えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ボスラッシュの気配
初代からできたけど自分は初めてのかくとうコンビ

ブリガロンとルカリオ。カンダクト主パの最終形態。
この2匹を眺めていて思ったのが「裏拳痛そう」でした。超の主パだけに超痛そうでも良いかもしれません。裏拳超痛そう。
リーマとユウリなのか、仲間になる一般のブリガロンとルカリオなのかはご想像にお任せします。後者を最近初めてセットで使ったので描きました。
後者を一般のポケモン達として使うか、或いは本人達は進化させないけどリーマとユウリの"つもり"で使うか、その辺はどちらも捨てがたく思ったりしてます。
描いた回数が少ない割には描きやすい気がするのがブリガロン、逆に描く機会があった割に未だに難しいのがルカリオ。併せて描く事にも慣れたいです。

2ヶ月弱ぶりくらいに、ポケ超ダンのプレイ日記連載外報告を更新します。
ここ2ヶ月はずっとプレイしているという程の頻度でもなく、1週間近く進めてなかったような時もあった気がします。
かと思ったら、スイッチが入ったかのように一気に進めてみたりも。割と気分次第な所があります。
ゲームの性質上、初めてのダンジョンに挑む場合は特にですが、まとまった時間がある時に進めたいという事もあります。

主人公リーマのレベルが50を超えました。
プレイ時間が100を超えた先でようやく。
空の探検隊やマグナゲートはED前にLv.50を超えていた事を考えると、本作のレベルアップがそれだけ遅いんだろうなぁと思います。
ED前ストーリーの長さが探検隊やマグナゲートより明らかに劣っているとは感じませんし、同じくLv.30前後でEDを迎えた救助隊と冒険団よりは長かったですし・・・
結構な勢いで仲間が増えていって、それら全員に経験値が入るシステム上、アッサリ全員がカンストしても困るからというバランス調整なんでしょうかね?

今年に入ってからネタバレを解禁にしたので、記述形式を少し変えてます。
全体的には反転してるのですが、各作品のポケモンの項目の最初のリストは伏せない事にしました。本人・公式・不明・別人ってあの部分。
また、ランクアップの話も具体的な内容を先に入れる事にしました。
以上を踏まえた上で、読んで下さる方は続きページへどうぞです。


~『ポケモン超不思議のダンジョン』連載外報告その3~

調査団 カンダクト

[主] ハリマロンLv.51:リーマ
[パ] リオルLv.48:ユウリ

なかまのしゅるい 520 / 720
○全体的な話

加入するポケモンの種類が残り丁度200に。といっても姿違いのポケモンも残っているので、加入する個体数で言えばもう少し多いのですが。
これまでの連載外報告でのしゅるい数はおよそ100種類ずつくらいのペースで増えてきてましたが、ここからは加入自体はペースダウンするかもしれません。

自分のここまでのプレイスタイルとして、依頼が多いダンジョンを優先的に攻略するようにしていたんですが、そろそろ依頼の数が減ってきてどのダンジョンの依頼も1~2つ程度という状態に。
また新規のつながりが広がる事も減ってきて、複数の依頼をこなすもいずれもつながりの終点だった事もあります。
トゲチックとトゲキッス、オノンドとオノノクスをまだ仲間にしてないので、その辺りを仲間にしたいんだけどなぁ。トゲチックとか序盤からつながりは表示されていたのに、会話した事さえ最近が初めてですヨ・・・
いずれも隣のポケモンとつながる事も叶ってないので、まずはルートを見つける事から進めないといけません。
近づけそうと思ったポケモンの依頼をこなすも、つながる事なく終点を迎えてしまった事もしばしば・・・orz

つながりオーブに関する今後の方針として考えられるのは、「1:旅のポケモン等を探す」「2:伝説のポケモンからのつながりに期待する」「3:新しいダンジョンを見つけて依頼が出ないか試す」この辺りになるのでしょうか。
とはいえ、最初の項目は期待してダンジョンに行ってもほぼ全く無いなんて事もあるので・・・1は3と合わせて行う感じになるんでしょうかね。
2は最近レジギガスを仲間にして、そこからいくつかのつながりがあったので他にも例があれば良いのですが、逆に今回仲間にした伝説のポケモンはレジギガス以外一般ポケモンとのつながりが無かったので、期待しすぎるのも良くない感じ。
ただまぁ、依頼数が減ってきた所で伝説のポケモンや秘宝の為、依頼の無いダンジョンに挑む事もあっても良いと思います。
3は現在、テッシードの依頼をクリアしたら、前々から仲間にしているルカリオやヌケニンの横にいたテッカニンから新ダンジョンの依頼が来た所なので、これまた他に例があれば良いなぁという所。前々から新ダンジョンが出たからといって急に依頼が増えるわけじゃなかったですが、今は1つでも新規の依頼が発生する理由が欲しい。

経験値ボーナスが欲しいので超やる気のポケモンがいる時は活躍させますが、高難易度ダンジョンに行くには不安な顔ぶれになる事もしばしば。
ただ序盤ダンジョンの依頼が残ってしまってる上、どのダンジョンでも依頼数があまり変わらないとなると、超やる気のポケモンは序盤ダンジョンの依頼に回すのが良いのかもしれません。経験値の旨味も減りますが、無理しない程度に活用させようかと。
特定キャラの依頼や伝説のポケモンに会う時とかだと、ある程度拘ったメンバーで行きたいですしね。

∞わざマシンは前回から多く増えて、ほえる・ひかりのかべ・シャドーボール・エナジーボール・チャージビーム・だいばくはつ・マジカルシャインの7種類になりました。
用途が決まってない物でも、手に入りそうな物なら手に入れる事にしてます。プレイング次第でどの技にも活躍の余地はあるのでしょうが・・・
なんと、あのケーシィを特殊フルアタックできるように!・・・タイプ一致技が無いですが!
それと『だいばくはつ』・・・コノハナやダーテングは本作の仕様だといずれ思い出せるようになりますが、加入レベル次第では使い道あるかなぁ。
元々天狗が爆発するという事に謎の魅力を感じてタネボー系が好きになり、救助隊でダーテングが、そして本作ではコノハナが活躍しましたので、仲間になったら使ってみたいのですが・・・果たして。



○救助隊のポケモン

本人:[ペルシアン・フリーザー・ファイヤー・サンダー]
公式:
不明:
別人:

唯一の一般ポケモンのペルシアン。銀行仲間のヨマワルの紹介での加入です。
ヨマワルは序盤ダンジョンで旅のポケモンをしてました。依頼が少なくて最近中々行ってないダンジョンだったんですが、つながりオーブの位置からして、ED前でも中盤頃には仲間にできたのかなぁみたいに思います。
序盤ダンジョンの依頼は今でもちょこちょこ残っているので・・・ちゃんと消化しておきたいですね;;

伝説の鳥ポケモン達を全員加入させました。親玉?はまだですが。
口調とか内容を考えると救助隊の個体という事で良いのかな?フリーザーは氷の使いだし、サンダーは怒ってるし。ファイヤーはほのおのけしんから火の化身になってましたが。火が二つ減ってる・・・
フリーザーのダンジョンは草の大陸でしたが、後の2匹は風の大陸でした。丁度2つの大陸の間に位置しているようです。興味深い配置。
本編のルギアと3匹のシーンからルギアはその中央に来るのかと思ったんですが、全く違う所にダンジョンが出てました。何故に。
偶然にも、超やる気のポケモンがおらず、ミズゴロウとチコリータが両方動ける日が、3日連続していたのでその期間に揃えたのです。
その時の3匹目のポケモンは救助隊キャラからその場に応じて。フリーザー戦にはアブソル、ファイヤー戦にはキュウコン、サンダー戦にはリザードンが同伴しました。アブソルとリザードンはキャラ性重視でキュウコンのみ実用性重視。というか救助隊ファイヤーに因縁や関りのあるキャラっていうのが思いつかなかったです(((
実は元々サンダー戦にはフーディンを連れて行きたかったのですが、CLOSEDだったのでリザードンを・・・という所でもあります。
CLOSEDシステムは好きに冒険するには厄介ですが、仲間達も生きてるんだなぁと感じるといいますか、その時々のいない理由とか考えてみるのも楽しいです。今回のフーディンは『テレポート』を活かした単身救助でもやってるのかもしれない。とか。
順番は救助隊での逆順なのですが、本当に「逆」という事になってるのか、難易度表記の上ではサンダーのダンジョンが一番易しい事になっているのが興味深い。実際の攻略ではファイヤーが一番楽でしたが。
戦闘は3匹共通で、レンケイの効果でミズゴロウの『どろかけ』を強引に当てては攻撃を避けるスタイルでした。命中ダウン強い。

伝説のポケモンの為に次々に現れる新しいダンジョンを巡るというスタイルは救助隊を思い出します。形は少し違いますが、この顔ぶれでそれが出来るのが楽しいです。
・・・救助隊において、本作のフリーザー達のような形でダンジョンが現れていくのは三聖獣でしたけれども。せっかくの本編キャラですがまだエンテイしか仲間にしてないです。さっさとライコウに会いに行かんかバカタレ!!
エンテイ→ライコウ→スイクンの順番で巡る事になるのは救助隊と同じみたい。ただホウオウがルギアのつながりにいるので、本作の場合は三聖獣の依頼をこなしたらホウオウってわけではなさそう。
ストーリー的に、セレビィがエンテイからのつながりの終点になるんでしょうか。



○探検隊のポケモン

本人:[アーマルド・ヨマワル]・ゴースト・ユキカブリ♂
公式:
不明:[バリヤード・カブトプス・ギャラドス・レジギガス・レジロック・レジアイス・レジスチル]
別人:[ニドキング・ププリン]

ししょーへの依頼はストーリー終了後まもなく発生するのですが・・・一度、ある超やる気メンバーで行こうとしたら厳しかったので諦めて、最近改めて挑戦しました。
こおりタイプが多いのは分かっていたので、リーマ・ユウリ・ヤンチャムという構成で。
依頼主のププリンはプクリンから頼まれていたのね。お礼のセカイイチはどちらからなんでしょう。
ププリンは住民キャラですし、そうでなくとも本人というのはありえないのは分かっていた事ですが、逆に別人である事が重要なキャラだと思うので書いておきます。
SE2関連でニドキングは・・・別人で良いよね。流石にノリ違いすぎるよね・・・
ゴーストとユキカブリ♂はオーブへの表示は前々からでしたが、会話は初めてしました。ユキカブリなんでこんなに清々しいのって位ネコカブリしてない

全体的な話でも触れましたがレジギガスを仲間にしにいきました。レジロック・レジアイス・レジスチルも一緒。
草の大陸にある事、野生ポケモンがアンノーンだけな所は探検隊のリスペクトだと思うのですが、それにしては喋りが違いすぎて不明な感じ。
レジギガスは何故か語尾だけカタカナだし、レジスチルとレジアイスは詩的な表現をしつつも普通に喋るようになってるし、と思ったらレジロックだけ突然の語尾ロック。ツッコミ所満載だな!?
しかもロック達3体の方は通常会話が妙に可愛いという。鳥達やコバルオン・テラキオンと比べると何故ってくらい可愛いよ。ピンチで冷や汗かいてるのが新鮮だよ。
この時のメンバーは、以前の報告でやりたいと言っていたブリガロン・ルカリオ・ゴロンダの構成で行きました。このメンバーの使い道を考えた時に、かくとう弱点の伝説のポケモンとの4戦になるこのダンジョンに矛先が向かった感じ。

何故か今回の探検隊キャラの加入時におけるリーマとユウリ率が高いです。
せっかくメガニウムとゴウカザル揃ってるのにマナフィ加入時にしか使ってないなぁと思いましたが、思えばギルドメンバーも未来組も仲間にしてないので、せっかくのコンビとして使うチャンスはまだまだありそう。
とりあえずダークライ戦はメガニウムとゴウカザルと後1匹に任せようか。相性良くなってるし、邪魔もいないだろうし(?)



○冒険団のポケモン

本人:
公式:
不明:
別人:[キリンリキ]

冒険団関連の種族で加入したのはキリンリキだけ。そのキリンリキも冒険団のとは関係無さそうだなぁという印象。まぁクリア前からよく見たパターンです。
ヨマワルは探検隊の本人という事にしましたが、冒険団でも全く同じ口調のヨマワルが銀行員をしているのでこっちという事でも・・・いや、流石にそれは無理矢理ですかね;;
冒険団に関してはそもそもヤドキング長老やトリトドン夫婦だけでも、要素が入ってただけでもありがたいレベルで、これ以上多くは望んでません。
まだ集めきってないので大きな事は言いませんが、救・探・冒のタイトルのある部分を冠したアイテムシリーズもあるらしいですし。2つは手に入れましたが、それ以外はどこでどうなっている事やら。
あまり多くは登場しないとなると、冒険団のポケモンという項目自体が必要なのかという気はしますが、項目自体を無くすのも寂しいので、加入ポケモンがいない場合でも、今後も更新する場合は冒険団っぽい要素について何かしら書いていきたいです。
・・・本作で最後に加入すると思われるポケモンの事を、自分は既に冒険団キャラではないかと考えてたりしますが、果たしてそこまでは行けるのやら。

頭数が足りないという実に分かりやすい理由でですが、冒険団のチームって意識した冒険はまだ一度もできてません。
一応、長老と夫婦という分かりやすいプリセットは用意しているのですが、誰かが不在か、他のチームを動かしたくなる事が多いです・・・;;
全体的な話でも書きましたトゲピーの進化形が加入してない事も大きい。トゲピーは住民キャラで加入済みですが、そっちだと逆にピチューがいないという状況。
他のチームに織り交ぜて使うべきなのかなぁ。ライチュウ♂は序盤から加入してくれたから、冒険団関係無しに活躍してくれてるんだよね。



○マグナゲートのポケモン

本人:
公式:
不明:[ミネズミ・コバルオン・テラキオン]
別人:

ミネズミが加入。口調はマグナゲートと一致するけれど、特別それっぽい内容は言ってないタイプのポケモンです。
この辺りのポケモンは「不明」という事にはしてますが、特に否定する内容がない限りは本人として考えても良い所と考えてます。ブラッキーとエーフィみたいに後から堂々と本人だと明かされたパターンもありますし。
たまに、本当にどっちだコレみたいな不明認識もいますが・・・;;

伝説のポケモンではコバルオンとテラキオンが加入。本作以前ではマグナゲートにしか登場してない種族なのでこの項目で。
ダンジョンは相当前に出ていましたが、今更攻略しました。
コバルオンからもらえるアイテムがドーピングに役立つそうなので、それを知っていて早めに行く人も多いらしいです。自分は滅多なことでドーピング使わないからなぁ。
レジギガスの翌日に行ったのですが、その日が連日で超やる気のポケモンがいない&ブリガロンとルカリオが両方動けたので・・・
ケルディオ「え、キミ達の進化系達で、かくとうタイプだけで行ったの!?いいなーボクも行きたかった!そうだ、行こう!今から行こうよ!コバルオンに!!」
というイメージが脳内で再生されたので、ケルディオ込みのかくとうタイプオンリーで行ってきました。かくとう弱点の聖剣士のリーダーをボコしに行く発案をする聖剣士の弟子。毎度のことながらポケダンに聖剣士やリーダー・弟子の概念があるかどうかは知らない。というか公式には多分無い。
尚、コバルオンは『メタルバースト』を張ってきたのでケルディオは『せいなるつるぎ』を使う事はなく『バブルこうせん』で遠距離攻撃してました。鬼畜弟子、と言いたい所だけどこれはコバルオンが悪い(?)
コバルオンと、その紹介で加入するテラキオン。マグナゲートでは汎用セリフしか喋ってないですが、その汎用の口調とは矛盾はしてない印象。
その上で、2匹に共通して仲間を守る事を強調するテキスト。
ビリジオンとケルディオは冒険好きなテキストなので若干の温度差を感じます。そしてそんなビリジオン達の方が強いという現状。多分ポケダンあるある。

そういえばケルディオは何と言いますか単独でもキャラが成立してる印象もあり、また超やる気になった事もあって使う機会は結構あるのですが、
ビリジオンは他のマグナゲート主要メンバー組と合わせて使いたいと思うからか、チームで使った事が無かったなぁと思います。呼び出される事はありますが。
こっちも全体的な話でした通りの理由で、主パを意識したメンバーの冒険はしてません。ポカブとキバゴは揃っているので会話さえ意識しなければ出来ますが。
ただこっちの場合、ストーリーに関与して自軍メンバーとしても活躍する主要メンバー達がいるので、主パがいなくてもあまり寂しくない所はあるかなぁ。



○6回目のランクアップの話

どうぐ:インドメタシン2 ルチャメダル2 ∞マジカルシャイン1
ダンジョン:ドラゴンゲート 試練の岩山
きんかい:35
チームプリセット:7→8
BGM:イエローキャニオン カレカレ草原 風穴の丘 まぼろしの風穴の丘
つながり:メタモン・ナッシー

エリートランクへ。エリートな子どもたち。
ダンジョンはレックウザ達のダンジョンと、ダークライのダンジョンが登場。
ドラゴンゲートは救助隊のラスボスと探検隊のラスボスが登場して、マグナゲートのラストダンジョンのBGMが流れる、ラスト祭りなダンジョンらしいです。
これ、最終的に誰で行くか凄く悩みそうなんですが・・・どうしよう。
ディアルガが現れた事でヨノワールもつながりオーブに現れました。探検隊の項目で書いた通りまだジュプトルもヤミラミも仲間にしてないんですが、先にドラゴンゲートに行ったらヨノワールさんから依頼が来たりするのでしょうか・・・
それはそれで面白いですし、楽に行くならヤミラミ側から依頼をこなす手もありますが、正攻法にエムリットから行きたい気もしていて、悩ましいです。
加入ポケモンはこれまたどういうチョイスなのか良く分からない感じ。ナッシーの加入で新たにイノムーから依頼が来たりはしました。クリアしたばかりのダンジョンから新しい依頼が来る事になって頭を抱えましたが・・・;;
ランクアップした時点では∞わざマシンの『マジカルシャイン』が一番ありがたかったです。フェアリーは勿論、エスパー辺りも覚えられるし、周囲技なので仲間の強化に便利。後々トゲキッスが加入した時にも使いたいですね。


今回、報告に期間が開いた事もあって2回ランクアップしていたので、もう一つ。


○7回目のランクアップの話

どうぐ:いのちのタネ2 ルチャメダル2 ∞シャドーボール1
ダンジョン:嵐の島 アッカの岩場
きんかい:40
BGM:カエン砂漠 シアンの迷い道 シアンの迷い道 最奥部
つながり:ゴビット・ユニラン・ヒトモシ

ウルトラランクへ。BGMの枠を考えるとランクアップは後2~3回くらいかな?
以前からいつ加入するんだろうと思っていた偽ギラティナ達が遂に加入。まだ本物を仲間にしてません。
ED後のおだやか村での会話が汎用セリフっぽいと感じてはいましたが、その通りでした。ダンジョン内でもED後の会話と同じ内容。
新しいダンジョンは珍しく、どちらも伝説のポケモンの出現情報が無しのダンジョン。嵐の島はカイオーガでも出るのかなと思ったのですが、果たして。
アッカの岩場は何かと思えばレベルリセットダンジョンらしいです。ニャースシアターがリセット系と聞いてましたが、それ以外にもあるんですね。
・・・カモネギ先生でも出るんでしょうか?青版的な意味で(((
『シャドーボール』はこれまた便利な技。エスパーに加え、ノーマルも補強できるのが『エナジーボール』や『マジカルシャイン』との違い。
どうぐ扱いなので殆どのダンジョンに付いて来てくれるフーパも覚えられます。これが一番大きいかもしれない。
レジギガスのダンジョンに挑む前にランクアップしたので、ルカリオに早速使ったりもしました。対アンノーンで活躍。
今回の加入ポケモンも全員覚えますね。特にヒトモシはタイプもステータスも一致するので、主力技として早い内に覚えられるのがありがたいです。

・・・そうそう、この記事を書いてる途中でニャースシアターについて確認しに行ったら、ニャース加入しました。シアターを殆ど使った事なくても入ってくれるんですね。
なかまのしゅるいはキリも良いのでニャース加入前の520にしてますが、これからの範囲は早速521になった所からスタートしようと思います。
ニャースシアターは落ち着いたら使ってみたいなぁ。やり込むと面白そうな要素だとは思うのですが、それ以外にも色々ありすぎて。



こんな具合で、自分はまだまだ楽しんでます超不思議のダンジョン。
今の時点ではつながりオーブを広げる事をメインにしていて、それ以外の楽しみ方もあるのにあまり手を伸ばせてない感じですが・・・色々できたら良いですね!
新しい外伝作品の発表、本家の20周年とVCや2DS、Zのポケモンや幻のNo.721とポケモン関連の動きが色々あって、ポケダンの扱いは落ち着いてきてる感じはしますが・・・自分はまだまだ!通常運転が如くポケダンも応援していきますよ!

今回はここまでになります。長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する