えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
公式と二次設定の波の中で
新作主パになれない組(アナログ・擬人化絵)

トゲピー♀のテンとキバゴ♂のクス。
それぞれ光の冒険団、マグナゲートでパートナーにしたポケモン達ですが、今回組み合わせた理由は文字リンクの通り。勝手に命名しました(((
理由からするとグレーゾーンなのがセイ。ライチュウまで進化してるピチューっていうと、新作主パになれないけど、絶対なれないとも言えないような・・・
セイを入れると冒険団主パ+αになってしまう事や、この組み合わせだと新しめの作品のパートナー同士になって個人的に都合が良い事もあります。

テンは冒険団当時の年齢設定だとクスより少し下になるのですが、マイ設定上では冒険団からマグナゲートまで9~10年経過してるので、クスより大分先輩という事に。
テンとクスの身長が同じ位かクスが少し上程度に描こうと思っていたのに、この絵だとテンの方が背が高いように見えますね・・・;;
現存する主パで最年少であり最年長でもあるのがコロナです。
ついでに、設定上マグナゲート主パと一番関りのある主パがコロナでもあったり。
形態の都合もあって今回二匹とも各作品当時の年齢で描いてますが、構図としてはどちらもマグナゲート時年齢のイメージになってます。
テンがノートを常備するようになったのも探検隊時代の頃から。という設定。
12歳としてデザインしたキャラの衣装ほぼそのまま21歳バージョンを描こうにも、中々納得できる物に至ってない都合もあります

前回や前々回記事でもそうだったので気付いている方もいるかもしれませんが、自分はポケダンで主パの絵を描く時、主人公を左、パートナーを右に描く傾向があるのですが(自分で描く分に限らずしばしば見る印象です)
自分の所だと主人公がほぼ全員♂なので、テンを左に描いた今回の構図が少し新鮮に感じたりもします。

マイ設定上の時系列であったり、作品舞台の関係であったりというのはあるのですが、これも新作次第で変わってきそうで、果たしてどうなる事やら。
詳しい事は今回の話題の一つにいれておきます。


というわけで。ポケダン新作の続報が来ていたので(遅れながらも)書こうかなと!
ツイッターで呟いた事を再編集したり加筆したりしたような記事になっております。
・・・と、更新する少し前になって、今日新情報が発表されたりもしたので、そちらも追記していきます。

ポケダン主パが質問形式だそうで!20種類いるポケモンで性格診断。性別限定ポケモンがいない事を祈ります・・・
本家シリーズの「せいかく」は25種類あるので、その内の20種類を使えば性別限定ポケモンがいなくても問題無いのですけども。
パートナーも質問形式というのが気になるけど、PVにあった質問だとマグナゲートのように性別だけ選択するような感じにも見えます。
性格診断でポケモンが決まるのならば、救助隊と探検隊同様、自分の主パは性格診断に委ねようと思います。こうしてまた♀主人公の機会を逃す(((
もっと言えばミズゴもコータも同じ性格なので、下手すれば同じ性格三回目とか、或いはまたミズゴロウやチコリータになる可能性もありそうです。
ただミズゴロウやチコリータを引いた場合、前回記事でも触れた「意図的に救助隊や探検隊と同じ」にするか、敢えてリセットするかするかもしれません。特にチコリータ、好きだけど、個人的には流石に三組目は・・・。
ポカブになったらどうしようか。マグナゲートと同じ組み合わせにはできませんし。やはりやり直すか、いっそピカチュウをパートナーにでもしてみるか。
逆にピカチュウになった場合はセイとは切り離して考えて、新しい組み合わせにしても良いかなと思ってます。
もしパートナーも完全に性格診断で決まるとしたら、こちらも性格診断に委ねようと思ってますが、気になるのは性別を決めるタイミング。
まだ種族も分からない状態で、パートナーはかっこいい?かわいい?と言われても困りそうですし、マグナゲートでせっかくパートナーの性別が決めれるようになったのに、パートナーの種族が性別で決まる仕様だったらそれはそれで寂しいですし。
パートナーの種族が決めれて性格が診断式、かつ性別限定のパートナーがいなければ、リオル♀をパートナーにしようかなぁ。
どちらにせよ、今の時点では敢えて考えすぎないようにします。

---6月15日追記---
性格診断に答える以外にも、マグナゲート同様に最初から好きなポケモンを選ぶ事も可能みたいです?
性格診断を受けたいという人もいれば、どうしてもこのポケモンが良い!という人もいるので、お好みで選べるのはありがたいですね。
自分はどうしようかなぁ。一度性格診断を受けてみて、その結果を基に組み合わせを考えてみるのもアリなのかもしれない。
---追記ここまで---

今回新しいPVが公開された事を知ったのは、前回新しくリンクを繋げた方のブログで(リンクする以前からよくお邪魔していましたが)、
その方も触れていらっしゃったり、ツイッターでも話題になっていたりしたのですが、世界地図の形状が救助隊の世界によく似ているらしいです。
救助隊の続編である可能性があるのでしょうか・・・?それとも、救助隊以外の作品の舞台も登場するのか・・・
自分の所の設定では今の所、「救助隊、探検隊、マグナゲートの舞台はそれぞれ別の大陸、冒険団は探検隊と同じ大陸内のとある所」という風にやっているのですが、
これで新作でこれまでの作品の舞台設定が公式で明らかになったら、どうなるのか。ちょっとドキドキ。特に同じ大陸扱いにしてた探検隊と冒険団。
マグナゲートのDLCを見る限り冒険団はスルーされる可能性もありますが。それはそれで辛い(((
また、歴代シリーズのマップが再登場するとなると歴代主人公の扱いも気掛かり。
ポケダンは公式コンセプトとしては主人公=プレイヤーであるキミというスタンスだから、歴代主人公も公式的には同一人物なのか、それぞれ別人なのか、という問題が発生しそうです。
ポケモンコロシアムとXDみたいに、同じ舞台の続編だけど前作主人公は影も形も登場しないって形もアリかもしれませんが。オメガルビーでマグナゲート研究家コンビを使いながらブログ書いててそう思いました(((
要するに、ポケダンではこれまで例が無かった「新作で過去作要素を直接引っ張ってくる」可能性があって、基本的には楽しみだけどちょっと怖い所もあるって事です!気になる事が多いって意味で良い方向での怖いですけどね!
例えば探検隊ではプクリンやネイティオ、ディグダ系親子等、救助隊とよく似たキャラが登場しましたが、彼らが同一人物か否かまでは言及されませんでしたし。
過去作キャラが直接再登場する可能性があれば、今挙げたようなキャラの関係が明らかになる可能性もあったりで。伝説のポケモン達も含めて、果たしてどうなるのか!
個人的な話は置いといて。こうして救助隊の続編の可能性が出てくると、(去年もネタにしましたが)メガシンカできるポケモンが多い事に定評のある救助隊キャラのメガシンカが現実味を帯びてくるんじゃないかという気もしてきます。これまた楽しみです。

後はちょっとした話を。

「すいみんのえだをふった!」というのが気になります。シレンで言う所の杖のように使ったりするんでしょうか?遂にポケダンで杖システム?
すいみんのえだとあるから、すいみんのタネの代わりに登場するのでしょうか。或いはタネと共演するのでしょうか。
これまでタネってどこから取れたタネなんだと思う事がたまにありましたが、まず「すいみんの木」があってそれの種や枝だったりするんでしょうかね。

ポケモン達の相関図のような物も気になります。
ストーリーや町のポケモン達に付いていくのでしょうか?そうなると、それ相応のキャラクター数が登場するという事に。
フォロワーさんと話した事ですが、ゼノブレイドの相関図っぽいような印象がありました。・・・せっかく買ったのに実はあまり進められていないのですが・・・;;

話題の最後に。パートナーは調査団に入る事が夢という事なので、やっぱり最終的に主人公達は何かしらの形で調査団に入るんだろうなと思います。
それで今更なのですが、もしかしてポケモン超不思議のダンジョンというタイトルも、サブタイトルが無いようにみせかけて既に調査団と掛けたタイトルなのではないかと思い始めました。
「ポケ」モン「超」不思議の「ダン」ジョン、略してポケ超ダン、漢字を置き変えてポケ調団、ダンと査を加えてポケダン調査団・・・みたいな。
最終的に主人公達が調査団になるなら、やっぱり新作の事はポケダン調査団とも呼びたいなぁ。
正直ポケ超ダンは文字にするならともかく口で言うのは難しいけれど、超ポケダンやポケダン超だと正式な略称どうなんだろうと考えてしまう事もあります(((

---6月15日追記---
主人公、パートナー共に今作は「ポケモンの子ども」みたいですね。
そして、子どもは調査団に入れないんだ・・・に繋がる・・・という事でしょうか。
ヤンチャムのセリフを見る限り、年齢か実力かが伴えば調査団に入れそうな感じがするか、弱そうに見えるパートナーを小馬鹿にしてたのが後に見返してやることになったりしそうだなぁ。
子ども・・・何歳くらいでイメージするべきなんだろうか。うちの冒険団程度か、もっと下で人間で言うと一ケタ位になるのか。果たして。
主パの仲違いを匂わせるスクリーンショットもあるのが気になります。主パの友情物語がポケダンの魅力だと思うので、どんな展開が待っているのか楽しみです!
---追記ここまで---


ところで、前回記事で、今月は新発売のamiiboは無い、と書いてましたが、現在既に発売中の新しいamiiboがありました・・・ごめんなさい;;
最近の自分のamiibo事情や、14日のスマブラ公式放送であったり、スマブラ関連でも気になる事がありますが、今回記事が既に長いでまたの機会に回します!
6月1日に描いたけどブログに載せる機会は無かった絵、アナログ絵まとめまでは使わないかと思ってましたが、すぐに使える時が来るとは・・・


前回記事で拍手コメントをいただきました!ありがとうございます。
返信は不要との事なので、本記事中には書きません。
ただ自分としても何かしらメッセージを書きたくなったので、ここでは返信せずに向こうのWeb拍手の方に送信させていただく事にしました。
・・・その割には、遅くなってしまい申し訳ありません;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する