えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
10匹と歩いてきた10年
5周年から毎年描いて6回目

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 赤の救助隊 10周年おめでとうございます!
同時に、ポケダンがシリーズとしても10周年を迎えました!

遂に10周年なんて数字を迎えるようになったのですね・・・感慨深いです。
自分は05年の12月末に購入したのでプレイ歴としてはまだ10年になってませんが、ポケダンに手を出して以来、ほぼ常に何かしらの形でポケダンに対する興味が尽きないでいた為、そんな人生になってそろそろ10年という事になります。遠い昔の事のような、あっという間なような。
救助隊が出た頃はポケモンの外伝作品全般に対する興味が薄かったのですが、ストーリーがとても良いという話を耳にして、手に取ってみました。
そうしたらストーリーは勿論の事、ポケットモンスターと不思議のダンジョンを融合したゲーム性、場面場面を盛り上げるBGM、世界観や雰囲気とあらゆる要素が本当に魅力的で。すっかり虜にされて10年というわけです。


アナログ絵の方は、今回はシリーズ10周年という形で描いてます。
自分がプレイしてきた各作品での主人公とパートナー。
赤の救助隊からミズゴロウ♂のミズゴ、チコリータ♀のチコリ、
闇の探検隊からチコリータ♂のコータ、ヒコザル♂のヒーザ、
めざせ!光の冒険団からピチュー♂のセイ、トゲピー♀のテン、
マグナゲートと∞迷宮からポカブのオブ、キバゴ♂のクス、
超不思議のダンジョンからハリマロンのリーマ、リオル♀のユウリ。
しっかり紹介しようとすると改行かなり必要ですね。今後も新しい主パが出てくる度にそういう必要が出てくるんだろうなぁ(遠い目)

シリーズ10周年という節目の年に最新作が発売して、自宅の主パは5組で10匹に。キリが良いので、今年の記念絵に選んだ次第です。
超は10周年記念作品として今日発売してくれても良かった位ではありましたが、こうして10周年記念絵に主パを入れられた事を考えると、2ヶ月前に発売していて助かったのかもしれません。自分は発売前には決まってませんでしたし。
ちなみに2年前もシリーズ8周年とマグナゲート1周年を兼ねて8匹で描いたりしました。もし2年以内に最新作が出たら再来年にも同じ事をしてるのかもしれません。
その頃になると本家の世代交代の時期とかになりそうで、2年以内に出そうな気はしませんが(´ v `;)
救助隊主パを中心に大きく、以降の新作は小さめに散らばせて。
当初の構図では調査団も救助隊と同じか次点位の扱いの予定でしたが、上手く描けず、構図変更に伴い救助隊以降の作品の扱いは一律になりました。


現在も、もちろん最新作を楽しんでいます・・・という所ではあるのですが、
まとまった時間がある時に遊びたくなる作品な都合もあって、プレイ頻度は決して多くはできてない気もします;;
遊んでない時でも音楽プレイヤーとしては大活躍だったりもしますが(((

今年発売されてとても嬉しかったと同時にちょっとした不安もあるのが今作で、
歴代シリーズから直接キャラが登場する集大成、過去作品と舞台が共通してると明らかにした上でポケモンワールド世界中を舞台にしている事から、
果たして次の作品が出せるのか、出すとして舞台の関係はどうするのか、そもそも今作が最後のつもりでないか・・・みたいな懸念も少しあります;;
もっとも、シリーズ10周年に大団円を迎えるというのも綺麗で悪くないかもしれませんし、出るにせよ出ないにせよ心配するにはまだ早すぎる位だと思うので、ちょっと心配だなーと書いておく程度で今は気にしすぎない事にしますが。

最近ウワサになった事として青の救助隊がバーチャルコンソール化するのではないか、みたいな話がありましたが、今の所は公式の発表はありませんね。
せっかくの10周年ですし、調査団にも救助隊のキャラクターが登場しているので出てくれたら嬉しかったですけれど、今後どうなるんでしょうかね。
個人的には赤の救助隊でも良いんですけどね。DS枠は探検隊に任せるとして。


そうそう、本家の20周年は初代をバーチャルコンソールで出すみたいですよ。
しかも赤と緑だけでなく、青とピカチュウまで!4バージョン同時発売!!
初代を話題にしようにも今回のアナログ絵に初代ポケモンいないんだけどな!一応セイの進化形が初代ポケモンですって程度だよ!!^q^
・・・散々触れてきた「リオル♀の無念」が無ければ、調査団主パはカロス御三家とカントーポケモンの組み合わせでも良かったかもしれませんね。モロにXで使った組み合わせになる可能性がありますが。

ニンテンドーダイレクトでポケモンZが発表されるのではないかと噂になっていましたが、特にそんな事はありませんでした。
アニメ側で本格的にZのポケモンを取り扱い始めたので、本家に影響が出るのもそう遠くはないとは思いますが・・・果たして。
でも個人的には、ポケダン最新作が出てまだ2ヶ月しか経ってないし、もう少しポケダンな雰囲気でいたいので、まだ後でも良い位だったりもします。
むしろポケダンからあまり間をおかずに本家の新作が発表されるのが結構怖かったりもします。ツイッターでも呟きましたし、より具体的に書こうとしたら長々しくなりそうだったので深く言及はしない事にしますが。
少なくとも今年は、「ポケダン10周年の年!」って雰囲気で終わりたいなぁ。と言いつつ来月辺りに発表が来る可能性もまだまだありそうですが。

超プレイ日記の最後でも言った事なのですが、
ポケダンは今日で10周年。ポケモンは来年始めに20周年。つまり、ポケダンは既にポケモンの歴史の半分以上を占めてるんですね。
うーん、長くなってきたなぁ。そもそも超が発表された時も、世界で高い売上を誇る人気シリーズって感じの言い方がされてましたし、もはやポケモンシリーズにおいて欠かせない存在になってきている・・・かもしれません。だったら良いなぁなんて。


では、今回記事はここまで!
読んで下さり、ありがとうございました!
当ブログはこれからも、ポケモン不思議のダンジョンを応援していきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する