えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
[ 擬人化注意 ]ワタシはキミの盾になりたい
今回記事は主に擬人化について取り扱ってます。
加えて、ポケモン不思議のダンジョンマグナゲートと∞迷宮のモード「はっけん!マグナゲート」に関する二次設定・オリジナル設定を多く含んでいます。
擬人化だけならいつも通りの載せ方で済ませようと思ったんですが、後者について考えてる内に、内容まるごと続きページに持っていく事にしました(´ v `;)
擬人化が苦手な方、オリジナル設定が苦手な方は続きページに行かないようお願いします。
せっかくなので久々に続きページに直接擬人化絵を載せる方式をとってます。なので、繰り返しになりますが擬人化が苦手な方は続きページに行かないようお願いしますね。

そういえば数日前ですがリトル・マックが発表されましたね、スマブラfor。
アシストフィギュアからプレイヤーキャラへ。パンチアウトはやった事は無いですが、流石に聞いた事はあります。あとメイドインワリオに少し出ていたような気が。
乱闘中も本人ではなくコーチが喋るのでしょうか。だとしたら、演出的に今まで無かった、至って真面目だけども雰囲気として面白いキャラになりそうですね。
後、参戦発表ムービーのサムスが可愛かったです。メトロイドⅡ公式ページによれば、パワードスーツ装着のサムスは190cmあるんだよお!やめたげてよお!!
・・・そろそろ更新したいとは思ってましたが、今回も、偶然のハズです。まさか本当に参戦キャラが増えたら更新するブログにするつもりは・・・ナイヨ?(´ v `;)

改めて本題へ。赤字の部分と、その下について了承いただける方は続きページへどうぞです。
オリジナルに増して髪長そう

○クリック等するとフルサイズで表示されます

えっと。
多分ジャローダの擬人化です(まがお)。

マグナなんとかの擬人化はツイッターが初出で、ブログではそれについて触れる時やアナログ絵まとめに入れる時に少し説明したのみ、設定部屋も無いので、ブログでは説明不足だと思うので改めて少し書きますと、
自分の所のはっけん!マグナゲートの世界観は人間世界とポケモン世界の間の辺りにあり、その双方から寝ている者の夢として出入りできる世界としています。
そこの住民達は外部世界の夢や想像から産まれた架空の存在で、操作キャラとして登場する五系統のポケモンは、ポケモン世界で活躍したチームのリーダー格のポケモンの情報をベースに、五系統のポケモンの体を構成させてます。
ツイピクにアップしアナログ絵まとめに掲載したマグナ○○はそれぞれ、マグナゲート主パのオブとクス、過去作主人公のミズゴ・コータ・セイをベースにしているのですが・・・
その五匹をベースにしたマグナ○○以外にも、マグナ○○の体は理屈上ありえる事になってるよー的な事をその時に書いてまして、今回描きましたのが、それです。

というわけで改めてちゃんと紹介しますと、救助隊カウレッズの副隊長、チコリがベースのマグナーダ。通称マグナーダCh。
ChはChikoriのChです。こう書くだけでジャローダ感が物凄く薄れそうです^q^
それまで普通にマグナーダと呼んでいた、コータベースのマグナーダはさしずめマグナーダCoといった所でしょうかね。
Xが発表されるまでのメガリザードンやメガミュウツーの呼び方みたいな物と思っていただければ(((
マグナーダはマグナーダなので、余程区別の必要がない限り今後もコータベースの方はマグナーダとして扱ってそうですけども。
扱いとしても、メインはあの五匹でこの子はサブ的な感じですし。
区分の為の文字は一文字にしようと思ったんですが、Coffeeに拘ったせいでチコリとコータのイニシャルが同じな事になっていたので断念しました
マグナオー・マグナクスを除く他のマグナ○○もそうですが、本人だけでなく他の擬人化っ子の要素も含んでますので、興味のある方は探してみて下さい(´ v ` )


クス以外のパートナー勢について、理屈上ありえるなんてフラグ立てしてた時点でうっすらと考え始めてはいたんですが、ふと描きたくなったので今回描く事にしました。
大まかには決まっていたものの本決定には至らない状態で描いてるので、今回以降にデザインが微妙に変わってる可能性があります。

・・・で、実際に描いてみたんですが鎧マント武器盾と装備品要素が多くて、描くのが楽しいけど慣れないから難しい事になりました\(^o^)/
そういえば、はっきりと盾と明言した装備をしたうちの子擬人化は初めてかもしれない。
装備品要素といえば、今回ちょっとだけ描いてるマグナダイも鎧兜武器と大概ですけども。一緒に描きたくても一緒に描くのが大変な二匹になりそうです。
カウレッズ主パとしても最終形態版まで行くと肩鎧があって、そこから更にゴテゴテしてる辺り、自分があの二匹にそういう要素を求めてるんでしょうかね・・・w
それにしても、本人はお嬢様、種族は(デザインモチーフは騎士とはいえ)「蛇の主」を名前の由来に持つジャローダにも関わらず、主らしくふるまうどころか思いっきりナイトナイトしてるとはこれいかに。
本人が記事タイトルのような考え方をしてるからでしょうけども。あるいはファイアーエムブレム的な意味でのロードなのかもしれない。パートナーだけども。


元々マグナ○○はマグナゲート本編で主人公候補のポケモン達を仲間にする時に、どういう名前を付けるか悩んだ末に「はっけん!マグナゲートのポケモン達という事にする」という流れで付けたNNでした。
またオブとクスについてはゲーム中の主パは進化させなかったものの、エンブオーとしてのオブとオノノクスとしてのクスも使いたいという事から、マグナオーとマグナクスにそのポジションを任せようと思ってました。
その中で残り三匹のタイプが自分の歴代主人公と一致する事から、その三匹に似た別のポケモン達という事にしてみたらどうだろうと考え始めて今に至ります。
その為、実際にはっけん!マグナゲートで遊ぶ時にも自分の中であの五匹を投影しながら遊んでたりします。ポカブ系とキバゴ系が出た時は特に。
マグナ○○という名称は単純にマグナゲートの○○○○○の略称なので、ゲーム中で普通に種族名で表示される分には全く気にしてません。
本家シリーズ然りポケダン然り、ポケモンの持つ「自分だけのキャラを使う・育てる」という性質から、プレイ中にも自分だけのキャラ投影をするって方は、きっと珍しくはないと思います。

マグナーダChはその中でのキャラ投影の別バージョンみたいな物でしょーか。
ミジュマル系とコンビを組む事になった場合とか、パートナー達でまとめた方が分かりやすい組み合わせになった場合とか、そんな場合に投影してみてます。
この辺の事を考える上で、マグナゲートはゲーム上の性別の概念が無い所に助けられてたり。♂ってハッキリ明言されてたらチコリを投影しようなんて思いませんしね。
ここまで載せてない二匹も擬人化に至ってないだけで同様の遊び方をしてたりします。ヒーザはポカブ系一択なのでマグナオーFeといった所でしょーか。
ただテンが定まりません。ピカチュウ系かキバゴ系か。扱い的に一長一短なのでしばしばどっちでも扱ってしまいます。いっそどっちも正式にしようか。どうせ夢の中だし。
最近はポケモンXやトリプルデラックスが出た事もあってマグナゲートで遊ぶ事は減ってますが、そんな感じでその日その時の冒険を楽しんでたりします。

今更ですけども、ここまで載せたマグナ○○は全て最終形態ですが、進化前の名前をどう呼ぼうか。形態に合わせた名前にした方が綺麗なんだろうけども。
マグナーダだと、マグナビー・マグナツタみたいな感じでしょーか。マグナツタに違和感がありますが出て来るのは体験版だけなので気にしなくても良いでしょうかね。
でもミジュマルはどうすると良いんだろ。入りきらないからマグナミズ?XY方式でマグナミジュ?出てくるのは体験版だけなので気にしなくても良さそうですが。
そして誤魔化しきれないキバゴ。マグナバゴ?マグナキバ?擬人化の方は現行の子についてはやるまでもなくクスと同じ姿なんだろうけどね。


色々書きましたが、マグナーダChと、改めて説明した部分も含めた自分の所のはっけん!マグナゲートの扱いはそんな感じです。
ヒーザとテンについても大まかなイメージはあるんですが、また機会があれば形にしたいですね。この記事の事も含めて需要があるかは分かりませんが。
今回記事はここまでになります。読んで下さってありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する