えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
記事の内容は覚醒できてない
王族ばかり触れてるけど黒騎士やシューターも好き

ファイアーエムブレム紋章の謎 ユミナとユベロ

今日は四年に一度の2月29日!この日に更新するべく、ここ最近維持していた火曜日更新を敢えて崩しました!むしろよくこの一ヶ月ペースを維持したな自分。
アンバサダーGBAが配信されて以降、月に一度はFE関連の更新してる程度にはFEに飢えてるのかなーとか思ってましたが、22日のニンテンドーダイレクトでFE覚醒の情報が出て遂に爆発した気がします。
FEクラスタフォロー祭のおかげで、今後はFEクラスタの方々とも交流していけそうで楽しみです。流石に今まではひっそり気味でしたからね;;
ツイッター上の交流が主となるので、このブログにまで足を運ぶ方は少ないんじゃないかなとは思いますが、こちらにも書いておきます。
辺境のブログでFEの事も時々書く程度の人ですが、これからよろしくお願いします。

そして、最近は自分が与えた影響もあって、遂にあるフォロワーさんに新・紋章の謎を買わせるに至りました(((
まずはクリアを目指して頑張って下さい!応援してます!(電波)
こうやって、少しでもFEに興味関心がありそうな方がFEに手を出すきっかけになれたら楽しいだろうな!会話して説得ですよ。出会いのテーマが流れますよ^q^
普段は"ポケモンやってるけどポケダンやってない人"に同じような事をしてるのがあうれいですがね!ててててっててー♪(謎の擬音語)


今月のアナログ絵が、ツイッターと合わせても色鉛筆しか載せてねぇ!という事に気が付いたので、最後までカラーで通す事に。
あくまでアナログの話なので三つ前のコピペロスは除外で。そもそもあれは描いたのも相当前の話ですしね。
そして慣れないキャラや服装を試行錯誤しながら色鉛筆でなんて事するから、いつもに増して絵が粗いです;;
でも描き直す時間は無いし、あったから良くなるとも思えませんが(((
何気にユベロを最後に載せてから丁度一年経ってるんだっけね!好きキャラというからにはもっと描くべきなのだろうか。
それ以上に、ユベロはこれで三回目なのにユミナが初な事のが問題なんだ。
基本的に、片方を使うと決めた時は両方使ってる位には好きなんですが、どうしても自分がロリよりショタ好きなせいでユベロの方が優遇されがちですorz

その去年の最後のユベロが上級職の公式イラストネタだったので、今回は逆にSFC版に合わせたデカローブにしてみた。
お爺さんキャラのイメージが強いせいか色々言われがちな印象があるんですが、っていうか自分も去年色々言った気もしますが、このローブも好きです。
むしろ普通は大人以上のキャラが着るのなら、ユベロだとまずブカブカになるだろうと思います。可愛いと思います(((
ローブ司祭なら襟描くのは苦しいかなぁと思ったけど、そもそもSFC準拠だから襟関係無い事に後から気が付いた。

ユミナは司祭版初描きなのでそのまんまです。
むしろSFC司祭の服装そのままにするとレナさんの格好したユミナになるよね多分。
マリアと同じデザインなのでこれが王女版司祭として扱ったら良いのだろうか。と思ったらエリスはこのタイプとレナの中間見たいなデザイン。よくわからん。
後から見たら去年と同じ事を言ってますが、司祭ユミナの公式イラストは凛々しくて好きです。少女であるにも関わらず"惚れそう"になります。


今更ながら、このブログの案内・注意書きなる物を作る事にしました。
実質的には2012年3月からブログの最上部に表示されます。
いつかは作るべきとは思ってたんですが、作らないまま既にブログ開設から5年半経ってますヨ・・・(・ω・`;)

今になって作る事にした理由は、まずブログの更新頻度が下がった事で、そう日記としてパソコンから頻繁に見る場所ではなくなってるだろうという事。
携帯用テンプレの場合は最初の記事を完全に飛ばすこともできますしね。
転じて、日記ではなくなってきてる事からこのブログを前よりもサイトっぽくまとめてみたい!という事もあります。
二つ目に、アナログ絵中心のブログになった事で急に展示数が増えたので、それらを纏める注意書きが必要かなと思った事。
まーこのブログからわざわざ無断転載するようなモノは無いでしょうが・・・少し前にツイッターで無断転載について話題になった事も記憶に新しいもので。
三つ目はリアルが一段落ついてこういう所に手を伸ばす余裕ができた事ですかね。
とはいえ、それでもリアルで考えなきゃいけない事は沢山あると感じてますがネ。

そんなに非常識な事は書いてないつもりですし、長い間来てくださっている方にとっては今更な内容だとは思いますが、改めて見ていただけると嬉しいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する