えんかれじゃす!日記帳
ポケモン不思議のダンジョンをはじめ任天堂メインに、たまにアナログ絵を描いては喋るブログ。擬人化も扱ってますがクリックしないと表示しません。
ポケモンとは旅をするもの
中間形態と一人称(アナログ絵)

3月になりましたね。そろそろ暖かくなってくるかなぁ。
前回が長かった反動か、珍しく更新間隔が短めです。
とか言うと次の更新また間隔長くなったらどうしようと思う一方で、間隔が短めな事に触れないと自分でも不自然な気がしてしまったり、気持ちが色々ややこしい。
・・・前回長かったのも、今回短かったのも、本当は前回更新より前にこの更新をしたかったけれど準備が間に合わなかったので、という都合もあったりは、します(´ v `;)

今回は文字リンク形式の原型絵です。
ポケ超ダンにおける特に大きなネタバレではないのですが、個人的に大きな所だったので文字リンク形式で。連載外報告その2で描いたメンバーと同じような理由。
この絵全体の話はしませんが、要素的な事は続きページで書く事にします。
片方は我流に描きなれすぎて、もう一方は逆に描いた回数が少なくて、どこか我流になってそうで心配なポケモン達でもあったり。

今回はポケ超ダンのプレイ日記連載外報告です。
本家シリーズが盛り上がると同時に、通常運転で調査活動も進めていきますよ!まだ終わってないですし!できる所まではやりたいと思ってます。
むしろ、世代末期が宣告された時点で尚の事ポケダンにどっぷりな可能性もあります。救助隊やマグナゲートが見事にそんな感じだった前例がありますので・・・;;

とはいえ今回の更新内容はポケモン20周年よりは前の時点までの物で、そこから今日まではしっかり初代ポケモン赤で遊んでいるのですけどね。
更新の為にポケダンの足を止めていた、という理由もありますが、久しぶりに遊ぶ初代が楽しい、のも間違いないので、今後果たしてどうなる事やら。
ちなみに赤は29日にナゾノクサを捕まえた所で、現在メンバーはカメール・ピカチュウ・ナゾノクサ。
Xの序盤メンバーのハリマロンをナゾノクサに変えたような構成ですが、特に互換で考えてるわけじゃないですしリーマがナゾノクサになるわけでもありません(?)


~『ポケモン超不思議のダンジョン』連載外報告その4~

調査団 カンダクト

[主] ハリマロンLv.58:リーマ
[パ] リオルLv.55:ユウリ

なかまのしゅるい 578 / 720
○全体的な話

前回の報告で書きました、旅のポケモン等からのつながりのルート開拓が結構進みました。詳しい事は過去作毎の各項目で。
序盤ダンジョン由来の物が多かったです。もっと早い内に、序盤ダンジョンの依頼を終わらせておけば良かったなぁと今になって思います;;
現在では依頼数としても、水の大陸のものが相当減ってきました。内1つが後述する「行くメンバーに拘りたい依頼」になってくるので、終わりそうで中々終わらない事になりそうですが。

伝説のポケモンは前回からはゼルネアスしか増えてません。
加入タイミングが、ランクアップによるものなのか、コネクテッドしたポケモンの数なり種類なりによるものなのか、絶妙すぎて分かりませんでした。
ちなみに加入できる事に気付いたのは、お礼をくれる進化前ポケモンを試し進化させて、進化後の笑顔のスクリーンショットを撮ろうとした時でした。最近地味にそういうのをやりたくなる。途中から始めたので全種族分は無理ですけども。
お礼を受け取らず放置していれば、ムシャーナ様の笑顔とか、ありえるんだよな・・・周回プレイする機会があれば意識してみようかな・・・
・・・といってもそもそものムシャーナを仲間にしてないので、そっちが笑顔を見せるならわざわざムンナを意識する必要無いんですけども。

前回触れたライコウは行こうとは思ったのですが、リーマとユウリとワルビアルで行こうとしたら全然進めなかったので後回しに。
でんきタイプ対策のつもりかつ本編キャラでワルビアルを選びましたが、実際の野生ポケモンの顔ぶれを見ていると、ワルビアルは選ばない方が良いような気がしてきました。誰で行こうか・・・
ED後に解禁される超むずかしい系のダンジョンは相当難しい、とは聞いてますし、その事に納得しました・・・
・・・が、よく考えたら自分、同じくED後でないと行く事ができないキュレムのダンジョンを既に攻略してるんですよね。メンバーに幻のポケモンと初期レベル64がいたとはいえ。
メンバーさえ問わなければ今からでもライコウに会える、と考えるべきか、或いはリーマやユウリにしてもプレイング次第、という事か。次のチャンスがあればまた検討してみたいと思います。せっかくの本編キャラだからリーマとユウリは固定で行ってみたい。

∞わざマシンは、今回範囲で増えたのは『10まんボルト』に『あられ』と、後1つ。
『10まんボルト』を買ったのは超やる気のカイリューがいた時なのですが、ダンジョン序盤に『はかいこうせん』で何度かこっちに損害が出てたのでその場で上書きしました。その場で使ったのは初めてかもしれない。
その次の依頼で超やる気になったニドリーノに覚えさせたり、フーパやレジアイスに覚えさせたり。高威力の周囲技という事と合わせて、中々汎用性が高いです。
『あられ』は『ふぶき』とのコンボを期待して購入。『ふぶき』を自力習得するポケモンだと『あられ』も自力習得するポケモンが多そうな気はしますし、そうなると使いこなすには『ふぶき』もマシンが必要ですが。
後1つはランクアップで貰った物ですので、ランクアップの話で書いてます。



○救助隊のポケモン

本人:[エアームド]
公式:
不明:[ソーナンス♂・トランセル]
別人:

序盤から依頼が出るソーナンス♂が今回加入。
いや、ホント依頼は序盤から出ていたのですが、優先度が他の依頼に行ってる内に同ダンジョンでMADの挑戦状まで届いてしまい、そうなって以降は「いつ行くべきか」な感じになってしまい、すっかり後になってしまったんです・・・;;
当初は本人と考えていたのですが、冷静に考えたらソーナノみたいにつながり等が明確に救助隊というわけでもないので、特徴的な口調とはいえ不明扱いに。
この辺りの、自分の中の本人・不明判定ってプレイ日記が進むにつれて基準が変わってる気がするんだよなぁ。最終的な判定を全員分とか余裕があればやってみたい。完全に自己満足になりますけども。

エアームドは後で触れるディグダからのつながり。
今作のダグトリオは本人、ディグダはチリーンの発言から探検隊の個体だと分かるのですが、そこに更にエアームドを交える事で、いざ仲間にしてみるまでどっちか判断しにくくなっているのは面白いです。
エアームドの依頼はゼニガメ・ヒトカゲ・チコリータで行ってみました。ガンバルズ構成。
ゼニガメに『ハイドロポンプ』を入れようとした結果、案の定というかアニメに反して『みずでっぽう』は入らなくて『あわ』が普通に強い。そもそも本家でもXYからは『あわ』が『みずでっぽう』と同じ威力で追加効果付きの上位互換になってますが。
挑戦状依頼は過去にも受けてきたので予想できなかったわけじゃないのですが、エアームドが3匹いて驚きました。みんながみんなザマスなんだろうか。
そして、「文句があるならかかってくるザマス!」みたいな依頼文だったんだけど、こちら側は何の文句を抱いていたのだろうか。ゼニガメかリーマかは知りませんが。



○探検隊のポケモン

本人:[ダグトリオ・チリーン・ディグダ・マニューラ・アーボック・ドラピオン・ハッサム・ユキメノコ・ドガース・スカタンク]
公式:
不明:
別人:ヤルキモノ

ここに来て探検隊キャラが一気に大量加入。
先にも触れましたダグトリオ達は初めてのギルドメンバーですし、盗賊団MAD、ハッサムとユキメノコ、ドクローズのどくガススペシャルコンボと数が多い上に割と目立つ所が加入。
逆に言えば、ここまで目立つ所はあまり加入してなかったという事。未来組もまだ仲間にしてませんしね。
これらの内、ダグトリオのルートやハッサム本人は、旅のポケモンや倒れているポケモンからになってます。
自分は序盤ダンジョンの依頼を中盤以降は後回し気味だったので、今のようなタイミングになりました。
また、最近コダックと会えた事で、ヘイガニ達からの依頼もようやく発生。本格的にギルドメンバーを揃えに行けるようになりました。
ヘイガニの依頼は発言内容からして、既に仲間にしているチリーン達か、或いはメガニウム達かで行きたいなぁ。あまり出撃メンバーに拘りすぎると、本来すぐ揃う所も中々揃わなかったりしてしまいますが。
旅のポケモンetcの出現ポイントがプレイヤーによって固定なのかランダムなのかは分かりませんが、場所が分からない以上、探検隊キャラの加入ルートが拓けるタイミングは個人差がありそうですね。ED前から加入させたという人もいらっしゃいそう。

MADの挑戦状はチャームズで受けました。何だかそうしないといけない気がした。序盤ダンジョンなので道中は割と楽になってしまいましたが・・・
『こころのめ』と『とびひざげり』を備え、最後に加入させた割にレベルも一番高いチャーレムが大暴れでした。やっぱりあなた「強く」担当だわ・・・
ダグトリオの依頼はミズゴロウ・メガニウム♂・リーマという主人公構成。考えこそすれど中々実行しない組み合わせで。救助隊の話題で触れました通り、加入前の時点じゃ救助隊か探検隊かハッキリしなかったので両方を突っ込む。丁度チコリータとゴウカザルが休みだった事もある。
リーマが一番後ろという事を新鮮に感じたり、エレキ荒野の依頼だったんですが、「すげぇエレキ平原のBGMでメガニウム♂が喋ってる!!」となったり。
前作までは主人公やパートナーをチームに入れると優先的に(強制的に)前の方だったので、今回チームプリセットという形で、最後尾に設定できるのが嬉しい。
チリーンの依頼の方はその時点で探検隊確定した事、逆にメガニウム♂がお休みだった事から、ゴウカザル・チェリム・マナフィというコーヒーうちの子詰めで行きました。探検隊はシリーズで唯一ダンジョン内リーダーチェンジが一切できない作品なので、ゴウカザルをリーダーにした事は他の主パより少なかったなぁという印象。
そしてその後に先述のガンバルズ構成に続くと。主人公達をそれだけで組んだのでパートナー達には別の機会を与えてました。まぁガンバルズ構成だからこの場合のチコリータはうちの子扱いしてないんですけどね。



○冒険団のポケモン

本人:
公式:
不明:
別人:[ツボツボ]

クリア前から、会話内容からして別人かなぁって印象だったツボツボが加入。
ただ、チョコレートといえばなバレンタインの日にヤドキングとトリトドン2匹で助けに行ったので、別人だろうけど冒険団を意識して、みたいな事をやってたりはします。
探検隊ユキメノコが加入した事で、フローゼル♀の加入ルートに入れそうですが、せっかくだから調査団のブイゼル先輩が行ける日に行ってみようかなと。ブイゼル祭り。

同じくユキメノコが加入した事で、トゲチックからもようやく依頼が来ました。
といっても、本作のトゲチックが一人称ボクなのは依頼が来るよりは前から分かっていたので、うちの冒険団パートナーとしては考えてないですけれども・・・。
その一人称のトゲチックだとうちの子ではむしろ救助隊の一般隊員にいるなぁとか思ったので、依頼を受ける時、連れていく依頼だったのですが、ミズゴロウ・チコリータ・ピカチュウ♂という構成にしました。ダブルミーニングトゲチック。
ハッサムも探検隊出身が確定してるから救助隊のうちの子としては考えないけど、ハッサム加入でトゲチックの依頼が来るというのも何の因果だコレな感じです。ユキメノコは紹介加入だからブイゼル♀やトゲチックの依頼の発生条件は実質ハッサム加入。

うちの子投影をするしないは別として、ピカチュウ♂とトゲチックが揃った事で、ようやく「同段階の形態での冒険団主パ種族」が1つ揃いました。
自宅主パの種族で加入してないのは、残す所ピチューとトゲキッスの2匹。どちらも冒険団関連です。しかもその2匹でつながってるので同時期に加入の可能性もあります。果たしていつになるのやら。



○マグナゲートのポケモン

本人:
公式:
不明:[ヒトデマン]
別人:[スターミー・ドリュウズ]

マグナゲートと∞迷宮では仲間にできないどころか、作中登場してすらいないヒトデマンがまさかの「不明」として入ってきました。
・・・というのも、「マグナゲートのスターミーが言いそうな事を」「ヒトデマンが言ってる」んです。何だそれはな感じですが確かにお宝サルベージとか、しゅばっ!とか、言ってるんです。しかも進化後ならまだしも進化前です。何者だコイツ。
脳内で補完しておくとしたら弟?妹?とかなんでしょうか・・・とか考えましたが、そういえばマグナゲートには「まきもどしだま」という世界観の何かを覆しそうなアイテムが存在してました。まさかそれを喰らった本人なんだろうか・・・
進化させてしまえばマグナゲートのスターミーそのひととして扱えそうな位ですが、初代の石進化でタイプが増えるヒトデマンの進化は、レベルリセットでも通常ダンジョンでも使い勝手に影響しそうなので迂闊にできないです。味方用「まきもどしだま」下さい。
一方スターミーはと言いますとミーはスター!とか言ってました。なるほど名前ネタがやりたかったのか・・・
ドリュウズは会話した感じではムンナ一味と関係無さそう。そもそもムンナと繋がってるギガイアス達や、同時に加入するブニャット&ドクロッグと違って、一味の誰とも関係無さそうな種族がドリュウズだけみたいですし。
でもドリュウズやシャンデラ辺りは一味で何匹かいたから、喋らなかっただけでその1匹だったみたいな妄想は出来そうですね。そういう意味じゃムンナとつながってるけどマグナゲートのキャラと全く異なる上に他にいないボーマンダの方がよっぽどややこしいのかも。

前々からいつ仲間にできるんだ・・・と思ってたオノンドとオノノクスを加入させられました。こちらも旅のポケモンetc系からの加入ルートだったので、入りたくても中々入れなったのです。
オノノクスはそれより前から会話はした事があってその時に、オノンドは依頼メッセージで初めてテキストを見ましたがその時点で、一人称がオレと判明してました。今作のキバゴ系は全員一人称オレなのね。
前作主パ候補だったんだしその前作グラを使ってるんだし、3匹もいたら2匹はボクとかワタシでも良かったんじゃ・・・と思っていたのですが、今作の主パ候補でもキモリ系はおそらく全員オレですし、気にしてもしょうがないのかもしれません。
いや、キモリ系の中間形態は仲間にしてませんけど、間違いなく彼でしょうし。

自宅設定の話、こうなるとうちのマグナゲート主パは今もパラダイスにいると考えるのが自然かな!その方針で考え始めてはいましたが、それで良さそう。
まぁせっかくポカブ系とキバゴ系が全員揃ったので「つもり」調査はするかもしれませんし、オノノクスは初期レベルの高さから普通に即戦力になりそうですけども。



○8回目のランクアップの話

どうぐ:いりょくガツン2 ルチャメダル2 ∞きあいだま1
ダンジョン:天空遺跡 聖なる跡地
きんかい:45
チームプリセット:8→9
BGM:グレッシャーパレス 東の塔 グレッシャーパレス 西の塔 グレッシャーパレス 大結晶の塔
つながり:ホエルオー

ハイパーランク。正直ハイパーって単語にウルトラより上ってイメージがあまり無いです。
ダンジョンはゼクロムとレシラムとの勝負場所と、レベルリセットダンジョン。
共に草の大陸のダンジョンで、ラスボス級ラッシュのドラゴンゲートも近くにあります。草の大陸の南部危険すぎやしないか。
これらに限らず、実は自分草の大陸のダンジョンで行けてない所が結構多いのですけれど、伝説のポケモンがいたり秘宝があったり、そういう場所が多いような気がするんですよね草の大陸。それだけ「探検」が活発な大陸という事なのでしょうか。
BGMは遂にマグナゲートの終盤、ラスト一連のグレッシャーパレスが。マグナゲートからのダンジョンBGMは全て揃いました。
西の塔だけはここまで本作で聞いてませんでしたが、どうやらここまで聞けてなくて仕方ない曲みたいです。気になった事があったのでノーセーブの試しプレイをしてみて、どこで聞けるかは把握できました。
つながりはホエルオーのみ。ある意味本編キャラ・・・?カンダクトに興味をもったポケモンたち(1匹)だったり、気になる所やツッコミ所が色々。

今回も本筋として一番ありがたかったのは∞わざマシン。『きあいだま』はかくとうタイプにとって貴重な遠距離技になりえますし、何よりユウリにとって強力。
かくとうタイプは特攻が低いのが多い中、リオルは初期値こそ低めなもののすぐに攻撃と同程度になる上に、今のレベルなら『わるだくみ』まで覚えられるので非常に強力。
一度ある依頼をこなす時に2つ揃えてみた所、まるでユウリじゃないみたいな超火力を叩きだしてました・・・なんだこれ。
とはいえ、主パとしてのリオルは元々『しんくうは』と『かみつく』と、初期の教え技(タマゴ技)だけで2つ技を使ってる上にその両方が便利なので、そこに『きあいだま』を入れると技構成の自由度が大きく下がるのが悩み所。普段は使わず、ユウリに超火力が必要な時に使う感じにしたいと思います。
ルカリオは『はどうだん』があるし、普段リオル系で使うなら一般リオルかなぁ。
ユウリに使った際は、リーマにも何となく使わないでいた『エナジーボール』を覚えさせてみました。2匹で遠距離ボール技を使うお揃い感がなんだか良い。
リーマに使わないでいていた理由はリーマは物理技のイメージが強くなってた事で、現在はユウリ共々それまでの技構成に戻してますけども。
ブリガロンだと『エナジーボール』も『きあいだま』も覚えますが、試してみるならブリガロンの前にビリジオンで良いかもしれない。フーパが呼びだした時にも活躍しますし。ちなみに攻撃より特攻の方が高いケルディオには既に覚えさせてます。



マイペースにやりつつ、仲間の種類も大分増えてきました。
それでも、未だランクアップの余地を残している状態でもあります。
本作のシステム上、ランクアップの余地があるという事はそれだけまだやる事があると言っても良い・・・ハズ。
進める事に対して折れなければ、ですが、本家の最新作が発売されるまでにはCONNECTEDは落ち着く事ができたら良いなーと思います・・・!
今回はここまでになります。読んで下さりありがとうございました!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する