。かわいい。ロリショタコン乙おやばか乙。
実用的な所では、オリキャラに近い以上すれちがい通信に使うのは匿名性が高すぎるかなーと思うので、時々マリオカートで使う程度ですけどね。


エイプリルフールで突発的にブログ名を変えて以来、コロナ(というかセイ)が絡むと大体どこかでチョココロネが出てきてます^q^
冒険団では、ストーリーの重要アイテムとして、経験値を得られる一般アイテムとして度々チョコレートが出てくるので、そこから由来した設定だったり。
普通にチョコでも良かったんですが、チーム名とのシャレでコロネになって、そのままセイの好物にしちゃえば良いんじゃね?的な勢いです。
・・・まだそういう絵は描いてませんし、確定設定にもなってませんが(((
ちなみにコロナというチーム名になったのは、カウレッズ・コーヒーと英語での頭二文字を一致させつつ、光っぽい名前を付けようとした結果。
設定的な由来は特に考えてないというか、元々ヤドキング長老が思いついたように付けた名前って描写だったから、主人公達に考えは無さそう。

せっかくのバレンタインなのでCPとしてのこの子ら事情でも書けたら良かったんですが、まだ煮詰まり切れてません(((
少なくとも初期形態時代は普通の友達関係だと思う。特にセイが恋愛無関心だと思う。結構♀が多いのに異性としての関心無しという設定だしねセイ。
進化して以降から5~6年後、探検隊の時代頃には多少なり発展してるんじゃないでしょか。恋人関係になってもテンが世話焼き女房状態なんじゃないかと^q^
進化するとタマゴグループ一致するけどベイビィポケモンはタマゴ作れませんしね!別に設定にタマゴグループの一致義務なんて無いですが。
最初期はタマゴグループ不一致のCP設定が多かったんだけど、無理にCP認定しなくて良くね?という感じのペアに変わったのも多くて、残ってかつCPっぽい扱いを維持してるのが偶然(?)タマゴグループ一致組ばかりに。というかそもそもCPっぽい物描いてないというのが現状。


恐ろしいことに、今年に入ってから今に至るまで、載せたポケダンキャラはほぼ冒険団だけという。本格的にブログ占拠事業でも始めたんでしょうか。
先週のついぴくは一応探検隊扱いだろうけど、冒険団の派生でもあるしなぁ。
ちなみに今回はあったという描くネタは救助隊でした。タイミング逃さない内に描けたら良いんですけどね。

プチ休止期間もそろそろ大詰めです。
この記事書いた日は例によってツイッターに出没予定ですけど、それ以前にこの記事を書いてて大丈夫だったのかと。


余談ですけど今回の色鉛筆画、二つの画像を合成した物になってます。
塗りをいつもと変えたからか、いつも通り自動色補正を使って取り込んだら色がキツくなってしまいました。
そのため、約1年前に何度かやった以来、久々に自動色補正をナシにした物をメインにして、比較用に補正有りも一応載せる感じにしようかと思ったんですが、
二つの画像を同じ位置でカットする過程で、50%半透明の補正無しの物を補正有りの物に重ねた時に、丁度良い感じに見えたのでその重ねた物をメインにしました。

描いた画像を取り込んだ物をほぼそのまま載せるならアナログ絵でしょうけど、こういう加工をした物は実際アナログ絵としてどうなのかなーと記述してみました。
また、当初の予定通り、自動色補正を使った物、使わなかった物も両方載せてみる事にします。需要があるかは分かりませんが比較用にどうぞ。
一応簡単に印は付けてますが、言うまでもなくどちらも擬人化絵です。


[ 擬 ]自動色補正あり ←普段のアナログカラーはこの取り込み方です

[ 擬 ]自動色補正なし ←アナログモノクロはこっちだったりします


特に反発が無ければ、今後も手法の一つとしてこっそり使うかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する