えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
♪ず~っと待ってたあのゲ~ム~♪
「赤」と「青」も描きたいけど出来るかは未定

- 5月7日の私 -

後輩の手伝いで朝から夕方まで大学
⇒ 帰りにファミコンリミックス1+2を購入、マリオカート8を予約
⇒ 夜帰宅。WiiUソフト買ったよーというと妹がNEWマリオU?NEWルイージU?と聞いてくる。どうやら友人宅で遊んで興味が沸いたらしい
⇒ 自分・母「このWiiU最初からNEWマリオU入ってるよ」妹「!?」
⇒ 妹がお風呂入ってる間にファミコンリミックス(主に2)。久々の操作感覚で苦戦したり、母と懐かしいなという話になったり
⇒ 途中で母が眠くなったので離脱。妹が戻ってきたのでNEWマリオU
⇒ 最初は見てるだけのつもりだったが、今作の飛行の練習の為に参加。あうれいルイージ、妹マリオ相手に「ここだよ兄さん」「ひどいよ兄さん」「兄さん」
⇒ 1ワールドをクリアして終了、クラニンにファミコンリミックスを早期登録
⇒ 風呂に入る前に少しインターネットを見たらFE攻略サイトでファイアーエムブレム烈火の剣がWiiUのバーチャルコンソールで来る事を知る
⇒ ツイッターでのFEクラスタの反応が気になりツイッターを見たら、ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアが発表された事を知る。むしろポケモンクラスタの方が盛り上がってた


・・・なんといいますか、リアルに頭が混乱しているのを感じました。体力使った後にゲームに勤しんだ後に情報祭りだったからなぁ(´ v `;)

というわけで、今回のアナログ絵はリンとジュカイン。ファイアーエムブレム烈火の剣の緑ロードと、ポケットモンスタールビー・サファイアのくさ御三家。
ロードが三人いて緑・赤・青の順で登場する上に、それがアドバンスで、緑は速さに優れて守備に劣るとか・・・親和性高すぎると思うんですよリン・・・^q^
青がパワータイプで、速さも遅すぎない程度にあるのも中々の親和性。
赤は・・・バランスタイプだからなぁ。終盤の専用武器がタイトルにもなってる「烈火の剣」なのと、その烈火の剣が無駄にパワー武器で速さが使い勝手の上で中途半端になりがちって意味では・・・やっぱりそれっぽいかもしれない(((
久々に緑を強くするカラーバリエーションの補正を行ってますが、元絵はモノクロでスキャンしてます。


改めまして、ファイアーエムブレム烈火の剣、バーチャルコンソール配信決定おめでとうございます!
ゲームボーイアドバンスで発売された二番目のFEで、海外進出を果たした最初のFEでもある。北米では副題無しの「FireEmblem」でこの作品の事を指すようです。
大乱闘スマッシュブラザーズDXにマルスとロイが参戦した事で知名度を拡大したFEですが、その後発売されたロイが主人公のGBA第一作「封印の剣」は、それまでのFEからすると標準的な難易度ながらもシミュレーション未経験者には厳しく、クリアできない人が多かったようです。
その反省を活かしてか、烈火の剣は封印の剣のシステムをベースにしつつ、初心者向けのチュートリアルから熟練者向けのモードまで搭載した作品となりました。

先述の通り烈火の剣には三人のロード(主人公)がおり、物語の進行やプレイヤーの腕前に応じた選択ができるようになっています。
今回のアナログ絵でも描いたリン(リンディス)を主人公にした、チュートリアルであると同時に一つのストーリーや、後への伏線が成立しているリン編。
本作のメイン主人公であり、前作主人公ロイの父親であるエリウッドを主人公にした、「烈火の剣」にまつわる本編エリウッド編。
前作ヒロインの父親、現代まで続く「俺ロード」の元祖ヘクトルを主人公にした、彼の視点で本編を描き、マップ構成もマイナーチェンジされているヘクトル編。
この三つがあり、加えてそれぞれにハードモードがあります。この選択によって、初心者から熟練者まで幅広く遊べます。自分は残念ながらあまりやり込めて無かったりしますが・・・;;

ちなみに烈火の剣はGBAの第二作ですが、主人公の内の2人が前作キャラの父親という事で、時系列としては烈火→封印になっています。
時系列の上でも難易度の上でも、烈火の方を先に配信した方が良い、という判断でしょうか。封印の剣も今後配信されてほしいものです。
自分は封印・烈火はそれぞれ発売順にリアルタイムでプレイしたのですが、今後封印の剣もVC配信がされれば、烈火→封印の順でプレイする人も増える事になりそうですね。
このブログを見ていて、烈火の剣をやった事がない&WiiUを持っているという方は中々いなさそうではありますが、ちょっと宣伝がてら紹介してみました。
FEをやった事がない方も、DS作品や覚醒から入った新規ユーザーも、スマブラのロイやリンなら知ってるという人も、是非触れてみてはいかがでしょうか?


もう1つ改めて、ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア発表おめでとうございます!
順当に考えればリメイクかな?という予想が主流ですが、一方でRSのポケモンは今でもXYまで連れてくる事が可能なので、もしかしたらBW2のような新ストーリーかもしれない、という予想までされているようですね。
ルビー・サファイアは現行のシステムの原点であり、自分にとっての廃人としての原点でもあり、また世界観的にも今でも好きな作品なので、色々思い入れが深いです。
ルビー・サファイア特有のシステムでは、ひみつきちが好きでした!壁の中に、草の中に、木の上に。海上の島で、砂嵐の中で、池とふかふかな土の目の前で・・・
DPtでも地下に作れますがすれちがい条件下でないと他人の基地には出入りできませんし、何より地上のどこかに作る所にロマンがありますしね。
もようがえについても、HGSSの家でできなくなった事に始まり、少しずつ衰退していってしまっている感じがあるので、ここは是非・・・復活して欲しいです・・・
それとルビー・サファイアの魅力の一つが広大な自然。パッケージ伝説が海・地・空を司っている事に恥じない、素敵な世界観でした。
もっともGB→GBAに移行した時だからこその感動もあったと思うので、これが3DSになるとどうなるのか、良くも悪くも何ともいえませんが、あのホウエン地方をXYのような3Dで見たいというのはやっぱり思いますね、うん。

すんごい個人的な事なんですが、ルビー・サファイアの登場人物ではミツル君が好きです。可愛いし、頑張り屋さんだし。
彼がサーナイト♂を使っているのが好きなんですが、今作がリメイクだとして、さりげなくサーナイト♀やエルレイドに差し替えられないか心配です(((
リメイクで手持ちの性別が変わるのはツクシやイツキの例があったからなぁ・・・イツキはそもそも本人の性別が行方不明になった感ありますが。
サーナイト♀になるとしたら最初の捕獲イベントの時点でラルトス♀になってたらすぐ分かる話ですし、ホウエン図鑑が200のままならエルレイドは最初からありえなくなりますが、これで今度のホウエン図鑑が新ジョウト図鑑のように枠が増えていて、ミツル戦までサーナイトの次の枠が不明のままなら・・・って考えると怖いです。今の時点でそんな想像してどうするんだって話ですが^q^


さて、せっかく購入したのでファミコンリミックスの話も少し。
1のDL版カードを店で見かけた時から何かしら惹かれる物はあったんですが、ファミコンリミックス1の収録作品は自分の世代の作品ではないので、決め手に欠けてたんですよね。
そんな中でファミコンリミックス2が発表され、自分にとって初めてのゲームであるスーパーマリオブラザーズ3、前回記事で散々話題にした星のカービィ夢の泉の物語等が収録されていた事から、パッケージ版を買う事にしました。
そんな背景もあって、現状は2をメインに進めてます。ある程度やったら1も進めたいね。
ファミコンリミックス2ではお題をこなす毎にミーバースで使えるスタンプが増え、そのスタンプを貰うためのポイントがあるんですが、日替わりで作品1タイトルのお題でポイントが2倍になります。
偶然にも買った日は夢の泉が、その翌日はマリオ3が対象になってました。・・・やった事がない作品のお題にも色々手を伸ばすべきだとは思うんですが、そんな偶然の為に、夢の泉とマリオ3のお題は真っ先にコンプリートする事になりました^q^
今でも好きなゲームとはいえしばらくやってなかったので、FC独特の操作感を取り戻すまで苦戦したり、またスピードプレイを目指した事があまり無かったので下手に焦ってしまったり、また収録作品をベースにしたアレンジゲームであるリミックスの存在もあって、懐かしいようで新鮮さも感じてます。

(夢の泉の物語に関して、ファミコンリミックス2のネタバレを含むので反転します)

夢の泉の物語の最後のお題二つはそれぞれメタナイトをたおそう!・デデデ大王をたおそう!なのですが、名シーンを抜きだしたミニゲーム集としてはメタナイトの方がありがたみが強いですね。
大王は原作でも攻略後でもすぐに戦える・お題は途中から・能力は選べないのに対し、メタナイトは原作では倒すとボスバトルでしか戦えなくなる・お題は最初から・能力は元より固定ですからね。
そもそもメタナイトと直接戦いに行ける環境は、カービィシリーズでも結構珍しい。本物ではドロッチェと毛糸、影を含めても鏡のラスボス前くらいでしょうか。スコアに拘らなければ、水入らずの一騎打ちはかなり楽しいです。
ところで本作、ところどころにルイージが紛れて現れるみたいなんですが、自分がメタナイトと戦うと大体倒した頃に最初にメタナイトのいた場所に現れてきます。
なんだこれは!ルイージをけしかけて注意をそらす事で、素顔を見せまいというメタナイトの作戦か!!(違)

購入前にミーバースを見ていた事もあり、スタンプにデデデ大王がある事は知ってました。とりあえず公式イケメンの大王さまが手に入るまではやりたいと思ってたのですが、先述のポイント2倍の甲斐あってか、購入二日目で入手。
順番は固定かつある程度作品順に並んでいるので、二回目のカービィのターンが来た時、メタナイトが手に入った時は、そろそろか、そろそろかと思ってしまいましたネ(´ v ` )
そもそも未だにミーバースに投稿した事はなかったんですが、改めてスコアに挑戦する時とか、或いは別件でも、使ってみても良いかもしれない。


(反転終了)


今回記事はここまでになります。ゲーム三本について思う事を色々書いてたら長くなってしまいました(
ちなみに今回の記事タイトルですが、今回記事では直接話題にしてない星のカービィ夢の泉デラックスのCMです((
ほ、ほら・・・夢の泉デラックスも最近VC配信されたし・・・ルビー・サファイアの少し前のゲームだし・・・ファミコンリミックス2には原作も入ってるし・・・(((
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する