えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
蘇った紋章の物語
どこからエイルカリバー出てるのとかは禁句

ファイアーエムブレム封印の剣13周年おめでとうございます!
今回のアナログ絵はルゥ。スマブラDXのロイをきっかけに興味を持った封印の剣でしたが、発売前情報等を見ていく内にルゥの事が気になってました。
ルゥは作中の支援会話から13歳くらいだと予想できる事から、作品の13周年に合わせられるのではと不意に思いついて描きました。
それにしても、ゲーム自体がルゥと同い年(双子の弟のレイも勿論同い年)になってくるとは・・・ツイッターでも呟きましたが、時間が経ったものです。
自分が初めて遊んだFEでもあるので、自分のFE歴も13年という事になります。予約したものの発売日に受け取れなかったので、厳密には明日で13年ですが。

ファイアーエムブレム封印の剣はGBAで発売されたシリーズ第6作。
シリーズの基盤を作ったお偉いさんのゴタゴタがあった後の最初の作品で、そういう背景やFE覚醒のDLCでの割り振り方から、それまでの5作品と対比して新世代の始まりとも考えられる作品です。
そんな封印の剣が13周年、シリーズ全体は来月25周年。遂にシリーズ全体としては折り返し地点を超えた作品になりました。
タイトル数で考えても今年の夏には14作目(リメイクを除けば12作目)が登場するので、折り返し地点は既に超えてるか、そろそろ迎えるかという所ですね。

ポーズはGBA版の魔道士の攻撃モーション
を、基にしたスマブラforのルフレの横B
を、見つつ多少アレンジを加えて描きました(((
動きとしては違う部分もありますが、あのポーズを採用してくれて3Dで見られるようになったのはとても嬉しいですし、今回参考にできたのはありがたかったです。
そもそもスマブラで採用されてなかったら、今回描く発想に至らなかったかも。
初FEが封印の剣で、ルゥに限らずリリーナやヒュウも含めて魔道士が好きになった自分にとって、スマブラforは皮肉など抜きに嬉しかったです。

しばしば、また遊ぼうかなぁと思いつつも中々実行に至らないタイトルの一つ。
バーチャルコンソールが出たら買って遊びたいとは思うのですが、相変わらず出ていないのが現状です。
GBA作品では唯一海外進出してない関係なのか、GBA作品では最も難しいので出しにくいのか・・・蒼炎の軌跡と並んで、特に手を出しにくいFEかもしれません。
ちなみにGBAのFEはセーブ用の電池切れが心配される作品(ポケモン好きの方にならGBの金銀が有名かも?)みたいで、それもまたVC化が望まれる理由の一つなのですが、割と最近に起動してみた所、まだデータは残ってました。

最近起動した理由はサウンドテストだったのですが、楽曲では21章~23章の自軍フェイズ曲「新たなる光の下へ ~ロイの勇気」が好きです。
曲名の通りとても勇ましく明るい曲で、初めて聞いた時からずっと聞いていられましたし、またラストに向けて盛り上がる曲でもありました。
初めて流れる21章が終盤屈指のゲキムズ面で印象に残るのも大きい。
9種類あるロイの○○の中でも特に、ロイのテーマとも言える曲なんじゃないかなとも思ってます。暁の女神の「絆永久に」がアイクのテーマとされる事も考慮すると。
エピローグがこの曲のアレンジというのも良いです。戦いが終わり明るい未来に向かう雰囲気が感じられます。
西方三島編の自軍フェイズも通常マップで初めての曲変更という事もあり印象に残ってるのですが、サントラ等で収録された事がないのが残念。13章、苦労したなぁ。

前回アナログ絵まとめから数えて三回目になったFE絵の記事。
今年は先述した通りシリーズ25周年や最新作もあるので、また何かしら話題にする機会があるかもしれません。
スマブラに関連する所でも話題になるかもしれませんし。どうなる事やらです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する