えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
俺達の第六世代はこれからだ!!
ポケダンが・・・

ポケモン不思議のダンジョンが・・・いや、

「ポケモン超不思議のダンジョン」が!発表されました!!


色々な表情させるのは楽しい


遂に来るのですねポケダン最新作が!おめでとうございます!
本当はこっちもすぐにでも叫びたかった所なのですが、土日に予定があってその準備もあって、中々更新できませんでした・・・
・・・ツイッターの方は、作業がてらログインだけして呟いてはいなかった所、リアルタイムで発表されたので、勢いでもう色々叫んでましたが;;

今年は救助隊が(ポケダンシリーズが)10周年を迎えるので、その記念に何かあれば嬉しいなとは思っていましたが、新作が出て下さるとは。
しかも発売は今年の秋ですって。秋というと9月~11月と考えられますが、これで11月17日、10周年の日に発売されたらそりゃもうおめでたいです!
勿論、それより早くても嬉しいです。遅いと辛いですし何よりもう冬になってしまいますが。23日(マグナゲートの発売日)ならセーフかな?
夏発売予定で9月に発売された大乱闘なんとかブラザーズという例もありましたが

今の所は、シリーズ名や略称を揺るがしかねないタイトルが発表されたのみで内容は不明ですが、本当に楽しみです。
サブタイトルも無いんですよねー。これが正式タイトルになるのか、それとも何か付くのか。内容を秘密にする為のサブ無しかもしれませんし。
例えば歴代シリーズの総括という事で、「ポケモン超不思議のダンジョン めざせ!闇の救助隊と∞迷宮」とか(長い)
これまでのポケダンではタイトル毎のストーリーの繋がりが無いので、今回も同様に完全新作ストーリーになるのか。
それとも、救助隊、探検隊、冒険団、マグナゲート、いずれかの舞台で繰り広げられる続編なのか。
はたまた、実は「ポケモン超不思議のダンジョン 青の救助隊 赤の救助隊」というタイトルのリメイクだったりしないかとか。
何にせよ、まだまだ情報不足すぎて今の所は新作発売を喜ぶ事しかできません。まずは情報発信を楽しみにしています。


今回のアナログ絵ですが、新作発表されたのでとりあえず自分の歴代ポケダン主パに集まって叫んでもらいました。
こうして初期形態で全員揃えようとすると、唯一種族被りが起きているチコリータ達を描き分けるのがつら・・・いや、楽しいです。
チコリータは救助隊と探検隊では、探検隊の方が色が濃いというかクッキリしてるので、その辺を意識してみたりとか。

今回は更新が少し間が開いてしまいました;;
しかも前に載せたアナログ絵はその一週間前に描いた物なので、新しい絵を載せるのが少々久々になってしまいましたね・・・
少しばかり、絵を描くモチベーションが落ちておりました。
無理はしないようにするべきだろうといつも思いながらも、若干気にしてしまったり、絵を描けずとも更新するという事には至らなかったり。申し訳ないです。

ポケダンの発表が無くとも、更新するとしたらポケダン関連の記事にする予定でした。
3月にオメガルビーでマグナゲート主パを孵化して以来、オメガルビーでゆっくり進めていた事が、一区切り付く所まで進んでいたのです。
・・・ちなみに、中々モチベーションが上がらない事もあって、5月21日のアニポケを見た直後の時点ではいっそアニメ記念にふりそででも描く?とも思いました。
ものの数時間で、ポケダンに気分が行きましたが。


その本来更新しようと思っていた内容を、今回続きページに持っていきます。
この記事を載せる前に、下に別の記事があるのですが、その内容にも関係してます。
大雑把に言えば、オメガルビーの中において、マグナゲートと∞迷宮のポケモン達を育てたかったという内容です。
スーパーひみつきちのQRコードも載せてみたりしてます。
興味がある方は続きページへどうぞ!
かなり長くなったのでその点ご注意下さい;;

・・・あ、そうだ。マグナゲートの設定部屋、正規の物早く作らないとね。
形だけになるかもしれませんが、6~7月中には作っておきたいです。
せめて最新作の発売には間に合わせたいです。マグナゲートが最新作である内に!!
引き離される研究家コンビ(違)

ポケダンボックスが、ポケダンボックスと言える位には埋まりました!
といってもこの場合、マグナゲートばこと言った方がより正確ですが!

今の所はマグナゲートと∞迷宮の主人公とパートナー、そしてチームの主要メンバー達、あと準ラスボス様がいます。
入手の順番はオブ→クス→キュレム→ビリジオン→エモンガ→ノコッチ→ブラッキー→エーフィ→サザンドラ→ケルディオという具合。
日付の順番だとケルディオがビリジオンの直後になります。
以前の記事でも触れましたが、姉が実家に帰って来ていた期間に一時的にレシラムとゼクロムを借りた事で、一時的にキュレムと会える状態にしてもらえたので、こういう順番になりました。

エモンガ達よりビリジオンが先なのは、伝説のポケモン故に厳選にどれ位時間が掛かるかは分からない事、ケルディオの受取日をビリジオンと同日にしたかった事が理由です。
事実、ビリジオンの厳選準備自体はキュレムよりも先にしていました・・・;;
しかも今作の聖剣士達は幻の場所に上陸した曜日で誰と戦えるかが変わる仕様で、上陸後に曜日が変わる事は実際には問題無いのですが、
その辺に自分の要らぬ拘りが発生致しまして・・・ビリジオンと出会った日は正真正銘の月曜日か木曜日にしたかったのです。ちなみに最終的には木曜日。

最終的にはケルディオまでが、ポケモンスクラップのキャンペーンの延長期間である5月15日までに終わりました。
延長されたとはいえ、ゲームで受信する事ができる日までに終了。アウトだけどセーフ。なんとなく嬉しい。
・・・シェイミとビクティニはまだ配達員から受け取ってません(((


実際に育てた性格等は下の記事、「第六世代用ポケダン系ポケモン性格メモ」に載せています。
第四世代の頃に作ったリスト記事の、第六世代版です。
性格は、ゲーム中の印象とある程度の実用性の両立を目指した感じで、
例えばエモンガの「やんちゃ」はほぼゲーム中で言及された通りですが、
ノコッチの「しんちょう」は、気弱な感じにしたいけれど物理攻撃力は落とさないように、という具合に決めました。
同じ理由で「しんちょう」にしたポケモンに救助隊のソッキがいたり。
エーフィの「せっかち」は少々無理があったかなぁ。性格にしても個性にしても、最速にする事に拘りすぎたかもしれません。
こうなったら、自分の所のエーフィは「せっかち」という事でキャラ付けを目指していきます。ゲーム中の印象から剥離しすぎない程度に。

今回、久しぶりに個体値31、所謂Vを外す事を狙ってみました。
ブラッキーとサザンドラがそうです。どちらも最大個体値は30です。
特にサザンドラはHP30の個性じゃないとって思いました。
この辺もキュレムの件と同様、姉にお世話になった部分がありまして、
過去作からポケモンを送る事を渋ってしまう&そもそもBW2のNのポケモンほぼ放置していた自分に対して、姉はNのヒヒダルマを連れてきてました。
Nのポケモンは全個体値が30です。Nのポケモンから個体値遺伝ができれば、5U等も狙いやすいです。
姉がいる内に、個体値30を遺伝したズルッグを孵化してました。せっかくなので性格も遺伝して。改めて感謝。


こうして育てたマグナゲートのポケモン達を、今の所はスーパーひみつきちのすれちがい用パーティとして使ってます。
オンラインにする時や、レポートを書く時に、手持ちの上三匹をこれらメンバーから三匹入れるようにする具合で。
ある程度固定の組み合わせはありますが、その内の一匹を変えてみたり、それ以上の混成メンバーにしてみる事もあります。

現在自分のひみつきちは、可能な限りポケダン要素を入れてみた基地になってます。
すれ違って下さった方に自分のポケダン愛が・・・ゲフンゲフン、ホウエン地方にいながらポケダンな雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。
ちなみにマグナゲートに限らずシリーズ全般から何かしら入れてます。BWのポケモンのぬいぐるみが無いからマグナ全開は中々難しいんですよね。


今回は自分のスーパーひみつきちのQRコードも置いてみます!
興味がある方は訪れてみていただけると嬉しいです。
QRコードはパーティ毎に三つ用意してあります。

○主人公とパートナーと声

この3チーム


○スーパーエモンガーズ

全て一番手の一人称が


○エンターカード組

「俺」だったりしますね


名前でおよそのパーティは予想できるんじゃないかな!
ただ残念ながら、今回は準ラスボス様が入ってるチームはありません;;
原作中で仲間になるキャラではないので、中々組ませるのも難しい所があります。組ませるとしたら主パとでしょうか。
実際、ビリジオン加入までは主パと一緒の三匹目として使ってました。
原作で仲間にできない分、こういう機会では一緒に・・・という事でこのボックス入りをさせたポケモンではあるので、何かしら使いたい所です。
尚、勝負を目的にこのQRコードを使って下さる場合、QRコードを読みこんだトレーナーとの対戦は一度日付を跨がないとできないのでご注意下さい。

ちなみにスーパーエモンガーズのパーティのQRコードを以前ツイッターに載せたのですが、その時とはいくらか変更点があります。
まずルールが変わりました。ルールは全パーティ共通です。
内装も少し変えてます。具体的にはベッドの代わりにジュークボックスがあります。
BGMを変える気が無くて置いてませんでしたが、よく考えたらジュークボックスも、ポケダン的なインテリアとしてふさわしいので。インテリアとして。
・・・という所ですが、せっかく置いたので3つのQRそれぞれBGMは別々の物にしてみました。BGM以外の内装に違いはありません。
それと、前のQRの時点では三匹ともレベルは丁度50にしてたのですが、今回は揃えたいメンバーが揃ったという事でレベリングを始めようと思いまして、少しレベルが上がってます。といってもレベルブレイカーを置いてないのであまり意味は無いのですが。
秘密の仲間としてレベルブレイカー付きの基地に連れ帰った場合はどうなるんだろ?本来のレベルが反映されるのかな?

ひみつきちの余談として。ジュークボックスを置くと、BGMを無くす事ができます。
これでXYでは不可能だった、完全無BGM状態のポケパルレもできます!
RSのBGMは好きなのでホウエン地方の各地でポケパルレをするのも良いのですが、今回のメンバーを、マグナゲートのBGMを別に流しながらポケパルレするのも、ポケダン気分が入って楽しいです。
これを考えると、QRコード用と言わず常にジュークボックスを置いてる方が音楽変更がやりやすくて良いかなぁ。ベッドが置けなくなりますが。
ベッドはベッドで便利なんですよねぇ・・・


書きたかった事はこんな具合です!
本文以上で、そして性懲りも無い長さになりました。続きページに持って行く事になって正解だったかもしれません。
こうして満足する所まで行ったので、今後は彼らとの触れあいを楽しみながら、ポケダン風ひみつきちをすれちがいさせたいです。
でも、そんな時に最新作が発表されたんですよねぇ・・・これは、最新作が発売されたらまた改めて、このボックス向けのポケモンを育てたくなってしまう気がするっ・・・!!
まぁ、そんな先の事も一先ず置いといて。いずれにせよ、新作が楽しみという事で締めさせていただきます。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました!


(オマケ)

フライゴン「だいちのちからって良いよね!」

プラチナランクになった時。チーム名を理由にギリーさんに何言わせてるんですか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する