えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
第三話:不綺麗だわ・・・
恒例のあまいかおり要員(アナログ絵)

金銀から『あまいかおり』を知ってる人にとって、『あまいかおり』と言えばこのポケモン(の進化前)って印象を持ってる方も、いるんじゃないかなと勝手に信じてます。
RS頃でもまだこのポケモンの印象が強い人はいそうかな。DP以降になると地方図鑑に登場してないし、ミツハニー辺りに印象を取られるかも。
ところで『あまいかおり』って、覚えられないくさポケモンもいる中、くさ・どくタイプはみんな覚えるんですよね。
甘い物には毒があるって事でしょうか。怖い話ですねぇ^q^

今回のタイトルは第六話が元ネタ。正直、何となく続けてみたいとは言ってみたもののいきなり苦戦する事に(´ v `;)
記事タイトルとしての題数はプレイ日記その○の方に準じる事にしてます。話数が飛び飛びなのもそれは面白そうですがw
今更ですが、第三回アナモノまとめ→第六世代目の前→第○話とで、最近タイトルの頭文字が「第」ばかりですね(((

ところで、ポケモンを進めながらも当然の如くすれちがいMii広場も進めてるんですが、先日ようやく、すれちがいガ~デンの全てのお仕事をカンペキにしました!
ダウンロード開始から4ヶ月程ですか・・・長かった。
すれちがいガ~デンは後は4種類の花を育てれば花てちょうをコンプリートできます。そこまで行けば、花マイスターとしては一つの到達点でしょうか。全ての色を揃えてみたり、自分好みの庭を作ってみたり、できる事は色々ありますけどね。
残りの花は、種があるから育てる事ができるカジツ科のまぼろしの花が一つと、見た事があるから品種変化の狙いは取れるディスティー科の花が一つ。
そして見た事もないプロスプ科の花と、同じく見た事がないまぼろしの花でシャボミナじゃない方のアマノジャク科の花との四種類です。
花を育てて図鑑を埋めるこちらの到達点を目指しつつ、ポケモンも図鑑集めときのみ育てを進めていきたいですね。

~『ポケットモンスターX』 プレイ日記その3~
現在状況:5つ目のジムバッジ入手少し後
現在メンバー

セントラルNo.003 (ブリガロン) ♂ Lv.56
ずぶとい 性格。ケンカを するのが 好き。

セントラルNo.036 (ピカチュウ) ♀ Lv.56
がんばりやな 性格。おっちょこちょい。

セントラルNo.088 (カメックス) ♂ Lv.55
むじゃきな 性格。好奇心が 強い。

セントラルNo.118 (ニダンギル) ♂ Lv.56
うっかりやな 性格。のんびりするのが 好き。

ポケモン図鑑 捕まえた / みつけた:( 181 / 254 )

○攻略メンバーの話

今回は期間の割に攻略メンバーがあまり育ってません。
捕まえそびれていたポケモンを育てたり、交換してもらっていたポケモン達をレベルアップさせたりしてました。簡単に言えば今回は図鑑回。
そんな中でも、ピカチュウは『かみなり』の習得レベルを超えて(覚えさせてはいない)、ニダンギルも公式サイトに載っていたある技を覚えました。
技が完成されてきたので、そろそろ進化させて良いだろうとは思うのですが・・・技の思い出しに関して気になる事があるので、その時まで進化を保留中です。
・・・その時まで進化させなかった為に形態に対する過度な愛着が沸いて、結局進化させない、みたいな事は無いように気をつけます(´ v `;)

ところで、ジムバッジが増えた事によって前回更新の時点でマーがもうしばらく言う事を聞くようになりました。
その為、手持ちに復帰させてみたり、攻略メンバー以外のポケモンを引き連れて『みねうち』係として活躍させたりしたのですが・・・
正直な所、ニダンギルのタイプ的な便利さを感じてしまったので・・・攻略メンバーとしての本格復帰は無さそうです;;
この頃になると『とっしん』とか使うポケモンが増えて来るから、自滅防止の為にありがたいんですよね、ゴーストタイプ。



○ストーリーの話

ちょっとだけ。
今回はリアルの事情と、ポケモン図鑑等の回収漏れを拾いに行っていたゲーム上の事情もあって、一週間近く足を止めてました。
ミアレシティの停電を復旧させたのも更新の少し前です。こればかりは先に済ませておくべきだったかなとか少し考える。ミアレ色々出来て凄い。
といっても、妹達が先行していた関係で妹から聞いた話で驚いた事が多く、実際にプレイする時はむしろ、「あぁ、これがあれなのね」という感じでした。たまやとか。
IDくじの復活を知らずにGTSでのポケモン交換をしていたのですが、おかげで1~2桁の当たりが二日続けて出ました。
かつてパールで、GTSでナゾノクサばかり集めた挙句マスターボールを手に入れた事があったんですが、今回もいつか完全一致出たら良いな。

図鑑の更新は先に終えていたので、先輩達が発電所の様子を見に行ってから、謎の仮面さん達が発電所に来たのにも一週間経っていた事になります。一週間も何してたんですかせんp・・・ゲフゲフ謎の仮面さん達・・・一体何者なんだ・・・
それとせんp・・・謎の仮面さん達の活躍を立てようと、ミアレシティに着いた時点でのサナの質問には「さあ?」と答えました。
でも後から思えば、正直に物を言わないと真実は無くなる的な事を、メガシンカじいさんが言ってましたな・・・本当にこれで良かったのか。
入る前にレポート書いてなかったので、選択肢の違いを見ようがなかったのです。あの選択肢で今後何か変わるとか・・・無いよね・・・?

ミアレジムは全ての問題を間違えて全てのトレーナーと戦いました。当たり前のように。カンニングはしてないよ。
答えがピカチュウの問題を敢えて外しつつ、その階のトレーナー全員とピカチュウで戦う光景を、ユリーカちゃんはどう思った事やら。
・・・そういえば、未だにXYアニメ本編見てなかった(オイ)



○ポケモン図鑑の話

攻略メンバーの話で触れてる通り、今回は図鑑集めがメインです。
というわけで図鑑は60匹近く増えてます。150を超えてるんですが今作のポケモンどれだけいるの・・・^q^;
「ポケモン図鑑の話」では、捕獲の面を触れる事にします。進化の面は別枠で。

『あまいかおり』を使うと、確実にむれバトルできるという情報を目にしました。ゲーム中での記述を見た覚えは無いので、多分ネット上で拾った情報。
前回、いくらか進化後ポケモンを捕まえたという話をしましたが、レベルやマネネの件から群れだと進化前が出るであろう事は予想できてたので、これを活かして進化前ポケモンを探す事に。
そこで今回ナゾノクサを頼る事にしました。他に『あまいかおり』を使えるのはビークインがいるけど、ナゾノクサなら低レベルから状態異常や全体攻撃が使えますし。
そして何より、最愛のポケモンはラフレシアながらも前々回書いた通り攻略上ではくさ御三家を使う為にナゾノクサを使う事はあまり無いですし。
読み通りマネネやムックルと戦う事ができましたし、まだ捕まえてなかったポケモンもいくらか見つけられました。マクノシタには会えませんでしたが・・・

また、ストーリー上の情報として群れバトルだと珍しい特性(隠れ特性)のポケモンが出る事があるとの事でしたので、狙える時は狙ってみる事に。
これには、GTSで貰って図鑑の為に進化させていた、海外産ゴーゴートの『なやみのタネ』を使う事に。一匹一匹に使うのは大変ですが、それでも戦闘中に特性が判定できるのでありがたい。捕まえる気が無いなら『じならし』で一掃もできます。
まずは既に進化後は持ってるんだしとマネネの隠れ特性を狙い、他にはニドラン(♂♀共)等も入手。また、BWではムックルは進化するまで特性が通常か隠れか判定できなかったと聞いてたので、ムックルは判定して捕まえるのは諦めてたんですが、どうやら仕様が変わったらしく捕まえたムックルを見ると特性が「すてみ」でした。ラッキー。

奇しくも、初代から好きなナゾノクサと発売前の時点で興味はあったゴーゴート、新旧気になるくさポケモン二匹を、攻略メンバーではないものの攻略上で使う事になりました。
これは嬉しい誤算ですね。攻略メンバーでEDを迎えた後でも、戦えるだけのレベルにはなってるんじゃないでしょうか。
ちなみにナゾノクサは自前の子です。初めて出会って捕まえた個体。色んなポケモンを交換しつつも、ナゾノクサは最初に捕まえた子を大事にしようって思ってました。
とはいえ、ナゾノクサ系は図鑑の為に最低二匹必要ですし、今回の利便を求める上でも別の技構成も試したいので、GTSでキレイハナ用のナゾノクサも手に入れる予定です。

そういえば、GTSには基本的にストーリー上で捕まえたポケモンにオボンのみやタポルのみを持たせて交換してきました。最近はマトマ以外の努力値下げきのみが揃ったので、他のきのみも出してみようと思います。
それに対して、野生時のアイテムをそのまま持ったソルロックやカラカラ、当時既に持っていたもののネコブのみを持ったバネブーを下さった方がいました。珍しいアイテムをありがとうございます!
特にソルロックの「たいようのいし」は、いずれキレイハナの為に一つ二つ増やすべきだと考えていたので嬉しい。

ところで、絵にもしましたがクサイハナが『あまいかおり』を使うのって、図鑑テキスト等から考えてあの涎(のような蜜)からですよね。
「クサイハナの涎に釣られて5匹組のポケモンが寄ってくる」・・・字面だけ見るとお前ら本気かという気持ちになります(蜜です)



○バトルシャトーの話

第二回までの更新範囲でも、7番道路に行く時には立ち寄って資金稼ぎをしていたのですが、今回は図鑑埋めの為に活用する事に。
攻略メンバーを預けて、攻略メンバーのレベルアップは抑えて進化で図鑑を増やす方向で手持ち構成して挑んでました。
しかしそれまで攻略メンバーで何度か挑んでるのが祟ってか、自分も相手トレーナーも爵位が上がっていて適当なポケモンでは危険な程になってました。
特に、後述のズルッグが進化する前の時点でのタブンネLv.40の『とっしん』が痛い事痛い事・・・経験値にするどころか経験値が入るポケモンを尽く減らされたりしました;;
ところでLv.35~40階級で出てくる和服の女の子達のバリエーションは、またそういう隠れ里的な場所とかにでも出てくるんでしょーか。
本編で戦う時はまた別のポケモン使って来るのかもだけど、揃いも揃ってタブンネ使って来るからタブンネシリーズって印象が尾を引きそうだなぁ。
ここで主力にしてるのは、石進化みたいなのでいつまでレベルアップさせて良いか分からないフラベベの中間形態と、タブンネと戦う時にも助けられた攻守共に優れるズルズキン。やっぱりズルズキンは頼もしいなぁ。共に海外出身です。
グレッグルが進化したのでドクロッグも適宜使ってます。どく攻撃が使えるのでフェアリー対策に。防御面はフェアリー等倍なんですけどね。こちらは海外出身の上になんとNNが付いていたので、進化しても名前が英語です。

今回挑戦していて驚いたのは、二番目のジムリーダーであるザクロがここに現れた事。レベル40クラスの爵位で現れ、手持ちの二匹も進化してました。BGMも健在。
思い起こせばここに初めて訪れた時はビオラが案内してくれたので、ジムリーダーがいる事自体はありえない話では無かったのですが・・・
・・・本当、ズルズキンいて良かった。フラベベ中間形態と合わせて、ザクロには有利なポケモンが主力になってました。
その後コルニ、続いてビオラ、ザクロ二回目も確認。レベルはいずれも同じ。
ジムリーダーとしてはルカリオを使ってこなかったコルニだけど、ここでは・・・やっぱり使ってこないのね(((
これでジムリーダー戦の曲は完全制覇後も聞けて、他のジムリーダーとも無限に戦える可能性がある事になるんですね。
新世代最初の作品でありながらジムリーダーと再戦できるとは、良い時代になった物だ。これまでに要望が強かったのかもと思いますが。
ところでこの一連のプレイ日記、あまりジムリーダーやトレーナーの事について語ってませんが、語る気が無いんじゃないんです。手持ちが強くなりすぎて語りようが無いんです。それこそ手持ちを入れ替えた今回のバトルシャトーが初めてトレーナー戦で苦戦したんじゃないかって位、レベルの暴力が成立してしまうんです(((



○ポケパルレの話

基本的に攻略メンバーを対象に遊んでるんですが、ハートが最大値まで行ってるのは今の所ブリガロンとカメックスだけです。
その二匹も最終形態になってから最大値にしたので、各ポケモン、形態毎にハートが増える瞬間を見てみたいと思ってる部分があります。
触って可愛い見て可愛い、相当な癒し要素ですね!
ミニゲームは(2番目の)が一番気にいってます。シンプルなタイミングゲーなのでやりやすいというのが大きいのでしょうか。
難易度むげんでも最初に☆5を取ったんですけども、左上のスコアの方が999点でカンストしてしまうので、後は最大コンボ数で差を付けるしかなくなります。今後も伸ばしていくなら完全に自分との戦いになりますね。
ちなみに現状の最大コンボ数は151。・・・別に狙ったわけじゃないよ。
攻略用のメンバーではありませんが、図鑑の話で触れたナゾノクサ(クサイハナ)もポケパルレで遊びました。かわいい。まじかわいい。
最近はあまり触れてなかったナゾノクサの可愛さを再認識した気がする。頭を撫でる事を考えた時に、本体のデコと頭上の植物部分と一匹で二度な所も美味しいです(((
でも、クサイハナの涎(※しつこいですが蜜です)を触った時にべちゃって音と一緒に手が汚れた感じになるのは流石にどうかと思いました。
どうかと思いましたといっても不満というわけではなく、むしろ面白いというか。
あくまで蜜であると分かっていても、あれはきたない^q^



書き溜めていた事もありますが、今回はかなり長くなりました\(^o^)/
うぅむ・・・やっぱり少しは気を付けないと・・・減量しないと(違)
今回はここまでになります。読んで下さりありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する