えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
8-1の生誕週間
最終形態版コータとヒーザの色鉛筆画が初描き以来という衝撃

(50%の大きさになってます。クリックでフルサイズ)

11月17日、ポケダン救助隊、そしてシリーズ8周年おめでとうございました!
そして今日はマグナゲートと∞迷宮の1周年!おめでとうございます!

17日っていうと前回更新の翌日ですが、第六世代最後のプレイ日記が救助隊おめでとうと同時にならないよう16日中に公開しようと思ってた部分が、正直あります(((
ポケダン救助隊の○周年は5周年から毎年絵付きで祝っているのですが、今回は救助隊としてというより、シリーズ8周年としての色が強い絵になりました。
過去の○周年が気になるなんて思って下さる方は、月別アーカイブ等で11月を遡ってみて下さいね。
完全新作が発売された事で主パ8匹体勢になって、初めてのポケダン記念日が丁度8周年なので、せっかくだから8匹描く事にしました。
そして今回の絵はマグナゲートの1周年も兼ねてます。初めての○周年という事で、公開日的にも、記事としてはマグナゲートの話題が中心になります。
あ、後メタな事を言えば流石に救助隊だけ8匹で祝い、救助隊だけで記念日として語る事がネタ切れ気味なんです(((
マグナゲートの発売日は救助隊とは6日ずれていて、ちょっと勿体無いなぁどうせなら同じ日にすれば良かったのになって1年前は思ったんですが、
改めて考えると、救助隊~マグナゲートの間でポケダン生誕週間になると思うと、これはこれで良いような気がしてきました。
・・・まぁ、今週忙しかったので、特別それらしい事はできなかったんですがorz

1ヶ月以上ポケモンXのプレイ日記が続いて、久々のポケダン記事という事で忘れている方もおられるかもなので、具体的に描いたポケモン達を紹介すると、
赤の救助隊主パのミズゴロウ♂のミズゴ、チコリータ♀のチコリ、
闇の探検隊主パのメガニウム♂のコータ、ゴウカザル♂のヒーザ、
光の冒険団主パのライチュウ♂のセイ、トゲキッス♀のテン、
マグナゲートと∞迷宮主パのポカブのオブ、キバゴ♂のクス です。
・・・絵的には進化してる事もあって探検隊や冒険団の方が目立ってそうですが、メインは救助隊とマグナゲートなんです^q^;


というわけで今回はマグナゲート1周年の事を主に書いていきます。
マグナゲートがアナログ絵を継続するようになってから初めてのポケダンなので、今回はアナログ絵を継続するようになって初めてのポケダン1周年ですね。
・・・マグナゲートを楽しんで、プレイ日記を書いて、それがもう1年前なんですね・・・そう考えると、中々恐ろしいです;;

自分はポケダンを好きになる上で、主人公とパートナーの友情物語や世界観の雰囲気が好きになった所があって、それらの点で歴代を踏まえつつも新しいアプローチをかけたマグナゲートと∞迷宮が気に入ってます。
これまでの作品が基本的に見下ろし視点だったのに対して、今作は3Dなので色んな視点から世界観が見せる事ができて、それが色んなポケモン達の心情描写に繋がっていたと思います。
個人的にはカエン砂漠後の水辺と仲間達のシーンで、パートナーを背中から写した上でパートナーが仲間達やパラダイスへの想いを話すシーンが好きです。

よく言われる登場ポケモンの少なさも、逆に無理なくコンプリートを目指せるって点で個人的に丁度良かった部分がありますね。
事実、自分はマグナゲートで歴代初めて、登場ポケモンのコンプリートを達成してます。救助隊はコンプリート目前で相変わらずストップ中。探検隊はむしろ最初っから諦め気味。冒険団に至っては光だけでプレイしてるから根本的に無理、そして多分NNのネタが足りません(((
ポケモン不思議のダンジョンはどうしても本家シリーズよりも、仲間を増やす効率・レベルアップの効率共に遅いので、全てのポケモンが登場した場合に全てのポケモンを集める・・・というのは容易ではないと思います。
おそらくマグナゲートの仕様でもまだ本家より効率は遅いだろうしね。そして本家もポケダンが如く手持ちにいるだけでレベルアップするようになったから、これは次もポケダン側も改めて何かを変えないと中々収集効率が厳しい。
かといって安易にレベルアップしやすくしすぎると、今度は不思議のダンジョンが無双ゲーになってしまう。多分それもちょっと違うよね。難しい所。


・・・ブログではプレイ日記の最後で少し触れただけで、あまり話題にして無かったんですが、この1年弱ツイッターではマグナゲートのボリュームの是非をやりとりする事はしばしばありました。
自分も発売からしばらくはボリュームの是非は色々考えてたんですが、やりとりが増えたのはそれが落ち着いた頃からだったかなぁ。
その為、改めて是非に関して一喜一憂する事もありました。自分でも一々後ろ向きになるのが嫌で、こっちでは話題にしてなかったんだと思いますが。

一年経つ事ですし、もう悪い意味では気にしないで行きたいようにしたいですね。自分でもツイッター上で、好きなはずなのにどこか卑屈な事を呟く事があったように思いますが、そんな事があってもただただ好きなんです。それで良いんです。
リアルの面もあるからこれ以上悪い所で悩んでる場合じゃないって部分もありますし、良い機会なのでここで改めて宣言しておきます。

もっとも、これは信者的な擁護の仕方をしようってつもりでもないです。
ブログでは去年の10月頃に書いていた事なんですが・・・元々、完全新作には楽しみな部分と、過剰な期待はしないようにしようと思ってた部分がありました。それでも実際にプレイして良い所が色々あったから、それを大事にしようと思うのです。
一方で、悪い所は悪い所でちゃんと評価して、でもネガキャンだけはしないようにって思っていて、それも書いてました。
悪い所は認めた上で、それでもマグナゲートが好きだって言える人でありたいです。
まぁ、悪い所をあまりネチネチ話題にしたくはないのは正直な所ではありますが。

遂に一周年という所で、避けては通れないというか、自分の中での整理を付ける為にも話題にしなきゃいけない気がしました。
気に障ったり、暗く感じた方がいれば、申し訳ないです。


色々書きましたが、救助隊の頃から続くポケモン不思議のダンジョンの雰囲気、主人公とパートナーや仲間達の友情物語に、物語を盛り上げるBGMはマグナゲートにも間違いなく受け継がれて大きくなってます。
そういったストーリー・演出面でポケダンが好きな方には、間違いなくおすすめしたい一品です。新しくもいつものポケダンの世界が広がっている。
一部の評判の悪さから敬遠している方ももしかしたらいるかもしれませんが、ポケダンのストーリーが好きなら今からでも買って損しないと思ってます。
なので、まだ買って無ければ、XYの後にでも良いので是非。本音を言えば本家以上にポケダンやって欲しいと思う所もありますが!^q^
本家も良いけど、ポケダンもね。そんな方針でこれからも行きたいです。
ポケモンXをプレイしながらもマグナゲートのBGMを聞く事がしばしばあったんですが、本家とポケダンは共に違った形で名曲揃いだなぁって思いましたね。

最近リツイートして下さった方がいて思い出したので、あるツイートを掘り出しておくと、
総合的に見て一番プレイして欲しいと自分が思うポケダンは今でも救助隊です。ツイート当時から結構経ってますがこれは変わりません。
壮大でマクロな世界観とやりこみが好きなら探検隊がオススメです。
逆に、世界観はややミクロだけど仲間達との絆の物語が好きで、やり込みに関しては拘らない、またはあまり余裕が無いならマグナゲートをオススメします。
でも、好きなポケモンが主人公候補やパートナー候補にいる作品があるなら、それに手を出せば間違いないかなって思います。
コダックやカラカラ、ワンリキーが好きなら探検隊の方が合いそうでも救助隊の方が良いと思うし、キバゴが好きならマグナゲートをすれば良いんだヨ。
冒険団は経験者向けですね。ストーリーはほのぼのポケダンクオリティですが難易度が高いので、いきなりやるのに適した作品ではありません。
ここに関しては、主パは概念自体が曖昧でセリフや表情変化も無いですし、好きなポケモンが候補にいてもまずは他の作品で経験を得てからを推奨します(´ v `;)


長々と書きましたが、今回書きたかった話はこんな所です。
最近まで第六世代のプレイ日記が続き、これからもしばしば話題になると思いますが、任天堂メインでポケダン推しのブログである事は変わらずにいくつもりです。
前回の最初に触れた通り、更新頻度自体がどうなるかは分からないけどね。
今回記事は以上です。全てを表ページに置きながらも長い記事になりましたが、読んで下さってありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する