えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
アナログ絵まとめフォー:ポケットモンスター
例年よりは遅ればせながら、第四回アナログ絵まとめを始めます。
今回はXのプレイ日記を書いた事もあって、ポケモン本家シリーズから始めます。
殆どがそのプレイ日記の絵でもあるので、扉絵付き目次みたいな物かもしれません。
ポケモンを描いた絵でも、ポケダンを題材にした物はポケダンのまとめ、他に任天堂キャラがいる場合は任天堂キャラのまとめに後日掲載します。

基本的なまとめ方は去年の方法に準じてます。
原則として原寸掲載、横幅600px前後を目安に大きい物は半分で載せてクリックでフルサイズ表示、掲載記事へのリンク付きといった具合です。
これといって新しい事を考えられてないとも言う。
去年に引き続き、まとめ毎に新規絵も載せたいと思ってます。

本記事は本家ポケモンシリーズについての記事ですが、今年は大乱闘スマッシュブラザーズの第四作に関する話題が多く、二週間前に遂に3DS版が発売されたので、今年のまとめにもスマブラについての発言が出てきます。
今回のまとめタイトルのフォーもスマブラforとかけてます。おそらくあのforも、3DSへ・WiiUへという英単語の意味としてのforと、第四作という事で数字の4をかけてるんだと思ってます。少なくとも自分は。
発売前に参戦が発表されたキャラクターについては、その辺について触れる事もありますが、それら以外のキャラで特に過去のスマブラに参戦経験のあるキャラについては、参戦したか否かに関らず適当にぼかした言い方をすると思います(((
自分自身は少なくとも、全てのファイターとステージを解禁するまでは進めています。

続きページからまとめてます。
X日記1

ポケットモンスターX ハリマロン♂・ピカチュウ♀・ゼニガメ♂
掲載記事:第一話:栗は出ているか?

ポケモンXのプレイ日記その1の掲載絵。
実は自分、プレイ開始直後にポケパルレに気付かず、ハリマロンとゼニガメのポケパルレは見る事なく中間形態にしてしまったのですが、後日別のゼニガメをポケパルレした時に、大体こんなポーズだった事に驚く。
尚、この記事で初めてポケモンXのプレイ日記の事を知った方向けに。ポケモンXプレイ日記の記事タイトルは、X繋がりであるアニメのサブタイトルのパロディしかありません。ご了承下さい。




X日記2

(クリックでフルサイズ)

ポケットモンスターX コルニ・ルカリオ・メガルカリオ
ポケモンバトルレボリューションより しょうじょ(デフォルト)
掲載記事:第二話:亀に、力を・・・

コルニの第一印象がバトレボのキャラでしたという話。
バトレボ少女の帽子取った頭は不明のままwi-fiも終わったのに、コルニはアニメの出番多かったからメット無しも髪下ろしもやっちゃったぞ!ありがたいけど!!(((
そういえばそのコルニの髪下ろし回(ルカリオも活躍)の日に、スマブラforのシンプルの最高難易度を、ルカリオのおかげで初クリアできました。わーい良タイミング。




X日記3

ポケットモンスターX クサイハナ♂・ゴクリン×2・ズルッグ×2
掲載記事:第三話:不綺麗だわ・・・

XYの『あまいかおり』の効果を知ったので、最愛級のポケモンに役だってもらう事にしましたという話。
今ではラフレシアLv.100として、そのレベルでありながら今でも『ようかいえき』でむれバトルしてもらってます。




X日記4

ポケットモンスターX 男の子主人公・マンムーさん
掲載記事:第四話:何も考えずに綴れ!

印象に残ったので描きたくなりましたマンムーさん。手持ちではなく登場キャラクター。主人公と一緒。
主人公の服装は寄り道する時は気分で着替えて、ストーリー進行時はデフォルトに戻して進めてました。今は自由にやってます。




X日記X

ポケットモンスターX ゼルネアス
掲載記事:第X話:タブンエックス起動!

ポケモンXYのパッケージ伝説はBWのようにED直前でもなく、BW2のように捕獲はED後とかでもないので、プレイ日記の間に廃人記が入りました。
背景は『ムーンフォース』のつもりです。見えなくてもそのつもりです。
第五世代のプレイ日記と異なり、この絵が第一話以来の攻略メンバー絵。後半まで手持ちが埋まらなかったので攻略メンバーにしました。




X日記5

ポケットモンスターX ギルガルド♂・オンバーン♂
掲載記事:第五話:3000年目の亡霊

第一回の頃には既に攻略メンバー入りしてたけど描く機会が無かったヒトツキ系と、手持ちに入れる気満々だったのに加入は最後の最後だったオンバット系。
ギルガルドのビジュアルはシールドフォルムの方が落ち着いていて好きです。でもシールドフォルムがあるからこそ、ブレードフォルムの戦闘態勢って雰囲気もかっこいいと思ったりします。




X日記6

ポケットモンスターX 男の子主人公・ブリガロン♂
掲載記事:最終話:栗はいつもそこにある

主人公はあるシーンを意識して。そこにパートナーも添えて。
今回のプレイ日記で同一の個体で二回描いたキャラクターは、この二名だけだったり。




メガミュウツーX

ポケットモンスターX メガミュウツーX
掲載記事:母さん(?)がこれは運命じゃなくて絆だって言ってました!!

(クリックでフルサイズ)

ミュウツーの廃人記に載せた絵。初代のポーズ意識で。ジガルデは廃人記書く時期がありませんでした。フリーザーは実はまだ捕まえてません。
本編が終わったので記事タイトルはまた別の物を元ネタにしたんですが、そういえば元ネタの「母さん」はスマブラに参戦しましたね。
ミュウツーの母さんも、スマブラでは皆勤してますね。
で、ミュウツーは?って事には触れません(((




新ハルシャモ

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア 女の子主人公・ワカシャモ
掲載記事:スリーディー・アドベンチャー

未発売タイトルのΩRαSから。この記事唯一のポケモンXY以外の出典。
そういえば、リメイク版におけるライバルとしての主人公の名前ってまだ公式発表されてないんでしたっけ?どうだったっけ?




下スマッシュ

ポケットモンスターXY ゲッコウガ
掲載記事:この記事

今回まとめの初掲載絵。スマブラforに参戦したりもしたけど、そういえばまだ描いた事無かったなーと。
バトルハウスへの挑戦初期、サナから貰った子を物理型にして使っていたので、スマブラで水の刀を使った時は嬉しかったです。XYでも『つじぎり』とかのモーションで使えば良いのにーなんて。
もっともスマブラのゲッコウガは開発時期の関係上、XYの発売より前から制作が始まっていて、スマブラオリジナルの要素も結構多いみたいですが。
でも、アニメのケロマツが刀を出して『いあいぎり』を使った辺り、本家側にもそういう設定が出来つつあるのかなと期待もしてます。








○13年度アナログ絵まとめリンク

1:ポケットモンスター
2:ポケダン(原型)
3:ポケダン(擬人化)
4:任天堂キャラ

○本家ポケモン関連ログ

2010年9月~2011年9月:イッシュポケモン
2010年9月~2011年9月:その他のポケモン
2011年10月~2012年9月
2012年10月~2013年9月:任天堂キャラ (数が少なかったので統合)
・2013年10月~2014年10月
2014年10月~2015年9月
2015年9月~2016年9月:任天堂キャラ
2016年10月~2017年9月

アナログ絵まとめに戻る