えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
第四話:何も考えずに綴れ!
さん付けライド(アナログ絵)

デフォルメの関係もあると思いますが、マップ上のアイコンを見てると明らかに図鑑で表記されてるサイズよりも小さいよねこのお方。
HGSSの連れ歩きもサイズの感じはポケモンによってまちまちですし。トゲチックは逆に図鑑のサイズより大きい気がする。
ニンドリのインタビューによると、スタジアムやバトレボがリアルであるなら、XYはファンタジーの中のリアルを追求したという事なので、この辺りのデフォルメにもそういう所が現れているのかもしれませんね。
または、どんなサイズのポケモンでもモンスターボールの中に入れるし、技『ちいさくなる』というのもあるのだから、ポケモンの大きさはある程度本人の自由が効くという事なのかもしれない。

一週間に一回位の頻度で更新しているこのプレイ日記。
ポケットモンスターは二週間前後でクリアするのが多い所、発売から三週間になりますが、今回まだクリアしてません。
一週間は足を止めていたとはいえ、それにしても、二週間で未クリアですね。
リアルの事もあるので、そちらを優先してゆっくり進めてるという所なんですが、逆にリアル優先するべくさっさとクリアすべきだろうって思う事もあります(´ v `;)
ポケモンはクリアしてからが本番とは言いますが、それでも敢えて、自分はクリア前を充実満喫する方向でやっていくつもりですよ。


度々、プレイ日記を短くしなきゃと言っていたのに、今回はある事を検証してその結果を長々書いた結果、むしろ前回までより遥かに長い記事になってしまいました。
・・・「プレイ日記短くしなきゃ」は、一種のフラグなんでしょうかね(((
そりゃまぁ、削れば短くなるんですが、短く見せかける為だけに色々削るのもそれはそれで勿体無いので、長くなった物は仕方ないと長いままで書いてます。

今回のタイトルは・・・そんな長くなってしまったプレイ日記に対する開き直りとネタ悩みとが合わさった結果で、ゲームプレイあまり関係ありません^q^
無理矢理関連付けるなら今回の攻略範囲と景色は似てます。でも何もこのタイトルじゃなくても良かったんじゃないかとは思います(((
無理してパロディしてる事で、そろそろ読んで下さってる方に、不愉快だわ・・・とか、あの子、許さない!とか、何も喋るなとか、(ブログに)おさらばで御座いますとか思われてないか心配になってきます(´ v `;)
・・・いや、本当、不愉快でしたらごめんなさい;;

何気に今回の記事で700記事目なんですね。600記事目が2011年の7月頃らしいから、100記事更新するのに二年以上掛かってる事になります。
このブログは7年以上続けていて、その更新の1/7に2年掛けてるわけですから、いかにここ数年の更新が少なくなってるかを実感します;;
そんなこんなな700記事目は、最初にも最後にも触れてる通り結構な長文。前向きに捉えれば、キリの良い所でかつてのような更新ができたって所はあるかもです。

~『ポケットモンスターX』 プレイ日記その4~
現在状況:7つ目のジムバッジ入手少し後
現在メンバー

セントラルNo.003 (ブリガロン) ♂ Lv.68
ずぶとい 性格。ケンカを するのが 好き。

セントラルNo.037 (ライチュウ) ♀ Lv.68
がんばりやな 性格。おっちょこちょい。

セントラルNo.088 (カメックス) ♂ Lv.69
むじゃきな 性格。好奇心が 強い。

セントラルNo.119 (ギルガルド) ♂ Lv.68
うっかりやな 性格。のんびりするのが 好き。

ポケモン図鑑 捕まえた / みつけた:( 250 / 333 )

○技思い出しの話(自分の攻略範囲外のネタバレ注意)

前回、技の思い出しに関して気になる事があるからピカチュウとニダンギルの進化を保留している、という事を書きました。
今回、技思い出しが出来る所まで進んだので、検証してみた事をまとめてみます。

検証に至るまでの話として。聞いた話なのですが、今作ではなんと忘れさせたタマゴ技を思い出させる事ができるらしいですね。
技構成に悩むとか、一時的でも消して後で戻したいんだけどって技とか、マンムーの技を全てタマゴ技で揃えるとか、色々な場面で役立ちそうですね。
そこで気になった事が一つ。進化前の技はどうなるんだろう?
どうもギルガルドというポケモンに関して、レベルに関らず自由に技を思いだせるらしいって話も聞きました。
もしレベルに関らずできるなら、技の関係で何レベルまで上げたら良いか分からなくて困ってるフラべべ中間形態Lv.63も進化させられますね!
そういう事もあって、実際に自分の目で確かめてみたい、という事で・・・
いくつかの石進化ポケモンを対象に、進化前後での思い出し技の違いや、一部の技を忘れさせた場合に思いだせるかを、確認してみました。

試してみたポケモンの一覧はこちら。

ピカチュウ♀Lv.61
ニダンギル♂Lv.61
クサイハナ♂Lv.53
クサイハナ♂Lv.50
フラベベ中間形態♀Lv.63

フラベベの進化形は攻略メンバーではない新ポケモンなのでここでは名前を伏せてますが、後では普通に触れてますので、改めてネタバレ注意です。
以下が検証の結果になります。


ピカチュウ♀Lv.61(→ライチュウ)

攻略メンバーの一員。『でんきだま』を持って遭遇したので進化させなくても強いんだけど、アイテム欄を自由にしたいので進化させたい子。
検証当時の技は、でんじは・ひかりのかべ・ほうでん・でんこうせっか。一般知名度に反して『10まんボルト』なぞ無い。スペース無いんだもの。
『ほうでん』を覚えさせてる理由はむれバトルで相手を一掃できるからです。今回むれバトルがある代わりにダブルくさむらが無さそうなので、『ほうでん』が仲間に当たるデメリットを感じる事は少なさそうですしね。
進化させてみた時に思いだせるのは、でんきショック・しっぽをふる・10まんボルトでした。・・・いきなりですが、典型的なライチュウの初期技ですね。
今覚えてる技で思い出せたのは『でんこうせっか』。まぁ、なんというかやっぱり、いつものライチュウですね(´ v `;)

これを期に『ほっぺすりすり』や『フェイント』を思い出させて進化させるべきかって所ですが、そのままで行きます。思い出せない技を3つも引っ張って行くのは厳しい。
『ほっぺすりすり』は、捕獲の際に相手をマヒさせると同時に弱らせる必要性を感じてないので『でんじは』を優先させてます。削りはニダンギルがしてくれる。
『フェイント』は、なんというかせっかくマグナゲートで専用技になっていたのだから、その縁でとも思いましたが・・・最近は「でんきだま」込みの『でんこうせっか』ですら倒すための攻撃としては弱いので、ライチュウの『フェイント』となると・・・という具合で、残念ながら使いません;;
今後は『でんじは』と『でんこうせっか』の枠を、わざマシン等で補強しても良いかも。
『ひかりのかべ』は今回の攻略メンバーが全体的に防御>特防なので、本当に必要なのかはともかく持たせてます。
わざマシンがあれば『ひかりのかべ』の枠も自由になるんですが、果たして手に入るのはいつになる事やら。そもそもあるのか。


ニダンギル♂Lv.61(→ギルガルド)

攻略メンバーの一員。先には"ギルガルドというポケモン"などと知らなさそうな風に言ってみましたが、そうです、このポケモンの進化形です(
図鑑には載ってませんでしたが、前々回触れた通りある所にギルガルドのような物が登場するので知ってたんです((
っていうか攻略メンバーの欄にいますしねギルガルド(((
検証当時の技は、せいなるつるぎ・みねうち・アイアンヘッド・かげうち。ギルガルドの噂については本物のようで、わざマシン技である『みねうち』以外、全て進化してからも思い出せ、それ以外のレベル技も殆ど思い出せました。
でも細かい所で、『たいあたり』や『きんぞくおん』が思い出せない等、全ての技が思いだせるわけじゃないようです。要らないけど。
思い出せる技も順番が変わってるので、「進化前の技が思い出せる」というよりは、「進化前と大体同じ技が覚えられる設定」っぽいですね。
ライチュウの事もありますし、全体的な仕様として「進化前の技が思い出せる」というわけではなさそうです。

何にせよ、今覚えてる技全てが自由枠になのはありがたいですね。
ちなみにギルガルドの本領発揮には専用技である『キングシールド』が必要らしいんですが、本当に無くて困るまでは今の技構成のままで行きます。
『みねうち』含めて、要らない技が無いんですもの・・・
ポケモンリーグ等、どう考えても『みねうち』が要らない場に挑む時に覚えさせたら良いかな?って思ってるんですが、どうなる事やら。


クサイハナ♂Lv.53(→ラフレシア)

前回記事より『あまいかおり』要員として運用し始め、思いっきり愛でたり、トレーナープロモで活躍したりもしたクサイハナ。
『はなふぶき』を覚えようとした所、覚えさせなかったんですが、後から全体攻撃で背景攻撃である事を知ったので、どうしようか悩んでいた所です。
検証当時の技は、ねむりごな・あまいかおり・ようかいえき・ギガドレイン。対むれバトル、殲滅or捕獲に特化したラインナップです。
このレベルは覚えさせなかった『はなびらのまい』の習得レベルだったんですが、進化したらもう一度覚えようとしました。進化前後で同じレベルみたいですね。ラフレシアがレベルアップで『はなびらのまい』を覚えるのは少なくともここ10年間ではいつもの事。

思い出せた技は、メガドレイン・アロマセラピー・しびれごな・どくのこな・はなふぶき・はなびらのまい。今覚えている技は一つも思い出せませんでした。
はな系の技が両方思い出せるんですね。ありがたい事なんですが、『ようかいえき』が思い出せないので、この子には覚えさせません。
初期技としてタイプ一致の全体攻撃ができるというこの子の『あまいかおり』要員としてのアイデンティティであり、またどくタイプで特攻が高いラフレシアが『あまいかおり』要員としてこの先生きのこる為に大切な技だと思うので、これからも大切に使い続けます。
今更ですが、クサイハナの『ようかいえき』は口から出してました。本当にあの口から出る物は色んな意味で物騒だな。


クサイハナ♂Lv.50(→キレイハナ)

前回日記で触れた、「キレイハナ候補としてGTSから探したナゾノクサ」。
ドイツ出身の男の子です。Duflorです。「しんちょう」なので物理型向きです。
ポケパルレは使ってなかったのですが、海外出身補正と「しあわせタマゴ」で一気にこのレベルまで登り詰めました。かいがいのちからってすげー!
この子は技を早く揃えようとナゾノクサのまま育ててたんですが、クサイハナにとって『はなふぶき』の後の技に当たる『はなびらのまい』ともう1つ新技を覚えようとしつつも、『はなふぶき』は覚えませんでした。
『はなふぶき』は傾向としては『はなびらのまい』を覚えるポケモンが覚えるのかなーと思ってましたが、例外もあったようです。
まぁ、そもそも花びら無いですしねナゾノクサ。
『はなびらのまい』は・・・元専用技ですしね!特別だよね!
せっかくだから書いてみるけど、初代で『はなびらのまい』を覚えるのはナゾノクサとクサイハナ、そしてラフレシアだけだったんです。系統での専用技だったんです。
例外を持ちつつも、そんな傾向を感じる『はなふぶき』。メガニウムやチェリムも覚えたら良いなぁ。
特にチェリムにとっては、イメージに合うし特性にも合うしダブルで使えるしって、これ以上無い待望の技でしょうし。

さて、話がそれましたが思い出せる技について。まずクサイハナで試したんですが、進化前に一度は覚えようとした『はなびらのまい』等は思い出す事ができませんでした。
この点でも、やはり「進化前の技を思い出せる」わけではない事を感じますね。
そしてキレイハナの検証へ。検証当時の技は、ギガドレイン・あまいかおり・はなふぶき・しびれごなです。先のラフレシア用の子との違いとして、全体攻撃は『はなふぶき』、状態異常はねむりではなくマヒです。
思い出せる技は、リーフストーム・リーフブレード・メガドレイン・あまいかおり・しびれごな・にほんばれ・マジカルリーフ・・・あれ、ラフレシアより枠多い?(((
かつては高レベル技だった『リーフストーム』が初期技まで下がっているようです。そして威力も下がってるようです。残念ながら。
また、進化レベルがクサイハナの『はなふぶき』習得レベルだったので、『はなふぶき』を忘れさせて進化させてみたら、ラフレシアの例と同じく進化と同時に覚えました。ラフレシアでも同じレベルでのレベル技扱いなのかな『はなふぶき』。
実はキレイハナは過去作時点で『はなびらのまい』がレベル技ではないので、Lv.53になった時には果たしてどうなる事やら・・・と思ってたら、実際に育てると『リーフストーム』を覚えようとしました。今まで通りの習得方法も効くと。

ラフレシア用の子は完全に今のままの技で、このキレイハナ用の子は『ギガドレイン』を別の技に変える事を検討しつつ、進化させます。
対戦用でも攻略用でもなく、『あまいかおり』係とやるべき事は定まってるのだから、他の技について自分が惜しむ必要は無い。
不意に思ったけど、本当はこの技を使ってみたいってポケモンの方から感じる事ってあるのかな。アニメだとバトルかコンテストかみたいな悩みを抱えるポケモンはいても、技についての疑問が描写された事は無かったよね、確か。


フラエッテ♀Lv.63(→フラージェス)

実は攻略メンバーよりレベルが高いドイツ産フラベベの進化形。バトルシャトーで使うフェアリー枠として戦ってます。
実は『はなふぶき』の存在を知ったのはこの子がきっかけでした。でも、シングルのトレーナー戦しか経験してなかったので、先述のクサイハナLv.53が覚えようとしていた時には、くさ物理以上の印象がまだ無かったのです。
ある意味、シャトーの箱入り娘と言うべきなのか・・・

検証当時の技は、はなびらのまい・アロマセラピー・ムーンフォース・ねがいごと。レベル技の範囲で、攻撃しつつサポートもしつつ。
進化後に思い出せる技はギルガルド同様、進化前のレベル技を含めて色々思い出せました。今覚えてる技も全て思い出し可能。もう必要はないであろう範囲で思い出せない技があるのも同様。
一番下が『はなびらのまい』なので、全ての技が初期技になってるのか、フラエッテと同じレベルで技を覚えていく仕様なのかは判定不可能。
そしてフラエッテにこれ以上レベル技があるのか、それをフラージェスも覚える事ができるか、というのも判定不可能。中々難しい所。
とはいえ、フラエッテも長らく新しい技を覚えてませんし、そもそも今の構成でレベル技としては十分強そうなので、もう進化させても良いかなって気はするのですが。
どうしても急いでフラージェスが欲しいという程でもありませんので、Lv.70~80を超えるとか、セントラルカロス図鑑が残りフラージェスだけになったとか、そういう時まで待って良いとも思うんですけどね。


・・・というわけで手ごろなポケモンで試してみましたが、結論を言えば「進化前の技は今まで同様に思い出せない。レベル技の多くが進化前と共通してる石進化ポケモンはいる」という事です。正直これだけで良かったですよね((
語りたくなったんだもの!仕方ないんです!!(((
タマゴ技を思い出せるらしいだけでも相当便利になりましたが、まだ全ての技を思い出せるという域ではないようです。
・・・ポケダンって、凄いですよね(突然なんだ

こうして、技思い出しの疑問が解決した所で攻略メンバーは二匹が進化しました。これで現在メンバーは全員最終形態。現在はですが。
今から思えば、ライチュウもギルガルドももっと早く進化させても問題無かったって事になりますよね。まぁ初回プレイだから仕方ないんです^q^



○ポケモン図鑑の話

今回の図鑑数が綺麗です。捕まえた数が金銀発売当初の全てのポケモン数(ミュウ込みでの250なので幻以外の数ではない)、見つけた数がゾロ目。
・・・狙ってたわけじゃないよ?本当だよ?むしろ7人目のジムリーダーのおかげでこうなっちゃったんだよ?
というか、ジョウト図鑑なら既に完成してる数(HGSSだと254になるけど)な事に驚きです。見つけた数も既に歴代の地方図鑑の枠を超えてるね。
セントラスとコーストは150まで見ていて、マウンテンもハクリューが146にいるのでカイリューが147、パッケージ二匹と第三バージョン枠が148・149・150とすると、地方図鑑で合計450匹いる感じなんでしょーか。今作怖い・・・;;
いや、発売前は地方図鑑はせいぜい300位だろうと今回図鑑完成を目指してたんですが、これは地方図鑑も完成させる程遊んでる余裕あるのだろうか・・・^q^;

全体的に野生の進化後ポケモンが増えてきました。
誰が進化前で現れるか分からないので、最近はストーリーを進める上で攻略メンバーではあまり草むらに入らないようになってます。トレーナーは見つけ次第倒してるけど。
後からラフレシア・カモネギを始めとする捕獲用メンバーで戻って来て、群れのラインナップを確認してから捕まえてる感じ。
進化前で出現するポケモンはできるだけ進化前で捕まえる事にしてます。両方捕まえると片方がどうしてもあぶれちゃうからね。
狙った時でも狙ってない時でも、捕まえた子が夢特性だった場合は交換せずに自分で育てる事にします。いずれ何かに使うかもですし。
進化後でしか捕まえられないポケモンは後でタマゴを見つける為に、♀を優先的に捕まえる事にしてます。まだメタモンを見てませんしね。
ただ、それだけに性別不明で進化後出現のポケモンに困ってて、今の所は捕獲自体を保留してます・・・いつ捕まえようかな;;

そうそう、今回も7人目のジムリーダーを倒した直後の捕まえた数と見つけた数を使っていて、厳密には今はもう1つ増えています。
といっても、Yを買った妹が先にイベルタルを捕まえて殿堂入りもしたので、イベルタルの図鑑データを貰う事にしただけの話なんですけどね。
同時に、妹がイベルタル厳選の為に孵化していたシンクロラルトスの余りを譲り受ける事にしました。
自分もそろそろゼルネアスと対面するであろう頃。今回は伝説厳選が楽らしいので、その恩恵にあやかって、それなりには粘りたい所ですヨ。



○ストーリーの話

といいますか、主にトレーナーの使用ポケモンの話。
7番目のジム戦の前でセレナがサンダースを加えてたんですが、これも御三家によって変わってるのかな?
ゼニガメに合わせてサンダースなのかなとか思いましたが、フォッコ&ヒトカゲを選んだ上の妹はカルムのシャワーズを見た覚えは無いとの事でしたし、ハリマロンを選んだ事でマフォクシーとサンダースって両方決まってたりするんだろうか。
その後に入る7番目のジム戦。エースがニャオニクスなんですが、直前にセレナと戦ってる事もあり先発ニャオニクスを見慣れてしまってるんですよね。そろそろ深刻な新鮮さ不足なんですが何とかならなかったんでしょうか(((
ヤドキングが本来は二番手、自分が戦った時は三番手として出てきたんですが、むしろこっちがエースでも良いんじゃないかなとか思ってしまったり・・・
ヤドキングを使うトレーナーは少ない事ですし。というのも、ヤドン系が地方図鑑に載るのは実は金銀以来で、ヤドキングに至っては初めての他地方進出ですしね。
まぁ、エースは新ポケモンにしたかったんだろうという所があるのかなーって、予想はできるんですけどね・・・(´ v `;)

ところで今回の攻略範囲ではマンムーさんが登場します。
近くには野生のイノムーが登場しますが、体感的に出現率は低いと思ったので、近隣の住民からすればマンムーとなると相当貴重なんでしょうね。
そしてマンムーといえば、DPで登場した技進化ポケモンの中でも、進化条件の技がレベルアップではなく思い出しという珍しい例です。
『げんしのちから』やマンムーという響き、習得ポケモンの傾向から、太古の力に目覚めて先祖返りするとかそんな感じなんでしょうかね。
丁度その辺りで技思い出しが登場するのも、近隣住民のマンムーさんへの憧れの表れなんでしょうか。とか何となくそんな事を思いました。
深い意味は無いのかもしれないけどね。

ストーリーは遂に終盤。遂に本格的に動き出すフレア団の計画、よく見知っていたあの人物のまさかの登場で動揺極まるかもしれない主人公達、少しずつ明るみになってきたゼルネアスの伝説・・・全てが揃う、決戦の時は近いッ・・・!
いやまぁ、あの人物がボスっぽい事は初めて会った時から感づいてたけど(((



技思い出しだけで相当な長さになってしまいました。それだけで終わらせようと思ったんですが、更新前にもう少し書きたくなって更に伸びました(((
今回記事はここまでにします。読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する