えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
無理はしない
マグナゲートと立体図鑑でビリジオンの足の動きかたが違った件

今年入って初めてのブログ更新になります。あけましておめでとうございました。
今回も10日での初更新です・・・去年と同じ日ですね。おそようございます;;
今年はこれまたブログをどれだけ更新できるか分からないのですが、最低でも一月に一回は更新したい所です。今までブログが更新されない事による広告を出させた事は無いから、それは回避できるようにしたいと思います(´ v `;)

今年最初のアナログ絵はマグナゲートと∞迷宮からエモンガ・ノコッチ・ビリジオン。年末がマグナゲートでしたが年始もマグナゲートになりました。
・・・で、ビリジオンなわけですが。前回も悪いと思いながらもビリジオンを馬扱いしていた所があるんですが、今回これって要するにまた馬扱いしてますよね自分(
11年が兎モチーフと予想してのプラスルとマイナン、12年が神竜族のチキ、13年がアーボを含むイジワルズですから、つまりこの絵は多少なり馬を意識してますよね自分(((
前回絵が擬人化絵なのでこっちだけ見る方もいるかもしれませんので文章で説明しておきますと、前回絵は擬人化主パにエンターカード(っぽい物)を二枚ずつ持たせてたんですが、クスのカードの絵柄が13とノコッチなのに対して、オブのカードの絵柄は14とビリジオンだったんです^q^
・・・でもさ、ほら、ポケダンのメインキャラ所にも、自分の各チームのメンバーにも、手ごろな馬がいないじゃないですか・・・(
元々今回も馬扱いするつもりまでは無かったんですが、最初に描く馬に悩んでた時にこの構図が頭に降りてきたんです!仕方がなかったんです!!(((
12年がチキなんだから今回はFEの騎兵キャラでも描けば良かったんじゃないかとも思いますが。騎兵キャラと馬の絵自体は過去に描いた事あったのにね。

馬の話は置いておくとして、この三匹を描くのは実にプレイ日記以来。
マグナゲートの主要メンバーはみんな好きなんですが、思いの外描いてないですね;;
他の作品のNPCも描く機会少ないですし。大体は名前有りの主パや一般隊員に偏ってしまいがちなんですよね・・・(・ω・`)
過去に何度か話題にした事があり、前回記事でも触れているのですが、マグナゲートの主要メンバーはシステム上で仲間ではあるんですが、自分の中ではNPCのキャラクター達に近い印象があります。
育てたり指示する事ができるビッパやジュプトル、と言えばいいのでしょうか。ストーリー上の一キャラとして成立しているから、近すぎず遠すぎずな感じです。
NNを付けられないのも、「共に戦ってくれるNPC」として考えると納得している所があります。完全に支配できる対象ではないしするべき対象でもないとも。

ただ、あまりによそよそしく感じた結果として描く事が少ないのであれば、その点はちょっと見直した方が良いのかもしれない。
設定についてどうするか悩んでる事もあるんですが、もっと積極的に、ある程度意識して主要メンバー達を見た方が良いのかもしれませんね。
・・・今年は・・・頑張ります、出番的な意味で(フラグ)


最近は片手間にポケモンXのバトルハウスに挑戦してました。スーパーシングル。
これまでも進化アイテムを当初の目的として嗜む程度にやってたんですが、カロス図鑑が完成して当初の目的が達成された事から勝ち抜く事を考えはじめるようになってしまい、それに伴い新しくポケモンの孵化とかもやってました。この時期になにやってんの。
初登場のホワイト2では縁が無かった「まるいおまもり」が便利です。凄い快適でタマゴ孵化が捗ります。いやだからなにやってんの。
今の所、最高記録は86連勝です。スーパーシャトレーヌにも勝てました。その前の最高記録が36連勝でそれこそスーパーシャトレーヌ一回分を更新。
ここまで連勝すると、これ以上極端に相手が強くなる事もないだろうし、後はプレイングや運の問題かなーと思います。今後もこのメンバーで挑戦してみよう。

その時のメンバーは、ガブリアス・マリルリ・フシギバナ。ものの見事にガチガチなメンバーです。連勝を考えてメンバーの最適化を目指したらこうなりました^q^;
図鑑完成を目指す過程で『げきりん』ヒトカゲとか『アクアジェット』ゼニガメとか孵化していたんですが、そこから他のポケモンに繋げられるんじゃないか?という具合にカントー御三家を起点に三匹揃える事になりました。一匹カントー御三家起点どころかカントー御三家そのものがいますけど。
メインアタッカーであるガブリアスに、ドラゴンとこおり対策のマリルリ、フェアリーと耐久型対策のメガフシギバナといった所。
育ててた時は意識してなかったんですが、マリルリの弱点であるどく、でんきもガブリアスで対処できるから中々の相性補完の良さです。

この構成で戦って厳しかったのは、耐久力のあるみずタイプが一番手に出てきた時かなぁ。フシギバナはメガシンカできればこおり等倍になるのですが、そうでなければ交代するのもリスキーです。
こおりタイプといえばユキノオーも怖い。全てのメンバーが威力120、命中100%以上のタイプ一致技で弱点を突かれるんだから、一番手に来られると中々危ういです。
後、まだ直接苦戦は強いられてないんですが今作の新技『フリーズドライ』も全てのメンバーに弱点なんですよね。マリルリへの交代には気をつけないと・・・
とまぁ考えれば考える程こおりが苦手なんですが、かといってそこの穴埋めを考えるとまた別の穴が空きそうなので、考えすぎても仕方ないような気もしてます。

最終的にはヤドキング・ドリュウズ・メガニウムの構成に倒されました。
本当に、一番手に堅いみずの時に止められてしまったーよ・・・それなりに好き以上の関心はあるメンバーで固められたある意味奇跡的な構成です(((
ヤドキング相手にメガフシギバナが削られて、ドリュウズ相手に犠牲にして倒したらメガニウムに止められましたと。ロング触角ですよあうれいさん(何)
例えフシギバナがピンチでもひんしでさえなければ倒せた技構成なだけに、フシギバナを失った後にメガニウムが出た時はリアルにゲゲッ!?となりました。耐久くさ怖い;;
メガニウムの技構成自体はフシギバナでも全く同じ事ができるんですが、ある意味当然ながら弱点が突けない時の耐久メガニウムはフシギバナより怖いですね。
自分の好きなポケモンではラフレシアでもそうなんですが、フシギバナが能力・万能さと揃って強すぎるだけで、メガニウムやラフレシアも決して無警戒で済むような相手ではないという、希望とも恐怖ともとれる想いが沸きますね。多分。


最後に、今日つい先程!スマブラ新作にデデデの続投が発表されましたね!
大王さまおめでとうございます!スマブラXが出る頃まではカービィ系ライバルの扱いがデデデ大王<メタナイトな感じだった事を思うと、今回はメタナイトより先に発表されたというだけでも快挙のような気がしてならない。
そういえばスマブラXに参戦が決定した時も、大いに喜んでブログで扱った覚えがあるなぁ。懐かしいです(´ v ` )
新作のデデデは何となくアニメ版っぽい顔になったかな?って最初は思ったんですが、そう思ったのは表情豊かになっていてアニメっぽい表情も出るようになったからであって、よくよく見るとそう明らかに陛下化してるわけでもない気がしてきました。
シルエットはXの頃そのままの大柄さなので一見で気付かなかったんですが、顔は目が近い所はむしろ初期のデデデ大王に似てるような気もします。
紹介ページの7枚目の写真は星のカービィ2を思い出したなぁ。2は桜井作品ではないものの、意識してあの表情を入れたのでしょうか。
表情豊かになる事でコミカルさも増すのでしょうか。しゃがみポーズも健在みたいですし、今回も使っていて見ていて楽しいキャラだったら良いなと思います。

スマブラデデデの発表はトリプルデラックス発売記念という事で、星のカービィの最新作は明日発売ですね!
ストーリーにもサブゲームにもデデデ大王が大きく関ってくるみたいで、楽しみです。今回も操られてボスとして登場とかしないかな。
アクションゲームだから凄い時間をかけるわけでもないだろうけど、それにしても熱中するわけにはいかないであろうこの時期・・・どうするか中々悩ましいです;;
とりあえず、3DSソフトを2本買うともれなくもう1本キャンペーンは貰いたいと思っているので、ポケモンXともう一作の枠として、確保はしておこうかなと考えてます。開封してしまうフラグですねわかります。

そんなこんな色々書きましたが、今回記事はここまでになります。
読んで下さった方はありがとうございました。今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する